独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【第三報】緑資源機構前身の元理事が転落死、自殺か/横浜
社会 2007/05/29


 二十九日午前五時十五分ごろ、横浜市青葉区青葉台のマンション駐車場で、独禁法違反容疑で担当理事らが東京地検特捜部に逮捕された独立行政法人「緑資源機構」(川崎市)の前身、旧森林開発公団の山崎進一元理事(76)が転落死しているのが見つかった。

 山崎元理事はこのマンション在住で、六階の階段に靴がそろえて置いてあり、神奈川県警は自殺とみて調べている。パジャマ姿で、頭から出血していた。遺書は見つかっていない。

 元理事は、緑資源機構の官製談合事件で問題となった発注側主導の受注調整システムを作り上げた人物とされ、二十六日には自宅が東京地検特捜部の家宅捜索を受けた。

 関係者によると、山崎元理事は旧森林開発公団の生え抜き職員で、一九八八年十月に生え抜きとして初の理事に就任。九〇年十月に退任した。退任後は、機構の事業を受注する土木建設業者らでつくる任意団体「特定森林地域協議会」(特森協、昨年十一月解散)の副会長も務めた。

 二十六日には、社長らが特森協幹部を務めていた島根県と宮崎県の建設会社二社も、特捜部の家宅捜索を受けた。

******

松岡農水大臣の死と関係して、更に林野庁の暗部を知る者が自殺した様です。
安倍政権になってから、その前から、政権絡みで一体何人が死んでいるんでしょう?
ライブドア、耐震強度偽装、談合追求まだ他にも多数。

こんな事が日本で起きていると言う事が信じられません。
まるでロシアや中国のニュースを聞いている様です。
さて、次は一体どんな痛ましい事件が起きるのか?
普通の人なら、こう言う場合は内閣総辞職するんですがね。

「説明責任は果たされた」壊れた機械の様に繰り返す安倍総理、しかし、説明など全くできない人達は、説明責任を問われて命を断って行きます。
一体、誰が悪いのでしょうね?この一連の自殺については。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
安倍政権の真の狙い
  安倍政権って、日本の農作物を高級化して中国などに輸出する=自給率を下げる政策を掲げていますよね。
  そのために都合の悪い連中を始末しているっていう側面はありませんか?

--------以下引用--------

後任農相に若林氏の横滑り案浮上で、環境相人事も焦点に
(読売新聞 - 05月29日 03:21)

 28日に自殺した松岡農相の後任に若林環境相(町村派・衆院当選3回、参院2回)を横滑りさせる案が浮上したことで、若林氏の後任となる環境相人事も焦点となっている。安倍首相は、農相、環境相の両ポストの人選を急ぐ。

 首相は28日、松岡氏の後任の人選について「我々は農業改革に挑んでおり、農林水産業の改革に情熱を持って取り組める人を選びたい」と記者団に語った。

--------引用以上--------

  あるいは、そうでなくても、農水族議員=ダーティーな人間という印象がついてくれれば上等なわけですよ。次の「抵抗勢力」はこいつだ!!みたいな感じでね。

  どちらにしろ、安倍政権が信じられないほど日本国民の利益に反した政権だということは明白ですね。
2007/05/29(火) 13:34 | URL | ろろ #-[ 編集]
石井紘基議員の時には、ソウカではないもう一つの某カルトによる犯行らしい話がありましたが、今回はどうでしょう?

野口はライブドアというより、HS絡みです。HSから辿ると良いです。
偽名で沖縄に何度も行っていたのは、野口と投資組合社長大西らしいです。大西に指示していたのは野口のようで、宮内は野口らが沖縄で何をしているかを知らなかったただのパシリです。偽名で行っていた事を宮内は知らなかったらしいです。
ライブドアはヤマハ事件と同じく、安倍小泉に政治ファッショ化されて隠れ蓑に使われた。


鈴木宗男が松岡と24日くらいに会談した際に、
自ら説明すべきとの宗男の進言に対して、松岡は明らかにしたかったが、党と政府から方針が決められて止められていた、という趣旨の発言をしたと宗男が明らかにしました。
中川幹事長はそんな事はないと即座に否定しましたが。

そういえば国会答弁などの際に、松岡は安倍?をチラチラ見ているようにも見えました。
最後の表舞台が小泉との同席とは…。小泉は農林水産省系の団体の名誉会長になりましたし。
2007/05/29(火) 14:54 | URL | nanasiさん #-[ 編集]
ムネオ氏と松岡氏は、親密な交流があったようですね。ムネオ氏が逮捕されるまで、毎日励ましの電話をいれていたとか。松岡氏はムネオ氏に自分の将来を見たのではないのでしょうか。

ムネオ日記http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html

自民執行部が利権を餌に、本人の無知に付け入り、本人の知らない内に暗部に引き込んで、肥え太らせ、ろろさんが指摘されているように、都合が悪くなれば切り捨てる。そこには「自己責任」という言葉の通用しない自民伝統の悪しきシステムの存在があります。
しかも、現職閣僚の自殺という結果となり、日本国の名誉を著しく傷つける出来事を安部自民はやってのけたわけです。
話が飛躍してしまいますが、この問題は何も、ムネオ・松岡両氏に限った事ではなく、日本と米国の関係も似ているのではないでしょうか。

自民党のどこが保守政党なんだー。

2007/05/29(火) 15:26 | URL | 流星 #-[ 編集]
いつも拝見させていただいています。
応援ポチッ!
2007/05/29(火) 17:14 | URL | 優良銘柄のススメ #-[ 編集]
ろろさん

横槍失礼いたします。

僕は自給率の向上には農家の経営の安定化が一番大事だと思っています。
農家の経営の安定は地域を活性化させ、地方の人口流出を止め、農業に向かう人も増え、日本の農業経営の抱える問題の根本的な解決に繋がると思うからです。

それ故に農産物の輸出は農家の経営安定化の為には拓いておくべき販路の一つと考えております。

現在、品目横断的経営安定対策が進行しており農地の集約、効率化が進められております。
これは主に日本の農業の高コスト体質を改善する為の政策です。
一概に『高級化』を進めているわけではありません。

しかし、日本の農地の多くは中間山地で農地の集約、効率化が物理的に困難なのも事実です。
そのような地域では限られた農地でより多くの収益を上げなくては農家経営は成り立ちません。

その選択肢の一つとしての輸出というのは決して間違いではないと思います。

また、今年の農業白書を見てもらえれば分かると思いますが、農産物の輸出は安倍総理の掛け声というよりは農水省や産地の現場からの声、というのが正しいと思います。

僕自身は農政に関しては、日本の農業の抱える根本的な問題にようやく切り込んだという部分では一定の評価はしています。
その裏にあるのが『農産物の自由化』だとしても、それらは近い将来必ずやってくる『世界からの波』ですから。

かといって、それだけを以って安倍総理を支持するつもりはありませんが(笑)

三輪さん

エントリーとずれた書き込み申し訳ありません。
もし不快に思われましたら削除して下さい。
失礼しました。
2007/05/29(火) 20:48 | URL | 農民 #9qezcnfQ[ 編集]
>>農民さん
なるほど、そういう現場の声もあったわけですね。了解です。

しかし、あえて安倍政権が、アジアゲートウェイ構想=大アジア主義の具現化プランに乗っけていることから、油断しないとアメリカ的な収益重視(モンサントなどアグリビジネスの狩り場化)の方向に持って行かれる可能性もありますよね。注意しないと。

個人的に林業のことを調べているので、今度は林野庁が抵抗勢力にされないか心配です…。
2007/05/29(火) 21:38 | URL | ろろ #-[ 編集]
>ろろ様
>農民様

品目横断的経営安定対策ですか?
それって、多数の農地を合わせて粗放的に農業を行えば、諸外国の価格に対抗すると言う事ですね?

結論から言えば、それは無理ではないのでしょうか?
価格は関税が掛かっていない状態で10倍を超えるものが多数ですから。

それと、自給率についてですが、それも無理でしょう。
農作物=水ですからね。現在の人口をどうやって昔より激減した農地と農業人口でまかなうと言うのでしょうか?

新潟の最上川の水。
雪解けの時は無茶苦茶にあるのに、水田とため池に入れてしまえば水量が激減するんですが、そんなに日本の水系の水量に余剰は無いでしょう?

正直、気持ちはわかるんですが、そのやり方がまずいのではと思います。
むしろ、今の対米従属農業こそが拙いのでは?と思う事しばしです。
その他の解決方法とかも、できたら提案願いたい所なのですがね。

いずれにせよ、私としては関係ないから消したりはしません。
本気で無意味な管巻きしか消しませんよ。
例えばlefty様が毛嫌いしているあの馬鹿とかね。ああ言う話できない奴しか消しません。

>流星様
奴が保守でないと言う事に気が付いてない人が多いですね。
貴方はそれに気が付いているだけでも随分幸せだと思います。

>名無し様
示唆に富んだご意見です。
今後ともよろしくご教示下さい。
しかし・・・あっち系ですか。
闇は深そうですね。
2007/05/29(火) 22:15 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
思うに、自民党が保守政党だったのは佐藤栄作の頃までです。田中以降は全く異なった体質の政党に変質しました。保守は現在では絶滅危惧種です。無党派増大の中で真の保守派はネットで連携するしかありません。「真の保守派は売国奴と連立政権を組まず、下野する」by江田島孔明
2007/05/29(火) 22:23 | URL | 孔明 #-[ 編集]
自民も報復で
小沢を徹底的に追求するかも知れぬし
小沢が黒だったら
黒である事を知り乍ら
相手を批判して殺したと言う様な
批判を受けるだろうし
一転して民主が不利と成り
小沢以外も殺人者の汚名を着せられて
民主党は崩壊
憲法改正と言う流れに成るかも知れぬが
ロスチャイルドの手等により
最初からこう言うシナリオが
用意されていたと言う可能性も
有る訳だろうか
(まあしかしロスチャイルドがパートナーとして
 小沢を選んでいる可能性も有る訳だろうか)
2007/05/29(火) 23:14 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
近代化によって破壊されたもの
>真の保守派は売国奴と
>連立政権を組まず、下野する

  実際、維新の頃から、どんどん浸食されてきたのでしょうね。

  私が思うに、近代化とは、保守勢力絶滅の歴史です。フランス革命も、ロシア革命も、第一次大戦後のドイツも、そして我が国も。人間が生まれた土地や文化伝統から引き剥がされていく歴史・・・。
  私は代々都市住民ですが、何か悲しくなります。

  連中と地面で戦っても勝ち目はなさそうです。孔明さんのシーパワー戦略に全面的に賛同します!!
2007/05/29(火) 23:22 | URL | ろろ #-[ 編集]
私が思うに真の危機は、このような自殺や暗殺多発の世情が普通になり、失業者の増大が進み、政治的には左右が突出するという状況です。
まさにワイマール体制のドイツやソ連崩壊後のロシアと同じです。
2007/05/29(火) 23:48 | URL | 孔明 #-[ 編集]
農政絡みで何か葛藤がありそうですね
私のblogにも昨日の昼に書いたのですが、先週の金曜深夜(土曜未明)に農水省の食糧局食糧貿易課の課長補佐が酔って電車で帰る途中に痴漢をしたかどで捕まっているんですよね。
植草元教授の件と近い、政争の匂いを感じてしまう。

この文章を書いたときよりも情報が錯綜して色々出てきているので、29日付けのblogで書いた推論は今後も同じ方向になるかは定かでは無くなってきていますが、
農作物輸入・特にアメリカ産牛肉輸入の自由化問題と農水省の外郭団体や松岡農水相のスキャンダル、そして安倍内閣自体の食糧政策と農業行政の葛藤
…何か一つの方向を示しているような気がするんですよね。
 今回の一連のスキャンダルが表に出たことの決定的な理由ではない(書いた後に飛び交ってる話からすると)かも知れませんが、無関係とも思えないですし。

お目汚し失礼いたしました m(__)m
2007/05/30(水) 00:44 | URL | Artane. #SloucALw[ 編集]
吉田松陰が死に及んで心境をつづった「留魂録」です。人の一生を四季になぞらえるところなど、日本人の心のあり方の真髄ともいえます。

人として、このような心境の高みにありたいと願うばかりです。

http://homepage3.nifty.com/sakura_/ryuukon/ryuukonroku.html

今日、私が死を目前にして落ち着いていられるのは、四季の循環というものを考えたからです。
 おそらくあの穀物の四季を見ると、春に種をまき、夏に苗を植え、秋に刈り取り、冬それを蔵に入れます。
 秋や冬になると、人は皆その年働いて実った収穫を喜び、酒などを造って、村は歓声にあふれます。
 未だかつて、秋の収穫の時期に、その年の労働が終わるのを哀しむということは、聞いたことがありません。
 私は享年三十歳。一つも事を成せずに死ぬことは、穀物が未だに穂も出せず、
 実もつけず枯れていくのにも似ており、惜しむべきことかもしれません。
 されども私自身について言えば、これはまた、穂を出し実りを迎えた時であり、何を哀しむことがありましょう。
 何故なら人の寿命には定まりがなく、穀物のように決まった四季を経ていくようなものではないからです。
 十歳にして死ぬ者は、その十歳の中に自らの四季があります。
 二十歳には二十歳の中に自らの四季があり、三十歳には三十歳の中に自らの四季があり、
 五十歳や百歳にも、その中に自らの四季があります。
 十歳をもって短いとするのは、夏蝉を長寿の霊椿にしようとするようなものです。
 百歳をもって長いとするのは、霊椿を夏蝉にしようとするようなものです。
 それはどちらも、寿命に達することにはなりません。
 私は三十歳、四季は己に備わり、また穂を出し、実りを迎えましたが、
 それが中身の詰まっていない籾なのか、成熟した粟なのか、私には分かりません。
 もし、同志のあなた方の中に、私のささやかな真心に応え、それを継ごうという者がいるのなら、
 それは私のまいた種が絶えずにまた実りを迎えることであって、
 収穫のあった年にも恥じないものになるでしょう。同志の皆さん、このことをよく考えてください
2007/05/30(水) 06:46 | URL | 孔明 #-[ 編集]

三輪様

>新潟の最上川の水。
>雪解けの時は無茶苦茶にあるのに・・・

新潟の最上川となっていますが、新潟ではなくて、"山形"では
ないでしょうか?
2007/05/30(水) 10:12 | URL | どどいつ #O24v7Kjk[ 編集]
三輪さん

>品目横断的経営安定対策ですか?
それって、多数の農地を合わせて粗放的に農業を行えば、諸外国の価格に対抗すると言う事ですね?

その認識では不十分だと思います。

品目横断的経営安定対策は色々な側面を持っています。

大きな柱は重要品目の保護施策の大幅な転換とそれによって効率化を促すことですが、僕がここで駄文を披露するより資料をご覧になった方が良いと思いますので、もしお時間がありましたら目を通していただきたいと思います。

http://www.maff.go.jp/ninaite/keiei_antei_point.pdf

自給率についてもそうそう高望みはしておりません(笑)
今年の農業白書では当面の目標は45%ですからね・・・。
僕もそれが実現できれば御の字だと思います。
むしろ自給率よりも『自立した農家経営』が必要だと僕は思います。
自給率はその後にくっついてくるものだと思います。

対米従属というのは少々無理があるかな、と個人的には思います。
品目横断的経営安定対策もWTOでの国際ルールの強化によってのものですから世界を見渡せば日本のような状況の国は韓国くらいですから貿易の統一ルールを定めるとなるとどうしても日本には不利に働いてしまいます。

もしこれを無理矢理に突っぱねれば世界の貿易市場から締め出されかねませんから、これはどうしようもない流れだと思います。

その中でいかにして国産の作物の価値を高めていくか、消費者に選ばれる存在にするかが鍵だと僕は思います。
その為に『効率化』と『付加価値(高級化も含む)』という2つを推し進めていく上では品目横断的経営安定対策は方向性としては今取りうる唯一の方針だと僕は思います。

水資源についてもこの政策は新たに農地を増やす、という性質のものでは無く、今ある農地、さらに耕作放棄地をしっかり活用していこう、という物ですからこの政策については問題は無いと思います。
ただ、今後重要な問題ではありますよね。

長々と失礼いたしました。

2007/05/30(水) 12:04 | URL | 農民 #9qezcnfQ[ 編集]
政府は中小の農家への補助を打ち切り、大規模な「担い手」に支援を集中する、という政策に転換しました。日本ではほとんどが中小農家なので、廃業するところも増えるのではないかと言われています。「担い手」として手を挙げる人もあまりいないと聞いております。元ライブドアの掘江氏は「農協が解体し土地が流動化すると、すごいビジネスチャンスが生まれる」といったそうです。
うまくまとめる能力がなくてすみません。要するに私が心配しているのは、外資を含む大資本が農業にも進出し、地域の共同体が崩壊したり、低賃金労働の温床になるのではないか、ということです。
2007/05/30(水) 13:07 | URL | ヘリオトロープ #bjRknJak[ 編集]
食糧と商品としての農産物の差
遅すぎの感はありますが、農業を危ぶむ声が挙がっていますね。
そもそも、貿易など、GDPの1割にすぎないのですから、たいした障害にはならないはずですが、商品としての農産物は買い入れられる、高級品は内地物しか無い・・・こんな状態は良いはずはありません。
日本の農業を潰すのが最初の手段でしたので、次のターゲットはJA(すでにはじまっているようですが)、その次は当然、林業(最初は利権だけです、ベアフットの林業は骨身にこたえますから)というのは順当な線ですね。

もしかしたら、農業と林業をクロスオーバさせると、活路が見出せるかもしれません。(トルコはヘーゼルナッツで潤っているとか?)
トチノミをトチモチに加工するフォークロア、半島のようにドングリからトトリムクとか・・・
ただし、株式会社だけはいずれもダメですね。

2007/05/30(水) 17:01 | URL | One of Three #-[ 編集]
>One of Three様
アメリカの年次要望書には、農協改革も入っていると聞いていますよ。
つまり、連中に取って見れば、日本の農業従事者や農畜産業の存在それ自体が邪魔だと言う事です。

それらが全て無くなれば、今の10倍の値段で農作物が売れますからね。
そう言う事です。

>ヘリオトロープ様
ご心配のそのとおりです。
株式会社にしてしまえばどうなるか。
「利益が出ないのでやめます、後は知りません」と普通に持っていくことでしょうね。
その後は自己責任とか言う事で、打ち捨てられた農地が残り、破産した「株式会社の資産」と言う事で、たくさんの農地が担保としてどうにもならない状態にされそうに思います。

なんか、机上の空論の最たるものに思えるのですがね。
今の政府の農業政策は。

>農民様
ちなみに、WTO云々はあんまり関係ないと思います。
アメリカのスーパー301号法は、あれはWTOの理念もルールもアメリカは尊重しないと言う宣言ですしね。

所詮、今後の私の予想図では、世界は保護貿易に入らざるを得ないと思っていますし。
本当に大切なのは、例えば米だけであっても食べられる。
そう言う事態も想定しておいて良いと思うのです。
私見ですが、私は現在の農業従事者はあまりに日本で冷遇されていると思います。
本来的にどの国でもここまで農業を粗末にしているなんて事はありえませんから。

日本の常識は世界の非常識だと思っています。
穀物も油脂も食肉も、全て他の国の水です。それを金で買いあさっていると言う事自体が歪みだと思っています。

>どどいつ様
信濃川でしたかね・・・・。
もう私、最近記憶のエラーが多すぎるように思います。
ごめんなさい。

>孔明様
心に染みる言葉ですね。
人間かく気高くありたいものです。

>Artane様
松岡大臣の遺書に、現在の農政の方向で良いとか、日本国万歳とか書いてあったと言う事ですが、私は眉唾だと思っています。

見事に操作されていると思っていますよ。私も。

>ろろ様
敵もシーパワーだと言うのがね。
日本の痛い所なのですよ。

そして、敵がシーパワーだとすると、味方につけようとするランドパワーは何なのか?
それを私は警戒している訳です。

>某研究者様
それをどう見極めるか・・・ですね。
2007/05/30(水) 20:20 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
日本は究極はシーパワーとランドパワーの止揚を目指すしかないのです。暴力のランドパワーや狡猾のシーパワーより、はるかに「高次の文明」が日本です。
2007/05/30(水) 20:34 | URL | 孔明 #-[ 編集]
なるほど、そういう見方もありますね。

ただ、当面は輸入障壁が低くなることを想定しておいた方がいいと思います。
仮に保護貿易に移行したとしても日本の農産物がある程度安いに越したことは無いと思います。

それに現状でもコメなどの値段は下落傾向ですから、収益率を上げる、という意味で農地の集約の効果はあると思います。
今までのような価格対策の施策では出費は膨らむ一方でしょうから。
僕が怖いのは散々税金を食いながら高いままでは消費者からそっぽを向かれかねない、ということです。
消費者から敬遠されたら日本の農業は本当に死んでしまいます。

僕は日本の農業保護は農家を導く方向が間違っていた、と考えます。
農家には専業農家、兼業農家とありますが、兼業農家でも農業収入の割合がかなり低い農家もいます。
そのような農家もやる気に満ちた農家も全部に一律の保護政策を敷いた為に、兼業農家の方がいい生活が出来る、という状況を生んでしまったと思います。
その為に専業農家は減り、他に収入を持っている兼業農家は農業の効率化は積極的には進めません。
そういった意味では農業という仕事を粗末にしていた、とは思います。

結果、日本の農産物の競争力はまったく育たず、かといって農家を潰すことは出来ないから先の見通しの無いその場しのぎの税金をどんどん投入することになったと思います。

2007/05/30(水) 21:34 | URL | 農民 #9qezcnfQ[ 編集]
もう怒りが収まらない
緑資源「廃止含め検討」=談合防止で安倍首相表明
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=pol_30&k=2007053001041

  この記事のこの部分で、怒髪天を衝きました。

> 政府の規制改革会議が同日決めた第一次答申に、
>同機構の主要事業である林道、農用地整備の廃止が
>盛り込まれたことを踏まえ、談合の再発防止に
>取り組む強い姿勢を示したものだ。

  これ、要するに「何とか会議が答申を出したことをそのまま実行します」と言っているようなものじゃないか?なぜ、マスコミはそういうところに突っ込まないんだ?

  三輪さんがおっしゃっていた通り、完全にこの馬鹿首相の馬脚が出ましたね。「戦う政治家」を自称し、「主張する外交」を唱えていた彼は、実は主体性がゼロの人間だったということが明らかになりました。
  返す返す、この首相には即座に退陣してもらいたいと思います。
 
2007/05/31(木) 00:15 | URL | ろろ #-[ 編集]
TBです
グローバリズム(新自由主義)か、国民経済主義か
http://sun.ap.teacup.com/souun/725.html
米国農業経済 最先端の家族農業 その2」  農業問題
第1部: 工業的な農業の論理的帰結 その2
農場は誰のもの? アメリカ人は食料自給をコントロールできない
http://sun.ap.teacup.com/souun/43.html
2007/05/31(木) 21:33 | URL | 早雲 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/233-ab83ac52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
バックラッシュ政権批判6月20日に、立教大学のジェンダーフォーラムで、 「ジェン...
2007/08/01(水) 01:57:13 | ニュース見なきゃ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。