独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在の米中関係は、多分凄まじく悪化しているものと思われる。
多分、この事については後日江田島孔明氏からの説明がある事だろう。

現在の米中関係はどうなっているのか?
それを後半で詳しく説明します。(三輪の詳しくがどれほどの分量か、知っている方のみご覧下さい。)

このエントリーの内容は「自称保守には耐え難い内容」が少し入っています。
反朝鮮にガチガチに固まっておられる方は、ご覧にならないで下さい。

(書き終わりました♪)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて、解説を行います。
現在の米中関係は普通に考えて「交戦を前提に」動いています。

こんな流れは当然中国には好ましくない訳です。

①その前に米国の伝統的な手管である「国際(修正w)外交の場での罵倒」と「経済封鎖」があるに決まっている事。
②現在の中国のエネルギー確保の事情から言って、やっても勝てる訳がない事。
③戦いの舞台は海上、海中になる筈だけど、「あのアメリカ海軍」に対して中国海軍が大戦果を上げられるなんて、何処の誰も考えてない事。(と言うか、中国海軍が戦果を上げる前に、果たしてアメリカ海軍の艦隊の位置を概略でも把握できるかが疑問である事。)
④もしも海上封鎖を行われた場合、膨大な数の陸軍が「内乱勢力としての本領」を発揮し始めるだろう事。
⑤極普通に考えて、そんな事になったら「輸出主導の経済が戦争する前に崩壊」してしまう事。
⑥アメリカは第二次世界大戦以後、降伏しようとした相手すら許していないのが周知の事実である事。
⑦現在のトチ狂った人民解放軍とか言うイカレタ集団の中には、戦争に負けるくらいならアメリカ本土や日本を核攻撃しようと思う連中が本当に存在する事。
⑧もしも核ミサイルをぶっ放したら、「これ幸い」とアメリカが沿岸の都市を中心に、徹底的に吹き飛ばしてしまうだろう事。それに対して中国が行える反撃は悲しい位にショボイ事。

とまあ、こんな感じなので、中国人にとってのアメリカとの戦争は最悪のクジだとわかっている。
で、そんな中国人とアメリカ人には利害の関係で大きな食い違いが出て来た。

言うまでもなく「エネルギーの確保の問題」であり「世界覇権への中国の色目」であり「面従腹背の完璧な反米ぶり」であるが、そんな事は実は大した事はないのかも知れない。

エネルギーについては「ドルで決済」してくれたらそれで良い
世界覇権については現実は甘くない事を知らせれば良い
面従腹背はフランスだって同じ様なものだ

それよりももっとアメリカを失望させているのはこの事だろう
「中国は永遠に市場とならないばかりか、アメリカの国内だけでなく、世界の雇用事情を悪化させている」と言う事実だろう。
こう言う事に加えて、アメリカをドルの価格を破壊すると言う方法で脅す事まで最近は覚えている。
「たちの悪い遊びの好きなとっつあん坊やだな」と言う印象が、最近では我慢ならないレベルにまで達している可能性もある。

それともう一つ・・・・。
アメリカは最近のサブプライムローンの関係で、アメリカ国内の一部と外国人達が非常に困った事になっている。
その国内の一部とは「実は米国民主党系がメイン」のグループなので、ブッシュとしては「ざまあみろw」と言う程度の感想なのだろうが、自分の政権で起きている事実には違いない。
(ただし、この動きに大きく反対してるのも民主党のグループだ。彼等はブッシュがわざと見てみぬふりをしているのに苛立っている。)
そして外国人達とは、「主に中国人とアラブの人達」だと推測される。

私は以前から「サブプライムローン問題は当面解決しない」と言っていたが、その事を少しここで話そう。
サブプライムローン問題とは
・金のない庶民が住宅ローン為に借りるローン制度
・最初の数年間は無利子であり、その間に元金の部分を可能な限り返済する
・猶予期間の数年間が過ぎれば市中金利より少し高めの利子で返済する

こんな感じのローン。で、今どうなってるか?

・市中金利は少し前まで5%を越えていた
・それにプレミアで5%のローンが付く(ノンバンクみたいなもんだしw)
・合計10%の金利となる
・元金が3000万で、猶予期間中に500万返せていたとする
・一年間に利子だけで250万円払う、それに加えて今までと同じ払いがある

素晴らしい♪w(こんなん破綻者続出が約束された融資じゃないw)

で、これには更に問題がある。
まだ、今年が猶予期間が終わった最初の年である事だ。 
来年以降もジェットストリームアタックが波状攻撃で行われる事となる。
毎年この時期になるとFRBとホワイトハウスの重鎮は、胃痛に苦しむ事になるだろう。


ここで言っておくが、このサブプライムローンの被害者と言うか、損害を食らっている連中の大半は「俗に言うヘッジファンド」である。
彼等は高金利に目が眩んで、危険と知りつつ、サブプライムローンの債権を債券(有価証券)の形で購入していた。
それらが売り買いできている間が華だった訳だが、それらが今や買い手不在となった後は、どうやって換金するか、途方に暮れている事だろう。

サブプライム・ショックに泣くファンド、笑うファンド (岩瀬 大輔の投資ファンドは眠らない):NBonline(日経ビジネス オンライン)

しかし、こんな事はとっくの昔にわかっていた筈なのに、何故ヘッジファンド達は罠に足を踏み入れたと言うか、腰の辺りまで危機が出来した時に嵌っていたのかだが・・・。

銀行その他が、サブプライム債券の格付けを思い切りいじりまわしていたらしいのだ。

サブプライム、責任転嫁合戦 (BusinessWeek):NBonline(日経ビジネス オンライン)

これは酷いw(銀行が主役の粉飾じゃーんwww)

中国人がどんな民族なのかと言うと・・・
中国株クラブ (中国株&新興国株):本日の日本経済新聞(2007/3/27)より抜粋 - livedoor Blog(ブログ)

●中国株の売買に慣れてくると、だんだんわかってくることだが、中国株の値動きは中国人のバクチ好きを反映して、業績がいいとなるとかなり高額まで買い上げられる半面、業績が悪化したときの売り叩きはこれまた極端である。

●売り叩かれた株が(そのまま潰れてしまったら元も子もないが)業績を回復して元へ戻るときが、株主に大きな利益をもたらす。したがって、売り叩かれた株の素性がよいかどうかを研究することが、中国株でお金が儲かるかどうかの分かれ目になる。

livedoor ニュース - 深セン:07年上半期、商品房販売面積が縮小

一方、販売価格は上昇している、データによると、1~6月、(深セン)市全域での新築住宅販売価格は1平方メートルあたり1万2293.15元。(一坪に直すと50万ちょいかな?高いよw)特に竜崗中心城、竜華・宝安中心区などでの値上がりが激しかった。

また、住宅購入者は中国人の割合が多く、外国人の割合は小さかった。1~6月、深セン全市で中国人が購入した住宅総数は3万889棟と全体の92.75%、住宅販売額は377億2500万元と全体の91.47%を占めている。

******

こんな民族です。博打となるとリスクなんか気にする事が不可能になる愉快な民族性の持ち主と・・・。

そんな民族の国のバブルの凄さと来た日には、日本のバブル期なんてのは可愛いくらいの加熱ぶりにしかならないです。(以前に一度バブルはじけさせて通貨の切り下げを行ったのなんか既に忘れてるしw)
そんなこんなで、この人(?)達がヘッジファンドにたくさーんのお金を投げ込んでるのは間違いないと思われます。
香港とかの銀行も早々と音をあげていて「今回の騒動で生じた一兆円近くの損害をどうしてくれるんだ!」とアメリカに向けて切れています。

自己責任でしょ?そんなの?
リスクが嫌なら国債買えよ!と言いたいね。
(まあ、私に言わせれば、その国債でも中国国債は今後を考えるとヤバイと思うがw)

んでもって、実際問題、中国共産党の私腹肥し放題の腐敗役人どもだけど、彼等自身がヘッジファンドを大規模に使ってなかった訳がないと思う。
大っぴらにすれば党内での序列に影響するだろうから、口には表では出さないけど、少なくない連中が被害を受けているだろう。
しかもそれが公金の流用で行われている投資だった場合はさあ大変。

国外にどうやって脱出するかで深く悩んでいるのではないだろうか?
まあ、全然同情に値しないが。

現在もアメリカ国内では「サブプライムローンでの損害に対しては”徳政令”を出すべきだ!」と言う意見が多く出ている。
もちろん”利害関係者”がその様な発言を叫ぶように唆しているからだ。
例えば某ホンダ下院議員の様な人ですねw

で、先ほど言っていた「米国民主党内でのヘッジファンド叩き」についても述べましょう。
FujiSankei Business i. 総合/米議会でヘッジファンド包囲網 税金倍増・監視強化へ法案 FujiSankei Business i. 2007/7/16

 日本企業を標的にM&A(企業の合併・買収)を繰り返す米大手ヘッジファンドが、米議会から激しい突き上げを受けている。
 上下両院は、ヘッジファンドの活動が金融市場の安定を阻害しかねないなどとして、監視強化や大幅な増税に向けた法案づくりに着手した。


 実現すればヘッジファンドには大きな痛手となり、日本での活動にも影響しそうだ。
 この一方、ロンドン証券取引所がヘッジファンド誘致計画を打ち出し、金融監督当局からは「ヘッジファンドが海外に逃げ出しかねない」と懸念の声が上がっている。

 ≪日本での活動に影響も≫

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)などによると、上院財政委員会など3委員会が先週、金融監督当局の代表らを呼び、合同公聴会を開催。
 ニューヨーク市場で6月下旬に株式を公開したブラックストーン・グループや、同社に続き、株式公開を計画しているコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、オク・ジフ・キャピタル、カーライル・グループ、アポロ・マネジメントなど大手に対する増税案を話し合った。

 野党、民主党内では、ヘッジファンドの経営陣らが投資家の利益を搾取しているとの批判が高まっている。
 現在、ヘッジファンドの利益への課税は株式譲渡益税と同じ15%となっているが、これを一般企業の法人税並みの35%に引き上げる案を軸に検討が進む見通しだ。
 報道によると、ボーカス財政委員長(民主)は公聴会後「増税には十分な支持が得られると思う」と述べ、実現に自信を示した。

 また、下院金融サービス委員会はヘッジファンドの監視強化に向けた法案を準備している。
 フランク委員長(民主)は公聴会で、ヘッジファンドに対し、書類や電子メールなど取引記録の保管を義務づける法案の立法化構想を説明。
 取引記録は投資家保護を目的にした不正行為の調査や、ベールに包まれているヘッジファンドの活動を把握するのに利用するとしている。

 現在のヘッジファンドへの監督は証券取引委員会(SEC)への登録に基づく緩やかな行政指導にとどまっているが、6月下旬に、証券大手ベア・スターンズ系ヘッジファンド2社が、焦げ付きが急増している高金利型(サブプライム)住宅ローン向けの資金運用で多額の損失を出して経営危機に陥り、監視強化の機運が高まった。

 ≪「海外逃避」を懸念の声≫

 ロイター通信によると、財政、金融当局は、議会のヘッジファンド包囲網に「増税は数十年にわたりうまく機能してきた起業家精神の土壌を損ないかねない」(財務省)、「取引記録の義務づけにより発生するコスト負担は、ヘッジファンドを海外に追いやる心配がある」(SEC)と、それぞれ懸念を表明し、慎重な対応を求めた。

 こうした米国の情勢を見透かしたかのように、ロンドン証券取引所は12日、海外ヘッジファンドなどの誘致を目的に、規制が緩やかな「スペシャリスト・ファンド市場」を11月に創設すると発表した。
 主に、アムステルダム証券取引所など欧州の取引所との競争をにらんだものだが、米議会の動きによっては、ロンドンに活動拠点を移す米ヘッジファンドも出てきそうだ。

 ヘッジファンドへの監視をめぐっては5月に独ハイリゲンダムで行われたG8サミット(主要国首脳会議)で、ドイツの厳しい規制案に日米英が反対。

 最終的に資金の出し手である投資銀行への監視態勢を強める間接規制で合意した経緯がある。(佐藤健二)

******

ちなみに、記事について再度検索してみると、極東ブログ様が二月前にこの記事の引用で記事を書いていた。(さすがだね・・・)
極東ブログ: 米国がなぜか今時分ヘッジファンド規制に頑張っているのに

ここであがっているブラックストーンと言う投資会社。
なかなかにエキサイティングな代物なのだ。

米上院議員、中国によるブラックストーン出資に懸念表明 2007年 06月 21日 11:30 JST

[ワシントン 20日 ロイター]
 米上院のジム・ウェブ議員(民主党、バージニア州)は20日、米プライベートエクイティ大手ブラックストーン・グループ[BG.UL]が40億ドル超規模の新規株式公開(IPO)を控えるなか、中国によるブラックストーンへの出資が「国家安全保障」問題をもたらすとして、これを検討するよう米当局者らに求めた。

 ウェブ議員は、コックス米証券取引委員会(SEC)委員長、ポールソン米財務長官、チャートフ米国土安全保障長官に宛てた書簡で、SECに提出された文書によるとブラックストーンが保有する資産には、軍事・衛星技術関連の会社が含まれると指摘。
 「事実なら、この技術が中国政府に渡らないようにするのがSECと対米外国投資委員会(CFIUS)の責務だ」とした。 

 ブラックストーンは5月、IPOに先立ち、中国の外貨準備運用機関に30億ドルの非議決権株式を売却することで合意している。

 ウェブ議員はSECに対し「このIPOに関する疑問が注意深く検討され、解決されるまで」ブラックストーンのIPOを延期させるよう求めた。

 ブラックストーンと、SEC広報担当者はコメントを控えた。

******

こんな会社がアメリカにできようとしていたんですね。
つまり、「中国製ライブドアのアメリカ国内版」と言う事です。
こう言う自分達に都合の良い組織まで作って、それでマネーゲームを存分に楽しもうと言うのが中国の意図だった訳です。
(もちろんスパイの基地としても最大限に有効活用するつもりと・・・。)

で、それに対するアメリカの反応はと言うと・・・・

ブラックストーンは投資会社ではない=米SEC委員長 2007年 06月 27日 08:16 JST

[ワシントン 26日 ロイター] 米証券取引委員会(SEC)のコックス委員長は26日、下院金融委員会で証言し、プライベートエクイティ大手ブラックストーン・グループ(BX.N: 株価, 企業情報, レポート)は投資を行うファンドを運用しているに過ぎず、投資会社として登録する必要はない、との考えを示した。

 米金融市場のアナリストらは、ブラックストーンの新規株式公開(IPO)に先立ち、目論見書で同社が投資会社として登録されていないことを理由に、IPOが実施されるかどうかを懸念していた。

 コックス委員長は、SECの法令施行部門が調査した結果、ブラックストーンは1940年の投資会社法に基づき投資会社として登録するための要件を満たさなかったことが明らかになったとし、「法に基づくと、ブラックストーンが運用するファンドは投資会社となるが、ファンドの運用主体(ブラックストーン)は投資会社にはならない」と述べた。

******

こんな感じです。
もう、自分達がリーマンとライブドアでいろいろと楽しく遊んだ記憶が生々しいので、到底寛容な気持ちで中国人の遊びを見守るつもりになれないようです。

賢明な判断と言えるでしょうねw

ところでこんな記事を。

●大機小機 「日銀の決定会合と為替レート」より

 市場全体の動きを観察していると、最も反応を見せたのは、円安が一段と進んだ為替市場であった。
 ヘッジファンドは日本から低い金利で円を借り入れ、高利回りの外貨建て資産で運用して大きく利ざやを稼ぐ。
 この「円キャリートレード」が、利上げ見送りで加速したと指摘されている。

 この関連で、英フィナンシャル・タイムズ紙に面白い記事が掲載されていた。
 ヘッジファンドが顧客から預かった元手(出資金)に対して、いろいろな手段で借金を積み重ね、なんと手元の50倍にも増やして運用するケースもあるということだ。
 真偽のほどは確かめようもないが、極端な例かもしれない。

 とはいえ、世界中のあらゆる資産の利回りが低下している中で、10-20%程度の極めて高い運用成績をあげるヘッジファンドがあることも事実だ。
 借金を重ねて差額の資金を運用して、利ざやを大きく確保しなければあげられない成績である。
 それだけに日銀のわずか0.25%の利上げは、ヘッジファンドの運用に大きく響く。
 50倍という例で考えてみると、手元に対して金利負担が12%も増え、せっかく稼いだ高い利ざやを減殺してしまう。
 こうなると円キャリートレードウマミはなくなり、ヘッジファンドによる手じまい、巻き戻しが始まる。
 高利回り通貨、特にドルが売られて円が買われ、急激なドル安、円高になりかねない。
 利上げで見送られた現在の円安現象と全く逆の現象が起こりうる、というわけだ。

 今回日銀が利上げを見送ったのは、今年7月の参院選を控え、政府・与党が景気にマイナスになることはなんとしても避けたいとする圧力に屈したから、との見方もある。
 独立を重んじる日銀が国内の圧力に負けるはずはなく、もしやドルの下落を気にしたのでは、と憶測するところである。

******

ヘッジファンドの資金源は日本円からの借り入れなのです。
そして、その旨味を満喫しているのは日本人ではなく、外国人と言う事です。

これについてはジョージ・ソロス@タイ国に入ったら最期氏も同感の様ですね。

●ソロス氏、「金融市場混乱の背景は円キャリートレード」

 3月9日、国際的投資家のジョージ・ソロス氏は、英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙とのインタビューで、最近の世界的な株安など金融市場の混乱は円キャリートレードが原因だとして、円の上昇に伴い動揺が続くとの見解を示した。
 中国市場については、来年の北京五輪以降までは安定が維持されるだろう、と指摘した。
 金融市場の混乱の背景には何があるかとの質問に対し、「幾つかの要因がある。しかし、非常に重要なのはキャリートレードで、円が基本的にはゼロ金利であり、多くの資金が借り入れられ、多額の日本円が海外に流出しているという事実だ」と述べた。
 そのうえでソロス氏は「円は軟化し、多くの人々がこの取引に参加した。今後もやや動揺が続く」と語った。

******

こんな風に「自民党売国政権は、世界レベルでのバブルを演出し、その間自国のみは大不況と言う政権党にあるまじき暴挙をずっと継続してきました。
日本円で世界は繁栄を謳歌し、その間日本人だけは貧苦にあえいでいたのです。
日本の金で世界各国は大儲けしました。
多分ここ数年で経済成長をまともにしていなかった国は「日本と北朝鮮の二国だけ」だと思います。

で、ロイターとかは最近(9月14日)にもこんな記事を出している。
東京株式市場、米利下げ後に円高なら弱含みに | Reuters

「もっと円安にして資金を海外に投資しないと、海外勢から売り越しが掛かるぞ。怖いだろう?怖くないのかい?怖がれよ!!俺たちのミスリードの通りに怖がれ!これは命令だ!」と言う感じの電波ですな。

もっと凄い電波をお見せしましょう。

こんな奴が書いた作文。

●中国経済 今年の見通し 中国マクロ経済学会秘書長 王建 氏 より(日経新聞抜粋)
 
 昨年1-11月は固定資産投資が前年同期比で26.6%増えましたが、今年は。

 「2003年の初めころから投資が急増し始めた。(日本では小泉内閣が株価破壊と銀行破壊で社会不安を起こしている真っ最中!)最初の2-3年は鉄鋼やセメント、石炭など川上産業の伸びが高かったが、去年は機械や消費品の伸びが目立った。投資の周期はすでに末期に入りつつある」
「03年前半の新規プロジェクトの投資の伸びが(前年同期比で)70%あったが、昨年1-11月は3.7%まで落ちた。政府の引き締め策の影響もあるが、重要なのは投資の周期だ。今年の後半は固定資産投資の伸びが15%以下になる恐れがある」

「固定資産投資は成長率を低下させる。政府の指導層がそれをみて引き締め策をやめれば成長率を実質9%台に保てる。だが外需まで冷え込めば8%台にまで落ちる可能性がある」

「中国の需要のうち投資は50%を占め、消費が40%強、純輸出が7-8%。投資の伸びが鈍るのに伴い庶民の収入が減り、消費にも影響する。消費も輸出も投資に取って代わることはできず、輸出の伸びは必ず鈍る。昨年1-11月は輸出全体で20%増えたが、今年の伸びは保つのが難しい」


中国の貿易黒字が多すぎると言う人がいるが、では米国は赤字を減らせるのかと問いたい。グローバル化は新たな局面に入った。経済協力開発機構の加盟国で黒字なのは日本とドイツくらいだ。先進国は消費財の工場を途上国に移した。米国や欧州のスーパーで売られている商品のほとんどは中国で作られたものだ」
「化学工業や重要な設備投資などはまだ移転しきっていない。だが中国の工業化が進んで技術水準が上がればそれらも中国に来る。中国の技術は急速に先進国に追いつきつつある。貿易黒字が3千億-5千億ドルに増えてもおかしくない」
「途上国の重工業の規模を中国と比べるとインドは10分の1、ロシアは3分の1、ベトナムはもっと小さい。先進国からの重工業の移転はさらに中国に集中するだろう」
「人民元レートの今年の上昇率は去年より小さくなるだろう。今年の中国経済は去年よりも調子が落ち、輸出の依存度が高まるからだ。元高の加速は輸出を押さえつけることになり、景気にとって大問題だ。人民元が下落することさえありえるだろう」

******

自力で成長している訳ではないのに、なんて居丈高な奴なんだろうとw

>グローバル化は新たな局面に入った。
>経済協力開発機構の加盟国で黒字なのは日本とドイツくらいだ。
やはり我々の国が問題と言う事ですね。

えっとですね。皆様・・・・。
グローバル化ってね、全世界をソビエト連邦と同じシステムにしようと言う、そう言う主旨の構想だと言うのは、当然わかってますよね?
わかってませんか?
ロシア中枢は工業国、レニングラードとかね。ウクライナは穀倉地帯、そんな感じで地域ごとに分担があって、それらを鉄道で結んで分業を行っていたと言うシステムです。

小泉政権、安倍政権の方向性とは、世界中を旧ソ連と同じ仕組みに再統合しようと言う構想を断行していたと言うのが事の真相なのです。
・中国が消費財その他を生産し
・イギリスが金融の影の中枢を仕切り、
・途上国とオーストラリア他が食品を生産し、
・アラブがエネルギーを生産し、
・アメリカが消費を行い、
・日本はお金を世界経済が上手く行くように出費し続ける
と言う方向性です。

待っているのは、当然ですが、ソ連と同じ貧民の大発生と絶え間ない不平不満の暴発、その弾圧・・・です。
世界は汚染され、衰退して行きます。

日本はアメリカの属国だと言う人が居ます。
しかし、グローバリズムの蔓延する世界では、属国と宗主国の差もありません。
「全ての国がお互いに自立する事ができないまでに専業化されている」と言うのがグローバリズムの描く世界です。
必要に応じて世界を最適化するのか、それとも場当たり的に役割を一方的に振って行くのかは謎です。

わかっているのは「グローバリズムの蔓延した世界では、民族にも国家にも自決の権利は認められない」と言う事です。
そして、その世界はとても窮屈な世界です。

例えば現在の日本を考えて見ましょう。
「地方と国とで1000兆円の負債」があります。
実は資産のプラスの部分があり、それで相殺したら大した負債の額ではないのですがね・・・・。
その上で中国を考えて見ましょう。

彼等は言っている通り「投資(外国からの借金)」でしか生きながらえる事はできないと公言しています。
それなのに何故中国は破産しないのでしょう?
それは、中国が通貨の発行権を手放さないからです。独立国ですから。

で、日本と中国が東アジア共同体を作ったとしましょう。
中国が独裁的に通貨を発行し続けた場合、今の日本人とかならば、多分発狂するだろうやり方で彼等は経済を運営します。
軋轢が凄いと思います。借金で生きるのが当たり前だと思ってる中国人と、借金は銀行に担保を差し出して行っても許されないと思っている日本人。
両方国際的に見ればキチガイ民族と思われても仕方ないでしょう。
特に簡単にカルト理論に騙されて狂った経済運営を支持してしまう日本人の方がよりキチガイだと私には思えます。


まあ、知能程度が低い上に、学校で真面目に勉強しなかったユトリあるお方がそう言う事になるんでしょう。
私の場合、学生の当時は家が貧しかったですから、そんなユトリは持てませんでしたね。ちょっとだけカルト理論に騙されるユトリある日本人達が羨ましいです。

ま、小泉竹中のカルト理論を未だに信じる方々は、学生時代や修飾語に怠けたつけを払って、負け組みになって地獄に突き落とされなさい。
いい気味だと笑って差し上げましょう。
貴方がたは「日本に害悪をもたらす化け物」です。
在日朝鮮人よりも、貴方がたの様な存在の方が何億倍も有害です。
一刻も早い人生の終了を強く祈念致します。
今後二度と三輪のレッドアラートには来ないで下さい。
読んでも何も理解できないでしょう?
理解に至る素地と素質がないんです。あるいは努力が圧倒的に足りないのです。
もっと気楽なサイトに行って下さい。

その反対にキチンと小泉カイカクの正体に気が付いた人達。
未来は貴方がたの為にあるべきです。愚民など相手にせず、真実を暖めて下さい。
いつか売国政治家を共に地獄に叩き落してやりましょう。
独立国としての日本を守り、再生の為に共に励みましょう。

さて、先ほどの中国が何故破産しないかですね。通貨発行権があるからです。
つまり、中国は外部からの信用能力=投資を方に通貨を発行し、それを循環させて国を存続させています。
少し前までの日本もそう言う考えでした。

デマを平気で口にする外道政治家がグローバリズムを引き入れて来るまでは。(晴耕雨読の早雲様と私の共通認識として、最初の破局は中曽根内閣に始まっています。)

不沈空母がどうのこうのと、そう言うアメリカへの追従を行い、当時は自民党も上手に使っていた憲法9条の条文を全く使えなくした張本人です。

安倍内閣もこの中曽根の轍を踏んでいます。(両方が統一協会繋がりと言うのは偶然の一致ではないでしょう。統一協会は日本が戦乱に巻き込まれるのを強く望んで居るようです。)

ところがところが・・・。
今回の安倍内閣については、その方向が変わったのです。
安倍内閣の好戦的な様々な言辞は、確実に日本を戦争の方向に持って行く「統一協会流」の伝統手法だったのでしょう。
今更否定しても仕方ありませんし。彼がカルト宗教団体とべったりの汚れた政治家だったと言うのは、どうやら確実な所だったと思われますから。

では何故?
いきなりの解任については「小泉のウリミンジョク的自尊心」によって、カイカク否定路線に麻生氏と与謝野氏が安倍内閣を誘導しようとしたのが理由ってのは確実です。
けど、何故福田なのかと言う事です。

確かに福田って言う人は「自民党のとっておき」です。
小泉内閣以降、ずっと逼塞していた人で、一番目立った行動をしていません。
けど、何度も何度も彼は総理候補と言う事で名前だけは挙がって来ました。

【安倍総理大臣辞任】 福田康夫ってどんなヤツ?まとめ(再掲)|worldwalker's weblog (・∀・)!china free(没包含中国的東西)
まあ、普通に考えて「特定アジアべったりの男」ですね。

最近の自民党内では「安倍内閣の北朝鮮敵視政策では北朝鮮の復興事業が始まった時に日本だけは乗り遅れてしまう」と言う事が平然と口にしていました。

口にしていたのは当然ですが、「北朝鮮にゼネコンを随伴して視察に向ってたあの巨漢」です。
アホらしいので伏せる必要もないか。

小泉純一郎氏の秘書である飯島勲氏ですね・・・。
流石に以前は北朝鮮の拉致問題があったし、それをネタに政権の人気取りをしてたのが小泉純一郎氏その人だったので立ち消えになりましたがね。

もう、小泉としても、自分が総理ではないのだから、北朝鮮利権だけは欲しいと言う事なんでしょう。
だから立候補しなかったんだなぁと・・・・。(本気で最低・・・。)

で、そう言う事を企んでいる自民党森派としては、福田総理が最適だと言う判断なんでしょう。

ここまで馬鹿にされてまだ自民党支持とか言える「右翼」ってどこの国の右翼なんだろうね?

で、アメリカの都合をここで考えてみます。
現在の米中関係は多分メチャクチャです。
で、そのメチャクチャな米中関係ですが、すんなり行かせる為には中国を包囲する事から始めるのがアメリカ流です。

その包囲網についてですが、日本は参加する事でしょう。
と言うか、それ以外の場所からアジアにパワープロジェクションできる場所がありません。
日本をスルーしたら、日本以上に面倒な半島まで足を運ばないといけません。
足掛かりを作り直すだけでも大変です。
また、天邪鬼な半島の住民は、アメリカが韓国に強力な基地を作ったとたんに反対運動を始めかねません。

とりあえず、日本は後方基地と言う事で機能させます。
前線基地は?当然朝鮮半島です。
台湾とかに前線基地を作ったとしても、大した効果はなく、日本と韓国から文句が来るばかりです。

そんな訳で北朝鮮です。
北朝鮮の立地その他を見て下さい。
①中国と鴨緑江を挟んで国境を接しています。
②大規模な朝鮮族が中国北部に居ます。数は全部あわせて200万だそうです。
③一応核武装の下地がある国と言う事になってます。ロケット弾道弾を多数保有しています。
④首都が国土の南端にあり、陸路に山地がたくさんあります。
⑤首都近くにアメリカと韓国の兵力が常時張り付いています。

つまり、北朝鮮を懐柔して、自分達の陣営に引き入れたならば、中国の喉元に短剣を突きつけたのと同じ状態になります。

最後の立地的特長ですが、アメリカ及び日本を狙う大陸間弾道弾は現在の所、北朝鮮との国境に近い通化基地にしかありません。
北に一発の核があれば、こんな場所簡単に吹き飛ばせます。目と鼻の先ですから。
また中国の首都は北京です。これも北朝鮮国境から言えば指呼の間といえます。
弾道弾でわけなく直撃できます。

正直言って、台湾より余程美味しい同盟国なんです。
台湾ってのは、言って見れば中国人系も多いんですが、北朝鮮は違いますから。
意思の統一は簡単です。(独裁国家ですし・・・・)

そう言う事を考えると、媚中、媚北派の福田は打ってつけの総理と言えます。
弱み握られてるからアメリカに逆らえない。
北を敵に回してない人物なので、調停役としても打ってつけ。

まあ、拉致問題とかは完全に終わってしまうでしょうが、「アメリカに取っては拉致問題なんかどうでも良い事」ですから。
多分、小泉純一郎氏も内心では同じ事を考えているでしょう。

所詮パフォーマンスだったと言う事ですね。(それがわかってるから、私はチャンネル桜時代から拉致問題を大きく取り上げた事が少ない。)
政府にやる気ある訳ないのは先刻承知。

中山元参与、安倍内閣の首相補佐官が5人の拉致被害者を取り戻してきた時に、小泉が中山参与を解任したので、日本政府の拉致に関する姿勢は明白にわかりましたから。

ま、アメリカもそこらは心得たもんです。
冷酷に見捨ててどうとも思っていません。
所詮日本人の事です。
年次カイカク要望書を丸呑みにして、政権を失っても日本人の国の事だから知りません。
馬鹿だからカイカク要望書なんか履行しようとするんです。その時点で馬鹿確定です。
馬鹿で弱虫で騙され易い奴等なんか、ただの餌です。

それもアメリカ流。日本って美味しい国ですね、全く。

そんな日本にアメリカの期待する事は?
北朝鮮に賠償金をアメリカの代わりに払って貰い、更なる日本からの支援を北朝鮮に約束すると言う事でしょう。

謝罪したい人たくさん居ますしねぇ、自民党には。

で、カイカク政治と粛清で、国民が自民党から保守政治家を追い出したんだから、まさに自業自得です。
その上でカイカク政治業者を持ち上げて「保守の星」「保守の希望」とお祭りです。
で、その気になった安倍総理とかは、カイカクの毒素で参院選ボロボロ。
ゴミの様に使い捨てられて、本命の福田内閣と・・・。

彼の都合の良さは並大抵じゃないですからね。
経歴真っ黒だそうですから操縦も簡単です。
男女共同参画が大好きなのは小泉、安倍、福田と共通ですし。

猫っ可愛がりで甘やかし過ぎ・・・・。
その結果がこの体たらく・・・・。

こりゃあ、福田内閣は長期政権になるかもね?

いずれにしても、アメリカの邪魔になる手合いは全て潰された。
今後はドンドン酷くなる一方だろう。

アメリカとしてみたら、イラクから撤兵して来た兵隊は、今度は対中国配置に据えるだろうね。
もしかすると、選挙への影響を考えても、オリンピックより早く軍事的な敵対関係を構築しようとするかもしれない。

例の香港の詐欺師がヒラリーやオバマに献金してたのは早速晒された。
多分、共和党はその他の民主党議員への献金も把握しているだろう。

センセーショナルなセカンドレッドパージとかね。
その後はやはり朝鮮半島で戦争と・・・w
血生臭い殺し合いは黄色いサルに任せて、自分達は得意の海と空からの侵攻を行い、それ以外はストップ。兵糧攻めだけで締め上げて、その後降伏をさせる。
民主化がアメリカ主導で成し遂げられて、なんか60年程前のどこかの国と同じ様に傀儡が設置されると。

で、アメリカが叩いた後の復興とかもさせられそう。

けど、本当に最悪なのは中国が民主化した後だろうがね。
尖閣に毎度乗り込んでくるあの無法者連中、あれが共産党の肝いりではなく、一部日本人が期待を抱く「民主化勢力」だって事を、何故新聞では報道しないかな?(憤慨)

日本人は悪辣な謀略に対して、あまりにも無垢過ぎる。
他者と本当に友好を結ぼうと思うなら、自分を強く持つべきなのにね。

その事がわかっている日本人は本当に少ない。
哀しいほどに少ない。

軍靴の響きは北京から聞こえて来る。
が、空を揺るがす爆音はアメリカから聞こえて来る。
朝鮮人達は軍靴を鳴らして行軍などすまい。
密かに密かに日本だけを蚊帳の外にして、時は動いているように思える。

このエントリーはこれで終わります。
あんまり長くし過ぎるとみんな挫折するだろうしw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブーメラン
>こんな風に「自民党売国政権は、世界レベルでのバブルを演出し、その間自国のみは大不況」と言う政権党にあるまじき暴挙をずっと継続してきました。
>日本円で世界は繁栄を謳歌し、その間日本人だけは貧苦にあえいでいたのです。
>日本の金で世界各国は大儲けしました。
>多分ここ数年で経済成長をまともにしていなかった国は「日本と北朝鮮の二国だけ」だと思います。
******
かくして日本から出て行った資金が今度は日本企業を買収する資金として返って来る。
三角合併も解禁してしまったし。
自民党構造改革派は罪深い。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」←中国の株価操作 
平成19年(2007年) 5月26日(土曜日)
グリーンスパンの「中国株はいずれ劇的な収縮」発言で株式市場が混乱
 「中国株はあきらかにバブルだ」と香港最大財閥の李嘉誠も警告
http://www.melma.com/backnumber_45206_3681249/


「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成18年(2006年)8月5日(土曜日) 
中国企業の日本企業買収が本格化へ
 三九製薬の失敗から三年、日本の基礎条件は整ったか?
http://www.melma.com/backnumber_45206_3301871/


中国マネーで大手日本企業も買収の危険性 etc
http://www.youtube.com/watch?v=Nin2srtZyng

2007/09/16(日) 23:55 | URL | 憂国皇子 #PEzb7U0I[ 編集]
>けど、本当に最悪なのは中国が民主化した後だろうがね。
尖閣に毎度乗り込んでくるあの無法者連中、あれが共産党の肝いりではなく、一部日本人が期待を抱く「民主化勢力」だって事を、何故新聞では報道しないかな?(憤慨)

******
このことはぜんぜん知らなかった!

今回のエントリーは長いけど興味深かったです。
私は地政学の知識はアレなので・・・

またグローバル化は分業、アウトソーシングを徹底するものだというのは薄々感づいていたものの旧ソビエト連邦と同じシステムにしようとしているということはわかっていませんでしたよ。
>「全ての国がお互いに自立する事ができないまでに専業化されている」と言うのがグローバリズムの描く世界です。
******
相互依存とか共生と言えば聞こえだけはいいですがね。
互いにガンジガラメで身動きも出来ないと。
2007/09/17(月) 00:24 | URL | 憂国皇子 #-[ 編集]
338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 00:23:20 ID:i+vC6xRb0
阿部が12日に緊急に退陣したことによって福田首相が確定となり中朝(米)戦争への道が開けた。
これによって米はイランを攻める必要がなくなり14日のテロは無くなった。
イラン攻めの最大の目的は中国へのエネルギー供給の停止であり、
ユーロ決済の阻止、原油高による価格統制はついでの目標であったようだ。。
米はこれまで中に投資してきたが中からの回収の見込みが無い。しかもアメリカ住宅バブル崩壊
によっていよいよ米経済へ引導がわたされようとしているが日本の郵貯340兆円のおかげで
後しばらくの猶予を得た。そこで米経済が完全崩壊するまでに戦争によって中の現政権を倒し
中米戦争後、親米政権(民主化されたグローバル経済を容認する政府)を作り債権を回収し、
また、中国における資本の支配を確立させたい。
その為に一部の米資本は朝のウラン鉱脈をうそぶきその他大勢の米を巻き込み米朝和解をはかり
朝を米中戦争の尖兵として使う。この時日本の協力が必要なので反朝親中の阿部は邪魔であり
就任直後からそのメッセージを送っていたがとうとうAPECで引導が渡された。

今の米の最大の焦点は中国攻めである。

中攻略後、米資本は安心して元のドルペグを外させドルの暴落をはかり、中を市場、米を工場とした
輸出入が現在と逆転した状況で安心して再び儲け始めることができる
2007/09/17(月) 00:25 | URL | ささみ #-[ 編集]
福田内閣長期化だけは本当に勘弁してほしいです。百害あって一利なし、を地でいってますし。

こうなると、民主党に頑張ってもらったほうがいくらかマシ、ということなんでしょうか。
2007/09/17(月) 01:30 | URL | ico #.wkWn3KA[ 編集]
二ヶ月ほど前に某備忘録に米朝同盟の可能性は書き込んだが、最近、近いことを言う人が増えた。

いくつかの疑問がある。媚中媚朝の福田が適任だというくだり、媚朝はわかるが媚中である必要があるだろうか。

安倍が米国の意志に反して切り捨てられたのなら、彼の北朝鮮強硬姿勢はそれなりに本物であるといえるのではないか。

米中対立は日本にとって悪い話とは思えないが?少なくとも、米中が手を組んで日本叩きをする状況よりは楽観的だ。対米従属を嫌って米中に叩かれたのが先の大戦ではなかったか。

民主化後の中国が今以上に反日だとしても、別にそんなことはどうでもいい。中国の軍事力が日本を脅かすほどに強いまま維持されるかどうか、が問題だろう。

最後に。安倍が改革否定路線に進もうとしていたときに、ブログをあげて叩きまくっていた三輪さん。今後のご活躍を期待してます。
2007/09/17(月) 04:25 | URL | ネギ #EBUSheBA[ 編集]
>ネギ
安倍じゃねぇって。麻生と与謝野だろ。
それとね。米中戦争が悪くないだって?
日本に対して核ミサイルが飛んでくる可能性の高い事態が悪くないのか?
チミのおつむは想像を絶してるね。

「俺様は不死身だ!」とかって思ってる訳?
めでたいねぇ・・・。ある意味羨ましいよ。
チミくらい馬鹿だったら、明日の事で全く悩まないんだろうね。
えらばれし者ってのは本当に幸せなんだねぇ。

>ささみ様
中国を市場にする事はできませんよ。
また、短期中期的に見て、米国も工場には戻れません。
また、イランを叩くのは、中国の補給を途絶させる事には関係のないですね。
ペルシャ湾一帯が米国とイランの戦争で長期封鎖とかになるなら、それは中国だけの問題ではありえませんし。

>ico様
まあ、民主党政権は危険だと私には思えます。
問題はもう自民党が今の調子だとたたきなおせそうにない事です。

>憂国皇子様
地政学的に言えば、中国と日本は太古から敵です。
万葉集に詠まれている防人。あれは何する人達だったんでしょうかね?
大宰府は何の為の場所だったんでしょう?
それを考えたら、あらゆる意味で現在の方向性は間違っています。

ニクソンとキッシンジャーは日本の事など考えずに、ベトナム戦争の不始末の解決方法を、餓鬼みたいに飢えながら貪ってしまったと言う事でしょう。
アメリカの覇権崩壊の過程には、実の所中国が一貫して関わっています。
中国はアメリカにとっても疫病神なんです。

それをわかってないアメリカンが多すぎますね。
それと、グローバリストってのは、多分共和党が狩り損ねたレッドパージの残党がメインで座っていますね。
世界恐慌あたりから、そう言う連中は一貫してアメリカを汚染してきたのだと思えます。

国際金融資本と言うのは「支配」を渇望する存在であるようで、その目指す所は自由を著しく制限した世界幕府みたいなものだと思います。
日本の糞ウヨクが「資本主義=民主主義」と叫んでいるのを、連中はおおわらいして見ているでしょう。

まさにマルクスの予言のとおりで、爛熟した資本主義は共産主義に向うと言うパターンですね。
あるいは、赤い連中は無理やりにそう言う風に持って行こうとしているのかも知れませんが。
2007/09/17(月) 08:09 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
君の考えなどくそくらえだよ
2008/03/05(水) 23:31 | URL | 阿部 #-[ 編集]
ふーん。それはそれは。
2008/03/07(金) 19:59 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/372-0f00ac8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/07/22(月) 14:05:39 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。