独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`):中国で“致死量3g”の「ニセモノの塩」が氾濫…「販売すれば ぼろ儲け。他人が中毒や癌になろうが気にしない」

終戦直後のめためたになった日本で、酒(エタノールと微量の蛋白質などの有機物の混合物)の代わりにメチルアルコール(工業用の飲むと死ぬアルコール)を売っていた悪質業者の話を昔聞きました。
*お酒の組成について、間違いを指摘して頂きました。指摘していただいた方に感謝を致します。

けど、亜硝酸塩って、それそのものがもろに毒物ですよね?

>亜硝酸塩は、白色不透明な結晶体で食塩に酷似し、水に溶けやすく、0.2~0.3グラムの摂取で中毒を起こし、3グラムで死に至る。

中毒の量が飛沫レベルの微量ですね。おそろしや・・・。
3グラムって、耳掻きに何杯の量ですか?w(ラーメン一杯に塩は何グラム入っているのだろうか?)

>同紙の記者が広州市の6つの区に10カ所ある食料品市場で食塩を扱う商店90軒を調査したところ、この内82軒が偽塩を販売していたと言う。

9割のお店が、食べると死ぬ偽塩を使っていますか、そうですか・・・。

マジで、中国人って人間に似てるけど、別次元からやって来た、怪しいインベーダーだと思うな。
そう思わないと、このカルチャーショックを克服できそうもないです。

いや、相手に全くカルチャーがないのでは?と思ってしまう、私の弱い心がそう言うショックの源泉なのかも知れませんが。

ともかく、お付き合いは最低限度以下、速攻の断交が望ましいかと思われます。
それと、国民の健康被害を防ぐため、中国からの全ての農産物、加工品その他の輸入を即刻停止すべきかと思われます。

そうしないと、多分日本人にも多数の被害者が出るでしょうから。
もう、付き合い不可能ですよ、こんな国とは。
民度以前に自制心ナッシングの悪魔的国民性の民族ですから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/27(火) 09:47 | | #[ 編集]
三輪様お久しぶりです
つい最近も、支那産小麦粉に殺鼠剤混入で、大手ペットフードメーカーがアメリカで六千万品回収なんて話もありましたね。
それはさておき、中国は片や歴代王朝が塩の専売を通じて財政を賄い、片や王朝滅亡の原因となる叛乱に度々塩密売人ネットワークが関わったり叛乱の頭目になって来た、言わば「塩を制する者が中国を制す」とも言える歴史を歩んで来ました。
その塩の安定供給が、ここまで不安定になっているというのは、いよいよ中共王朝最期の時が近いという兆候の一つではないかと。
或いは逆に、「中共存続の為には人口の基数が過大」と妥当な判断をした中南海が、一人っ子政策の代替案として放置しているんじゃないかいう説も捨て難いのですが(笑)
いずれにしても、日本を巻き込むのは黄砂だけでうんざりです。
2007/03/27(火) 09:48 | URL | 蛞蝓 #-[ 編集]
アルコールを飲むと…
エチルアルコールは代謝されると、アセトアルデヒド→酢酸という形に無害化されます。(でもアセトアルデヒドは結構毒性があるので悪酔いの原因でもあります)

ところが、メチルアルコールは、ホルムアルデヒド(いわゆるホルマリン)→蟻酸という代謝産物が生成され、失明や死に至ります。
ホルムアルデヒドはタンパク質を強力に変性させますし、蟻酸はアシドーシス(血液が酸性に傾こうとする状態)を起こします。

亜硝酸ナトリウムと言えば、ハムなどの発色剤として使用され、ボツリヌス菌の発育を阻害するのですが、食品添加は極々微量です。試薬のラベルは赤文字、毒物劇物指定の代物ですね。
2007/03/27(火) 10:22 | URL | 酒は飲めない #lH0BWPyA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/177-224242bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
公務員への罰則規定を撤回 国民投票法、自民が修正案(朝日新聞 3月26日) 憲法改正の手続きを定める国民投票法案で、自民、公明両党は26日、公務員・教育者の「地位を利用した」投票運動については、罰則規定を盛り込まな
2007/03/27(火) 11:27:45 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。