独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在の自民党政権、あるいは自民党と言う政党は全くのキチガイ政党だと言っても過言ではありません。

自民党のやっている事は、「貧しい家の中で、娯楽の為に家族同士で喧嘩させて遊んでいる父親、母親」と言う喩え方がピッタリです。

こんな事をする親はキチガイですが、今の自民党はそう言う事をやって本当に家の中が上手く行くと思っています。
ぶっちゃけた話、家族の強い者が弱い者を殺したとしたら褒める親なのです。

「カイカクの成果だ」と言って、古い企業を無理やり潰してほくそえんでいたのは、小泉竹中コンビでした。
そんな連中の姿を、新聞を読んで恐ろしいと思えなかった日本人と言うのは、全くの愚民揃いなのだと思います。

さて、後半で自民党が日本にどんな闘争を持ち込んだのかを説明します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
その2でも語りましたが、日本と諸外国のFTA、EPAの締結は最近の自民党が行っている「不用かつ危険かつ有害な行為」の筆頭と言えます。

何を好き好んでライバルに有利な条件で貿易を行うのか。
頭がおかしいとしか言えません。

最近の地方の方々の怒りや嘆きとは「日本国内の農業を捨て置いて、外国の農産物を相手国に有利な条件で入れ過ぎる」と言うものです。

その上に麻生大臣のアルツハイマー発言にもあるように「日本に外国から農産物が入ってくるならば、今度は日本からも外国に農産物を輸出するべきだ」と言う屁理屈を自民党は捏ねるのです。

「安いけど毒一杯の中国野菜とかを何故日本人が食べて、金を持っている中国人に日本の安全な米や野菜をたべさせるのか?」と・・・。

自民党議員の最近の発言は、屁理屈とか奇妙なロジックとか言うレベルではなくなってきています。

ほとんど倒錯とさえ言える狂った理屈を振り回すのです。

自民党は言います。「規制を緩和して競争を激化させれば適者が生き残って、不適格な者は退場する」と、その結果「日本は強い者が残って国際競争にも勝てる」と・・・・。

例えば、今世界中にデフレを撒き散らしているあの中国と言う国。
あの国はどんな国なのか?

「失業者が溢れており、その失業者を安全も環境も無視して、ただ同然で働かせる事で儲けている国」でしょう?

言葉を下品に変換すれば「雇用関係で超買い手市場である事を悪用し、奴隷労働を国民に強いる外道国家」なのですが、そんなのと価格競争をすれば勝つとか負けるとか言う議論以前に結果は見えているのです。

いや、そもそも、中国って国は労働の価格が存在しないに等しい国なので、そう言う国と価格競争を行う事は正気の沙汰ではないのです・・・。

日本国の政権与党である自由民主党は、カルト経済理論に基づいて狂った経済運営や貿易交渉を連発しているのです。
日本国内で規制緩和を行って不必要な競争を激化させ、今度はFTAやEPAを連発して外国からも競争を呼び込もうとしているのです。

その3で言ったとおり、自民党に求められている事は「不安の解消あるいは緩和」なのですが、自民党は日本国内の不安材料だけではなく、外国からも不安の材料を呼び込む事に余念が無いのです。

ここまで来れば、国民に対する悪意が無いと信じたくても信じられないでしょう。

例えば広大な大地で、自然破壊を行いながら無理な牧畜や農業生産を行うアメリカやオーストラリアとの間に農業関係でEPAを行えばどうなるか?
輸出補助金で鼻の辺りまで浸っているアメリカ農業など、GATTで何度もいろんな国から非難を浴びているドロドロブラッキーな反則輸出国家ですが、それを公平なルールと認めて、日本農業の壊滅は無視して良い事と割り切れる奴等には町役場での事務の仕事も任せてはならないと思えるのですが、そんな奴等の一個大隊が国の政権中枢に巣食っている訳です。

全くもって、深刻極まる事態と言えるだろう・・・。

経済コラムマガジン 01/6/4(第210号) 中国の為替政策
経済コラムマガジン 01/5/28(第209号) 中国との通商問題

これは中国関係の問題ではあるが、ここまで酷くないにしても、どこの国も「自国の経済を守るのは為政者の役目」と言う事をキチンとわきまえている。

しかし、時々狂人が現れるのだ。

>能力の無い自国民よりも、能力ある他国民を優先するのが世界化だとすれば、国籍よりも実力が意味を持つようになるわけで、字義通りの売国ではあるものの、自堕落に生きてる日本人より、努力してる他国人のほうが上になるってのは、別にそれほど悪いことでもない。

>しかし連中の考えている世界化ってのは、学会員かどうかが判断基準だったり、なぜか特定他国の人間が常に上位になったりする秩序体形だったりするので、とりあえず止めておいたほうが安全かもしれない、とは思う。

>2007/07/10(火) 09:25 | URL | ネギ #EBUSheBA[ 編集]


この愚民と同じ事を口にする政治家が自民党には溢れている。

同じ日本人を哀れと思うだけの正気も抱けない、そんな輩が政治家にたくさん居るのだ。
人間失格の政治家とは一体どんな輩なのだろうか?

とりあえず、代表格は小泉純一郎氏であり、竹中平蔵氏なのだ。
そして、安倍、麻生等と言う自民党の看板政治家達もそれとほぼ同じレベルなのだ。

だから自民党は参院選で敗北したと言う事だ。

さて、政治の目的と言うのは「自由な経済を日本が率先して行い、その結果競争に勝てずに滅んでも自己責任と諦める事」なのだろうか?
どう考えても違うとしか思えない。

どんな手段を使っても、自国民の生活と雇用、安全を確保する事が政治の目的である事は明白だ。
しかし、自民党にはそう言う真剣さが全く見受けられない。

経済コラムマガジンの著者は「自民党の政治家もマスコミも酔漢としか思えない事を口走っている」と言っているが、まさに当を得ている。
既に「何か変ではなく、全部変」と言う印象を、特に地方の農業関係の人達は感じている。

自民党は外敵を誘致してきて、不必要な闘争を強いてくる。
一昔前だと絶対心配しないでよかった事が心配になって来ている。

要は日本人の為の政治について全く真剣に考えていないのだ。
そう結論するしかなくなって来ている。

獅子は千尋の谷に我が子を突き落とす
それはお話の中では美しいたとえかも知れない。
しかし、人間は物語の中の獅子ではないし、もし人間を千尋の谷に突き落としたら殺人未遂であり、それで死んだら殺人罪なのだ。

どうも自民党や野党の一部の政治家にはそれがわかっていない風に思える。
ともかく、政治家に最低限の理性と常識があり、日本国民への本物の愛情が見えない、それが日本人が昔から抱いていた「漠然とした不安の原因」ではないのか?

私にはそう思える。

万能の素晴らしい政治家を望むのは酷だろう。
しかし、最低限、「本当に日本人を私は愛しています」と態度で表してくれる政治家こそが、本来的に日本を良くしてくれる政治家である事は間違いないだろう。

そこで「アジアとの共生」とか言ったらどっちらけである。
私は日本の事、日本人の事しか考えません!そう叫べる政治家が今必要なのだ。

その為の方法としてはこう言う事も考えた方が良いかもしれない。
経済コラムマガジン 05/4/18(386号) 鎖国主義への誘惑(その1)
経済コラムマガジン 05/4/25(387号) 鎖国主義への誘惑(その2)

ともかく、与党にも野党にも雑念(とっても穏やかな表現で言うと)が多い者が多すぎる。
日本の政治家なら、日本と日本人だけを見つめるべきなのだ。
私はそう思う。

次のエントリーでは、本当に正しいと私が信じる鎖国方法を述べたい。
どーせ非難轟々だろうけど、そんな事に動じる私ではないw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
鎖国、賛成
>そこで「アジアとの共生」とか言ったらどっちらけである。

  アジアとの共生と言うより「アジアによる強制」、どんなに軟らかく表現しても「アジアが日本に寄生」でしょうね。

>次のエントリーでは、本当に正しいと私が信じる鎖国方法を述べたい。
>どーせ非難轟々だろうけど、そんな事に動じる私ではないw

  日本が主導する東アジア共同体なら大歓迎とか、中国に先を越されないように東南アジアとFTAを結べとか言っている人は、きっと非難するんでしょうなぁ。
  鎖国=国際社会からの孤立という図式でなかったのは、江戸時代の歴史をよく見れば明らかなんですがね。まあ、愛国や憂国で燃えている人たちというのは、明治からの日本しか知らないのでしょう・・・。

  グローバリストの金儲けの道具にされてたまるものか!!・・・というわけで、次回エントリーを期待します。
2007/08/31(金) 23:03 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
岡山
実行出来るかどうかは別にして鎖国的な経済体制を主張していたのは新風だけだった気がする
愛国を語るのは悪い事では無いけど自民党の押し付ける似非愛国には賛同できない
2007/09/01(土) 00:04 | URL | 姫井 #-[ 編集]
TBです
政府が政策変更しない限り、個別企業は“破滅”への道を突き進むしかない!
http://sun.ap.teacup.com/souun/1020.html
「製造拠点海外移転」・「高所得者負担増」・「キャピタルフライト」など
http://sun.ap.teacup.com/souun/1021.html
2007/09/01(土) 00:43 | URL | 早雲 #-[ 編集]
今の日本を取り巻く国際情勢を考えれば、こちらから段階的に鎖国化していってもあまり軋轢がないような気がしてきましたよ。
仲がいい(と思っている)のはアメリカだけで、それ以外の国とはそれなり。
特アとの共存は難しいとなれば付き合う仲間を絞る意味でも鎖国化のようなことはありかもしれません。
次回以降に語られるであろう、「鎖国方法」を楽しみにしてます。
2007/09/01(土) 00:44 | URL | k2 #-[ 編集]
三輪さん、小泉再登板はありますかね?
昨夜の朝生で江田けんじがテロ支援の秘密情報を暴露しました。
要するに小泉内閣の大嘘が暴露されました。
普通ならこんな状況で小泉が再登板するとは思えません。
しかし小泉は米国共和党という絶対神と新聞テレビに守られた日本の聖域。
されど・・・
考えられるのは前原あたりを傀儡にすることなんでしょうが・・・

三輪さん、どう思います?
2007/09/01(土) 10:30 | URL | 所轄高名 #TA7Y2pIo[ 編集]
鎖国のためには自給自足
が必須なのですが、この点での三輪さんの説得力ある論理展開を期待します。
自分は食糧、エネルギーについて、完給完足は無理としても、自給率向上とそれがもたらす日本の安定感が国民に自信を回復させるものと認識しています。
2007/09/01(土) 12:26 | URL | のらくろ #-[ 編集]
自立
日本の石炭の埋蔵量は400年と聞いた事がある。既存のものの活用だけでもある程度自給率は高められる。それに最新の科学技術が融合すればかなりの事は出来るのではないかと思う。
2007/09/02(日) 06:21 | URL | ケーキ屋 #DL0dExLA[ 編集]
>ケーキ屋様
低質の石炭でも日本の技術なら高品質石炭より良くできますからね。
あるものを使うのは筋だと思いますね。

>のらくろ様
最新のエントリーではその事を考えてみました。
エネルギーについては、燃やす燃料はやはりバイオマスでしょう。
広大な領海を活かして、海藻でバイオマスを作ると言うのが実現可能な最短距離のエネルギー獲得方法に思えます。

>所轄高名様
どうでしょう?
リスクを考えてみればNOですね。
小泉が小沢に負ければ、自民党はそれで終わりです。
前原は既に「証明済み」(by西村眞吾氏)の人ですから。
傀儡にも使えないのではと思います。

>k2様
周辺諸国があまりにもアレですからね。
アメリカも朝鮮も中国もロシアもアレですからね・・・。
侵略されない様に心掛けて、その上で徹底的に鎖国。
これが大事だと思います。

>早雲様
そのエントリー見てませんので、後で見て置きます。

>姫井様
新風ですよねぇ・・・。
まあ、後はここでは言いません。

>ろろ様
全くね・・・。
家康も同じ様な気持ちで鎖国の方向に向かったのだと思います。
2007/09/03(月) 20:53 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/349-abf87a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  さて、モスクワ滞在も実質最終日になりました。  午前中は「ヴェルニサーシュ」という蚤の市のような場所に行きました。滞在しているホテルがすぐそばだったので、土産物を探しにいったという感じです。
2007/08/31(金) 23:04:17 | 日々是勉強
狼魔人日記より2007-08-30 17:36:15 http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/48b62d3f8947cc2a1624bf71af694ca6 日教組が撤回決議 集団自決の軍関与「明らか」 (琉球新報 8/29 ) 【東京】全国約30万人の組合
2007/09/01(土) 12:23:42 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。