独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミサイル迎撃:高出力レーザー兵器開発に着手 防衛省方針

 防衛省は12日、ミサイル迎撃のための高出力レーザー兵器の研究、開発に来年度から着手する方針を決めた。来年度予算の概算要求に盛り込む方針だ。北朝鮮のミサイル発射や核実験で日本上空の脅威が高まる中、日本の防空機能を強化する狙い。まずは本土防衛に直結する地上配備型レーザーの研究、開発を目指すが、将来的には航空機搭載レーザー(ABL)についても検討する。

 日本は現在、弾道ミサイルの迎撃手段として
(1)地上配備型の「PAC3」
(2)イージス艦に搭載する海上配備型の「SM3」
--の2本柱で両迎撃ミサイルの配備を進めている。
PAC3はミサイルが大気圏に突入後、着弾するまで、SM3はミサイルの大気圏外の飛行中の迎撃を想定している。

これに対しABLは、弾道ミサイル発射直後の撃ち落としやすい段階での迎撃手段として米国が開発を進めている。

 ABLについて日本はこれまで、発射国上空の迎撃が領空侵犯につながったり、ミサイルの攻撃目標が日本であることが判明する前に迎撃すれば、憲法解釈が禁じる集団的自衛権の行使となる恐れがあるため、研究や開発には慎重だった。

 しかし、1日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)でミサイル防衛(MD)分野での協力強化がうたわれた。米側からABLの開発に対し協力を求められていることや、北朝鮮の脅威が昨年7月のミサイル発射で顕在化したことから、慎重姿勢を転換させる方針を固めた。【田所柳子】

******

いいねぇ!実にいい!
核ミサイルを発射した国の上空でレーザー迎撃!
壊れた核ミサイルの破片は相手国に落下。
それらの汚染除去は当然相手国持ち。

核兵器で日本を攻撃しようとする鬼畜国家は因果応報で核物質汚染♪
地球に優しい!

さて、こう言う専守防衛兵器になんか文句のある人とかいます?
これができたら、即座に台湾政府に設置交渉だね。
このレーザーで核兵器による脅迫が不可能になったら良いね。
地球がまた少しだけ平和に向かうと言う事だ。

頑張れ日本の技術者!三輪は応援しているよ!

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も応援しています。核兵器は発射国責任というのが世界の常識です。
2007/05/13(日) 07:24 | URL | アンチカルト #-[ 編集]
ミノフスキー粒子の研究にも先鞭をつけてほしいところです。
2007/05/13(日) 08:08 | URL | 孔明 #-[ 編集]
>アンチカルト様
実際問題、発射してから命中するまでの時間がMDの場合長すぎますし。
二度目が撃てません。

レーザー砲ならば、実質何度かやり直しが効きます。
超長射程のガスレーザーにするのか、その他の方法にするのかはわかりませんが、これが有効である事は確かです。

低空を狙う仕掛けさえあれば(高い山の頂上の砲台とステルスレーダーとか)、敵の航空機も無力化できるでしょう。
今後の日本領空への侵犯機には「程ほどの出力で威嚇」とかがありえますね。

んで、領空内、領域内に不時着した場合は「自業自得」と言う流れですか?
日本近辺は平和になりますねw

でも、本来的にはですが、航空機搭載型が一番良いのではと私は思います。
天候に全く左右されないですからね。雲の上はいつも晴れです。

>孔明様
反射衛生砲とサテライトキャノンにも先鞭をつけて欲しいですね。(笑)
2007/05/13(日) 11:29 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
まるで
ガンダムの世界…。

まさか、次はモビルスーツ実用化?

サイド1やアクシズに人類が住む時代ももうすぐ…でも、環境破壊しまくりの支那人は入れてあげない(笑)。

2007/05/13(日) 16:58 | URL | ろろ #-[ 編集]
これはほんとにいいですね。
宇宙空間にも配備したいですね。そうすれば防衛とエネルギー生産の両方に使えそう。
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/topics/bn0702_1.html
通常時は衛星から低密度の赤外レーザーで洋上メガロフロートなどにある光触媒プラントにエネルギーを送って水素を作る。で、周辺敵国がミサイルを発射しようとしたら、レーザーの出力と密度をあげて、そこへピンポイント照射!逆に日本の衛星打ち上げに協力してくれる国には赤外エネルギーの「恵み」を約束する。完璧です。とにかく応援します!
2007/05/13(日) 17:12 | URL | banabuna #uWstiZRU[ 編集]
大賛成!
2007/05/13(日) 17:25 | URL | 啓司 #-[ 編集]
中国、ロシア、韓国の潜水艦からの攻撃が防げないのが残念です
特に中国、ロシアの原潜からの核攻撃
何とか海中の潜水艦を捕捉する良い方法はないものでしょうか?
2007/05/13(日) 19:01 | URL | take #R6BnmQtg[ 編集]

確か海自の対潜能力は、世界でも1、2を争うほど強力だったのでは。

問題は核保有潜水艦であるか否か、あるいはあろうとなかろうと攻撃するという「意思のあり方」の問題だと思われますが。
2007/05/13(日) 19:09 | URL | のらくろ #-[ 編集]
三輪様、皆様、こんばんは。

“核兵器は発射国責任というのが世界の常識です。”

これ(かなり重要なのですが)を全く理解できていない人間が多いんですよね。我が国には。何ででしょうかね。

レーザーは完全新時代の国防兵器になり事を心から願っています。
2007/05/13(日) 19:16 | URL | aeug #ApulswO2[ 編集]
スーパーカミオカンデを使えば原子力潜水艦の発するニュートリノを探知できます。つまり、原潜レーダなのです。
2007/05/13(日) 21:45 | URL | 孔明 #-[ 編集]
米の様に宇宙にミラーを置いての迎撃迄は
考慮して居ないが
ABLへの協力や
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E8%A1%93%E9%AB%98%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC
上のTHEL程度の迎撃レーザーは
開発すると言う事なのだろうか
(自前でABLの様な大型機を
 果たして持つかは疑問も有る訳だろうか)
2007/05/13(日) 23:08 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>ろろ様
連中にはコロニー内で汚染を行って貰いましょう。
その後は宇宙コロニー内の環境保全がいかに大切か、それを世界中が思い知る事でしょう。

>banabuna様
>啓司様
夢が広がりますね。(笑)

>take様
どうせ弾道軌道で飛んでくるんですしね。
迎撃の時間とか考えてみると、今までよりずっとマシだと思われます。

>aeug様
自分達が核攻撃された方なのに、自分達の過ちを反省する狂人が多いですからね。
お前ら、殺人鬼に家族を皆殺しにされた後に、誰かから「いやあれは君達が悪かったんだ」とか言われたらどんな気持ちがするんだ?とね・・・。

まあ、そう言う考え方する人達は頭の螺子が人類規格じゃないんでしょうね。
それ以外の応えはありえないでしょう。

>孔明様
そりゃあ中性微子は探知できるでしょうけど、それで原潜の探知ができますかね?

>某研究者様
明らかに違いますね。防衛省の発表では「加速段階での迎撃」と言っています。
つまり、超遠距離レーザー迎撃と言う事になります。
近接防衛用のレーザーではありませんね。
2007/05/13(日) 23:50 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
できます。三箇所の設置し、三点測量すれば、確実です。日米豪に一機づつ設置すれば完璧。
2007/05/14(月) 00:14 | URL | 孔明 #-[ 編集]
>明らかに違いますね。防衛省の発表では「加速段階での迎撃」と言っています。


ABLと同様の物と言う事かも知れぬが
北朝鮮近海の艦艇からの発射等も考慮しているのかどうかだが
ミラーを北朝鮮付近に置いて
此れに地上からレーザーを当てると言う方向には
成らぬと言う事かも知れぬが
衛星軌道では無く空中の飛行船や航空機に
ミラーを置くタイプのレーザーも
確か有っただろうし
このタイプに成る可能性も有るかも知れぬが


まあしかし弾頭重量を減らして
比較的安価なアルミナや炭化ホウ素等の
分厚い耐熱セラミックスでも付けられれば
レーザーでは破壊困難と成る可能性も
有るかも知れぬし
(炭素の方が更に耐熱性は高い(融点3500℃)かも知れぬが
 これは燃えると言う問題も有る訳だろうが
 地上でレーザーを照射されて燃えても
 此れが大気圏内上昇時の短時間であれば
 問題は無いと言う可能性も有る訳だろうし
 宇宙に出れば空気が無いので延焼は無い訳だろうか)
ミサイルの方がコストが安く成る可能性は
下手をすると無いのかどうかだが
2007/05/14(月) 01:08 | URL | 某研究者 #-[ 編集]
>某研究者様
>比較的安価なアルミナや炭化ホウ素等の分厚い耐熱セラミックスでも付けられればレーザーでは破壊困難と成る可能性も有るかも知れぬし

それでは発射それ自体が困難でしょうね。
打ち上げロケット用の材質として不適です。
下手すると弾頭部より重くならないですか?

十分に加熱すれば、合金よりも先に推進剤が爆発します。液体でも固体でもね。
セラミクスは耐熱には良いけれど、吹き付けた位では駄目ですし、パネルにしてしまえば、今度は剥離する可能性を考えないといけない。
剥離せず、割れずと言う条件がつけば、途端にある一定程度の厚さ重さになる。
そんなミサイルは核弾頭の様な重い物を運搬できないと思います。

ミサイルが例えば安価であったとしても、命中までに時間がかかり、その間にレーザーで何度か迎撃を行った方が確実にしとめる事ができると思いますね。
コストじゃないでしょう?この問題は。

>孔明様
それはそれはw
まあ、もしそれが実現したら、「同盟を見直す事自体が愚か」と言う事になりますね。
2007/05/14(月) 12:47 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
燃料周囲には
真空層を作った上で
耐熱装甲との接点部分は冷却すれば
どうなのかだが
北朝鮮が作れるレベルの技術なのかどうかだろうし
ミサイルをレーザーの一点集中を逃れる為に回転させても
10分照射して撃破出来無い様な代物は
作れるのかどうかだが


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB%E8%A8%88%E7%94%BB
飛行船のミラーからレーザーを反射させて
ミサイルを迎撃すると言うシステムなら
米が現在研究中だが
このタイプを配備する可能性は有るのか
どうかだが


http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams01/md-09a.html
>インターセプターの確実で精密な
>誘導が確立してもMIRVの囮弾
>頭の判別は同じく技術
>的困難が伴なう。囮弾頭は巧妙
>な手法で本物の弾頭と区別がつか
>ないように出来ており、現在では全て
>の再突入体(核弾頭と囮弾頭)にそれぞれ3~4発
>程度のインターセプターを発射するしか方法がないの
>が現状である。

囮の識別と言うのは
未だ目処が立っていない様だが
北朝鮮が高精度の囮等を
作れるのかどうかだが
2007/05/15(火) 00:02 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>某研究者様
一つ一つ回答しますね。

まず、
>燃料周囲には真空層を作った上で
耐熱装甲との接点部分は冷却すれば
どうなのかだが

つまり、外郭内郭の間に真空を作ると言う事ですね?
これは実用上どうなんでしょうか?
その外郭はある程度のスペースを内郭との間に持たなければならない。
直径がそこそこ太くなりませんか?

また、外郭がレーザーで局所的に熱せられると赤外線で内郭もあぶられますよね?
どうでしょう?それは意味があるんでしょうかね?

>北朝鮮が作れるレベルの技術なのかどうかだろうし

無理ですね。北朝鮮のミサイルは、言ってみれば中国のミサイルを模倣しているものですから。

>ミサイルをレーザーの一点集中を逃れる為に回転させても10分照射して撃破出来無い様な代物は作れるのかどうかだが

加速中に回転してたら、どこかに凄い力が掛かって、細長い物体ならよほど工夫しないと直進安定しないと思うんですが?

そもそも、高出力のレーザーを10分も発振するのは不可能では?
この高出力レーザーですが、照射した部分と、他の部分の温度差で爆圧を生じさせる仕掛けだと思います。

その際に衝撃が生じるので、それだけで直進安定しなくなるでしょう。
直進できない弾道弾は命中しない。そんな効果を狙っているのでは?

>飛行船のミラーからレーザーを反射させてミサイルを迎撃すると言うシステムなら米が現在研究中だが
このタイプを配備する可能性は有るのかどうかだが

なんか、そう言う感じではないですね。

>囮の識別と言うのは未だ目処が立っていない様だが北朝鮮が高精度の囮等を作れるのかどうかだが

多弾頭ミサイルの中に、本物と囮を取り混ぜると言う仕掛けですね?
そもそも北朝鮮にも中国にも多弾頭のミサイルってありましたかね?

ロシアとアメリカは普通に持ってますが、確か後はイギリスとフランスだけじゃなかったですか?

中国は推測だけでなかったかな?
わかんないです。

囮ミサイルについては識別のめどはありませんね。
初期加速段階で撃墜してしまえば、多弾頭型でも単弾頭型でも同じですがね。

囮が出て来るのは、再突入の際ですから。
2007/05/15(火) 00:25 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪様並びに皆様、こんばんは。レーザーを利用した「避雷針」の研究もありませんでしたか? レーザー光線の通過する大気中の分子を電離させて、電気の通り道にして落雷を起こさせるとか何とか。もし実現可能ならば、この技術も色々な利用法が考えられませんか?
2007/05/15(火) 23:27 | URL | RAS #-[ 編集]
レーザー好きです
やはり、レーザーならマルチビームで同時照射がいいですね。
昔の構想では熱源に原爆をつかって10テラワットの出力を得るっていうぐらいでしたが、列島中にビーム砲台を設置すれば総合で高出力でも、それぞれのビームは、はるかに小さなもので済みます。
いくつかの砲台を無力化されても充分な冗長度を持たせればいいわけです。
雲や霧の影響を考えれば波長は選ぶ必要がありますが、連続発振でなければかなり密度の高いパルスが得られますので、期待はできます。
やはり、問題は電源でしょうね。
同時に位相のあったパルスを発生させるには消費電力のピークも一致してしまうことになりますので。
宇宙空間から狙えば化学発振も実用圏内に入るかもしれません。
爆破するまでいかなくても、上昇中であるなら推進装置を停止させるだけで目的は達成できますので、可能性は高いでしょう。
2007/05/16(水) 01:09 | URL | One of Three #-[ 編集]
SDI時代の記事だったと・・・
RAS様
昔読んだ記事でうろ覚えですが、
強力なレーザで大気を電離してそこに荷電粒子ビームを通すとビームが散乱しにくくて良いよね。
という話があったように思います。
2007/05/17(木) 01:23 | URL | Yam #-[ 編集]
中国、米空母攻撃ミサイル開発へ 台湾有事備え
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1179300030/
>同筋によると、中国軍が改良に着手したのは、射程1500~2500キロの準中距離弾道
ミサイルである「東風21」。動く目標を赤外線で探知する装置を取り付けることで、
米空母攻撃も可能となる。東風21は核弾頭の搭載が可能で、100基近くが既に配備されている。


米艦隊の正確な位置の把握が
そう簡単に可能なのかどうかだが
レーザーでの赤外線シーカー破壊と言う事も
米は考えて居ると言う可能性も有る訳だろうか


仮に此れが防御困難なら
潜水艦や長距離爆撃機からの
巡航ミサイル主体の攻撃に
米が切り替えると言う可能性も有るのか
どうかだが
2007/05/17(木) 06:30 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>某研究者様
中国独力では困難ですね。<艦隊の位置把握
しかし、中国戦略ロケット軍は「アメリカ艦隊の居そうな場所に核攻撃を行う」と公言しています。

その瞬間に限定戦争ではなく、アメリカが先制で全面核攻撃を行うことになるでしょうね。
潜水艦については、一握りの潜水艦しか役に立ちませんし、その役に立つ潜水艦はほとんどが通常動力です。
精々で台湾海峡までしか出動できませんね。

レーザー迎撃については、艦隊の軍艦に装備させるのは現在では無理でしょう。
また、レーザー迎撃は低空目標の補足には向いていません。
水平線を越えての迎撃は不可能ですから。(バックファイアの巡航ミサイルについてはです・・・)

東風改造の対艦ミサイルですが、私に言わせれば狂気の沙汰です。

弾道弾がヒョコヒョコ方向変換をできるとは思えないのですが?
弾道弾は対艦ミサイルに向いていません。

>Yam様
大気に穴を開けて、その後に荷電粒子を流し込むと言う事ですね。

それはよさそうな方法ですね。
何しろ、荷電粒子が大気と反応すると・・・大気が荷電して稲妻が至近距離で起こりますからねw

稲妻ってあれは大気中のイオンの爆発ですからね。

>One of Three様
SDIの爆装レーザーですね?
しかし、10テラワットですか?
地球の大気圏内で使えば、レーザーよりも他の効果が問題になりそうですね。

現在のメインのレーザーはガスダイナミックレーザーですね。
まあ、あれでも結構な威力みたいですし。

>RAS様
いろいろあるでしょうね。
しかし、どうやってそんな遠距離の敵に初手から命中させるのか?

それが実は今ひとつ私にもわかっていないのです。
2007/05/17(木) 23:01 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AA%E7%B4%9A%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6
オハイオ級に154発
巡航ミサイルを積む計画は有る様だが
オハイオ級を全て
巡航ミサイル発射用にする訳にも
行かぬ訳だろうし
今の所4隻(巡航ミサイルは600発程度)だけだろうか
(攻撃型原潜も全て巡航ミサイル発射用に割けるのかだろうし
 搭載数も10-20発と少ない訳だろうか)


B-52・B-1・B-2を合わせれば
200機程度有る訳だろうし
http://www.geocities.jp/ffoforekedeje/usa.html
巡航ミサイルの搭載数も最大20発程度だろうし
1回の攻撃で最大4000程度の巡航ミサイルが
発射可能と言う事かも知れぬが


輸送機からも巡航ミサイルが発射可能と言う情報も有るし
http://harunakurama.blog.ocn.ne.jp/kitaooji/2006/05/post_99e6.html
C-130なら500有ると言うから
これを利用すれば
可也の数の巡航ミサイルが前線に輸送可能かも知れぬが
1機辺り10発以上積めるのか
どうかだが
2007/05/19(土) 23:36 | URL | 某研究者 #n08XGfOg[ 編集]
>某研究者様
ふむ・・・。何で弾道弾潜水艦に巡航ミサイルを積むんでしょうかね?

えーっと、基本的に弾道弾については背面の専用射出装置で打ち出される訳ですよね?
それを外すんでしょうか?

また、水中から巡航ミサイルを発射できるとして、ああ言うものはあまり深い深度からは発射不可能に思えるのですが。
どうなんでしょう?

以前にカリフォルニア級と言う新しい潜水艦が、沢山の巡航ミサイルを搭載して運用できるし、背面に特殊潜航艇を装備もできると言う記事を読んだ覚えがあります。

しかしながら、どの道中国とかには巡航ミサイルだろうと弾道弾だろうと、迎撃の手段は無い訳でね。
そんなに手間隙掛けるより、現行の装備が良いのではと思うんですが。

どうなんでしょうか?
何か威嚇と報復、先制以外のもっと細かい戦術的な利用とかも考えているんでしょうか?

わかりませんね。
2007/05/21(月) 22:47 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/210-fd180ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
国益を守ることの意味-日本海を巡る攻防 韓国の聯合ニュースは、10日、モナコで開催中の国際水路機関(IHO)総会で、同日、世界の海の名称などの指針「大洋と海の境界」の次の改訂版から「日本海」の表記を削除、同海域の名称
2007/05/13(日) 08:39:36 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。