独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
景気、「いざなぎ景気」超えを確認・内閣府研究会

 景気の山や谷を認定する内閣府の景気動向指数研究会は30日の会合で、2002年2月から始まった現在の景気拡大期間が06年11月に58カ月となり、戦後最長になったとの認識で一致した。それまで最長だったいざなぎ景気(1965年11月―70年7月、57カ月)を追い抜いたとの判断による。

 内閣府は06年11月の月例経済報告で「景気回復」との判断を示し、現在の景気拡大期間はいざなぎ景気を超えたとの認識を示していた。
 実際に山、谷を決める専門家もこれを追認した格好で、政府として正式に「戦後最長」を認定するのはほぼ確実となった。


 景気動向指数研究会は経済学者、エコノミストら7人でつくる。景気循環では景気の拡大から後退局面への転換点を「山」、後退から拡大局面への転換点を「谷」といい、日本では研究会の意見を聞いて内閣府が認定する仕組みだ。正確な統計データなどを使って分析することから、正式な認定にはなお時間がかかる。(20:51)

******

もう、アホとかバカとか言うレベルじゃないよね、これは・・・。
続きで詳しく。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
安倍政権の最大の欠点は何か?
それは経済政策をまともに行えない・・・と言うより、総理自らが経済政策をどうするのかわかってない事だろう。

何と言うか、前提に「今の日本は景気回復しているし、それは戦後でも最長の期間に及んでいる」と言う誤解があるのだから救われない。

おそらく「安倍総理は自分が経済政策で大失敗をしていると気が付いてない」のではないか?

多分、世界史上でも稀な、専制政治の暗愚君主以外ではありえないくらいに・・・。
安倍総理は情報から遮断された統治者なのだろう。

こんな奴は存在自体が間違ってるな・・・。
民主主義の政体でこんな奴存在可能なのかね?ある意味天才だね。
空気読めないどころの騒ぎじゃないよ・・・。

そんな彼に財界はこんな事を言う訳だ。

「政局混乱による景気への悪影響心配」・日商会頭

 参院選での与党惨敗を受け、日本商工会議所の山口信夫会頭は30日午前の記者会見で「政局が混乱し、順調に推移しかけている景気に悪影響が及ぶことを一番心配している」と述べ、政府・与党、民主党の双方に慎重な国会運営を求めた。

 山口会頭は与党が1人区で惨敗した理由として「規制改革の名に隠れて都市と地方、大企業と中小企業の格差が拡大している」と指摘。地方幹線道路の整備などで配慮することが必要との認識を示した。(13:24)

******

そーじゃなくて、安倍政権が確信犯的に、地方の産業を破壊しようとしてるのが問題なんでしょう?
新幹線で何が解決するんだね?現実良く見ろよ・・・。

その上にこれね。

秋以降の抜本税制改革は公約、どういう状況でもやる=官房長官
2007年07月30日12時45分


 [東京 30日 ロイター] 塩崎恭久官房長官は30日午前の会見で、秋以降の抜本税制改は政府・与党の公約であり、どういう状況でもやるとの見解を示した。

  参院選で自民党が大敗。与野党逆転で政府の政策の見直しが求められる情勢となってきたが、秋以降の消費税を含む抜本税制改革について塩崎官房長官は「政府・与党の公約である。どういう状況でもやる」と述べ、議論を棚上げする考えがないことを明らかにした。
 ただ、「どういう結論が出るかは議論(の結果)であり、国会でどういう結論を出すかは国会で議論してもらわなければならない」と述べ、議員構成の変化で考え方の修整が求められる可能性も示唆した。

 安倍晋三首相(自民党総裁)の進退問題については昨晩の選挙報道のなかで続投の意向が示されたことを改めて指摘。内閣改造については「人事は総理が決めること」と述べた。また、塩崎官房長官の責任問題についても「総理が考えること」と語った。

ここまで来れば立派なキティですね。
そう言う公約とやらに世間様がNOと言ったのがこの選挙なの。
周囲良く見ろよ・・・。
これについては、財界からもクレームが来てる。

「議論だけで景気悪くなる」消費税増税で日商会頭

 日本商工会議所の山口信夫会頭は18日の記者会見で、参院選の争点に浮上した消費税率引き上げ論議について「デフレが解消していないのに、消費税の論議をすること自体がよくない」と述べ、景気への悪影響を避ける観点から時期尚早との認識を強調した。

 山口会頭は「消費税は個人や中小企業など弱者に厳しい税。いま言えば景気が悪くなる」と指摘した。

 日商は同日、東京都内で開いた夏季政策懇談会で、日本の経済成長力強化には中小企業の底上げが不可欠だとするアピールを採択した。最低賃金の引き上げに関しては「無理な引き上げを強制すれば、必死の努力で経営を維持する企業の存続が不可能となる恐れすらある」として、慎重な検討を求めた。(20:13)

******

まあ、財界もまだしも多少は正気な訳だ。
ちなみに、こんな事を惨敗の次の日に口に出せるんだから、もう自民党にはつける薬はない事が明白である。

安倍自民が惨敗、続投宣言に党内猛反発

 安倍自民党が歴史的惨敗を喫した。第21回参院選は29日、投開票が行われ、自民党は公明党との与党で、非改選と合わせても参院の過半数維持に必要な64議席を獲得できず、結党以来初めて参院第2党に転落した。
 獲得議席は橋本龍太郎首相(当時)が引責辞任した98年の44議席にも遠く及ばず、過去最低の89年36議席に迫る状況。安倍晋三首相(52)は、惨敗の責任を認めながらも続投表明したが、党内からは公然と首相への辞任要求が出ている。

 安倍首相は午後9時半、党本部に入り、無表情で当選者の名前にバラの花をつけた。与党が参院で過半数を維持する「64」を大きく割り込み、橋本首相が退陣に追い込まれた44議席も割り込んだ。89年の史上最低議席36に迫る「想像もできない」(幹部)惨敗だった。

 しかし、安倍首相は早々と続投を表明した。「私の責任は極めて重い」と認めたが、「基本的な政策は間違っていなかったと思うし、国民のご理解をいただいている。反省すべきは反省し、新しい国づくりを進めたい。改革を続行する約束を果たすのが私の責任」と繰り返した。
 安倍政治への「NO」が惨敗という形になっても、「国民の理解をいただいている」と言い張った。「政権運営は厳しいが、信念を持って野党の話にも耳を傾けて結果を出していきたい」と、独りよがりの理論を並べた。


 必然の結果だった。最終盤まで、自民党は選挙を戦える態勢ではなかった。消えた約5000万件の年金記録問題の後手後手の対応がたたり、支持率は5月下旬から急落。相次いで閣僚に事務所費問題が取りざたされ、疑惑が持たれた松岡利勝前農水相は自殺した。
 久間章生前防衛相(66)の「原爆投下はしょうがない」など失言も相次いだが、松岡氏の後任、赤城徳彦農水相(48)の事務所費問題が追い打ちをかけた。
 赤城氏は領収書の公開を一切拒否。さらに二重計上も発覚し、国民の不信感を増幅させたが、これらの閣僚を任命したのは首相だった。

 首相周辺は「逆風は総理の問題ではなく、閣僚の問題」(石原伸晃幹事長代理)と責任論を封印。
 中川秀直幹事長(63)は辞表を提出、青木幹雄参院議員会長(73)も辞意表明したが、負けても責任を取らない首相に、党内は一枚岩ではない。

 後藤田正純衆院議員(37)は「美しい日本なら美しい責任の取り方がある。再チャレンジなら政治家としての再チャレンジもある」と辞任を要求。
 加藤紘一元幹事長(68)は続投について「首相本人だけでなく自民党も傷つくのではと憂慮する」と批判した。

 舛添要一氏(58)は「学芸会内閣のツケ。自民党がゴキブリやヘビ、ネズミと同様に『これだけは嫌』と拒否政党になった」とぶち切れた。

 首相は30日未明、落選報告に訪れた保坂三蔵氏(68)に「申し訳ない」と、わびた。近く、内閣改造と執行部人事で人心を一新する意向だが、「続投しても2~3カ月で政権は立ちいかなくなる」(無派閥議員)との見方が強い。昨秋の総裁選で、小泉純一郎前首相(65)を継ぐ「選挙の顔」を期待されて総裁になった安倍首相は同僚にも民意にも見放され、がけっぷちに立たされた。【中山知子】

******

もう残る政権維持の手段は現実逃避だけと・・・。
これが保守?こんなのに何が守れるんでしょうね?
しかも「改革をとめてはならない!」と保つ事をしないと宣言している人ですし。

こんなの保守じゃねぇって。。。間違いなく。
ただの破壊政党に成り下がった自滅党の、看板破壊者でしょ?
早い所、引き摺り降ろしてしまって、その後に何とかして再建作業に取り掛からないとね。

ちなみに、亀井静香氏ですけど、積年の宿敵である民主党新人の佐藤公治を今回大規模に応援したそうだ。
次回の衆議院選挙では、佐藤氏が亀井氏を応援するらしい。
棲み分けを平和的に行ったと言う事だが、それだけではない。

佐藤氏は当選後の演説ではっきりこう言っていた。

「貧富の差を拡大し、日本の景気を悪くする構造改革に私は反対します!」と・・・・。
国民新党は、その理念を持った民主党の政治家を国会に送り込んだ。
父親の代から数えて30年戦って来た敵と和解し、強い味方として国会に送り込んだ。
「私はいつも亀井先生にコテンパンにされていた、あの佐藤です。地元の皆さん、今回の私は亀井先生に全面的な支持を頂いています。」と・・。

亀井静香氏は、そう言う方向性でも反自民党なのだ。
味方に喧嘩を売れば敵が増え、孤立に向かう。
しかし亀井氏その他の伝統保守はその反対の方法を取った。

ロイド・ジョージの行ったクーポン選挙の後、大勝利した英国の自由党は4年後に脆くも崩壊した。
自民党も同じく劇薬を投与して、クーポン選挙を行い一時的な勝利を獲得した。
しかし組織は崩壊するばかりである。

今の自民党の悲しさは、どこにも建設者、再建者が居ない事なのだ。

中西輝政非公認ファンサイト:宰相小泉が国民に与えた生贄(2) - livedoor Blog(ブログ)

私達は911選挙直後から今と同じ事を繰り返し述べて来た。
当時は負け惜しみに聞こえたかも知れない。
しかし、今では自民党の弔鐘が確実に鳴り始めている。
もう自民党はその命数を使い果たしたと言えるかも知れない。

ともあれ、安倍内閣は確実に国民からNOの審判を突き付けられたのだ。
それを無視すれば、赤城大臣をかばうどころの悪評ではすまなくなるだろう。

安倍晋三は、自らの保身の為に自民党に完全に止めを刺す事になるかも知れない。
いずれにせよ、自民党は安倍総理をトップに置いている限り、選挙を戦っても負ける事が証明されてしまったのだ。
しかし、安倍の後、火中の栗を拾おうとする蛮勇の持ち主も居るかどうか・・・。

全く、小泉の911選挙は自民党の人材をここまで枯渇させてしまい、ここまで地方組織を弱体化させてしまったのだと、暗澹とさせられてしまう様な結果が、今回の選挙結果だと言える。

私の総括は以上で終わる。
今の自民党を支持できる人ってのは、ある意味信念の人かも知れないが、単なる固陋な愚物かも知れないな。
過去の自民党はもう戻らない。そして今の自民党はただの破壊政党でしかなく、国民はそれにNOを突きつけたのだ。

謙虚に反省するしかないが、多分もう自民党は看板として終わっているものと思える。

自民党と言う保守政党が、僅か数年でここまで零落してしまったとは・・・。
つくづく小泉、森の仕出かした事は極度に重く、罪深いものだと慄然とさせられる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これから自民は秀頼母子のこもる大阪城になります。手練手管を駆使し、せめては引き、ひいては攻めるう事でじわじわと内部崩壊を誘います。必勝の秘策は既に民主に授けました。見ていてください。現代版国取り物語を。
2007/07/31(火) 00:52 | URL | 孔明 #-[ 編集]
初めてコメントします。
大敗直後に、こんな発表をするなんて!今回の景気判断のニュースは、自公以外に投票した大多数の国民には、最早痛いニュース扱いになってるんじゃないかと思っております。権力を持った痛い人たちには本当に困ります。
2007/07/31(火) 01:37 | URL | つるびに #-[ 編集]
心配なのは死に体となった安倍に消費税増税や労働法改悪等の汚れ仕事を押し付け特攻させるのではないかという事です。
参院で否決されても衆院300議席の力で再可決できますから。
2007/07/31(火) 01:51 | URL | Yam #-[ 編集]
後藤田正純
そういや、サラ金規制の時もさりげなく頑張っていましたね。

彼は議員としては悪くないんじゃないでしょうか?まあ、今の自民党では彼は生かせないでしょうけど。

中川昭一なんて、もろ格差が出てる地域なのに、ポストに欲があるので森派におもねっているんでしょうね。麻生ともども、もう信用しないことにしました。

ああ、国民新党から出た自見さんが、福岡中央郵便局の再開発を外資が請け負った話を紹介してました。郵政造反組は正しかったんですね。これから平沼さんや古屋さんたちがどう動くか楽しみです。
2007/07/31(火) 08:53 | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
低レベルな引用で申し訳ないのですが、先日のTVタックルでハマコーが安倍さんは参院選で惨敗しても首相は辞めない。その理由は自民党規で首相は本人が辞めると言わないと辞めさせれないから・・・などと言ってましたが、ここまで来ると質の悪い哂い話しな印象を受けました。
安倍首相の気持ちもわかるのですが、政策や国策方針は別にして、死に体内閣にしがみつくのは百害あって一利なしな気がします。
2007/07/31(火) 10:32 | URL | マハルバル #mQop/nM.[ 編集]
僅か数年、って言っていいのかなぁ。
自民党ってのは、戦後の日本(の政治)そのものだと思ってる。
野党(・・社会党ですか、民主ですか?どうでもいいメンツばっかだなオイ)なんざ、殆ど存在しなかったと言って良かったわけで。

「良くも悪くも」って表現がピッタリですよ。自民党には。
社会党になって日本が良くなったか?じゃぁ今度は民主で行くのか?と聞かれたら、NO!としか言いようが無い。

錆が溜まりすぎてるねぇ・・

つか、久々に来たら三輪さんがクリンゴンじゃなくなってる事に一番ショックを受けてしまった。
三輪さんはビッテンフェルトが良いと思うのに・・・(;;
2007/07/31(火) 21:13 | URL | 誠犬 #C9/gA75Q[ 編集]
地方の苦境を顧みないと思われた自民党
三輪さま、こんばんは。
自民党は「机上の景気」を吹聴して、地方経済の苦境を顧みない政党だと思われ、そこを小沢氏による一人区獲得戦術によって突かれ、敗れたとも言えますね。
拙エントリで三輪さまのエントリを紹介させていただきました。
2007/07/31(火) 21:43 | URL | ナルト #v9aamH/k[ 編集]
>ナルト様
ありがとうございます。見てみますね。
まあ、概ね正しい見方かも知れませんが、一つこれだけは言っておきましょう。

安倍政権は国民の苦難を見てみないふりをしました。
国民や野党の非難を見てみないふりをしました。
それに裁きが下っただけです。
負けるべくして負けたんです。
安倍総理には責任を果たす気なんかなかったと言う事です。

小沢に国民を救う気があるかどうかはまだわかりません。
しかし、安倍総理は国民を救う気はないとハッキリ表明しました。
その差です。今回の選挙結果は。

自民党は自滅したんです。
あれで自民党が勝ったら、私はこの国の国民を見捨てていたでしょう。

>誠犬様
シュワルツランツェンレーター!フロット、フローラン!
って感じで叫ぶ訳ですか?w

まあ、それも良いんですが、「砲火を集中しろ!撃って撃って撃ちまくれ!」と敵陣を打ち破って逃げて行くのが美しいですね。
まあ、最後の最後で討ち死にしないように気をつけますよw

>マハルバル様
いや、火中の栗になった現政権の後釜を・・・だれも引き受けたくないからじゃないんですか?

>ろろ様
どう動くかですか?
ある程度予測は付きますよ・・・ね?w

>Yam様
それありえますね。
その後総理大臣初の自殺とかw

>つるびに様
はじめまして、ようこそ♪
間違っていた事を間違っていたと言えない・・・。
これはどこかのメンツに良く見られていた現象ですが、自称保守にも蔓延してきたと言う事ですね。

>孔明様
私だけにこっそり裏の事情教えてくださいw
2007/08/01(水) 21:53 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
かなりわかりやすい政局です
小泉=信長
飯島=秀吉
安倍=秀頼
小池=淀
公明=黒田、細川
加藤、谷垣=金吾
小沢=家康
平沼=柴田勝家
綿貫=丹羽

信長が重臣を次々に切ったため
織田家は簡単にのっとられ衰退
しました。それと同じです

独裁者は一代限り。これは世界史の
法則です、次号で詳述します
2007/08/01(水) 23:24 | URL | 孔明 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/290-d170c2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 ついに参議院選挙が終わった。 結果は、自民37議席、民主60議席、さらに公明が9議席に減少という、安倍自公政権の歴史的な大敗北であった。 小泉・安倍と続く自公政権を「一億総負け組社会化」と「対米売国」を推進するものだ
2007/08/01(水) 20:30:58 | 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。