独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今後の日本のキャスティングボードを握っているのは誰か?
小沢一郎氏である。

そして、彼がどんな人間なのか、近日中に判明するのだ・・・。
どんな事で判明するのか?

それは後半で♪

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
Yahoo!みんなの政治 - 政治記事読みくらべ - リベラルタイム - 民主・小沢代表にうかがえる国際常識の欠落=日高 義樹(ハドソン研究所首席研究員)

Yahoo!みんなの政治 - 政治記事読みくらべ - AERA - 「テロ特措法」国会米国追随主義者はオウム真理教に似ている

ほーんとに、どいつもこいつもなってない・・・。
出来が悪い!

本当に、ちょっと撫でられただけで取り乱してるわ。
小沢一郎さん、多分笑ってるよ。

小沢氏が今じーっくり考えてるのは多分この事だから。

Yahoo!みんなの政治 - 政治記事読みくらべ - AERA - 小沢の自民ガタガタ作戦

ふふ、三輪は撹乱されない。
シーファー大使が日本の対テロ特別措置法について、小沢党首にマスコミの衆人環視の下で面談したのは、言って見れば「インド洋への艦艇の派遣をやめて欲しいから」だろう?

いろいろな要因が絡まっているけど、アメリカとしては世界の警察官なんて辞めたいって事でしょう?
その役割分担をさせるなら、どうのこうの言っても日本しかないともわかっている筈。

まあ好きにすれば良い。日本の状況は今より悪くはならないから。

さて、本題。

>「小沢氏の目は政界再編にある」
>ある三役経験者も言う。
>「衆院解散にもちこんで、与党内で選挙区の基盤が不安定な若手、安倍政権に反感を抱く中堅やベテランを、民主党に抱き込もうとしている」
>実際、その「伏線」として、注目されているポストがある。
>参院法務委員長だ。
検察にもにらみがきくこのポストは、1965年から40年以上も公明党が独占し続けてきた。このポストを、最大会派の民主党が公明党に譲るのではないかとささやかれているのだ。
>「いまや自公政権には秋風が吹いている。公明党に恩を売ることは、小沢さんなら考えつくはず」

ところがところが・・・。
このポストを譲れば、確かに公明党には恩を売れる。
しかし、そうする事は、「自民党を過度に追い込む事になる」これは間違いない。

Yahoo!みんなの政治 - 簗瀬 進 - みんなの評価

>法務委員会は刑法や民法をはじめ法律改正全般にかかわり、法務省と検察庁、裁判所の予算を審議する。
>つまり、衆参の法務委員長が首を縦に振らなければ、法務省は法律も予算も通せない。

>そうした司法行政に決定的な影響力を持つ参院法務委員長ポストを、公明党結党の翌年、1965年からなんと過去42年間にわたり、現在の渡辺孝男氏まで35代、公明党が独占し続けている。

>公明党が独占し続ける理由は、証人喚問を阻止するためである。他の党にとっては、国土交通委員長や農水委員長のように利権の旨みがないため魅力がない。だから、公明党が独占し続けることができた。

>しかし、一つのポストを同じ政党が、これほど長期間独占するのは異常だ。
>法務委員会運営を正常化するためにも、民主党に参院法務委員長ポストを獲得してほしい。


小沢一郎よ。時代を手に入れよ!

妥協するな!


私からは以上・・・。
読者の皆様、今日私が語った事はお忘れなく。
大事な事ですから。

Yahoo!みんなの政治 - 政治記事読みくらべ - 中央公論 - 臨床政治学 永田町のウラを読む=伊藤惇夫〈第9回〉政界再編という夢
そう、小沢戦略の前提は自民党の分裂だ。

さあ、小泉純一郎さん。舞台は整ったんです。そろそろ裁きの時です。
貴方が内弁慶の恐怖政治家だと言う事はわかっています。
けど、自民党の敗北は、貴方の失墜なくしては、皆に納得させる事はできませんから。

仕掛けはキチンとしております。後は定めを受け入れるだけです。
恭謙に振舞って下さいませ♪
それはできないでしょう?それも計算の内ですよ・・・。

******

平沼氏復党「異存ない」=自民・麻生幹事長 9月4日13時4分配信 時事通信

 自民党の麻生太郎幹事長は4日午前の記者会見で、郵政民営化法案に反対して離党した平沼赳夫元経済産業相について「気心は知れている。党岡山県連の意思もいろいろあるが、復党に異存はない」と述べ、復党に前向きな考えを示した。
 中川秀直前幹事長が提出を求め、平沼氏復党の障害となっていた誓約書については「誓約書を取ってどうのこうのするつもりはない」と強調した。
 昨年12月、郵政造反組の衆院議員11人が復党した際、平沼氏は「郵政民営化を含む政権公約に違反した場合は議員を辞職する」との内容の誓約書の提出を拒み、復党しなかった。

 
いよいよ、三輪の望んでいた様に政局は動こうとしている。
反グローバリズム、反新自由主義を旗印に、2年にわたって訴え続けて来た事が現実化しようとしている。

喜ばしい限りだ。

******

連座制、緩和検討を=「非常に過酷」-与謝野官房長官 9月4日17時2分配信 時事通信

 与謝野馨官房長官は4日午後の記者会見で、公職選挙法の連座制に関して「意図せざるところで起きたことで責任を取らなければいけない非常に過酷な部分がある。自分の知らない事柄について責任が発生するのはどういうことか」と述べ、緩和を検討すべきだとの考えを示した。 

農林水産省/遠藤農林水産大臣退任記者会見概要

すみません、遠藤元大臣・・・。
貴方は私が評価していたよりも、ずっと大臣の任に適したお方だった様ですね。

就任当時に酷評して、本当に申し訳ありませんでした。

陳謝いたします。

今後を占うと言う事は、どんな事が大事なのか、それを知る事と同義です。
そうじゃありませんか?

このエントリーはこれで終わります。
皆様の参考になるエントリーだったでしょうか? ね♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
戦後体制崩壊の足音
良い展開になってきましたねヽ(´▽`)/
小沢氏の腹の中までは解りかねますが、生暖かい目で彼の今後を見守るだけです。
自民党二世議員たちにより、戦後独裁体制は終焉を迎え新たなリーダーが日本を牽引するのですね。朝敵コイズミに成敗が下り、日本国民の覚醒がはじまります!鎖国万歳!
2007/09/05(水) 00:58 | URL | はやぶさ #-[ 編集]
麻生氏の発言
EPA大推進派だった人間から平沼氏復党のゴーサインですか…信用出来ませんね。

この前の「小泉さんがぶっ壊したものを作り直す」発言といい、どうもこの人は、小泉をスケープゴートにして逃げ切ろうとしているという臭いがプンプンしますね。

風向きが反小泉イズムに向きかかっていることを察知して、いち早く旧亀井派を囲い込みにかかったとしか思えません。もちろん、ポスト安倍を睨んででしょう。

まあ、ここをご覧になっている方は「太郎ちゃんファン」や「政治オタク」ではないと思いますから大丈夫でしょうが、これをもって麻生氏は我々の味方だと断ずるべきではないでしょうね。
2007/09/05(水) 01:25 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
メタンハイドレ‐ドや、燃料電池、その他に、石油に代わるエネルギ‐の実用化は、どの程度進んでいるのでしょうか? 水も将来は、奪いあいになると聞きました。
2007/09/05(水) 07:27 | URL |  出島貿易 #-[ 編集]
希望はあるのでしょうか?
三輪さん、毎年多くの日本人が自殺しています。
間違いなくその根底にはアメリカによる搾取と小泉竹中の売国行為があります。
アメリカはまだしも小泉竹中が国策逮捕されない限り希望はありません。
2007/09/05(水) 10:29 | URL | 所轄高名 #-[ 編集]
テロとの戦い支援、米下院が対日称賛決議を採択
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000304-yom-int

これを見るに、対テロ法は世論に流されて更新なさそうな気もしますね。
これを見て怒らない日本人はいないと思いますので。
そうなると小沢さんはこれを見越して世論を読んだとかになるのかなと思いました。

しかしアメリカ人というのはよくわかりません・・・
いきなり謂れのない毀損を与えた人間に、直後、その主犯がおだてたって、単純に被害者は余計気分を害するだけだと思うんですが・・・
歴史の浅い国はそういう人の機微すらに欠けているのでしょうか。
2007/09/06(木) 13:51 | URL | マハルバル #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/354-7c95bd43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
まずは、施設問題。メインスタジアム建設は、来年の3月までに終わるのか。次に食の安全問題。選手村の食材を、なんとハツカネズミに毒見をさせると北京市が発表。3番目は言わずと知れた大気汚染。無雨無風状態の風塵濃度は国際基準の
2007/09/05(水) 10:04:00 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  山形県内を回る旅行を終えて、昨日帰京しました。旅行中にも断片的に様子はお伝えしましたが、その時考えたことなど知っておいて頂いて損はないと思い、記事としてまとめることにしました。  今回の旅行は●青
2007/09/05(水) 11:54:19 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。