独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、株式市場とはどんな世界なのか?それはゼロサムの世界です。
株式市場では、「負ける者の損害-証券会社手数料=勝った者の儲け」です。

******

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  8月14日(火曜日) 通巻第1893号 

そして資金の「貸し手」が不意に不在となった
  サブプライム融資の収縮による世界同時株式暴落が近い?

 サブプライム住宅担保ローンの突如の破綻が明らかになるや、欧米中央銀行は、邦貨にして30兆円を市中に投入した。日銀もとりあえず6000億円。それでも納まらず追加投入、結局13日までの営業三日間で日欧米は42兆円を市場に注ぎ込んで、事態の沈静化を図った。
 これは尋常ならざる事態の到来である。

しかし日本の当局は市場の心配をよそに、やや楽観的である。
 「内閣府が13日発表した4―6月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増、年率換算で0.5%増となった。10・四半期連続のプラス成長。設備投資が堅調だったものの、輸出が伸び悩み、成長率は1―3月期(年率3.2%)から鈍化した。ただ、昨年10―12月期からの高成長の反動の面もあり、景気は緩やかな拡大を続けている」(日本経済新聞、8月13日夕刊)。

 米国の失速のほうは、心配がないのか?
 住宅ローンは米国の経済指標をはかる重要な要素で、80年代にエコノミストが注目した指標は「新規住宅着工率」だった。
 有名人やら野球選手が、つぎつぎとローンを組んで住宅を買い、値上がりをまった。
 85年、「ブラック・マンディ」。ウォール街の株価は大崩落を演じた。
 その後、ヒスパニックやらアジア系の移民に狭い一軒家、メゾネット方式のアパートなどを廉価で売却する米国のデベロッパーが増え、金融界も、この需要に応える。米国の不動産業界は甦った。

 昨今話題の「サブプライム」とは、「プライム」の亜流という意味だから、信用力がそれほどない人達に、住宅資金を、かなり良いレートで貸し付けた。
無理がたたって、その不払いが連続し始め、貸し手が窮屈に、いや多くが破産し、ヘッジファンドの倒産が目立った。

▼野村証券もドイツ公的投資会社も巨大損出をだした

日本の野村証券も700億円の実害。ドイツの公的投資機関は一兆円を超す損害をだした(これと関連するか、どうかは別にグリーンスパン前FRB議長はドイツ銀行顧問に就任した)。

 なぜこうなるか。ローンが成立した時点で金融機関がそれを投資家に転売し、それがさらに投機グループやヘッジファンドへ転売されていったからである。
 「大手投資銀行、とくにコンピュータ取引で、このサブプライム転売を展開していたところが大損害を受けた。この点は98年のLTCM(ロシア国債取引で倒産)のパターンに酷似。少額の個人投資家は、したがって殆ど損をしていない」(ヘラルドトリビューン、8月14日付け)。

 だが、騒ぎは収まっていない。市場は世界的な同時性で下げ傾向をみせている。

 「向こう12ヶ月で景気後退に見舞われる可能性は26%。七月調査では23%だった」(優良株分析の専門家、クリスチャン・サイエンス・モニター、8月13日付け)。
この場合、専門家が用いる26%というのは「4分の一以上の可能性」という蓋然性を表現する。かなり高い確立であり、この基本は1929年世界大恐慌前夜にパターンが似ているとみられる。

******

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成19年(2007年)  8月15日(水曜日)通巻第1894号 

橋梁崩落、高層ビル火災、猛毒につづいて中国産不良品回収
  同じ時に上海株式市場は史上空前の高値を記録したのだった

 米国最大の玩具メーカー「マテル」社は880万個の中国製玩具を回収すると発表した。自主回収は二回目のアナウンスである。
 中国製に乳幼児が飲み込むと死傷する恐れのある磁石が使われており、また基準値を超える鉛塗料が含まれていたため。
(製造元の社長に悪意はなく、その親友の塗料会社社長が偽の塗料を売りつけていたらしい。社長は工場内で首を吊って果てた。合唱。)
 先に同社は中国製キャラクター人形150万個の回収に乗り出したばかり。
 対象となる商品は女児向け「ポリー・ポケット」、男児向け「バットマン」などのキャラクター人形など。
 
 八月十三日は中国現代史にとっていまわしい日となって記憶されるだろう。
 湖南省鳳凰県で建設中の橋(全長約268メートル、幅約13メートル)が突然崩落し多くの死傷、行方不明を出した。広東省の九江大橋の落下につづき、手抜き工事の杜撰さが指摘されていたが、今後も、この種の事故は頻発するだろう。

 鳳凰県の事故現場はミャオ族の観光地へ繋がる交通の要衝だが、奇妙なことに橋は完成して足場の撤去が行われていたときに事故が起きた。
 橋は数秒間で崩れ落ち、橋脚部分の断面には石とコンクリートが露出したが、鉄筋が見えない。

中略

 上海・深セン両株式市場は八月十三日、過去最高の4800ポイントを突破した。
 なんという皮肉だろうか。

******

世界恐慌が、実はアメリカとイギリスの財閥カルテルが仕掛けた「故意的な株式による略奪行為」だったと、その様に最近指摘する向きが増えてきている。
「マネーを生み出す怪物」では、世界恐慌がいかに詐欺的な自作自演の崩壊劇であったかが大きなパートを割いて説明されている。
これは実は日本のバブル崩壊も同じ事で、誰かが国民の多くが損をした金を分捕っているのだ。
911事件については更に酷い。911の前一週間程に、「911テロが起きる事を知っていた人達は関係銘柄を手仕舞いし、その後先物に大量の売りが掛かっていた」という話だ。
911事件の前にNYダウが調整局面だったのは、事前に仕掛けた先物売がかなりの量であった為、それがNYダウを少し下げ固定にしていたのだろう。(これを陰謀論と言う向きもあるだろうが・・・)

今回のサブプライムローンの事件で、サブプライムローンそれ自体を買い戻す動きはない。
米国の住宅着工は今後伸びないと見る向きは大勢であり、その視点が固定した時点で、サブプライムローンから投資を引き上げる動きは止らなくなる。買い手不在とはそう言う事だ。
日銀は安心しきっており、市場に投入した一兆六千億円の資金を、昨日2回に分けて全て回収した。
存外賢かったのだなと感心している所では、今回の騒ぎで大きな被害を受けたのは野村證券と新生銀行だけであった事。
EUでは未だに被害の拡大にぴりぴりしており、アメリカも同様である。

ともかく、日本の守備範囲ではそれ程の問題は今は見受けられない。
米独については、それらに対して日本からわざわざ要らない差し出をする必要もないだろう。
しかし、ドイツ、つまりEUの金融中枢がかなり深くこの件に関与してる事は今後の様々な局面で、世界に大きな影響を与える可能性が出て来る。
さて、今回のこの件で得をする者とは誰なのだろう?私はそれが知りたい。

ちなみに、これから損をする国は既に見えている。中国だ。
彼等は経済成長と奴隷使役で稼いだ金を、大量に市場で失う事になるだろう。
株式市場と言うのは一種の賭場である。中国人に取って、抗し難い魅力を持った罠の巷なのだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBです
借金漬けの米国経済とそれに支えられた世界経済はソフト・ランディングができるか?
http://sun.ap.teacup.com/souun/680.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/681.html
2007/08/15(水) 19:59 | URL | 早雲 #-[ 編集]
>早雲様
他国があらゆる犠牲を払って、アメリカだけが軟着陸するってのは、それは軟着陸に入るんでしょうかね?
2007/08/15(水) 23:50 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
十分に考えが煮詰まらないままのコメントになりますが…
今回の事態は、金融資本主義に内在する本質的な欠陥が露呈したのではないでしょうか。
実体経済の裏打ちなしに、世界でマネーが拡大し続けた結果、という意味で。
特に中国では、日本のような産業資本主義の十分な成熟なくして金融資本主義段階に突入してしまっているように感じます。
株式市場に膨大な資金が流入して株価が上昇し続ける一方、内需拡大がそれに追いつかず、裏打ちになる実体経済がそれほど伸びていなかったのでは。
いずれにせよ、世界のどこかが急激に経済成長していない限り維持できないような金融資本主義は、本質的に安定持続は不可能なのではないか、と思ってしまいます。
2007/08/17(金) 00:33 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
どうでしょうね?
アメリカは自国の経済を最強たらしめるために、極度の無理をしていたのではないか?
私にはそう思えるのです。

アメリカは極度の内需を捏造して、それに失敗したとも言えます。
アメリカは所得ではなく、借金で内需を捏造していたのですからね。

まあ、そういう国の経済は本物ではないと言うことではないでしょうか?
2007/08/17(金) 22:17 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/326-b924861b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  ロシア第2の都市、サンクト・ペテルブルクに滞在した日の記録です。  ●前回の旅行記の最後に紹介した、ホテルの窓からの風景は、朝になるとこんな感じになります。  ペテルブルクが美しい町だというこ
2007/08/15(水) 21:54:12 | 日々是勉強
カルテルカルテル(ドイツ語 Kartell)とは、企業(事業者)間で価格や生産数量,販売地域などを協定することである。日本の独占禁止法はこれを不当な取引制限として禁止している(独禁3条後段)。独占禁止法の適用除外として不況カルテルや合理化カルテルが認められ、カル
2007/10/03(水) 10:38:53 | 経済学のことを知ろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。