独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民無視の自民党支配に終止符を:ステイメンの雑記帳 イザ!
 5年半に渡るコイズミ政権は様々なものをぶち壊して来た。

 中産階層をぶち壊し、
 大学教育をぶち壊し、
 障害者や高齢者の生活をぶち壊すなど
「構造改革」の美名の元で国民生活に関わる多くの物を破壊してきた!

 そして政治的な物、それが森派以外の派閥破壊である!
 自派だけはしっかりと温存する一方でそれ以外の派閥を機能不全に追いやった。
 ほとんど唯一機能している森派が党内第一派閥であるため、干されるのを怖れた自民党議員の多くがそれまでの主張をかなぐり捨て国民を無視した形で勝ち馬に乗ろうとしている。
 そこには1年前に安倍坊ちゃんを選んでしまった事や参院選惨敗についての反省は一分子も含まれていない!
 そして、選出されようとする人物がまともな政治信条を有する人物であればともかく、よりにもよって根っからの媚中派であり拉致被害者にも終始冷淡だった福田康夫ときては最悪の極みではないか!
 やはり国民を無視し自分達の利益しか考えない自民党政治は一刻も早く終わらせなければならない!でなければ益々我が國は特亜の財布として泥沼に嵌って行ってしまうであろう!

******

まあ、この件に関しては三輪のレッドアラートでも同意見ですね。

ちなみに、森派以外は機能不全に陥っている自民党の派閥な訳ですが、派閥には悪いイメージだけを、小泉政権以降の自民党執行部とマスコミは植えつけている様です。

違います!大きな勘違いです!

次期リーダーまでぶっ壊した参院選大敗の戦犯小泉前首相 - ビジネススタイル - nikkei BPnet
>これほどひどい人材払底が起きたのも、小泉前首相の派閥ぶっこわし政策がもたらしたものということができる。

>派閥の重要な機能のひとつが、次世代のリーダーを育てるということにあった。
>そもそも派閥は次世代の有力リーダー(候補)が作るもので、有力リーダーたちは、派閥を率いつつ互いに切磋琢磨しあうことで、いつでも総裁選に出馬できるだけの政治力をたくわえていった。

>だから、このように選挙で歴史的敗北を喫し総理総裁の退陣が必至という事態になれば、いつでも出馬できる状態の馬が何頭もパドックにいるというのが、自民党のこれまでだった。


>派閥は、次の総裁候補がいることがその派閥の求心力につながっているから、次の総裁候補が中心部にいるだけでなく、同時にその他の世代のニューリーダー候補も周辺部で複数育成していた。

>つまり、派閥が健在であれば、将来何世代にもわたってリーダー、ニューリーダーたちが自動的に育成されてきたのである。

こう言う仕掛けを小泉純一郎は徹底的に叩き潰した訳です。
何故こんな事をしたかと言うと「自分達だけの絶対的な権力を手にしたかったから」です。

こうしてみると、小泉純一郎と言う人の本当の正体が見えます。
彼は自分の属している自民党を、自分が属している組織だと思っていません。
自分の為だけに、利己的な用途のみに利用できる集団としか見ていません。
彼は究極のエゴイストであり、功利のためならばどんな手を使っても、組織そのものが壊れても平気な男です。

一事が万事で、彼は自分が日本国の総理大臣だった時にも、日本国を自分の利益になるようにしか運営していませんでした。
彼にとって、自分以外の何かは全て基本的に「利益になるものとならないもの」以外の区分けはできないのでしょう。

本質的に邪悪な存在だと言う事です。
そんな精神的怪物が強く推す福田と言う総理候補。危険すぎます。
【安倍総理大臣辞任】 福田康夫ってどんなヤツ?まとめ(再掲)|worldwalker's weblog (・∀・)!china free(没包含中国的東西)

まあ、でも多分次もメチャクチャなんでしょうけどね。

nikaidou.com: 民主党が福田のスキャンダルをつかんだ模様
nikaidou.com: 福田なんて、イヤだね。

やはり、森派と小泉純一郎を自民党から追い出さない限り、日本の政治はキレイにならない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
それと久々にkojitaken様のきまぐれな日々も訪問した。
いや・・実は・・・・。

ABENDセンターにでんでんトラバ送れなかったので、申し訳なくて訪問できなかったのだが・・・・。

何故かABENDが終わった途端にトラバ復活。
当局に禁止されてたのかなぁw(嘘)

で、今度は彼等は自民党終わらせるキャンペーン「自エンド」を始めるらしい。
また参加する方向に行きそうな予感w

きまぐれな日々 コイズミ一派とアベシンゾー一派の内紛が始まった

ところで、この中で彼は
・思想右派 安倍他の俗に言うウヨク
・思想左派 安倍に反対するサヨク
・経済右派 構造カイカク派
・経済左派 オーソドックスな経済政策派
と言うカテゴリー分けをしている。

三輪なんか、完全に思想は右派で、経済はバリバリ左派だったりする。
まあ、三輪とかその他については、こんなカテゴリーで分けられるだろう。

しかし、中川(シャブ&愛人、党費使い込み)を思想左派と位置づけているのは・・・・。

彼は無定見と言うカテゴリーに入るんだと思います。
要は小泉から言われて幹事長になって安倍政権を監視していた、小泉のスパイであり、思想や経済政策なんか最初からなくて、自分の利益だけを考えている輩かと・・・・。

それを言うのならば、小泉もそうですね。
思想も経済も、言って見れば人気取りと功利の為の道具でしかない。
そう言う視線で見ないと、連中の正体は見えないと思いますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アジアね
アジア・ゲートウェイ構想をそのまま継続するという点でも、福田は理想的なんですね。

麻生はグローバリストですが、自分の色を付けてしまいそう。つまり、小泉や森派(町村派)には利益が回ってこなくなるわけですね。

福田の所信表明に注目です。必ずアジア関連の施策に言及しますよ。そこに、根本匠衆院議員が関わっていたら、安倍政権継続ってことで。

冬柴も留任でしょうかね。
2007/09/16(日) 01:21 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/370-c32038c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日は休日でもあり、手抜きして「論座」の10月号に載った森喜朗元首相のインタビュー記事から抜粋して紹介する。今月初め発売の雑誌だから、参院選の自民党惨敗から10日後の、8月8日に行われたインタビューである。本当はもう
2007/09/16(日) 18:15:54 | きまぐれな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。