独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/26-12:19 日本の生活に絶望、北朝鮮へ帰国=脱北女性「誘拐された」と主張

 【北京26日時事】2003年に北朝鮮を脱出して日本へ戻ったものの、日本での生活に絶望して北朝鮮へ帰る決意をしたとする女性(57)が26日、北京の北朝鮮大使館で記者会見し、「悪い人間にだまされ、誘拐された」「日本(の生活)は人間が生きていく暮らしではない」などと語った。脱北後の生活は極めて厳しいと宣伝する狙いがあるとみられる。

 女性は在日朝鮮人の父と日本人の母の間に神奈川県で生まれたト・チュジさんで、1960年に両親と共に北朝鮮に渡った。
 トさんは03年10月に中国側へ脱出、瀋陽の日本総領事館へ入り、同11月に日本へ戻った後、千葉県松戸市に住んだ。


 しかし、アパートの隣人と全く交流がないなど日本の生活になじめず、北朝鮮に残した子供が恋しいこともあって北朝鮮に帰ることを決めたという。
 中国への脱出は「強制的に連れて行かれたものだった」と強調した。

******

痛いニュースでも晒されているようですね。

痛いニュース(ノ∀`):【北朝鮮】「2003年に日本が北朝鮮女性を拉致」

主張するだけなら何でも良いと言う事ではないでしょう。

401 名前:はにはにさん ◆hani/4QrLY [] 投稿日:2007/06/26(火) 13:16:07 ID:G84ikhr7
>>1つまりはこういう事らしいです

親が日本に密入国
   ↓
日本で生まれて日本国籍所得
   ↓
親と一緒に第48次北送船で北朝鮮に帰国(1960年)
   ↓
悪い周りの人達に騙されて(?)中国へ脱北(2003年)
   ↓
瀋陽駐在日本総領事館が保護→日本へ送り届ける
   ↓
日本で3年7ヶ月生活したが、環境が変わりすぎて馴染めない…
   ↓
「子供も連れて来させろ」とわがままを言う→日本政府「そんな事は無理」
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
「…拉致されたニダ!」 ←今ココ


もう、あまりに悲惨な嘘なので相手にもできませんね。

相手にできないけど、晒すのは晒さないといけませんがw

けど、こうしてみると、昔の日本で流行ったと言う「当たり屋」と言う因縁付けて来る輩達。
あの何割が在日朝鮮人だったのでしょうか?そんな事を考えてしまいます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今夜のニュースステーションだったかな
脱北して日本に帰ってきた当初のインタビューをやってて「早く(ここで)子供たちと暮らせるようになりたい」というようなことを言ってました。北京での会見は北の大使館員が横について、一方的に原稿を読んで終わり。今回の件、彼女は北による国内外に向けたプロパガンダに利用されたということはないのでしょうか。日本になかなかなじめなかったことはあったのかもしれないけど。そして家族を北に残したままという心の隙間は、北には利用しやすかったと思います…とすればあまりに哀れですが…
2007/06/27(水) 01:04 | URL | 名無しマヘル神信者 #GsbZZxQM[ 編集]
まあ、この人はただのピエロですが、日本人の善意が徹底的に裏切られている、今も昔も。
そう言う事実の生き証人と言う事ですね。

ま、用が済んだら殺されちゃうかも知れませんが、今だけは幸せなんでしょうね、この人・・・。
2007/06/29(金) 18:39 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
お前が棄民になればいい
お前さんが棄民になればいいと思うよ
(もうなってたらすみません..)

脊椎ID: {3F2504E0-4F89-11D3-9A0C-0305E82C3301}
2007/06/29(金) 23:21 | URL | hirosp #8ZpEdyDY[ 編集]
>hirospさん
お家の特定できるIPがバッチリの情報をさらけ出しての投稿ありがとうございました。
もうちょっと落ち着いて行動して下さいね。

私から貴方への助言は以上です。
2007/06/29(金) 23:59 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/266-a61b9dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
一人で北朝鮮を脱北していた、女性(日本人と朝鮮人の合いの子)で、支援者に助けられて、日本にしばらく暮らしていたのだけれど、家族の事が気になって、北に再び帰った女性が、北京で北朝鮮の関係者に、取り囲まれた状態で記
2007/06/27(水) 16:28:57 | Dendrodium
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。