独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米、公定歩合0.5%下げ・市場の動揺に歯止め狙う

 【ワシントン=小竹洋之】米連邦準備理事会(FRB)は17日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、FRBが民間金融機関に資金を貸し出す際の金利である公定歩合を0.5%引き下げ、年5.75%とすることを全会一致で決定、即日実施した。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した金融市場の動揺や信用収縮の広がりを懸念し、緊急利下げで金融不安に歯止めをかける必要があると判断した。

 FOMC終了後に発表した声明は、9日以降の金融不安によって「景気下振れのリスクがかなり高まった」と指摘。短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利誘導目標は年5.25%に据え置いたが、「必要に応じて行動する用意がある」と述べ、今後の経済動向次第ではFF金利も引き下げる構えを見せた。

******

事態は三輪の予想のとおりに進んでいます。
もうアメリカは国際金融資本の思うとおりに金融関係をコントロールできないのです。

もうアメリカは資金の需要に応えようとする事はなくなりました。
需要に応えようとしない国に資金は流れません。

いかにして需要に応えるか、いかにしてその需要を作り出すか。
その需要はいったい何者のどんな需要であるべきなのか。

より正しい。その方法を日本人は思い出すべきだ。
無間地獄にその身を置いてはならない。
知恵を出し合うべき時が来た。
しかし、日本人の中で、この問題の様相を正しく理解している者は極少ない。

迷信的な恐怖におびえるもの、狂った楽観論にひたりこむもの。
それらはこの件の解決には邪魔なだけである。
真実は見つめようとするものの目を眩ませる。
真実はその頬を目を閉じて撫でるものが一部を知る事となる。

これからの動きは早いだろう。数ヶ月で世界の様相が変わる可能性すらある。

多分、この事に気がついている者は日本に結構居るだろうな。
さあ、この件の総括をどうするかだ。
アメリカの向かっていた道をどう総括するかだ。
いや、その総括が中国とのパートナーシップ、更に危険な道の選択という可能性もあるのだ。
この件は正しく総括する事が日本の国益になる。できなければ日本の国益は大きく損なわれる。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
FRBの対応自体は、中銀の対応としては正しいのでしょうが…所詮は対症療法ですからね。
市場の動揺を抑え、株価の暴落を食い止める効果はあっても、そこまでのことです。
経済のあり方そのものに問題があるのであれば、根本的な解決にはなりません。

まあ、マスコミもいわゆる識者も、そんなことは絶対言いませんけどね(笑)
でも、そこが一番重要だと私も思います。今後、日本がどのような経済のあり方を選ぶのかが、日本が生き残っていけるかどうかを決めるような気がします。
私はまだ、それについて自分なりの答えも出せずにいますが。
2007/08/18(土) 02:25 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
米国経済に問題があるというのは、もっともだと思いますが、一方で、今回の混乱に対して、アクションをとったのが米国だってのも事実だと思うんですよね。
今回の問題の発信源が米国のサブプライムって言うけど、その影響をもっとも大きく受けたのは、日本ですよね。(円高、株安)
地味ですが、私はこの人が現政権最大のがんだと思っています。
尾身幸次財務相は15日、閣議後の会見で、米国のサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン) 問題は完全に収まってはいないが、全体として大きなヤマを越えたとした上で、今後の動向を注意深く見守りたいと語った。
おまえはヨイショと見ることしか出来ないのか、って感じですね。
98年には経企庁長官として「桜の咲く頃には、、」という言葉を残して日本を地獄のふちへ叩き落してくれました。
2007/08/18(土) 04:05 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
追加:
財務相はこんなことも言ってます。
「私は、ヨーロッパ、アメリカ、日銀も含めて、そういう金融当局が機敏に対応してくれたな。」
金融当局の大量資金供給が全く効果なかったことは、その後の金融市場の動きを見れば明らかであり、それどころか、その金額の大きさが引き金を引いたとさえ言われています。
、、通りすがりで、失礼しました。
2007/08/18(土) 04:15 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
真の国士である西村眞悟や平沼赳夫が失脚した今となっては…
陰謀論者はむしろ米国は借金をチャラにするために、イラク戦争などわざと無茶をしてドル体制を崩壊させようとしていると言っていますよ。その場合やはりゴールドを持っている国が台頭するのでしょうね。日本がその国に入らないことだけは確かです。そこで平和党が提唱する減価する電子通貨なのですが…。
2007/08/18(土) 09:07 | URL | 蔵信芳樹 #Xwm37cwU[ 編集]
蔵信さんって
うちのブログで聞かれもしないのに絶望しちゃってた蔵信さんですか?

あなたの言う通りなら減価する通貨を導入しても無駄なんだから、考えても意味ないですよ。

それになんですか、「陰謀論者は」って(笑)論調といい色文字の使い方といい、あなたビミョーに某連山の方々に似てますね(笑)
2007/08/18(土) 09:53 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/18(土) 17:00 | | #[ 編集]
無題
ろろさんこんにちは。ろろさんも陰謀論者の一人じゃないの?ブログにユダヤ人とかハザール人とか書いてるし。電子通貨はドルを刷るより偽造が簡単ですからね。ウイルス一発でアボンですよ。それくらいするでしょ。ハザール人なら。連山はあれ、中国とは関係あるんですか?水素文明って燃料電池の原料であるリチウムの大原産地である中国の存在がなければ成り立たないと思うんですよね。中国は近い将来必ず水素文明に移行するはずですよ。それを見据えた燃料電池の開発が進んでいますから。
2007/08/18(土) 18:57 | URL | 蔵信芳樹 #Xwm37cwU[ 編集]
>ろろ様
彼は意図的にミスリードと撹乱をしようとしてるんですよ。まともに相手しちゃいけません。
金本位制に世界の経済を立ち戻らせようとしたら、デフレでその後大変な事になるのを、彼はもちろん知っています。
水素文明云々も同じくです。
もっともらしく発言してはいますが、対話が目的でやって来てるのではない、それはおわかりでしょう。

私の彼に対する意見はbanabuna様に申し上げたとおりです。
そう言う前提の下にお話をなさった方がよろしいかと。

>蔵信芳樹さん
そう言う事です。御講釈は今後は別の場所でお願い致します。
2007/08/18(土) 19:24 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪さん
騒ぎの種になってしまったようですいませんでした。確かに、話に私が陰謀論者に見えている人と、まともなやり取りができるわけないですね。

以後気をつけます。

2007/08/18(土) 19:36 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
TBです
アメリカ国民が米国を支配しているわけではありません
http://sun.ap.teacup.com/souun/897.html
米国が優っている“経済力”が金の公的保有量しかない:話が金につながっていくわけ
http://sun.ap.teacup.com/souun/808.html
2007/08/18(土) 21:22 | URL | 早雲 #-[ 編集]
米もイランに核武装させて
米軍を中東に駐留させ
湾岸諸国にドルを買わせると言う事も
有り得るだろうが
米軍駐留を拒否した
湾岸諸国がユーロの支援等を受けて
核を持ちユーロを買うと言う可能性も
有る訳だろうし
其の場合は米もイランを攻撃すると言う事に
成る訳だろうか
2007/08/19(日) 02:45 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/330-83492273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 所謂「サブプライムローン問題」で、激烈な下げを続けていた米市場ですが、その停止の為に下された決断で、遂に、60年以上もの長きに渡り続いてきた米国一国による世界の覇権は、終演を迎えそうな様相を呈して来ました。
2007/08/18(土) 16:44:20 | 或る浪人の手記
  8月10日からはモスクワに滞在しました。  ペテルブルクのホテルから地下鉄とバスを乗り継いでプルコヴォ第1空港に向かい、飛行機でモスクワに到着したのは11時半過ぎでした。この移動の間、冷や冷やするこ
2007/08/18(土) 23:50:44 | 日々是勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。