独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うん、この題名を読んで、みんな遂に三輪があっちの世界に行ったと思っただろうな。
まあ、別にどんな風に思われても構わないが。(笑)

いや、昔そう言う題名の漫画があったんですよ。
少年ジャンプ連載だったと思う。

変態仮面データベース

「これは私のおいなりさんだ」と言う、ゴールデンスペシャル決め台詞が美しい。

彼の必殺技は数あれど、もっとも印象的な技は「顔面に迫り来る熱いおいなりさん」、地獄のタイトロープであろう。

では後半ではまともな話にw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
Japan On the Globe(241) 国際派日本人養成講座_______
_/_/
_/ The Globe Now: 龍の仮面で綱渡り
_/_/
_/ _/_/_/  強面(こわもて)の中国外交の仮面の裏は?
_/ _/_/ 佐々木敏の「龍の仮面(ペルソナ)」から。
_______H14.05.19_____37,313 Copies_____453,519 Views________


先日、李登輝前台湾総統が、靖国神社に参拝なさった。
お見事・・・。日本の政治家でここまでできる人は居ないだろう。

で、今回のお話は、中国が渡っている地獄のタイトロープについて。

■5.日本政府、台湾を承認■

 第2ステージ、2003年。日本政府は拉致された日本人の解放を北朝鮮政府に要求していたが、財政の苦しい北朝鮮は経済援助(という名の身代金)を要求していた。
 日本政府は「テロ国家とは交渉するな」という国際世論に従って、交渉には応じなかった。
 そこに台湾政府が仲介に入り、密かに北朝鮮政府にカネを渡し、拉致されていた日本人を解放させた。
 この成果の代償として、台湾は日本に独立国家としての承認を要請し、日本政府はそれに応えた。

 中国チームは対応を迫られた。「国交断絶も辞さず」という抗議声明の発表を決めたが、経済制裁もほのめかさないと効果がない。
 広東省代表役のエリカが反論した。

 広東省としては日本の投資や援助が来なくなるのは困ります。
 石油危機の上にジャパンマネーまでこなくなったら、経済は潰滅します。
 上海でも、内陸も、農村も、国中がすべてそうです。

 しかし、経済関係さえ続けられるなら実害がないから、歴史問題でとかく口うるさい中国より、台湾との国交を日本が望むことは明らかだ。
 経済援助も出さずに済むので、財政赤字の解消にはかえって有り難い位である。

 中国にあるトヨタやソニーの工場を取るぞと脅かせば、日本の財界は震えあがって、日本政府に陳情にいくだろうが、その前に上海や香港の株式市場から外国資本が一斉に逃げ出して、大暴落するだろう。
 中国のGDPは日本の十分の一、致命傷を負うのは中国の方だ。

 やむなく「国交断絶、経済制裁も辞せず」という抗議声明を出したが、中国の弱みを見透かした日本政府は「一時的な方便で台湾の要求に応じたが、またすぐ断交では、世界中から信頼されなくなるので、3年ほど待って欲しい。
 その間、経済制裁も待ってくれ」としゃあしゃあと答えてきた。

「なんてやつらだ。」 中国政府は、悔しがるだけで打つ手がない。
 中国チームは、これが現実でなくてシミュレーションでよかった、と思った。

******

はーい。これが正解ですよ、台湾の政治家の皆さん。
李前総統が何故日本で人気が高いのか。
それは、彼に日本の政治家が全員失ってしまった「カリスマがある」からです。
日本の政治家ができなさそうな事を、台湾がやれば良いんです。

特に拉致問題の解決で安倍内閣に恩を売れば、他のどんな事よりも日本政府に恩を売る事ができます。

では次w

******

■6.台湾を従わせるしかない■

 日本を従わせるのが難しければ、台湾を力で押さえ込んで、独立を阻止するしかない。何を使うか。
 核か、通常兵器か? 

広東省代表役のエリカが言った。

 核は使えません。核攻撃は台湾住民の大量殺戮しかもたらしません。
 わが国は国際的に孤立します。

「なら、96年の時のように、ミサイル発射演習はどうだ?福県省の基地から台湾島越えに撃って。」という主席役の法憲に今度は孔が答えた。

 そんな事をすれば、国際世論の同情はますます台湾に集まります。
 かえって日本と同じことをする国が増えますよ。

そのすべてに経済制裁を加えていては、わが国のほうが先に潰滅します。

 それなら、通常兵器か?

 それもだめです。この時点では、わが国の海空軍力は不十分です。
 兵器が旧式ですから、台湾海峡の制海・制空権を奪うことはできません。
 上陸作戦など夢のまた夢で、我が軍に甚大な被害が出るだけです。

「となると、打つ手なしか」という主席役法憲に、エリカは「非正規戦」を提案した。
 テロやゲリラ活動である。
 スパイ工作員を送り込んで、空港や発電所、軍事基地を爆破したり、サイバーテロで、銀行のオンライン・ネットワークを混乱に陥れる。
 台湾経済に打撃を与え、台湾人を心理的に追いつめて完全独立への動きを断念させよう、というのである。

******

私思うんですがね。
現在の中国に膨大な兵力がある事は認めます。
で、その兵力を動員して、飯を食わせて、移動させて、武器を与えて、台湾海峡を渡って戦わせる事って、本当に中国にできるんですか?

やったが最後、日本は間違いなく台湾海峡のシーレーンを寸断されて怒り狂います。
これ程の事態に対して弱腰な内閣なら、即座に吊るし上げられて総辞職ですね。

******

■7.それこそわが国の分裂の始まりです。■

 エリカの提案に従って、チームは台湾の証券市場のコンピュータを破壊するサイバーテロと、松山国際空港への破壊工作を行った。
 しかし、こうしたテロ活動をやればやるほど、国際世論は台湾に同情的になっていった。

「ロシアまで台湾承認にまわるとは思わなかったぞ。どうすりゃいいんだ。」 法憲がテーブルを叩き、頭を抱えた。
 ロシアは国境を越えて数百万の不法移民を送り込んでくる中国に、このままでは極東シベリアを奪われてしまうという危機感を持っていたのだ。
 強硬派の一人が主張した。

正規戦を挑むしかありません。
 これは放置すれば、チベットにおいても、またウイグルにおいても、CIAの独立派援助が活発化して、国際世論の支持がチベット、ウイグルの亡命政府や独立運動に集まる恐れがあります。

 もし、台湾の現状を放置するならば、わが国は各地の地方政府に対して威信を喪失することになります。それこそわが国の分裂の始まりです。

 勝ち負けの問題ではありません。
 負けがこわくて侵攻作戦から逃げるのなら、台湾どころか、台湾を除く大陸各地域の統一とておぼつきますまい。

 主席役は反論した。

 負ければ同じことだ。
 負ければ、北京政府の威信は失墜し、国家分裂の引き金になりかねない。
 私には台湾侵攻はできない。

******

常識的に考えればそうなります。
負ければ全てを失うのが、中国の台湾侵攻です。
また、勝った所で台湾の独立派は勢いを弱めないでしょう。
大量の市民を白色テロでまた殺害しますか?
香港が曲がりなりにも上手く行っている理由を考えてみればよろしい。

香港が血みどろで戦ったとして(水源が外にあるのでそもそも不可能だがw)、一国二制度など無理だったと思われます。

台湾の統治は、どう考えても独立派の大量虐殺を必要とします。
そして、それは第二第三の李登輝の登場を促し、それらに対して中国人は無力となるでしょう。
なぜならば、それは例えばアメリカや日本に巣食う事になるだろうからです。

中国はその時に間違いなく孤立します。

******

■8.仮面をつけて綱渡り■

 そのあとに、小説はあっという展開を見せるのだが、それは本編でのお楽しみに。
 以上のシミュレーションでは、中国のおかれた立場が如実に現れている。

 中国の経済発展は自転車操業である。
 ある程度以上の成長スピードを維持しなければ、2億人とも言われる失業者の重みで倒れてしまう。
 逆にこのまま沿海部の発展が続いて、内陸の農村部との格差が広がれば、それがまた分裂の圧力となる。
 そしてその発展は外国資本頼みだ。

 経済躍進という「仮面」をかぶり続けて、外国資本をたえず引き寄せなければならない。 [a]

 また「台湾は中国の領土」という主張も、もう一つの「仮面」である。中国共産党政府がかつて一度も台湾を支配した事がなく、それが純粋に政治的なフィクションである事は、世界中が知っている。
 そして、このシミュレーションのように、台湾が自ら独立国であると宣言した途端に、その「化けの皮」がはがされてしまう。

 台湾に武力侵攻したら、勝っても国際社会から孤立して、外国資本が逃避し経済的に潰滅する。
 負ければ中共政府は威信を失い、国内はばらばらとなる。
 「台湾は中国の神聖不可分の領土だ」と強面の仮面で国内の分裂を抑えつつ、経済成長の仮面で外国資本の流入を確保するという、危険な綱渡りを続けて行かねばならない。
 龍の仮面をつけたまま、いつまで綱渡りを続けることができるのだろうか。
 まことに複雑な隣人ではある。
(文責:伊勢雅臣)

******

ところで、先日こう言うエントリーを建てた。

三輪のレッドアラート再確認 | 復活!三輪のレッドアラート!

>中国の経済成長モデルは、賃金及び消費の対GDP比を不断に引き下げ、輸出と投資によって経済成長を牽引する成長であり、外延型成長のわなから脱却できないでいる。
>この成長は、貧困者にとって不利な成長である。
>つまり、ニワトリを育てて卵を取る成長ではなく、卵を産むニワトリを殺して卵を取る成長モデルであり、このために、持続性がないのである。

大紀元の引用であるが、もう中国は成長を続けられない。
低賃金据え置き型の「とっても美しい国」なので、もう限界が見えているのだ。

モルガンスタンレーのチーフ・エコノミストであるスチーブン=ローチに対して、温家宝首相自らが認めた悲惨な告白もそう。

>中国政府について、“持続的発展は不可能であり、不安定、不調和、不均衡である"と語り、憂慮の意を示したという。

もう中国は社会的コストの増大と、環境汚染に耐えられなくなって来ている。
中国大躍進と叫んでいるのは、日経新聞の馬鹿記者だけではないか?

この「龍の仮面」は古い話であり、この時点の中国はある意味最盛期の中国だった。
今の中国は、その最後の残り火が揺らぎながら消えかけている局面と言える。

むしろ、台湾への侵攻は「中国共産党がその威信を失い、台湾侵攻以外で国民の目を逸らせなくなった場合」に発生すると考えて良い。

それは体制の転覆が「共産党幹部全員の死刑宣告を意味する」そんな中華名物易姓革命の勃発を予感する共産党政権の最後の足掻きだろう。

しかし、その際に気をつけなければならない事がある。

共産党の戦略ロケット軍の中には「共産党が倒壊するならば、全世界を道連れに滅んでやる」と公言する幹部将校が存在する事である。

狂気の中華帝国は、その崩壊を世界の崩壊に結びつけてさえ居るのだ。
それをどの様に阻止するか。
それが今後の日本と台湾の共通の政策課題となるだろう。

間違っても、そのような脅迫に屈してはならない。
その事を両国の首脳が確認しあう事も、これもまた大事な事だろう。

まずは今後の台湾のお手並みを拝見したいものだ。
安倍内閣には何も期待できないからね。そうならざるをえない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
導入部の変態仮面と、後半の真剣な話の落差が大きすぎます(笑)。しかし、これだけ厄介な国がそばにあって対策も必要なのに、大多数の政治家・マスコミは何もしない。国民の一人として、真剣に考えて現実に行動しなければとの思いが、最近ますます強くなっています。一連の戦略関連のエントリ、とても勉強になりました。もっと勉強して、戦略を見誤らないよう気をつけないといけないなあ…。
2007/06/08(金) 21:30 | URL | RAS #-[ 編集]
質問です
どうも始めまして。
本エントリーとは関係ない質問をさせて下さい。

さて、ズバリお聞きしますが、タイトルで掲げられている『真実』は、どこにあるのですか?

三輪さんは、様々な文献や記事などを参照し、今までも様々なエントリーをされていますが、その内容が『真実』である根拠、いわゆる『客観的証拠』はお持ちなのですか?
『客観的証拠』とは、たとえば“現象の調査結果”や“内容承認”などがありますが、今までのエントリーの中でそれが明確に提示されたことはなく、そうした『客観的証拠』がない状態でのエントリーはただの『空論』、良くて『推論』ではないでしょうか?

まあ、三輪さんのブログは100%個人的なものなのでしょうから、別に『真実』があろうがなかろうか、それはそれでどうでも良いのですが、以前ある方のブログのコメント欄で、三輪さんが認めていない方と三輪さんが同レベルであるとした私的意見を書いたらあなたより「馬鹿・キチガイ」扱いされました。
しかしながら、双方とも『客観的証拠』のないことに関しては同じであり、そうした意味では同レベルと見なして良いのではないでしょうか。

私は双方の相違点に関しては理解しているつもりです。
しかし結果的には、双方とも、良くも悪くも『空論・推論』のレベルであり、私にはたいした差はない(どれも意見の一つ)と判断しているのですが、そうした私の推察に反し、それらを立証する客観的証拠を三輪さんがお持ちなのであれば、速やかに謝罪し、認識を改める覚悟はあります。
でも、私の認識通りであれば、それは真実にはならない(結果オーライは予測が当たっただけです)ことを認識し、私のような意見も真摯に受け入れるべきです。

もしそれができないのであれば、あなたも十分「キチガイ」に該当するのではないでしょうか。
2007/06/09(土) 07:30 | URL | kawa #hpTrcPIE[ 編集]
>kawa
とうとう、こっちにも来た訳ね。
で、真実について。
それは「自分で考え、自分で判断し、自分の良心に悖らない」それが真実と言うものじゃないの?

他人の語る真実を嘘だと言う奴もいるよ。むしろそう言う奴は世の中で目立つ方かも知れないね。

でも、真心から語る言葉を真実でないと言われても、それは真心を理解できない人に問題があると言う事。

時々私にも事実の誤認があって、誰かにとって「三輪の言っている事は正しくない」と指摘される場合もある。
しかし、それと私が真実を語っていないのとは別。
以前から言っている戦略戦術と同じ道筋が真実と事実についても言える。

真実とは言って見れば戦略的なものであり、大筋としての戦略が区々たる戦術で変更されないのと同じ事だと言える。
事実の誤認は単なる戦術の局所的な誤りでしかないとも言い換えられる。

私の語る真実とは、戦略的に正しいと私が思っている事であり、それは数学や物理学と同じく、ほとんど計算で求められる程に体系化されている代物だからね。
つまりは世界標準の原則について語っているだけなの。

言っておくけどね、私も江田島孔明様も預言者ではないの。
「こうすればこうなる」と言う道筋を説いて、それに即した行動を政府が取って欲しいと言っているだけ。

ともかく、私の言いたい事の客観的論拠と言う事ならば、
歴史書を読みなさい、高校の時の世界史の教科書と日本史の教科書を読み返して見なさい。
まずはそれからですね。

貴方には結局のところ、私たちの言っている事を理解できる素地がないんです。

そんな人の癇癪に私が付き合う理由もない。
そもそも、「自分に納得できないから、お前の言う事は空論だ」等と言うのは、因果に関しての説明が全く不十分でしょう?
まずは前提をしっかり構築して、その後に結論に向けて肉付けをするのが論証の基本の基本です。

私がこのブログで、エントリーを重ねて行っているのは、様々な証明の前段階を誠実に積み上げていると言う事なのですよ。

貴方が一言でそれを論破できる訳も無い。
貴方は地道さが足りません。

ともかく、何度も何度も繰り返していますが、三輪のレッドアラートを理解できる素地のない人は、ここに来てはいけません。
時間はとても大事な資源ですからね。

ともかく、私の主張する所では、やはりこのブログには真実はあると思っていますよ。
私は私の人生で学んだ事を、ここで誠実に書き連ねていますから。
それが嘘だと言うのならば、それは「貴方って他人様を気に入らないというだけで全否定できる、とても立派なお方なんですね」と言う評価しかできません。

多分私のその評価は当たっているのでしょうよ。
貴方がlefty様に見捨てられるのも道理と言う事ですね。
2007/06/09(土) 10:04 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
ありがとうございます
回答いただきありがとうございます。
回答の中で述べられた三輪さんの持論、理解しました。
と、言うか、その程度の認識はすでにありましたので、今回のコメントで再認識することができました。

しかし、せっかく答えていただいたのに恐縮ですが、残念なことに私の質問の答えになっておりません。
結局のところ、三輪さんは他人の、とくにご自身と異なる考え方をする者を理解『出来ない』のだと、お見受けしました。

今回の一連のことが、ブログというバーチャル空間の中で、ご自身が作り上げた『役』を演じた上でのことであれば良いのですが、もしも現実社会のご自身とまったく同じ言動であるならば、三輪さんは『アスペルガー症候群』の可能性があります。

余計なお節介なのは重々承知ですが、一度専門医に診断していただいた方が良いと思います。
決して嫌みやレッテルなのではなく、老婆心からのアドバイスなので、一度ご検討下さい。
2007/06/10(日) 01:29 | URL | kawa #hpTrcPIE[ 編集]
>kawaさん
はい、無礼な返答ご苦労様です。
余計なお世話です。
ではさようなら。
2007/06/10(日) 02:07 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
大変ですね
>>三輪さん

  貴君は十分誠実な方です。私のブログに同趣旨のコメントが来たら、いいとこ放置か、おそらく削除です。
  しかし、言うに事欠いてアスペルガー認定ですか。嘘つきだとか書いていた安倍首相擁護派の方もいましたね。そんなことを言ってしまったら議論が終わってしまうというのがわからんのでしょうか。
  まあ、そういう方の敬愛する「戦う政治家」さんなど、少し突っ込まれると「じゃああなたにできるんですか?」とか、「○○さんに言えることではない」とか、その程度の低劣さですから、支持者がそうなるのも当然ですかね。

  しかし、反京都議定書派とか、アメリカ資本の手先だとか、なりすまし朝鮮人だとか、お互いいろんなものに認定されますなあ(笑)。
2007/06/10(日) 02:50 | URL | ろろ #-[ 編集]
>ろろ様
議論になんか価値や意味を見出していないのでしょうね。
自分の思った世界観を他人に無批判に受け入れて欲しい。
そう言うつもりなのでしょう。

一言で言って甘えているだけです。
誰かを崇め、誰かを真似たら、誰かに似てくると言う事でしょう。
そう言うものだと思います。
2007/06/10(日) 13:10 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
これは一番面白い
回ですね。
あの漫画がでたころはガキだったんで真似をして被っていましたよ・・・。
2010/04/02(金) 15:58 | URL | chikkenndo #wLMIWoss[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/247-a6af8eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 一昨日の産経新聞に、復帰された平沼赳夫・日本会議国会議員懇談会会長のインタビューが掲載されていましたので、転送します。《これからの日本は、米国的な経済至上主義ではなく、日本が培ってきた伝統、文化を座標軸に据
2007/06/09(土) 06:53:11 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
正直、ブログランキングを見るにつけ、せめてもう100位は上がらないかなぁと思って更新はしばらくやめようと思ったが思い切ってやることにしました。しかし、やりかけたら結構面倒くさいことがあったので少し悩み中ではあります。 ユーチューブの動きはどうも納得が...
2010/04/02(金) 16:00:09 | 東京のばかやろーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。