独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これがわかっていないと話にも何もならない。

核兵器とは何か?
持っているだけで相手の身体にガソリンをぶちまけたのと同じ状態にできる兵器・・・と言う事です。
マッチ一本焼死体のできあがりです。

どんなマッチョなプロレスラーでもこの状態では子供に秒殺されます。
マッチョなプロレスラーとは、通常兵器のみで強度に武装した国の事です。

ええ、そんな馬鹿な国は日本しかありません。

世界中の他の国は全て、その愚かしさに気が付いています。
だから核武装をしようと思うのです。その方が安く付きますし。

ところで、その場合は専守防衛と言う概念はあってはならない概念です。
何故か?以前に専守防衛で核武装をした場合を論じた事があったのです。

その際に「専守防衛で核武装をした場合どうなるか?」その結論は恐ろしいものでした。

核地雷なら専守防衛の核兵器となりえます。他は全て専守防衛以外の兵器です。
そう自衛隊の将校は応えました。議員は黙るしかなかったらしいです。

専守防衛と言うのは実は恐ろしい概念です。
何故なら「防衛を行えば自国国内が必ず戦場になるのが専守防衛」だからです。

正直に言って、そう言う概念が何故成立するのか、私にはそれが全く理解できません。
「相手が攻め込んで来て、自国領内をボコボコに破壊するのを覚悟する」これが専守防衛です。
正気の沙汰ではありませんし、そもそも「平和と言うのは自国民の平和が最優先、安全も自国民(兵士も含む)が最優先」これが世界と言うか人類の常識です。

それがわからない人は人類ではないと私は思います。
話は戻って核兵器ですが、核兵器が相手をガソリンまみれにする兵器であるならば、こちらもそれを持ってお互いにガソリンまみれになるしかありません。
そうすれば相手はマッチを擦れないのです。
ちょっと臭いのに我慢をすれば良い事です。

現在の日本は、アメリカが核の傘を差さないと言った時点で、中国からの核兵器による恫喝に抵抗できなくなります。
当然でしょう。自国民の生命を最優先とするならば、核兵器に対して通常兵器で対抗する等やってはならない事です。
何をどうやっても、大気圏外から何百発もマッハ10以上の流れ星より早い速度で降ってくる核兵器には、通常兵器ではなにをどうやっても対抗できません。

MDも防ぐばかりで反撃はできない兵器です。
脅迫者が強いのは当然の事です。この理の当然を理解できない。
それが日本の病理です。アメリカを同盟国だと盲信したり、中国の慈悲を期待したりするのは頭の螺子が緩いからです。

他の遠まわしな表現は全て現実に即していませんから、私は口にしません。

核兵器には核兵器で対抗するしかなく、他国は自国が核兵器で攻撃される危険を看過しても核の傘を差してくれる筈もありません。
国民の安全を最優先する国こそが、真の人道的国家です。

その点から言うと、日本は世界で最も人権を大事にしない国の一つだと言っても過言ではありません。
一億数千万人もの人の人権を、下らない平和念仏と引き換えにする事こそ、国民への背信です。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全く仰せの通りと同意します。

具体的にいえば、日本に
核ミサイル(大陸間弾道ミサイル)を
数十発照準しているのは、中国です。
また中国はミサイル原潜の新型も
装備し初めました。
既に過去に東シナ海の海中から
タクラマカン砂漠に向けて
潜水艦より発射実験の行い、
巡航ミサイルを命中させております。
さらには、弾頭が複数に分裂することで、
ミサイル防衛システムを事実上
無効化出来る新型弾頭の核ミサイルの
開発も最終段階で、配備も間もなく
という事です。

日本のミサイル防衛システムの構築は
遅れているし、完成しても全く
不十分で、国を守れるシステムじゃないのです。
アメリカが民主党政権になれば、
アメリカは日本を見放し、
中国による日本侵略を黙認するかもしれません。
アメリカの核の傘にばかり頼って
いてはなりません。
傘はある時ひょっと取っ払われて
しまうかもしれません。

日本は国土が狭いし、民有地が多いので
ミサイル発射基地を本土に設けるのは
難しいでしょう。
やはり核ミサイルを水中から連続発射
出来る潜水艦を多数保有するしか
手が無いと思います。
2007/03/07(水) 22:04 | URL | クルト #-[ 編集]
>クルト様
ええ、中国の沿岸部の都市と、それから水源である黄河揚子江上流を爆破できる核弾頭。

それだけで十分でしょうね。当面は。
その後は日本が攻撃されたら地球が数回吹き飛ぶ量を揃えると。

これで平和な地球のできあがりですか。
2007/03/07(水) 22:20 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
立派な政府開発援助交際
シナのミサイル、核弾頭。原潜に宇宙開発。
これ、ことごとく安倍さん仰せの「外交戦略としての」ODAで賄われているんですが…。盗っ人に追い銭ですね。究極の無駄遣いですね!
2007/03/07(水) 22:38 | URL | 飾職人 #qbIq4rIg[ 編集]
マッチョなプロレスラーに何故なっているのか?ここがおかしいですね。確実によその国へ行くという前提なんでしょうか。自国を守る兵器よりも、他国のために派遣される軍隊をつくるという事が目的なのでしょうか?
2007/03/07(水) 22:47 | URL | ひな #-[ 編集]
>ひな様
いえ、相手の国を破壊するんです。
相手の国の国民を殺害し、産業を破壊し、通貨をボロボロに下落させ、何十年、何百年、もしかして民族発生以来の全ての遺産を失わせるんです。

それが手段です。
しかし、目的は「自分達があの国を攻撃したらどうなるか」を考えさせる事にあります。

だからどの国も相手の国に攻め込む事を考えます。
自分の国の国内で防衛する等と言う馬鹿なことを考えて軍隊を作る民族は世界中に一つもありません。

もちろん、どうにもならない位に弱体で、国外に出られない民族は別ですが。

軍事なんてそんなもんですよ。
どんな目的も正当化できない様な醜い暴力装置。
だからこそ相手を恐れさせる事ができるんです。

その醜いマッチョな自分に陶酔して、他国を積極的に攻撃しようと考える奴は人間の屑ですがね。

しかし、ほとんどの国がそんな人間の屑の国です。
日本人は徹底的にマッチョで、しかし他国に攻め込まない国を目指すべきです。
それができるのは日本人と後は数少ない変わり者の民族ですね。

>飾職人様
盗人に追い銭ではありません。
人食いの獣に餌をやって大きくしているんです。
獣が檻を破壊すれば、餌をやっている人が最初の餌食です。
2007/03/07(水) 22:55 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
ご紹介
この方ご存知でしょうか。
ホントの論考をし続けています。

http://iscariot.cocolog-nifty.com/kuantan/2007/03/post_5d27.html
2007/03/07(水) 22:59 | URL | CHRD #-[ 編集]
結局のところ、人間の悪意を前提として行動する者が、平和を達成し得る。
逆に、人間の善意を前提にしている者が、戦争を引き起こして国を滅ぼしてしまう。

ヴェーバーの言う、心情倫理と責任倫理の矛盾ですね。そして、政治家は本来、その矛盾を認識し、暴力の行使が政治の本質であることを認めなくてはならない。
安易な感情的平和主義に陥ることは、政治家にとっては責任の放棄と同じ事です。
政治家が目指すべき平和は、現実の平和の達成であり、その障害となる絶対平和主義は採るべきではない。
矛盾を己の身に受け止めながら、なおも己の理想は捨てない。本来、政治家にはきわめて困難な倫理が求められる筈です。

しかし、今の日本を見ていると、そんな政治家はまず見かけませんね。民主主義は結局のところ、責任ある政治家など生み出せないのでしょうか。
2007/03/07(水) 23:01 | URL | 雪猿 #-[ 編集]
雪猿様
性善説で思考する…。アカ畜生の思考ですよ。

おっさんアホか!?ってなもんで、強盗に「ウチは銭ありまっせ」と看板を出すようなモンです。
2007/03/08(木) 00:03 | URL | 飾職人 #qbIq4rIg[ 編集]
ブログを延々と辿って辿り着いた通りすがりですが。私も同じように、今の平和理念先行の状態に疑問を持ってます。

ただ1つ思ったのが、「核を持つ国、特に中国やロシアに核で対抗しうるのか?」ってことです。
これはどこかの評論家の受け売りなんですが、中国やロシアを相手としたとき、国土が狭いわりに人口の密集している日本と、国土が広く、全人口からすれば東海岸の人口が少ない(特にロシア)国が核を撃ち合えば、当然日本が焦土となり終わる、という説を見かけたことがあります。それなりに説得力があるような気がします。もしこれを前提に考えると、果たして核を持つことが充分なガソリン=脅威になりえるのかがちょっと不安な気がします。

もちろん持ってないよりは持ってる方が抑止力になるのでしょうが、それによって中国やロシアとの政治的決裂が決定的になりはしないか、その結果「核+政治的決裂+抑止力の不十分」で最悪の方向に転がりはしないか、という不安を感じます。

言いなりにならないのは勿論のことながら、核兵器を表向き有せず(=完全には対抗せず)、いつでも開発できる準備を見せつけながら近隣の大国と何とか付き合っていく、という意味で「核兵器を持たない」選択肢もあるんじゃないかと書きながら思ったのですが。
少し本文と論点がずれているのかもしれませんが、こういう意見もあるということで。
2007/03/08(木) 00:30 | URL | 愚羊 #9wm0Kb06[ 編集]
実際の話…
核武装なんて可能なんでしょうか?壁が多すぎます
技術的には勿論可能でも 国内の在日、反日売国奴、メディアの猛反発が予想されます。 アメリカももちろん反対する… 絶対に無理では…
2007/03/08(木) 00:59 | URL | たこ #foglHflk[ 編集]
>愚羊 様

国際政治の舞台は、相手国に付け入る隙があるかないかの探り合いです。
隙があれば付け入ってくるし、
それに抗議や報復がなければエスカレートします。
好きや嫌い,信義や義理など全く関係有りません。
「核+政治的決裂+抑止力の不十分=戦争」という戯言は、
相手国の付け入る隙の補修をやめさせる、恫喝国の泣き言です。
そもそも、ロシア,中国の国土が広大でも、ほとんど原野,砂漠で、
人が生活するに適しませんですので、
都市部への人口流入率も日本の比ではありません。
当然、国の基幹インフラも集中しているでしょう。
ミサイル発射台から東京のほうが近くても、
ロシアの大都市も時差をおいて焦土と化するでしょう。
要するに、こちらもガソリンを持てば、恫喝国も無傷ではありえませんし、
例え、ガソリンを持たずに、マッチョになっても、
「どうか、ガソリンを使わないでください。」と哀願を含めた期待を、
全く根拠のない空手形を前提にしていることではないこと。

北朝鮮の眼鏡もキチガイではありますが、馬鹿ではありません。
6カ国協議を見れば、よく解るのではないかと思います。
2007/03/08(木) 13:58 | URL | 析出した忠 #-[ 編集]
>析出した忠様
そのとおりですね・・・。
日本はキチガイではありませんが馬鹿です。

>たこ様
反日日本人以外が立ち上がるしかありません。
それと、メディアが敵になれば、メディアを潰さなければどうにもなりません。

そこまで日本は来ているのです。

>愚羊様
一言言っておきます。
ありません。這いつくばって降伏する事が望みならそう言う選択肢もありますがね。

>飾職人様
そのとおり。性善説とは観念でしかありません。
それに期待するなど、現実逃避以外の何でもありません。

>雪猿様
いえ、国民が政治家の責任を問わないから、責任感の無い政治家が生まれるだけです。

民主主義のせいではありません。

>CHRD様
ええ、それは正論です。
しかし、安倍内閣が日本が独立国になるために憲法改正をするんじゃないです。
日本をアメリカといわず、あちこちの国に切り売りするために憲法をいじくるんです。

それがわかってないとダメですね。
ま、サンケイなんてそんなもんでしょう。
2007/03/08(木) 21:17 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/149-5644caa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近ちょくちょく顔を出している小泉純一郎。多分これは参院選対策だろう。彼が「鈍感力」と言えば、渡辺淳一の同名の本がベストセラーになる。相変わらずの小泉人気とそれに乗るマスコミ。しかし、彼が行ってきたことのひどさは、戦後最大の国難にも等しい。かってヒットラ
2007/03/09(金) 18:20:56 | あんち・アンチエイジング・メロディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。