独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう多分遅いくらいだとは思うのだけど、安倍政権が動き始めました。

今回の動きは、次の参院選を睨んだ行動と言う事になるでしょう。
まあ、正直言って、現段階からのリカバーが間に合うかどうかは微妙ですが・・・。
(個人的な印象ですが、駄目だと思います。もう現時点までの動きで安倍政権と言うか、自民党政権は終わったと思っていますから。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
首相、労働時間規制除外制度に慎重姿勢

>安倍晋三首相は5日夕、一定条件を満たす会社員を労働時間規制から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」制度に関して「経営者の立場、働く側の立場、あるいはどういう層を対象とするかについてもう少し議論を深めていく必要がある」と述べ、導入に慎重な考えを示した。
>首相官邸で記者団の質問に答えた。次期通常国会への関連法案提出についても「色々な観点から党とも議論を深める必要がある」と指摘した。

>同制度を巡っては、柳沢伯夫厚生労働相が通常国会への法案提出に意欲を見せている一方、公明党からは慎重論が出ている。
>首相は政府・与党間の足並みをそろえる必要を強調したものとみられる。

もう完全に後手を踏んでいますね・・・。
常識で考えれば、こんな事を許すなら、まだ消費税を上げるとか、企業減税を行うとかの方がマシだったと思います。

公明党は早々にそこに気が付いて、「俺達はこの案には反対だ」と声をあげていましたが、安倍内閣の鈍重さは初期に火消しを企図していた公明党執行部と比べて、おそろしいほどに反応が鈍かったと思います。

おまけにこんな人も居ます。

残業規制撤廃で「方針変えず」 date:1/5 17:17

>ホワイトカラー労働者の一部を労働時間規制からはずす「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について、与党内からも慎重論が出ていますが、柳沢厚生労働大臣は通常国会に法案を提出する方針は変わらないと強調しました。
>「変えません。変えるつもりはないと」(柳沢伯夫厚労相)柳沢厚生労働大臣はこのように述べ、法案提出の方針に変わりはないことを強調しました。
>この制度の導入については、4日、自民党の丹羽総務会長が慎重論を唱えるなど、与党内でも制度導入は見送りすべきという意見が強まっています。
>また、連合の高木剛会長は、この制度について「どうしても賛成できないので、あらゆる局面で反対していく」と、改めて制度導入に反対の姿勢を示しました。

柳沢厚生労働大臣、小泉政権の庇護下でリーマンブラザースとホリエモンの橋渡しをしていた彼ですが、彼は強行にホワイトカラー・エグゼンプションの推進を叫んでいます。

ここまで来ると、普通に閣内不一致なのですが、どうやら安倍晋三氏にはそれらの意見の不一致を統制する能力が無いようです。

******

残業代ゼロ法案、成立阻止を連合会長が強調 2007年01月05日22時20分

>連合の高木剛会長は5日の記者会見で、一定年収以上の会社員を労働時間規制から外し、残業代をなくすホワイトカラー・エグゼンプションについて「賛成できない。反対の論陣を強く張っていく」と述べ、法案提出に向けた厚生労働省の動きを牽制(けんせい)した。与党内からも慎重論が出始めていることもあり、法案成立阻止のため、「いろんな方々にこれから訴えていく」と語った。

>ホワイトカラー・エグゼンプションは「残業代の不払いや過労死を助長する」と労働組合などが強く反対しているが、厚労省は今月からの通常国会に法案を提出する方針を示している。
>高木会長は、野党の反対や与党内の慎重論を背景に、「法案をそう簡単に通させない」と述べた。

私の古巣も動き始めたようです。今回ばかりは本気でしょう。
ここが大事なのですが・・・

・自民党=厚生労働省はホワイトカラー・エグゼンプション賛成と見られている。
・連合=民主党はホワイトカラー・エグゼンプションに反対して、国民の生活を守る=正義を主張すると見られる。

これに相乗効果が必ず追加されます。

安倍晋三の最初にぶちあげた、例の「美しい国」発言です。
その美しい国と言うのがどんなものなのか?国民は少しは期待を抱いていた筈です。
小泉政権よりも希望が少しは出て来るのかと・・・。

ところがどっこい、今回の一件ではっきり国民に印象を付けてしまいました。
ただの反動的で軍国主義的な統制国家で、話に伝え聞く戦前のろくでもない国。
そんなイメージでしょう。富国貧民という訳です。
美しい国と言うから希望を抱けるかな?と思っていたら、とんでもない搾取されるばかりの国と言う訳です。

これは非常に影響力の大きい痛打になっていると思います。

ともかく、このホワイトカラー・エグゼンプションは労働政策審議会分科会で話し合われていたものですが、労使双方の代表の意見は徹底的に平行線、取り付く島も無い様な口ぶりで使用者側の意見のみがまとめられて国会に提出される形になってしまいました。

ホワイトカラー・エグゼンプション導入へ…反対押し切り結論

とても重要なのは、何十年か掛けて勝ち取ってきた労働者の権利を、数回の協議会で全否定すると言う使用者側の居丈高な言い分が目立った事です。

あれはVTRで繰り返し放映されたなら、普通に安倍政権は日本国民の大多数に背を向けた「金持ちの為の政権」と言う烙印を押されてしまうでしょう。

不人気とか言うレベルじゃ済みませんね・・・どう考えても。
小泉政権以来、自民党は「国民の敵」を探し出して、でっち上げて、それを潰す事で人気を煽ってきました。

けれど、今回は自民党が国民の敵となる番です。
壊滅的な負け方すら予想できますね。

公明党や一部の自民党議員はほとんど恐怖を覚えている様子でさえあります。

そして、このタイミングでOECDが日本の相対的貧困率は加盟国の中で第二位になったと発表しました。
第一位は当然米国です・・・。

政府の描く日本の財政収支改善では、まず名目賃金を引き上げ、可処分所得を増やし、内需を拡大した上で税収の改善を図ると言う事であった筈。
このホワイトカラー・エグゼプションは、あらゆる意味で賃金、可処分所得を減らす施策であり、その適用範囲もホワイトカラーだけではなく、全ての世代に適用され始める事は明白です。

企業減税がすぐには駄目だから、それでこう言う施策と言う風に考えたのでしょうけども、再三再四の短絡だとしか評せません。

ちょっと考えたら、この様なとんでもない施策が恐るべき不人気となって跳ね返ってくるのは理解できた事と思います。
それすらも理解できないのが今の安倍内閣の中枢なのでしょう。

正直に言いますが、政権担当能力に乏しいのだと思います。

まあ、もうこれ以上国民を困窮させる事はやめた方が良いと思います。
追い詰める方としては、まだこの程度なら大丈夫と思っているかも知れませんが、追い詰められる方としては、これ以上下がる位なら自棄になってやると思う向きも出るでしょう。
何をやっても報われないと思うなら、他の誰かを信じたほうがマシ、そう思う向きは更に多いでしょうし。

小泉や森が持ち上げてくれたからと言って、国民が持ち上げてくれた訳ではない。
そう言う自覚くらいは持ちましょうね・・・。

いずれにせよ、このままでは安倍政権は長持ちしないでしょう。

北朝鮮や中国の脅威よりも、日本国によって兵糧攻めにされている国民が多い状況下で、どれだけ愛国的な事を口走っても評価はされません。

むしろ、戦争用の金を国民に回せと言われるのが落ちです。

そう言う理の当然がわからないなら、安倍政権、自民党は次回の参院選で負けるしかありません。

ともかく、安倍政権は国民に対するアピールが下手すぎです。
見ていてイライラする・・・・。

安倍総理に必要とされるものは何か。
小泉前総理のポチをやめる事だと思います。
構造改革路線に拘っていては、永遠に富国貧民戦前回帰と言う烙印を押されたままでしょう。
改憲も自衛隊の更なる整備も絶対に必要なのです。
財政再建のためには、
・国民はこれ以上税金を払えない、払わせれば怨嗟の声に止め処が掛からなくなる
・大企業は税制優遇で金を払おうともしない
・中小企業は相変わらず苦しい

まあ、平たく言えば、高額所得者の累進課税を徹底的に高くする事、大企業の税金を高くする事、生活保護ではなく「負の所得税」を中心に、勤労者の生活水準を底上げする事

富国富民、みな中流、これが最高だと言う事はこの数年で結論が出た事だと思います。

まあでも・・・無理だと思いますね。
小泉、森の忠実な犬に・・・そんな事できないと思いますから。

だから安倍政権は国民に普通に恨まれる様になってる訳ですね・・・。
この調子だと本気で参院選惨敗になるだろうかなと・・・。

スキャンダルもまた起きるだろうし、現在審議している様々な代物案件が更に国民を愕然とさせそうだし。

一発逆転と言うと、やはり北朝鮮にお願いして、日本のどこかに通常弾頭テポドンを撃ち込んで貰うしかないでしょうかね?

今や安倍内閣は立派な日本国民の敵になりつつありますから。
それに気が付けないと言うのが、安倍内閣中枢の痛い所でしょうね。

働いても働いても、金持ちにばかり金が行く世界。
そう言う不満を国民が抱く事の社会的コストが看過できないからこそ、世界の各国は所得の再配分を行ってきたのですがね。

近世近代の世界史も必修にした方が良いかと思えますね。
歴史的経緯を知らない政治家が多過ぎるような。

このままだと、本当に民心離反でどうにもならなくなりますよと・・・。
まだ今この時なら、挽回のチャンスもあるんでしょうけど、繰り返しますがこれ以上日本国民を困苦に追い込んじゃいけません。
「美しい国」とか言う題目と絡めて、反感を思い切り買う破目にしかならないと思いますし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
三輪様、こんにちは。
この日経の報道では、安倍総理はこの「ホワイトカラーエグゼンプション」の導入に慎重のような書き方ですが、一方では「制度の必要性を強調している」という報道もありました。しかしながら総理が必要と考えている理由とは、「この制度が労働時間短縮につながる」と思っているかららしいのです。安倍総理は本当に何も分かっていないのかもしれません。
「政府は労働基準法を改正し、一定以上の収入がある会社員の残業代を無くして成果に応じた報酬とする、いわゆる「ホワイトカラーエグゼンプション」の導入を検討しているが、安倍首相は5日夜、その必要性は強調しつつも法案提出には慎重な姿勢を示した。
 安倍首相は、記者団に対し、「やはり日本人は少し働き過ぎじゃないかと、こんな感じをもっている方も多いんじゃないですか。やはり家で家族そろって食卓を囲むという時間は、もっと必要ではないかなと思います」と述べ、少子化問題解決の観点からも、仕事と私生活のバランスを見直していくべきだと、制度の必要性を強調した。
 しかし、法案を通常国会に提出するかどうかについては、「色々な観点から、党とも議論を深めていく必要がある」と述べ、与党内の慎重論に配慮して明言を避けた。
 一方、柳沢厚労相は5日朝、「企画・立案部門の報酬が時間によって支払われるのは違うと思う」と述べた上で、通常国会へ法案を提出する方針を「変えるつもりはない」とあらためて強調している。 」
http://www.ntv.co.jp/news/74647.html
2007/01/06(土) 15:31 | URL | JAXVN #c0YoYibA[ 編集]
またアメリカの要求です!
■2007/01/02 (火) 残業代踏み倒し、この内政干渉はふざけるな!!

●残業代踏み倒し、この内政干渉はふざけるな!!

http://www4.diary.ne.jp/user/429793/
2007/01/06(土) 15:38 | URL | 布引 #-[ 編集]
>JAXVN様
もう、安倍晋三の間抜けぶりは凄いですよ。
ホワイトカラー・エグゼンプションの成立で、労働者が残業を止めて家に帰る事を選ぶだろうから、ゆとりある生活をおくれるようになる。

そう発言しています。
極楽トンボと言うか、政治家しかやった事の無い温室育ちのお方なのだなと・・・。
ある意味感心してしまう事も多いですね。

頓珍漢とは彼の様な人の事の形容詞なのだと。

>布引様
結局こう言う表現が一番正しいのかなと。

日本の総理大臣とは、「総理大臣になったのではなく、総理大臣にして貰った人ばかりなので、まともな政治家がトップに立たないのだ」とね。

国民から選ばれた代表では無いんですよね。
それが問題なのではないかと。
2007/01/06(土) 19:44 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
安倍政権の問題点は、首相と取り巻きが「セレブ」である点です。

実体経済を理解していないから、外国に見てくれを取り繕うのだと思います。「美しい国」にしても、尾身蔵相の「好景気だ!」という認識にしてもそうです。

首相にせよ、蔵相にせよ、一度神戸にいらしたらどうかと思います。

いまや神戸は日本の縮図となっています。経済格差はすさまじいし、固定資産税や住宅ローンすら払えずに自己破産に追いやられるサラリーマンや個人商店主が激増しています。神戸市の財政赤字は天文学的数値に達しています。

神戸だけではないと思いますが、神戸を見ただけでも、日本の病的な現状がよくわかります。少なくとも、東京や関東圏ではわからないことがよくわかると思います。

経済が好調だと思い込むのは、経済指標しか見ていないからです。

財政赤字の問題も、赤字国債の発行残高の問題にしても、根本的に10年前から何も状況は変わっていません。日本の外貨準備にしても、外債保有にしても、米ドル中心で、ウォールストリートに税金を上納しているだけ。

軍事にしてもそうです。陸上自衛隊は中央即応集団を作って海外任務を本隊業務にして、結局、米国のための下請けになってしまっています。これでは現場のまじめな、国防の志篤い自衛官たちがかわいそうです。

北朝鮮情勢にしても、安倍首相は拉致のことしか言いません。北朝鮮問題を根本的に解決したかったら、米国と手を切るしかないのです。米国にとって、朝鮮半島の安定化は国益になりません。朝鮮半島が安定してしまったら、在韓米軍の存在価値がゼロになるからです。

反面、中国とロシアは朝鮮半島がどうなっても損はしません。金正日の体制が崩壊したら、中国はすぐに人民軍部隊を満州から進駐させるでしょう。「国際社会に与える悪影響を避けるための保障的措置だ」といえば正当化できるし、先制自衛の国際法上の根拠は米国がイラクで示してしまっているからです。霞ヶ関の外交官たちや防衛官僚たちにその辺の認識があるのか、そして官邸のお偉方にどのような戦略があるのか、疑問です。北朝鮮の体制が現状維持であれ、崩壊をたどるのであれ、中国とロシアはどのみち得をし、どうなろうと得をしないのは日本です。

空疎な文字を並び立てる限り、安倍政権の日本はよい方向には行かないでしょう。しかし、安倍以外に安倍に代わる人材がいないのも日本の悲劇でしょうね。

どうしたものか・・・
2007/01/07(日) 00:58 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
>ななしのお方
貴方の見識は「私達」と完全に同じですね。
最近の私は「安倍政権」の指標が間違っている事、日本国民の生活が完全に貧窮のレベルに陥り始めている事を訴え続けています。

もう、いまや改憲がどうの、自衛隊がどうのを論じるレベルではなくなりつつあると思うのです。

このままでは、日本社会は怨嗟が充満して、とんでもない左傾化の方向に墜落して行く可能性が生じて来るとさえ思っているのです。

現在の自民党政治は完璧に悪政と評するべきです。
ここに歯止めを掛けなければ、今後の日本はどうなってしまうかわかりません。

今後とも有益なご意見をお待ちしております。
2007/01/07(日) 01:07 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]

相対的貧困率の話は去年の7月20日のOECD記者会見発表で出ています。
正式な発表ではありませんが。

去年のいつごろかはわかりませんが、2chでも貼られていたようです。何度かいくつかのスレで見ました。
2007/01/07(日) 02:10 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
正式な発表ではないという言い方は変でした。

あと、NHK教育の生活保護関連の番組でもこの時の発表のデータを使って、相対的貧困率2位と言っています。

2007/01/07(日) 02:13 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
お説とコメントを読ませて頂き、現在の日本の混迷の深さを今更のように痛感させられました。北朝鮮問題はアメリカの望むところであろうと、うすうすは感じていたのですが。
2007/01/07(日) 08:25 | URL | わこ #-[ 編集]
>ななしのお方
去年の7月くらいですかね。
私がジニ係数の話をし始めたのはおととしの11月でした。
多分、日本の二極分化を批判し始めた草分けだったと思います。
まだ当時のログは残っていますが、サイト自体は閉鎖していますがね。

http://b.hatena.ne.jp/I11/20060722

OECDの発表を基にした旧サイトのエントリーもありましたね。ここに掲載されています。

三輪のレッドアラート | 小泉改革の結論

OECDの相対貧困率についてはこちらを
http://www.rengo-soken.or.jp/dio/no197/siten.htm

この事がブログで大きく報道される事がないのが残念です。

>わこ様
日本にアメリカの基地があるのは、それがアメリカの利益だからです。
そして、PAC3などの迎撃ミサイルも、ぶっちゃけて言えば「アメリカ軍の基地」しか守っていません。

この事実は取り扱いがあまりに微妙なので、私も大きくは言いません。
MD自体は無意味ではないでしょうが、アメリカを守る事にだけ集中しています。

経済の問題も同じです。ドル防衛、アメリカの利益が最優先です。
日本の政治も軍事もなにもかも、アメリカとの関係を知れば深く悩まずにはいられませんね。

だから私は日本を愛する事だけを考えて発言しています。
そうすると概ね反米反体制となってしまうのがね・・・。いやはや困ったものです。
2007/01/07(日) 13:00 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
はい?
一瞬と惑いました。多分以前「日本がアブナイ』のコメント欄で、私が生意気な事を書いていたからですね?
もうお気ずきかと思いますが、私は只の、全くの馬鹿な主婦に過ぎません。だから三輪さんのように専門的なことは何一つ知らないまま、素人の感覚で、疑問や思い付きを書いているだけの人間です。それが停滞した日本の政治に活力を与えるために日々頑張っておられるブロガーさんたちに加勢する、枯れ木も山の賑わいで、背景の色の一つにでもなればと思っているまでなのです。
特にその才能識見の評価高き三輪さんと論戦など思いも寄らない事です。
只素人の浅知恵かも知れませんが、今憲法を変えて、日本国の独立をという動きには疑問を感じてしまうのです。
今の政府は、真の目的を隠して、当たりの良い事から入って、気がついたら全然違う目的にその法律改正は使われていたという事に何度も出くわしているので、ともかく米軍が没落でもしない限り、日本は現憲法を守るにしかずと思うのです。
尚、三輪さんのような方に送ったら、経済の事を知らないものには叶わないと、あきれられるかと躊躇していたのですが、TB送らせていただきます。
趣旨をお組取りいただけましたら幸いです。
2007/03/22(木) 11:31 | URL | わこ #-[ 編集]
失礼しました
何故か1月の欄を、最新の記事と思い違いして、上のコメントを書きました。お恥ずかしい!
2007/03/22(木) 11:41 | URL | わこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/30-047bdf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今日本は敗戦の時以来の危機に立たされているのかも知れない。従軍慰安婦の問題をはじめ、南京虐殺の問題等、六十数年前に世界中の人達に迷惑をかけたのは、逃れようも無い事実だし、この事を、証拠が無いとか何とか言って、
2007/03/22(木) 11:32:59 | Dendrodium
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。