独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群馬のアパ物件で強度不足

 アパグループの分譲マンション「アパガーデンズ高崎駅前」(群馬県高崎市)の耐震強度が不足していることが6日、高崎市の調べで分かった。「田村水落設計」(富山市)が設計を担当しており、一部が建築基準法で定める強度の90%台で、はりなどの補強工事が必要という。同マンションは平成17年12月完成の地下1階、地上14階建てで、分譲戸数は104戸。

******

官から民へ、そうすれば以前よりずっと素晴らしい仕事をしてくれる。
公務員は駄目だ、民間人の仕事こそ素晴らしい。

ただの寝言でしたね。

公務員は金貰って耐震強度の算定をいい加減にしたりはしない。
ところが、民間人は金を貰ってどんどん融通を利かせる。

結論として、民間人は相手の与えてくれる利益次第でどうでも転ぶ存在だと言う事。

普通に考えて、民は官より簡単に腐敗すると言う事だ。
金貰って仕事するんだから当然なんだけどね。
金沢山貰えるなら何ぼでも転ぶ。腐敗以前にお金貰ってなんぼが民間人だから。

こんな簡単な道筋を、最初から誰も想像もできないなんて、政治家って世間知らずなんですね。(構造改革支持者もね・・・)


↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
タイミングぴったり!!
  ちょうどミクシーで同じようなニュースを取り上げていたところです。

コムスン事実上の「廃業」
http://news.livedoor.com/article/detail/3189667/

--------以下引用--------

訪問介護大手のコムスンが青森県や兵庫県など全国8カ所の介護事業所で、雇っていないホームヘルパーなどを働いているように見せかけて介護事業所の指定を不正に受けていた問題で、厚生労働省は2007年6月6日、コムスンの介護施設の新規開設や更新を認めないよう都道府県に通知した。現在コムスンは全国に2081カ所の事業所を抱えているが、8割にあたる約1600カ所が08年4月以降11年度のあいだに指定が取り消される。新規開設はおろか、これらの事業所の更新(6年ごと)も認めないとなると、これは事実上の「廃業」処分だ。

--------引用以上--------

  ヘルパーというのは社会福祉協議会が運営していたのですが、「介護保険」の導入と同時に民間参入のハードルを一気に下げました。いかにも、これからは便利になる、高齢化社会を支える仕組みである、という風に言われてきました。
  しかし、実態は言えば、重労働な上に男性クライアントからのセクハラは日常茶飯事、移動中や日報記入時間は時給を払わないという、19世紀リバプールの工場並みの待遇でした。それは裏を返せば、企業がピンハネで儲けていたということです。
  この介護保険から始まった流れは、公共事業体が行っていたヘルパー事業に自由競争を導入し、その過程でコムスンという新興企業を儲けさせ、それに伴う不都合は介護保険という国民の犠牲でこれを贖ったものと言えます。
  そして、建築基準法緩和によって生じた「自由競争」が利益至上主義に陥り、アパという「新興企業を儲けさせ」る裏で、地震が来たらおしまいという「国民の犠牲」が発生した可能性が高いのであり、全く同じ系統の事件だといえます。

>普通に考えて、民は官より簡単に腐敗すると言う事だ。
>金貰って仕事するんだから当然なんだけどね。

  どちらの事件でも、全くその通りの事態が起こったわけですね。

  規制というものは実は必要だから課されているという側面があったはずです。それを無視して、そういう枠組みをぶっ壊せば何かいいことがあるんだ、と、多くの人が催眠状態になってしまった・・・我々は変な髪型のライオン丸に、最初から今までやられっぱなしだったというわけですね。まあ、それ以前にマスコミがそういう動きを準備していた気がするのですが。

  私自身、最近まで騙されていたので、罪滅ぼしに、そういう事実を告発していきたいと思います。
2007/06/07(木) 01:02 | URL | ろろ #-[ 編集]
ダブルスタンダード
>それ以前にマスコミがそういう動きを準備していた気がするのですが。

そのマスコミに関してですが、こいつらこそ規制でがんじがらめにされている職種です。

新聞=独占禁止法再販売価格維持行為禁止の適用除外。

テレビ・ラジオ=放送法と監督官庁による、特に東京キー局の新規参入規制

これに頬かむりしておいて、他業種には規制緩和だなんだと嘴を突っ込んで平然としていられるのは、彼らの特権意識のなせる技でしょう。ジャーナリスト魂があるなら、紛争地帯へ出向いて命がけの取材をしてくればいいのに、そういうことは「アウトソーシング」で、自らは本社の社屋に篭り、快適な空調のもと、美食に埋もれて、ある者は記者の原稿に怒鳴りつけ、ある者は「収賄」を自ら要求する。

メディアの規制こそ、早々に取り払われるべきものでしょう。規制に保護されているから、規制を行う政府に対し的確な批判ができず、批判もどきを繰り返しそれが習い性になっている。

大卒初任給が実は一番高いのは、いまや大手メディアというのはよく知られていることです。規制の壁が取り払われれば、こんなことはなくなるでしょう。そうなれば相対的にブログの価値はうんと高まるはずです。
2007/06/07(木) 04:47 | URL | のらくろ #-[ 編集]
TBです
“首吊り人”の足を引っ張る[構造改革]
http://sun.ap.teacup.com/souun/557.html
「規制緩和」という劇薬を、副作用をまったく知らせずに、投与したのは誰だ!
http://sun.ap.teacup.com/souun/224.html
「規制緩和」や「民営化」の末路は米英の歴史的経験から見えてくる
http://sun.ap.teacup.com/souun/254.html
2007/06/07(木) 18:13 | URL | 早雲 #-[ 編集]
三輪様
ご復活を喜んでおります。

これからも宜しくお願いします。

まずは、挨拶まで。
2007/06/07(木) 19:27 | URL | 素朴人 #ec2sMUig[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/245-f441ced9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。