独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックで画像URLに飛びます

新アメリカと言っているけど、アメリカ、カナダ、メキシコで連合国家を作るって?
これはネタとしか思えないんだけど?マジなんですか?

【ドル崩壊】イラン暦元旦3月21日イランはドルを不法に!19日新月!先制核攻撃か!

上記の画像と絡んだスレも発見。
イランがドルの所持者を豚箱に投げ込むと言うのは話で聞いていたけど、これもマジなんですか?って・・・。

そういう記事が本気で最近多いよ・・・。

イランはアメリカの制裁で、外貨保有高でドルの比率が暴落中です。
今後は更にその傾向が強くなりますね。
石油の決済はみんなユーロに向かうと?
イラン攻撃のフラグ、既に立ってしまってるような?

何気に、最近の激動している世界ですが、それらの動きは何ゆえなのでしょうか?

更に情報を集めてみたいと思います。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メキシコと連合?
  そんなことをしたら、ただでさえ上昇が予想されるヒスパニックの人口比率がさらに上昇するのは間違いないというのに・・・。
2007/03/17(土) 00:10 | URL | ろろ #-[ 編集]
一言で言って、アメリカが建国の理念を捨てると言う事ですからね。

価値観の混乱に、本来のアメリカの理念がぶつかれば・・・。
それは容易に内乱に変わりますね。

武力ではなく、価値観の混乱によって、アメリカは「自分達が何なのか?」を問い直す事になるでしょう。

アメリカの国内には、「本気で世界市民云々」とほざく輩が多いのかも知れません。

けど、問題はこの動きがアメリカ本体にとって良い動きだと思えない事なんですがね・・・。

何でこんな報道に繋がる動きが出てくるのかな?
わかんないです。
2007/03/17(土) 00:24 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
アメリカという国家も、もうまともな形では運営できない所まで来ているのでしょうか。
自国の産業を衰退させ、本質的な経済基盤を破壊しながら、軍事力による覇権、原油支配で基軸通貨としてのドルの価値を維持し、ドル紙幣を刷ることで国家を運営しようとする。
そんなやり方がいつまでもつのでしょうか。
ましてや、アメリカのような覇権も持たぬ日本が、金融資本主義の真似事をするなど、亡国の道以外の何物でもありません。
日本は、今世界を覆っている金融資本主義の本質を洞察したうえで、もっと別の、真に必要な経済体制を構築していくべきだと、私は思います。
2007/03/17(土) 01:27 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
>雪猿様
マネーを生み出す怪物と言う本をナルト様に薦めてみました。
その中で書いてあるのです、”アメリカの国際金融資本の最初の犠牲者は「地方銀行と農民等の実業者」であった”と・・・。
それらの「抵抗勢力」を極貧に叩き込む為に、「世界恐慌を故意に起こした」ともね・・・。

その後のアメリカは古い富裕なエスタブリッシュ層の基盤がぶち壊され、地方銀行などのまつろわぬ者も
消えてしまいます。

その後のアメリカは、雇用の回復とライバルの抹消の為に日本との戦争を画策します。
モンロー主義のアメリカはそこで完全に死に絶えたのだと思います。
覇権を完全に失わない限り、アメリカはずっと今のままの政策を取るでしょう。

日本はアメリカの真似をしようとしていますが、アメリカのあの膨大な軍事力は「報復を恐れるが故の軍事力」だと言う事をもっと理解しないといけない。

犬が虎の真似をするなどお笑い種でしょう。
朝鮮人に煮て食われますね。
2007/03/17(土) 07:50 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
ネタですか?
イラクのゲリラ対策に対して最精鋭の侵攻用航空エリート旅団を展開・開進ですか。
どんな治安対策をするのか見ものですね。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070318k0000m030005000c.html
米メディアは16日、ゲーツ米国防長官がイラクへの米軍増派の一環として、新たに陸軍の航空旅団約2600人の派遣を承認したと伝えた。ロイター通信はこれで増派規模が約7200人増えて計3万人に迫ったとしている。

 今回の増派は、イラク駐留多国籍軍を率いるペトレアス司令官が要請。ブッシュ大統領は1月、治安が悪化した首都バグダッドを中心に米軍2万1500人の増派を発表したが、実際の規模がさらに膨らむことで、民主党主導の議会を刺激するとみられる。
2007/03/17(土) 21:40 | URL | スタイル #mQop/nM.[ 編集]
歴史は繰り返す
>「抵抗勢力」を極貧に叩き込む為に、「世界恐慌を故意に起こした」

  オランダのチューリップ球根事件、イギリスの南海会社バブル、そして、アメリカ発の世界大恐慌、全て共通していますね。そうです。騒ぎの後に、国家を買い叩いたのが「ユダヤ人」だということです。で、次の連中の標的は日本なのでしょう。
  変なたとえで恐縮ですが、私のやっている「ビクトリア」というシミュレーションゲームは良くできています。
  そのゲームの侵略戦争は、相手国を一発で併合するより、一回目で国威を失墜させたり賠償金を搾り取るなりして、二回目で併合した方が楽なんです。二回目だと、軍事力が低下しているし、国威という国際社会でのステータスを表す数字が低下しているので、宣戦布告しても自分の国の国威現象が少なくて済むようになっている。
  ユダヤがやっていることもまさにこれで、敗戦でまず国体破壊の時限装置(天皇人間宣言、農地改革、教育基本法)を仕込み、その後戦後世代の引退を待ってバブル崩壊でまず日本の国威を失墜させる。
  その後、小泉政権下で賠償金をむしり取り、そして、近々併合というわけです。もう、日本はユダヤ植民地になる一歩手前まで来ているのかもしれませんね。
  あちらさんは、ゲームの攻略よろしく、嬉々として国家破壊をやっているようです。どうも、朝鮮人や中国人よりも、この連中の正体こそ我々は熟知しなくてはいけないのではないか。そういう気がしています。
  まあ、だからといって、彼らの人的ネットワークとどう互していけばいいのか、私のような凡人では見当もつきませんが・・・。
2007/03/18(日) 01:37 | URL | ろろ #-[ 編集]
上のコメントの訂正です
>自分の国の国威現象

国威「減少」の間違いです。
2007/03/18(日) 01:41 | URL | ろろ #-[ 編集]
空売り
歴史は空売りから始まる?

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/99c595173b317f97f9693484ebdcd1db#comment
(注)スイスは、プライベートバンクが中東のマネーを集め、主に米国の債券で運用しています。
◎米国への資金還流が、年々、サステナブル(維持可能)でなくなってきた。2007年にはそれが順次、露わになるでしょう。

プーチンのロシアは、反米の姿勢を強めています。サウジアラビアは、過去は米国に忠実でした。しかしイラク戦争を通じ、米国依存の姿勢を変えつつあるという重大な変化が見えます。今、中東全域は、反米に傾斜しています。
(2)産油国で、米ドルの忌避が起こりつつある。そのためドル安と米国の長期金利の上昇(=米国債券売り)が予測される。
see you soon!
【後記】
価格崩壊は、市場が楽観している極に、ある日突然、大規模な空売りから起こることを意識しておいてください。
2007/03/18(日) 19:39 | URL | スタイル #mQop/nM.[ 編集]
>スタイル様
江田島孔明先生のエントリーをお読み下さい。

アメリカも今が正念場です。
2007/03/19(月) 00:18 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/163-aa1763b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。