独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我々の戦略には織り込み済みの規定路線。
つまり、ロシアのソビエト連邦回帰路線。

それについて語ります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
プーチン大統領、「冷戦回帰」鮮明に 米に圧力

サミットでの波乱必至
 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのプーチン大統領が6日からの主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)を前に一部外国メディアと会見し、米国が進めるミサイル防衛(MD)システムの東欧配備などをめぐって激しい欧米批判を展開した。

 大統領は、米国がMD配備を強行した場合には自国ミサイルの照準を欧州に向けると宣言するなどその強硬発言は冷戦時代すら彷彿(ほうふつ)とさせる。
 サミット本番でもロシアの出方が波乱要素となる可能性が高まってきた。

 イタル・タス通信によると、大統領は米国によるチェコとポーランドへのMD配備計画がロシアに向けられたものであると断定。
 「欧州での配備が実行された場合にはしかるべき対抗措置を取らざるを得ない」と述べ、「欧州に新しい標的が現れることになる」と警告した。
 ロシアは冷戦後、ミサイルの照準を欧州から外してきたが、大統領はMD配備が実行された場合には「もちろん当時(冷戦時代)に回帰する」と言明した。

 一連の強硬発言が年末に下院選、来春に大統領選を控える国内での人気取りを意識しているとの指摘もある。
 その一方で「ロシアはMDに対する批判を自国の影響力拡大や欧米間の分断に利用しようとしている」(チェコのトポラーネク首相)との見方も出ている。

******

 これは我々の描いていた未来図の規定路線です。
 この路線にアメリカは大きな声で反対しません。

 何故か?
 現在のアメリカの最大の敵とは何か?
 それはドルを脅かすユーロです。

 そのユーロを潰す為にはどうすれば良いのか?
 簡単です。ロシアが再び台頭し、ヨーロッパを脅かせば良いのです。

 軍事の担保無しのヨーロッパ共通通貨など、いつだって暴落しますね。
 その為にアメリカはドイツに核武装をさせていないのです。
 フランスの核武装ですか?いやぁ・・・笑わせてはいけません。
 ロシア中枢まで届かないじゃないですか?一部の原潜の核を除いて。

 フランス以外は?
 イギリス?あはははは。あの国が何故未だにポンドを流通させていると思っているんですか?

 つまり、アメリカは主導権を持っていると言う事です。
 ヨーロッパからアメリカが撤退したらどうなるか?と言う事ですよ。
 だからサルコジは親米派なんです。

 アメリカとロシアは兄弟国なんですよ。
 ロシアが暴虐を引き受け、アメリカが正義を引き受ける。
 悪魔の右手と神の左手です。

 言って見ればですがね、前世紀末のソ連の崩壊はアメリカを助けるためだったと言う事です。
 新自由主義でボロボロになったアメリカは、ベトナム以後の衰退の道筋の中で、ソ連を抑える力を当時無くしつつあった。
 そんな中で日本が経済的に大暴れを始めようとしていた。
 だから大急ぎでアメリカはソ連を解体し、その後計画の通りに日本を滅茶苦茶に圧迫し始めたと。

 ライスその他のソ連解体班は、やはり経済的に弱体化していたソ連を首尾よく解体し、アメリカに一息つかせ、日本叩きの土壌を作った。
 それがこの失われた10年、15年と言う月日の正体でしょう。

 今やそれが普通の役目にお互いが戻ったと言う事でしょうね。
 ただ一つだけ変動要因がある。
 中国が台頭し、その台頭も短期間で終わろうとしている。
 その中国は今や経済的発展の終末点に差し掛かり、国民各層の不満は爆発寸前。
 ここでアメリカのバブル景気もとうとう終末点に差し掛かっている。

 今年の初めからの嫌に強気なロシアの動きはそう言う意味。
 ロシアの目の上のタンコブはどこか?常に中国。それが満州にまで到達し、そこを滅茶苦茶に汚染している。中国人民の出稼ぎ越境と間接侵略も気に食わない。

 ここらで総決算が必要と言う事になる。
 アメリカの真の敵はどこか?それはイギリス以外の欧州と言う事になる。
 弱体化して貰い、ドルと言う打ち出の小槌をガリガリ齧るが如き不埒な行いも、そろそろ止めて頂く潮時と言う事だろう。

 これらは合意事項であると思う。米ロ両国の。
 ロシアは周辺部の国をエネルギーと軍事の両方で締め上げたい。
 永続的に欧州をしゃぶれるのならば、それはそれでロシアに取って美味しい事だろう。
 アメリカは他のもっと美味しい国々をしゃぶりたい。

 例えば日本であり、例えば南米諸国の身の程知らずどもと言う事になる。
 今後は南米諸国は多大な穀物を生み出す、世界の食料庫になると思われている。
 それは邪魔なのだ。あるいはその流通統制をアメリカが握れないと言う事は許されない事項だと言う事かも知れない。

 支配とはコントロールする事だ。力で、金で、罪で、嘘で。
 その美味しさを知る者は、その美味から離れる訳も無い。

 餌を奪われた肉食獣が一体どんな行動を取るか。手近な野良犬にでもやってみるが良い。
 連中は雑食の臆病な動物だ。怪我をしても大した事は無いだろう。
 少なくとも、本物の肉食獣とは反撃を比べられる訳も無い。

 ぬるいぬるい。

 そしてロシアも同じく肉食獣であったと言う事を忘れてはならない。
 連中は今日のこの日がやって来る事を知っていたからこそ退いたのだ。
 あるいは英知、あるいは奸智。どっちでもよろしい。
 連中の退いた理由の形容など無意味だろう。
 我々は深刻極まりない怪物が巣穴から出て来た事を知っていれば良いのだ。

 しかも奴は腹をすかせている。ペコペコに。

 連中は肉食獣だ。だから自分のテリトリーに入ったものを容赦はしない。
 日本の漁船が執拗に狙われ、見せしめに日本人が殺害された事も、獣の行動と何等変わらない。
 獣のテリトリーを踏み越えたものは、警告あるいは捕食、どちらの意図でも結果は同じ。惨殺される。

 ロシアの取った行動、取っている行動の説明は以上で事足りる。

 そして、連中が本心で最も威嚇したい相手はどこか?中国だ。
 連中が本心で最も滅ぼしたい相手はどこか?アメリカだ。
 連中が一番そのアメリカに痛手を及ぼす方法を考えるとしたら?

 EU領域を脅かすのは規定路線。ユーロが揺らぐのも規定路線。

 ここまではアメリカとの利害が一致するところ。しかしその後は?

 最も隙があり、目の上のタンコブとぶつけられて、滅んでもアメリカは痛がっても、自分はそれ程痛くない国はどこか?

 日本だ・・・。

 日本と中国の敵対こそ、ロシアの最大の隣接している敵国を弱体化させ、アメリカのアジアへのパワープロジェクションを弱体化させ、欧州の地域覇権の奪取に際しての、後背の備えを完成させる下地になることだろう。

 いずれにせよ、ロシアは被害を受けても本国ではない沿海州の事でしかない。
 対岸の火事なのだ。
 そう、アジアでどんな事があろうとも、対岸の火事とする為の備えこそが核ミサイルなのだから。

 ロシア人に取っては、さぞや面白いサーカスであるだろう。
 死ぬのは猿どもだけなのだ。猿同士の噛みあいを楽しむ為の保険、それが手に持ったショットガンだと言う事だ。

 この場合だけは、ロシアは人としての権限を存分に使う。

 今までは欧州に向けられていなかったと言う核ミサイル。
 それは全てアジアとアメリカに向けられている。
 今後の世界の動きは、今までとは一味違う動きとなるだろう。

 その予兆は既に現れている。
 しかし、日本国内でそれに気が付いている政治家はとても少ない。絶望的に少ない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もちろん当時(冷戦時代)に回帰する

この発言を引き出しただけでもアメリカの勝ちです。ロシアは単に釣られたのか、それとも深謀遠慮があってのことか・・・
2007/06/04(月) 23:51 | URL | 孔明 #-[ 編集]
  ランドパワー(石油文明)をロシアが、シーパワー(環境破壊型バイオエタノール文明)をアメリカが管理し、ランドとシーのせめぎあう「半島」を分割統治する時代の再来ですか・・・。
  アメリカも、バックパッシングがやりやすくなるので、願ったり叶ったりでしょうね。世界中にMDを売り込むことができますね。もう、アメリカには産業らしい産業は残っていませんから、ロシアの台頭は望むところでしょう。
  しかし、そんなことをしている間に人類滅亡のカウントダウンが早まるだけだと思うのですが・・・特に、アメリカ主導のバイオエタノールの普及は危険極まりない発想です。

  
2007/06/05(火) 00:10 | URL | ろろ #-[ 編集]
>孔明様
ええ、釣られたんですよ。

くすくす。

深慮遠謀も何も、欧州制覇と言う事の意味の甘美さを忘れられないんですよ。
あの国はそれが本能になっているんです。

ハートランドを手に入れる事が本能なんですよ。
アメリカは良く知ってますよ。

殺し文句とは良く言ったものです。
まさにそのとおりの展開でしょうね。
さあ、どこを防衛線として設定するのでしょうね。

常識的な線ではドイツでしょうね。
その外縁のスウェーデンあたりはどう対処するんでしょうか?

EUは東欧に手を広げた事を今後深く深く後悔するでしょう。

アメリカはEUのみっともない有様を笑うだけでしょうね。

さて、向こうは当然大動きが早いわけはありません。
そんな事をすれば一気に爆薬が発火しますからね。

お互いに常識的な線で・・・。
アジアと考えるでしょうね。
こっちは今度こそ火が付きます。

中国はそう動かざるを得ない。
それは規定として、南で動かれては堪らないですね。
何とか北に向けないと。

ともあれ、平和の配当を享受するばかりなのは、何も日本ばかりではないと言う事ですね。
ヨーロッパもカルタゴであり、ハンニバルの様にローマの城下に現れた訳です。
アルプスを越えたのは、重装歩兵や象ではなく、ユーロだったと。

双頭の鷲は、不死鳥の国をどう扱うかですね。
シーパワーはランドパワーと組んで勝つ。
この場合は、ロシアと言う大陸直接制覇の力を持たない、しかし強大なランドパワーを使うと言う事ですか。

しかし、ロシアの使いでに比べて、中国と言う国の使えなさ。
所詮リムランドの隣接地のランドパワーですからね。
逆立ちしても大陸制覇が無理だと見込んで、それで今まで援助して貰ってたのにね。
自重で潰れてしまうとは、ただの笑いものですな。

今回の動きにもどうやっても噛み込ませて貰えない。
それが中国の限界ですね。
2007/06/05(火) 00:12 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
さて、こうなってくると、次はどうやって中東を沈静化させるかですね。

元来敵ではなかった国です。中東は。

なにげに、イランの勇者大統領様は、イスラエルを滅亡させるとか息巻いていますが、火消しはそこそこ大変ではないでしょうかね?

一気呵成に落としちゃえる、そんな手打ちの仕方って無いんでしょうか?
2007/06/05(火) 00:18 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
TBです
【国際情勢を考える手掛かり】
http://sun.ap.teacup.com/souun/228.html
2007/06/05(火) 12:17 | URL | 早雲 #-[ 編集]
>中国と言う国の使えなさ、自重で潰れてしまうとは、ただの笑いものですな。

歴史は繰り返すと言うのは本当なんですね。
貨幣経済の導入後、貧富の差が拡大し、農民貧民の反乱が多発。それが原因で中央政府の権威低下。経済発展と共に、伸張してきた地方軍閥の台頭。
過去の中国史の流れ、そのものですね。リアルタイムで、易姓革命が見られますね。でも、統一新政権樹立に失敗して、内戦が勃発してしまったら、大量の難民が安定を求めて、日本にやって来るのでは・・・。

三輪さん、デビルマンになりそうですね。
2007/06/05(火) 14:00 | URL | 流星 #-[ 編集]
紹介させていただきました
KNN TODAY 4日記事「日中戦争を望む米露の思惑」~プーチン大統領が暴論を吐く背景(http://knnjapan.exblog.jp/)で、こちらの記事を紹介させていただいたので、まずはその旨をご報告させていただきます。

物語調で面白く拝読しました。これからも頑張って下さい。
2007/06/05(火) 22:10 | URL | KNN #dJEnmy1k[ 編集]
ロシアもプーチンが退任した後は
ユダヤに又経済を支配されて
終わりと言う事は無いのか
どうかだが
(プーチンが退任後も
 影響力を行使すれば別かも知れぬが
 此れが無理ならユダヤに対抗出来る強力な指導者等
 他に居るのかだろうし
 再びユダヤに経済を支配される可能性も
 高いかも知れぬが)
2007/06/05(火) 23:50 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>邪馬台国
その名前だけで気分悪いのでコメント消すね。
もう投稿しないでよろしい。

なんか最近やって来る馬鹿は全員大阪発だな。

>某研究者様
目を離せませんね、ロシアからは。
まあ、共産主義自体が、発案者はユダヤ人ですからね。

>KNN様
はい、ありがとうございます。
最近、私は頻繁にそちらのサイトを覗いております。(笑)

実際、趣味の良いサイトですよね。
ご立派です。

>流星様
大量の難民は日本に直接は来ません。
来れませんから。
大勢に影響のある人数はまず来れません。
2007/06/06(水) 22:50 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
>プーチンが退任後も
>影響力を行使すれば別かも知れぬが

イラン戦や中国のバブル崩壊等に伴なう
ロシアのバブル崩壊等で
プーチンは失脚し
大統領退任後に影響力を行使出来なく成り
ロシアはユダヤに再び支配されると言う
可能性も有る訳だろうか
2007/06/07(木) 09:04 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
北朝鮮で何かが起きている?
http://blog.goo.ne.jp/bunbukuochara/e/70ea07790aa84abc3c56f0c09d777c5c
軍部も中国の影響を受けて
経済開放を図ると言う可能性は
無いのかどうかだろうし
解放に反対しているのは軍部では無く
権力を失う金正日や党と言う可能性も
有るかも知れぬし
経済自由化では中国を見る限り
軍は必ずしも権力は失わないと言う事かも知れぬが
クーデターは未だ起こさないのか
どうかだが
核放棄拒否は金正日や党の意向なら
核を放棄すれば軍のクーデターは
完了したと言う可能性も有る訳だろうか
(まあしかしクーデターで
 拉致問題迄解決するかは
 何共言えぬ訳だろうが
 軍部が富国強兵等の為に経済を重視するなら
 解決する可能性も有るだろうし
 山崎等の拉致が近々解決すると言う発言も
 軍部が譲歩すると言う事を
 知っている故と言う事かも知れぬが
 北軍部が自民に恩を売る為に
 参院選前にクーデター成功・核放棄
 拉致解決と言う事に成る可能性も
 有る訳だろうか)
2007/06/08(金) 04:03 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
大気中の濃度が極めて薄い(0.1%以下の)
二酸化炭素が温暖化の原因と言う
納得の行く証明と言うのは見た事は無いし
此れはロスチャイルド等が世界を支配する為の
謀略と言う意見も有るし
日本が温暖化対策を主導したのは
日本がロスチャイルドと組んで居る事の
証明であると言う事は無いのかだが
2007/06/09(土) 06:21 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>某研究者様
温暖化については、二酸化炭素が主原因かどうかは不明みたいですね。
以前ではフレオン、現在ではメタンが二酸化炭素より更にやばいと言われていますね。

そのメタンですが、農業をやってれば必ず出るものです。
牛のゲップもメタンガス、堆肥作ってもメタンガス、その他水田や湖沼地でもメタンガス。
原因の特定は、政治的な問題でなされる事はないでしょう。

ある日突然、「農業こそ地球温暖化の原因」と確定された日には、一体それをどうするのか、50年は揉める事ができるでしょうよ。
まあ、これは仮定ですが、本当に何に対して努力すれば良いのか。
その前提すら定まっていないのが今の状態ですね。

北朝鮮については、それはわからないですね。
金正日氏は馬鹿ではないでしょう。
豊かさを求めた中国が一体どうなったのか、それを目撃していますからね。
むしろ、自分の後継者にどうやって権力を委譲するか、その方法が見つからなくて困ってる模様ですが。
その方面への関心が強過ぎて、他はお留守って感じですか?

最後にプーチン氏ですが、権力を失う事は考えられませんね。
なぜならば、彼は本当に日本やアメリカを良く観察しているからです。
国を纏める方法では、彼は本当に良くやっています。
爪の垢を安倍総理は煎じて飲むべきです。
彼は国民の所得を倍増させました。

どんな問題が国内で起きても、彼の支持は揺るぎません。
かなりカゲキな対比ですが、今のロシア国内でのデモは、高度成長期の日本国内の学生デモと同じ性質のものと考えて良いかと思います。

結局、あのデモ隊の主張は通らないでしょう。
生活の保障を以前では想像もできない位にしてくれる政権に対して、国民は絶対に背きません。
所詮イデオロギーや理念は、民を安んじる政治家に対抗する武器にはならないのです。

そして、ロシアがバブルだと言うのも、それは事実誤認だと思います。
そのような気配は全くありませんから。
2007/06/09(土) 11:05 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
>そして、ロシアがバブルだと言うのも、それは事実誤認だと思います。
>そのような気配は全くありませんから。


中国のバブル崩壊等に拠り
資源価格が下がれば
資源輸出に依存するロシアの経済は
壊滅すると言う事は
無いのかだろうし
この混乱に乗じてプーチンが始末されると言う
可能性も有る訳だろうか
2007/06/10(日) 07:04 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>某研究者様
バブルと言うのは、何かの対象が投機の材料になっている状態を言いますね。
現状は需要供給が逼迫していると言う事ですか。

実際問題として、原材料それ自体はどれ程高くても大した事はありません。
現時点でも、日本位の高付加価値の製品を製造できる国に取っては、原料高は確かに痛いけど、吸収できない事はないですね。

問題は中国とかの低付加価値の国です。逼迫した需給とわずかな値上げに敏感に反応する事でしょう。

ちなみに、資源輸出に頼っている国と言えばカナダなんかもそうですが、資源の輸出が駄目なら、ロシアは自国で製品として売り出そうとするでしょうね。(エネルギーも自国で使えない訳じゃない。売った方が高いだけですし。)

ま、トヨタを誘致したのなんか、そう言う意図丸見えですし。

そう言う訳なので、当面ロシアに混乱は無いと思います。

それにしても、現在のロシアは日和見と復活宣言の舞台作りを行っている所ですが、動けば日本、北朝鮮、中国のいずれにも大きな影響力を発揮できる国です。
本当に良い位置に居ます。今の情勢では・・・。
2007/06/10(日) 10:52 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/244-d27162ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  今回は、このブログでたびたび取り上げている「中国・朝鮮の冷戦」について、この二カ国と国境を接するロシアに注目してみたいと思います。  先日ですが、面白いニュースが飛び込んできました。ロシア、対北制裁措置実施へhttp://www.chosunonline.com/article/200706
2007/06/05(火) 23:29:25 | 日々是勉強
 6月4日の天安門事件記念日にあわせて、来日した中国民主化運動のリーダーである魏京生氏が、成田で入国拒否を受け、入国できないでいます。 なぜ、安倍総理と麻生外相のもとで、このような事態が起こるのか。 
2007/06/06(水) 18:38:48 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。