独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬物大量押収、国際密輸組織関与か・4中国人を逮捕

 堺市の倉庫で大量の覚せい剤や大麻などが押収された事件で、中国やカナダにまたがる国際的な密輸組織の犯行の疑いの強いことが13日、大阪府警薬物対策課などの調べで分かった。逮捕された中国人4人は中国本土からの指示で、大阪港で陸揚げされた積み荷を受け取り、倉庫に移すだけの「運び役」だった。府警は、日本の暴力団も関与しているとみている。

 押収されたのは、約155キログラムの覚せい剤(末端価格約93億円)と、約280キログラムの乾燥大麻(同約11億円)、合成麻薬MDMAとみられる錠剤68万錠・計206キログラム(同約27億円)。いずれも昨年1年間の国内押収量を上回った。

******

以前の麻薬覚醒剤と言えば、北朝鮮産が質も量もダントツだった。
何故北朝鮮産の覚醒剤が高品質なのかと言うと、それは旧帝国海軍の常備薬としてのヒロポンが北朝鮮に工場が置かれていたからだ。
覚醒剤と言うのは、製造過程で異様な悪臭を発生させるのだそうだ。

それで当時の僻地だった北朝鮮に覚醒剤の工場が置かれたと言う事。
その工場を使って、連中は何十年にもわたって日本向けの覚醒剤を製造していたと言う事。
なのだが、最近は少し事情が違ってきている。

中国製の麻薬や覚醒剤が増えてきているのだ。
その製造場所はどこか?カナダである。

北京五輪の前準備として、中国人は麻薬の製造拠点を海外に移転した。
国土が広く、未踏の地も多いカナダがその移転地として選ばれたと言う事だ。

多分だが、カナダ政府は中国人のやっている事を認識していると思う。
知った上で中国人の仕業を傍観しているのだと思う。
あそこの国は、5000万円以上のお金と、ちょっとした雇用を行えば簡単に永住権くれる国だから。

違う意味での拝金主義って事だろうか。
あるいは、アメリカに敵対的な国のエージェントであるが故に、確信犯で導き入れているのか。
いずれにせよ、外国と言うものは一筋縄で動く相手ではない。

友好親善ばかりに目を奪われている国は、何をどうやっても弱い国なのである。

それにしても、北朝鮮の覚醒剤云々で、私が思い出したのは、暴力団新法が発布され、日本人の暴力団の力を殺いだ結果、山口組をはじめとして、日本の暴力団の団員に韓国人が激増した事だったりする。
日本人を屁とも思わない連中が覚醒剤を売りまくり、見事な位に子供にまで覚醒剤汚染が広がった。
それから北朝鮮に対する風当たりが強くなり、北朝鮮産の覚醒剤が入ってこなくなったら、今度は中国製の麻薬覚醒剤である。

なんかドンドン悪い方向に向かってる様に思える。
そして笑えないのは、日本に麻薬や覚醒剤を持ち込むのが、常に「友好を深めるべきと世論が煽る外国」だったりするのがね。

1mgでも麻薬や覚醒剤、偽札等を持ち込んだ国に対しては、強烈なペナルティを数年間解除しない。
それくらいで丁度だと思う。友好を求める相手はカタギに近い国が良いに決まっているのである。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/333-25836ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  8月になると、どうしても原爆投下の日だの敗戦の日だの、「戦争」がキーワードになることが多いようです。  子供を教える職業に就いている人なら、一度は子供に聞かれるなり、授業で必要に迫られるなり、ある場所
2007/08/20(月) 23:13:28 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。