独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のコメントでお知らせしてくれた人が何人か居るが、我々の事をああだこうだと取り沙汰している人達。

ちょっともう面倒なので、ここでキッチリ宣告だけはして置こう。
後半で連中の妄想ぶりを晒し、三輪のレッドアラートに来る事の意味を確認する事にします。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
まずは先日リンクを切ったサイトについて。

「異議あり」
もう、ここなんか電波バリバリ。
今が踏ん張り所って、何を夢見てるんですかね?
安倍政権に頑張って貰って、日本を中国コンパチの地獄にしたい訳なんでしょうか?このブログ主って・・・。

で、このブログのどこが問題か?本文のほうに行きます。

>その同じ撒き餌を流している奴がここにいる。
>成りすましの鮮人共が三輪耀山のブログで盛んに寸劇を演じている、その中にいる。江田島孔明、三輪耀山、ろろ、時々だが某研究者が出演するコメントを使った寸劇を良く読み解くと奴等の狙いが解る。

>皇室侮辱劇の週刊金曜日ほどにお粗末でないが。幾つかのブログを読み解かなければならないから厄介なのだが。

あのね、幾つかのブログを読み解くって言われてもね。
読み解いてどうするの?我々が暗号を面倒臭くちりばめて謎々ごっこしてるとでも思うの?

斜め読みとかしてどうかなるの?私やろろ様のブログを?

言って置くけどね、私は面倒な事は嫌いなんですよ。
謎々もかけない、いろんな駆け引きをしているつもりになってる「脳内賢い俺様」も全員相手にしない。

含蓄を持った言葉を弄んでも、そんなのボコーンと蹴り飛ばしてジ・エンド。
言って置くけどね、私は考える事、本や文章を読む事、文章を自分で書く事は好きだし、それ無しの生活は考えられないです。

けどね、勘違いしちゃいけない。私はネットにそれ程はまってはいないんですよ。
私にリアルで会った人はそこらをキチンと実感できると思いますよ。
ネットの私は、単に私の色薄い影でしかないんだとね。

詰まる所、私はネットで謎々遊びして楽しむ様な境地では無い訳。

三輪のレッドアラートも、江田島孔明と言う思索家が到達した、そんなアメリカ衰退、世界レベルでの騒乱の未来図について、彼と毎日ネットで話している内にどんどんと肉付けがなされて行き、それを食い止めるための啓蒙の道具として始めたのがその出発点。

そして、私はその意義をいまだに忘れていない。

当時の小泉内閣のもたらす恐ろしい未来、そして現在の安倍政権の進める日本解体、そんな暴挙に対して怒りの声を挙げるのもその活動の一部となっているだけ。

「長期政権だけ」を願って、中国や朝鮮と陰で手を結び、アメリカに日本の資産を売却するのを愛国節で誤魔化す安倍内閣。

こんなのを支持する自称保守の方々を蹴飛ばすのも活動の一部。

今のままの日本の政権運営では、どの道尖閣に中国が上陸して来た時に何の対抗もできないだろう。
そして、国会が揉めている最中に、安倍内閣は執拗に中国に「抗議だけ」を行って、その結果台湾との連絡線は完全に遮断され、台湾が危機に見舞われる。

こんな政権こそ、容赦しておくと戦争の引き金になると言う事だ。
それもわからない輩が、以前の態度を翻して、今度は安倍政権支持・・・。
で、何をどう裏読みしてるのか、「最後まで読む気すらしない」が、ろろ様を朝鮮人認定だ。

しかもこの人は、以前にもプリンスオブウェールズ1941とか言う輩の狂った文章を元にして、江田島孔明様をCIAのエージェント扱いしている。
あのね、プリンスオブウェールズ1941って奴は、月曜の朝に書いたエントリーで、月曜の昼間のアメリカの小売概況を予想と正反対に書いてしまう輩だよ?
それと、後3ヶ月で日本と韓国は戦争を始めると書いて、それから1年以上経ってる輩だよ?
某巨大掲示板の予知夢のスレを引き合いに出して、それで世界情勢を占おうとする輩だよ?

そんな輩の妄想を真に受けて、それで他人様の正体を論う事に何の意味がある?
また、そんな事をして何か楽しいのかね?私としては、彼にそう問いたい。

謙虚に、虚心に、江田島孔明様の言っている事を読めば、彼の語る戦略論の流れが見える。私程度の理解なら、普通の人間にもキチンとできるだろうし。

それを全くしないで、気に入らない言葉があった、あいつは工作員だ。
これはこんな風に考えたらこう読めるぞ。ああだこうだ。

笑止千万だよね・・・。それって本当にただの妄想ですって。
ちょっと胸に手を当てて考えて御覧なさい。
自分の言ってる事って、その特定の言葉の「言葉尻」以外では何の整合性もないでしょう?
当たり前でしょうね。陰謀を見つけ出すのに忙しくて、他がお留守なんだから。

ともかく、我々はそっちの方は「全然今後は相手にしないから、面白おかしく妄想してらっしゃい」とだけ言って置きます。

私が貴方を見捨てたのは、そう言う下らない言葉遊びに執心していて、言葉の正しい意味を理解しようとしないからですよ。

私は常から言っているでしょう。「日本人なら日本語、国語をしっかり学ぶべきです」と。
それなのに、文章読んでても妄想で目が眩んでいたら、そもそも母国語とか何とか言うレベルですらないでしょうな。

何を読んでも正しく読めないでしょうよ。貴方には。

ともかく、他人様と付き合いをしたければ、最低限の常識は持ちましょう。
人の言った事、書いた事の正しい意味を見出そうとする努力くらいはしましょう。

貴方ね、仮に私とオフ会とかで会う事になったら、私に何と声をかけるんですか?
そこらをもう一度考えてみたらいかがですか?

ともかく、もう一度ブログ主には、コメントではなく、エントリーの形で「さようなら」を言って置きます。
三輪のレッドアラートのリンクについては、そちらの方でも消しておいて下さいともね。

そもそも、私のサイトにリンクを貼る資格が無いでしょう?そうじゃありませんか。

「何故そんなに怒るんですか?」とブログ主にコメントで問われましたが、「人様の真意をあれこれと疑って、いろんな事を信じられないほどに曲解する友人と貴方は友人付き合いができるんですか?」と問い返したいです。

私と付き合いをしたいのならば、最低限でも私をひん曲がった陰謀屋ではなく、もっと友人として相応しい、真っ直ぐで忠実な男だと認めて頂かないとね。

こんな事は当然の理屈である筈でしょう。
ネットでもリアルでもこれは同じである筈。
そんな人間関係の基本の基本がわかってないのは本当に痛いですねと・・・。

では次の方ですね。

>松村将軍轟沈!
>コラムニストから松村が消えた!http://www.teamrenzan.com/

>三輪烈士のハンニバル論争での鋭利な攻撃に耐え切れなかったのだろうか。とにかくめでたい!
>国境を越えるエリート騎兵集団を作るための格差社会を認めるなど許せなかっただよ。
>それよりネットカフェ難民を救済せよ。

>産官学からエリートを選抜して作ったといわれる連山も大したことはない。
>この調子で読者コラムを粉砕すれば中央突破によって安部政権は瓦解するよ。そうなれば三輪烈士や孔明先生の時代になり日本は救われます。

>松村を粉砕した。勝利は目前です!

上記の書き込みが複数サイトに書かれている様ですね。

ところで、私は烈士とやらではありませんよ。
私はいまだマトモな日本の社会で、その国民として許された言論を駆使する「ただの一般市民」です。

そして、その言論活動が何かの、誰かの役に立てばと思っているだけの男です。

「俺がやらなきゃ誰がやるんだ!」とか言う、そんな偉そうな事は一言も申しておりません。
勘違いしちゃいけませんね。

ちなみに、あの松村将軍とか言う方を叩きのめしたのには訳があります。

あの将軍様は、何をトチ狂ったのか知りませんが、ハンニバルの作戦を戦略的だと褒めちぎっていました。

はっきり言いますが、彼はただの危険人物です。<松村将軍

実戦指揮官としては素晴らしい技量をお持ちかも知れませんが、彼の根底には「軽々しく敵の戦略的資源を毀損し、相手に引き返せない脅威を与え、絶滅戦争を引き起こす行動」を戦略的と讃える。
そんな危険性が見えました。私はそれを徹底的に指摘せざるを得ませんでした。

何故か?
今後発生する確率の高い対中国戦で、こう言う人物は「戦後に中国が復興できない形での戦勝を本気で考える可能性がある」からです。
例えば、三峡ダムを破壊すれば中国の主要な地域の三分の一が水害に見舞われます。

しかし、そんな形で勝とうとするなど論外です。

そう言う事をすれば、ローマを追い詰めすぎたハンニバルと同じで、中国も引き返そうとしなくなりますから。

中国共産党の一番恐れているのは「易姓革命の発生」です。
それが敗戦を契機として発生すれば、その時点で希望を失った中国人は核兵器を撃とうとする可能性が高いのです。

それをこの松村将軍とやらは全く理解していません。
確かにハンニバルの行動は戦略的な要素も含んでいました。
彼はローマの周辺の各都市、各部族の連携を寸断して、ローマを孤立させ、ローマの解体を狙っていた節もあります。
しかし、それが「和解の可能性の無くなる形での戦略的勝利の追及」だと理解できないのが彼の限界です。

だから容赦なく叩きました。
戦術的、戦略的なハンニバルのミスの羅列だけで、この程度の暴論は論破可能です。
私はそれをキチンと理解していました。だから、ハンニバル関係のエントリーを悠々と書いておりました。

某掲示板では、本気を出した村松将軍が、私を片手でコロッと捻れると思ってた向きもおられたようで。
残念ですね。私は最初から論戦にすらならない事を知っていました。

今後の私の論は、本当の戦略的勝利。つまり、中国が日本のシーレーンを脅かさない方向に向かう為の条件を探す事に集中しようと思います。

私は本当に松村将軍のコラムには驚きました。
戦慄が走ったと言っても良い位です。
危険な勝負を戦略的と讃え、その上に根絶された国の最終的な敗将を「戦略の父」と崇める。

想像力と連想の豊かな人ならば、きっと「ハンニバルの講和を受けれいれなかったローマ」を「核ミサイルを発射して無理やり勝とうとする中国」と関連付けして連想した事でしょう。

彼にはそれができない。日本の自衛隊の上位の実戦指揮官にそれができない。
その事の恐ろしさを何故皆が認識できないのかと言う事です。

これは読者諸氏の責任でもあるでしょう。
私はそれに気が付いた者の一人として、その事を指摘する責任があると思い、そのとおりに行動したまでです。

これは一市民としての義務でもあるのです。
私の願いの中枢は、まず最初に日本国と日本国民の生存です。

その願いに沿って、自分の頭で考え、自分の意思で行動し、良心に従って行動すればこうなっただけです。
そこらの馬鹿者がハンニバルの評価で間違っていたのなら、そもそも指摘すらしませんでしたが、松村将軍の場合はそれが違いますから。

その事を理解できる人達には理解して頂きたいと思います。

そう言う事ですので、我々の意見に従えば日本人が救われると言うのは徹底的に間違っています。

我々は「日本人の生存」について、マイナス要因になる事を指摘し、皆に通知しているだけです。
それらの複雑な連携は根幹の戦略については変化しないものの、個々の戦術要因、区々たる実行段階での要因については何の救済もできません。
また、私にせよ、江田島孔明様にせよ、日本人の生存は非常に難しく、対処を間違えば即死する要因すらあると思っています。

そう、松村将軍のハンニバル戦略などは、あんな事を仕出かすのは即し要因への抵触の最たるものです。
ハンニバルの求めた勝利条件は「ローマの死」なのです。
それを踏まえた上での私の独断の論がハンニバル論でした。

そう言うのも真っ直ぐ読めないと言うのはね・・・。

ここではっきり言って置きますよ。
まともに他人様の言う事を聞いて理解できないなら、三輪のレッドアラートには来ないで下さい・・・とね。

時間がもったいないですよ。このサイトってほとんど長文だしね。
私がここに来て欲しいのは、私や江田島孔明様の言わんとする事を理解したいと思う人のみです。

妄想や、イデオロギーや、粗捜しの意図等のみっともないものを持ち込んでもここには何も見えないです。
ここにあるのは知識であり、思索であり、生きようとする意志があるだけ。

陰謀も遠大な計画も無い。そんなものは強者のみが弄ぶもの。
ここに居るのは、そんな力に振り回される事を良しとしない、生きる意志を持った者の言葉ばかりです。

生きる事。それが最も難しく、苦しく、そして意義のある事です。
このサイトは、その最も大事な事を追求しようとする日本人の為に書かれているサイトです。

それがわからないならば、三輪のレッドアラートに来る意味はありません。

では、私からは以上です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いやあ・・・
  きつい一発ですね・・・。

>仮に私とオフ会とかで会う事になったら、
>私に何と声をかけるんですか?

  これって結構大事ですよね。一般社会とそんなに変わらないんじゃないかと思いますよ。だからこそですが、前提がおかしかったり、すぐに論点をずらしたりするような議論ははばからないといけないと思うのです。
  私も遭遇したことがあるんですが、自分から喧嘩を吹っかけておいて、鬱陶しいから放置すると「どうした?負けを認めるのか?」とか言ってきたり、反論すると論点をはぐらかして別の話を始めたり、そういうのを現実世界では「ストーカー」と言うんじゃないでしょうか。よくそうまでするエネルギーがあるもんだと、呆れますけどね。  
  こちらのブログが「京都議定書反対派」とか言っているコラムも見ましたが、どこをどう読んだらそういう話になるんですかね。自分たちと意見が合わないから抹殺してやろうということなんでしょうか。
2007/06/04(月) 00:21 | URL | ろろ #-[ 編集]
>ろろ様
ちなみに、私は腕が丸太の様に太くてごついんですよ。
なんせ、昔プロボクサーの男に「お前はレスラーにしか見えん」といわれてましたし、某サイトのオフ会で付いた仇名が「処刑者」ですし。

そう言う事なので、この手の糞を普段から私に対して吐いていると、オフ会とかでは大ピンチ必至です。
ご自身の安全と平安の為にも、そう言う行為は謹んで頂きたいです。

それとこのブログが京都議定書に反対していると言うのは、多分日本語が読めないのでしょうね。

むしろ、私が反対してるのは安倍内閣の京都議定書に関する達成方針です。

CO2排出権を優先で売ってもらう代償に、安倍内閣は「日本の環境技術の売却」を考えています。

技術立国が技術それ自体を売り飛ばすのは、それは自殺行為だろうニと。

一事が万事、安倍内閣は国を売る事しか考えていないですね。
2007/06/04(月) 00:41 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
なるほど
>CO2排出権を優先で売ってもらう代償に、
>安倍内閣は「日本の環境技術の売却」を考えています。

  これ、自分のブログの守備範囲なので、調べて書いてみますね。
2007/06/04(月) 00:56 | URL | ろろ #-[ 編集]
三輪様

上のコメントは釣りです。リンク先のブログを見てもら
いたいらしく貼っているようです。


断言する。
ネットゲリラは終わった。
これが証拠。
http://blog105.fc2.com/ytaka2011/
アジアの鉄人 | 2007/06/03 9:59 PM
2007/06/04(月) 04:23 | URL | どどいつ #O24v7Kjk[ 編集]
>どどいつ様
まあ、どうでも良いんですがね。
しかし、日本が負けたとか何とか言うのはね。

「まだ生きてる限り、チャンスはあるじゃない」としか言えませんね。

それがわかんないなら、やはり三輪のレッドアラートに来るなと・・・。

そう言うしかありませんね。
2007/06/04(月) 08:22 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
はじめまして
環境技術の売却による一時しのぎのCO2削減ではなく、技術の向上によりどんどん二酸化炭素を削減したいところですね
2007/06/04(月) 20:35 | URL | omega #JalddpaA[ 編集]
松村氏の人物評について
>実戦指揮官としては素晴らしい技量をお持ちかも知れませんが、彼の根底には「軽々しく敵の戦略的資源を毀損し、相手に引き返せない脅威を与え、絶滅戦争を引き起こす行動」を戦略的と讃える。
>そんな危険性が見えました。私はそれを徹底的に指摘せざるを得ませんでした。

はじめまして。
といいつつ最初からなんですが、人物評として一方的かなと思うもので。

私は松村氏の著作を読んだ事があります。
「得意技」となる戦術を一つ開発する必要があるという事を書いていました。

そういう戦術の型があれば、実施規模と兵器体系とを合わせて考えれば、1回の戦術実行あたりの消費資源量が推定できる。さらに、経済の生産力とjust in timeに間に合うかという意味で補給能力も加味すれば、戦略上重要な自己の攻勢終末点をかなりの更新頻度で動的に推定できるでしょう。ランチェスターの法則によれば、投下資源量(兵站)が重要な要素という事になるわけですから、そう考えます。

「この故に百戦百勝は善の善なるものにあらず。戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。」という事かと思いますが、己を、自国の力量を図る上で、細部にあたる戦術の構想もまた重要です。絶滅戦争の危険の有無に関わらず、自国にとって行き過ぎではないか問う必要はありますし、力の裏づけが不要という事も無いでしょう。

http://www.teamrenzan.com/archives/writer/matumura/
松村氏の一連のコラムは、「得意技となる戦術を一つ開発すべし」という以前の著作での問題提起の延長にあるように私には見えます。そう書いていないから問題ありといわれればそれまでですが、人物評としては針小棒大に想像し過ぎに見えたもので。
2007/06/05(火) 23:08 | URL | 木村 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/06(水) 14:59 | | #[ 編集]
>木村様
戦術云々はわかりましたが、私が問題としたのは、松村氏が「ハンニバルは戦略の父」と呼んだ事です。

戦術の事はどうでも良いです。
何度も繰り返していますが、「戦術で戦略を覆す事ができないと言う証拠がハンニバル」ですので。

戦術については私の論では全く重要なものと思っていません。
勝てば正しいのが戦術ですので、それは現場の人達の好きにさせれば良いのではないでしょうかね。

>絶滅戦争の危険の有無に関わらず、自国にとって行き過ぎではないか問う必要はありますし、力の裏づけが不要という事も無いでしょう。

意味が良くわかりませんが、松村氏は「絶滅戦争を引き起こす様な行動を戦略的と称揚しています」が、私の反論の焦点はその事にあります。

絶滅戦争を引き起こさない事こそ、戦略的な行動だと思っていますので。はい。

その事を全く考えられないのが村松氏、私の評価ではそうなっています。

一方的もなにも、そのまんまですので、訂正の余地がありません。

>omega様
はい、短絡的な目先の利益ではなく、百年先の事を考えるならば、日本は技術を軽々しく友好的な国相手でも提供してはいけないと思います。

安倍総理は、自分の力、あるいは自分の私財を投じて開発した環境技術のみを諸外国にばら撒くべきだと思います。

それ以外の技術は、全て国民の税金、あるいは企業の研究成果の筈ですので、それを他国に売り飛ばす事は明らかな間違いです。
2007/06/06(水) 22:37 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪様
>戦術の事はどうでも良いです。
>何度も繰り返していますが、「戦術で戦略を覆す事ができないと言う証拠がハンニバル」ですので。
私の論点は、戦略と戦術の関連性にあります。

>絶滅戦争を引き起こさない事こそ、戦略的な行動だと思っていますので。はい。
絶滅戦争を引き起こさない事が重要だという点に異を唱えているわけではなく、自国に成し得る戦略的言動の限界と実力を測るために、能力ベースで戦術を構築するのが重要、特にロジの観点から、というのが私の論旨です。

http://www.teamrenzan.com/archives/writer/matumura/post_215.html
>ハンニバルは西欧軍事史上、最初の意識的かつ戦略的な迂回機動を実施した。
これを戦略的思考の産物と認めない。ただの戦術であると言う事でしたら、議論の余地はなさそうですが。
2007/06/07(木) 22:20 | URL | 木村 #-[ 編集]
>木村様
>ハンニバルは西欧軍事史上、最初の意識的かつ戦略的な迂回機動を実施した。
>これを戦略的思考の産物と認めない。
>ただの戦術であると言う事でしたら、議論の余地はなさそうですが。

確かに見ようによっては戦略的移動ですね。
ローマの戦術配置を全て無効にしたと言う意味ではね。

さて、ここで前提を述べておきますが、ハンニバルの戦略の前提は「戦術的に負けない事を必要とする」そう言う達成が著しく困難な、自分でやらないなら無理難題の鬼畜的な条件が最初から付いています。

これって戦略的要件を満たす為に戦術的な要件の信じられない高レベルの要請があると言う事ですよね。

つまり、ハンニバルの戦略は戦術と不可分であると言う所が最も大きな難点です。

通常の人では絶対に満たせない条件が多過ぎるんです。

よって、簡単にあれを戦略的と評する事はできません。
そしてこう言う条件付の戦略を世間ではこう言うのです「綱渡り」と。

まあ、一言で言って、ハンニバルに憧れる軍人さんを私が評価しないところはそこです。

帝国海軍や帝国陸軍は、ハンニバルよりずっと戦略的に振舞っていました。
程度の問題ではありますがね。

所詮綱渡りとはそう言うものです。
2007/06/07(木) 22:45 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
殲滅よりも共存共栄を選ぶのが、良い戦略だということですね。

ところで、
ハンニバルという個性の強い手持ちコマが基盤にあるとしたら、
どのように活用するのが、ベストだったのでしょうか?
2007/06/12(火) 04:08 | URL | こんばんは(^・^) #-[ 編集]
>こんばんは(^・^)様

共存共栄と言うよりも、同じ戦争をするにしても、敵の死命を決する程の戦略資源は狙わないのが吉と言う事です。

引き返せなくなった敵と殲滅戦争になりかねないですから。

ちなみに、ハンニバルと言う駒があった場合、私はあの当時の道徳律に従うなら、カルタゴ本国を制圧してから、それからローマと戦うのが良かったと思います。

もちろん、ハンニバルはそれを良しとしない人物だったんですがね。
そして、私がカルタゴ本国首脳部であった場合、彼を徹底的に駒として使うならば、やはりスペイン経由で戦争をさせていたと思います。

ローマの遠征軍を徹底的に叩き、途中の都市を占領、破壊して、有利な立地を築いたでしょう。
そして、地中海ではローマの貿易を徹底的に邪魔したと思います。

まあ、カルタゴ本国には、そう言うつもりのある人物は全く居なかった訳なので、どうにもならなかっただろうと言うのが実際です。

ハンニバルは戦闘においては鬼神であり、政治にも立派な才能を発揮しました。
今後も、彼の様な能力の人物は歴史にあらわれないかも知れないですね。

ちなみに、私個人がカルタゴのあの時期に生まれていたら、ハンニバルの為に重装歩兵として戦う事を選んだでしょう。

ハンニバルの様な勇士の為に倒れるなら本望だったでしょうし、彼を遣わせてくれたバール神の為に全力を尽くした事でしょう。

反ローマの為に立ち上がった諸々の部族の者達も似たような考えでハンニバルに従っていたと思います。
まあ、普通の駒ではないのですね、彼は・・・。
2007/06/12(火) 20:06 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/242-45e3fdac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。