独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
捕鯨船と衝突し一時不明に 米環境団体の高速ボート

 【シドニー9日共同】南極海で調査捕鯨を行っている日本鯨類研究所の船団への妨害行動中に一時行方不明になった米環境保護団体シー・シェパードの活動家2人が乗った高速ゴムボートは、日本の調査母船、日新丸のスクリューに網を絡ませようとして接近し過ぎ、船体に衝突したことが分かった。AAP通信などが9日、救助された活動家らの話として伝えた。

 シー・シェパードの妨害行動で同日、日新丸の乗組員2人が負傷。日本の水産庁によると、同団体の活動で日本の捕鯨船乗組員が負傷したのは初めてという。

 ボートは衝突で浸水、妨害行動を行っていた他のボートと同じ速度で進めず取り残された。無線機も故障したという。


 水産庁によると、シー・シェパード側は妨害活動を中止した約3時間後に日本側に救助要請。日新丸も救助活動に参加、連絡が途絶えてから約7時間後にシー・シェパード側が不明のボートを発見し、2人を救助した。

******

調査捕鯨船に妨害行為、乗組員2人けが

 南極海で調査捕鯨を行っている日本の調査捕鯨船に対して、アメリカの環境保護団体の船からビンなどが投げ込まれ、日本人の乗組員2人が軽いけがをしました。

 日本時間の9日未明、南極海で活動していた日本の調査捕鯨船「日新丸」にアメリカの環境保護団体「シー・シェパード」の船2隻が近づき、ビンを投げ込んだり発煙弾を発射したりしました。

 この際、ビンに入っていた液体が目に入るなどして、日本人の乗組員2人が軽いけがをしました。


 シー・シェパードは捕鯨に反対する団体で、激しい抗議活動をすることで知られています。

 日本の水産庁は、「シー・シェパードの妨害行為は極めて危険であり、直ちに中止してほしい」とコメントしています。(09日20:32)

******

これは動物愛護のレベルを完全に逸脱している。
威力による攻撃であり「傷害罪」、そして公海上での「海賊行為」に当たる行為であると思われる。
甘い顔を見せて反撃しない事は、「国際法と日本国憲法に違反」していると言わざるを得ない。

どしどし取り締まり捕縛すべきだ。
海賊行為ならば銃撃で相手を殺傷しても何の法的問題もない。
何人か相手も怪我をしないと、自分達が何をしているかも理解できないと思う。
死者が出たらそれは悲しいが自業自得だとも思う。

繰り返すが、この愛護団体、環境団体の行動は明らかに「威力による危害行為」であり、世界中どの国でも裁かれない事のない明白な犯罪である。
日本人はもっと厳密かく明確に、日本国民が憲法で保障された基本的人権を侵害されている事を認識すべきである。

しかし、仲間のボートに乗った暴徒を救助して貰いながら、まだこいつらは日本の捕鯨船に対する危害の意図を収めていない。
犬畜生以下の恩義を理解できない輩、それが動物をどう愛護するのか?
永遠の謎と言うべきだろう。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
またまた左翼の悪いところですが、
こういう件に関しては日本の似非左翼さんは批判しないんですよね。普段人権、人権、と騒いでおきながら日本の国民が人権というか命の危機に曝されてもだんまりを決め込む。

似非左翼の尻拭いみたいで嫌ですが、
これは重大な事件だと思います。
何故、北欧とかそういう類の国には過激な活動はしないんでしょうね?
徹底的に抗議する案件です。
2007/02/09(金) 23:35 | URL | 中生 #Sw3DpHCU[ 編集]
情けない
  安倍もこういう事件に抗議しないで、何が「戦後レジームからの脱却」なんでしょうか。戦後のことなかれ主義そのものじゃないですか。
2007/02/09(金) 23:46 | URL | ろろ #-[ 編集]
許すまじ
ニュースを聞いて憤慨。初カキコします。
動物愛護、とはよく言ったものだ。政府には日本国として厳しい態度を望む。
2007/02/09(金) 23:53 | URL | ねえ #-[ 編集]
「日本近海での米軍の低周波ソナー問題」にはほっかむりのエセ愛護実質反日団体は殺されるべきだ!!!。
2007/02/10(土) 07:50 | URL | 監視員 #SFo5/nok[ 編集]
>監視員様
国防に役立つなら良いんじゃないの?<低周波ソナー
まあ、鯨なんか私は半ば絶滅してもしゃあないかと思う生き物だけどね。

日本近海にはシナマリンと言う、悪質な害魚がうろちょろしている事でもありますしね。

>ねえ様
こんなもんですよ。連中にとっては、日本人は鯨より価値が低い生物なんですからね。

>ろろ様
そのとおり、事なかれ主義です。
まあ、狂的な圧力団体なので、相手にしないが吉と言う事なのかも知れませんが。
(でも負傷者出てしまったし)

>中生様
基本的人権の侵害ですね。
これは拉致についても同じなのです。
国家の主権、主権者の基本的人権、これを守れない国は国じゃありません。

それとですが、北欧に何故抗議しないのかというと、北欧の国はアメリカやオーストラリアから大量の牛肉を買わないからです。

鯨を採るな!と言うのは、俺達の国の牛肉をもっと買え!と同義語です。
連中は食肉製造業の回し者です。間違いなく。
(それと、北欧の国なら、絶対にこう言う連中には武力で思い知らせるでしょう。何十人か一撃で死ぬんじゃないでしょうか?)
2007/02/10(土) 08:09 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
ということは真摯に環境保護を訴えている人はほとんどいないということでしょうか?

呆れますね。結局、利権目当てでしかこういう活動を起こさないということですか・・。
2007/02/10(土) 10:56 | URL | 中生 #Sw3DpHCU[ 編集]
シーシェパードに関しては、以前も危険な角度から調査船に衝突したりしておりましたので注目してました。
様々な所で概出ですし教科書レベルの話ですが、ペリーが日本に開国要求してきたのは鯨油を採る為だけに虐殺する捕鯨船の中継地点としてだったはず。
日本のように昔から、肉から骨、髭に至るまで余す所なく利用してきた国に対する冒涜も大概にしろといいたい所です。
随分前の話になりますがマグロの件に関しても、保護団体へ寄付していた団体にマグロのスポーツフィッシング団体が混じっていたりして、憤慨した覚えがあります。
2007/02/10(土) 14:20 | URL | 蛞蝓 #-[ 編集]
アメリカ文学最高の傑作である、
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」は、
気の狂ったパラノイア白人が、
太平洋の彼方まで、何の罪もない鯨を追い回して、ぶっ殺す話ですよね(笑)。
2007/02/10(土) 14:54 | URL | 真名 #-[ 編集]
食べる
初めまして。鯨を食する我々日本人は乱獲はしていませんでした。インディアンをあわや絶滅せんとしたヤンキーが動物愛護とは、片腹痛いですな。まぁ、お先棒を担いでる日本人も居るくらいですし。誰かって?ヤンキー大好き小泉ですよ。
2007/02/11(日) 01:53 | URL | 飾職人 #x7IeRRHE[ 編集]
捕鯨船!?
おい、グリーンピースよ、相手が菌豚弔賤の捕鯨船でも抗議汁んかやー、あー!? (まあ、対戦車ロケット砲か、AK47自動小銃の餌食になるだけぁてばー)
2007/02/12(月) 05:44 | URL | 無茶痴坊 #TX.Wus8I[ 編集]
>無茶痴坊様
まあ、連中こそが「保護が必要な希少生物」になってくれたら良いんですが。(私はそれでも連中に援助なんか考えないですがね。)
そういえば先日、韓国人どもは「ブリッジその他にたくさん日本の船は被弾したから、北朝鮮が本当は勝ってたんだ!」と例のKB自沈事件で北朝鮮人を援護しておりましたな。
まことに天晴れな連中だと思います。
この似非保護団体ともども絶滅させてやりたい気持ちでいっぱいです。

>蛞蝓様
>飾職人様
そうですよ。鯨の保護団体の会長は「大物釣りが趣味」の遊魚団体の会長でもあります。
偽善者ですが、あのおっさんの凄さは自分が絶対に偽善者ではないと逆切れしてみせる所です。
偽善者と言うより異常者ですね。

>真名様
まさにそのとおり。それと連中が鯨を虐殺していた時期、太平洋では魚類が空前の豊漁だった事を知る者は少ないですね。
九十九里浜では漁師が海が魚だらけで漁にでかけられず、浜に打ち上げられた魚を運んで江戸に持って行ってたとの事です。

>中生様
C・W・ニコル氏はあからさまに食肉業者と攣るんだ偽装愛護団体だと明言していましたね。
所詮ここまで過激な団体など、何らかの意図無しでは発生しないものだと思います。
自分達が絶対に許されると知っての行動まるだしですしね。
強権的な政治力をバックにしていなければ、そういう発想にはなりません。
2007/02/13(火) 20:02 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
重箱の隅
はじめまして。
ずっとROMさせて頂いております。

細かいことですが真名様、白鯨は気の狂ったパラノイア白人が、太平洋の彼方まで、何の罪もない鯨を追い回して、鯨にぶっ殺される話です。
失礼いたしました。
2007/02/13(火) 23:56 | URL | Yam #-[ 編集]
Yamさま。 どうもありがとうございます。
2007/02/14(水) 10:57 | URL | 真名 #-[ 編集]
>様々な所で概出ですし教科書レベルの話ですが、ペリーが日本に開国要求してきたのは鯨油を採る為だけに虐殺する捕鯨船の中継地点としてだったはず。
日本のように昔から、肉から骨、髭に至るまで余す所なく利用してきた国に対する冒涜も大概にしろといいたい所です。

この種の場所にはいつも顔を出すこの種の話、私もいつも同じような反論をしています。

油を取る為だけに鯨を「虐殺」し肉を棄てたのは欧米だけではありません。
第2次大戦前には日本の捕鯨船団も南極で大量の鯨肉を南極海に廃棄していました。 日本は1934年に南極捕鯨に参入し、大戦の勃発で中断されるまでの7年間にシロナガスなどの大型鯨を中心に約3万5千頭を殺しましたが、この頃は油だけが目的でした。 そして総量約80万トンにも上る驚くべき多量の鯨肉を南極海に廃棄しました。

現在はこの逆です。 調査捕鯨では油を回収するボイラーも設置されていません。 彼らは肉だけをとって血液、肺臓や腸などの内臓、骨、鯨油相当部分などを未処理で南極海に投棄しています。
2007/04/05(木) 18:09 | URL | げんた #-[ 編集]
日本の捕鯨とシーシェパードとの因縁は結構古いのです。
シーシェパードはは多くの捕鯨船を撃沈したと言っていますが、有名なシエラ号事件は日本に絡んでおり、次の様なものです。

「多分捕鯨での最も酷い犯罪は日本の大洋漁業(株)によるものだ。 同社は1968年にノルウェイの捕鯨資本と合弁で海賊捕鯨に手を出した。 以前のオランダのキャッチャーボートであるAM No4は改造され冷凍室とスリップウェイが付け加えられ母船/キャッチャー兼用船に仕立てられた。

シエラと改名されたこの海賊捕鯨船は、バハマやソマリアやキプロスの便宜的な旗を掲げて南北大西洋をうろつきまわった。 この船はIWCの規制外で多数のクジラを殺したが、その多くは捕鯨禁止となっていたシロナガスやザトウやセミクジラであった。 肉と油は大西洋の幾つかの港から大洋漁業の冷凍船で日本に送られた。

シエラの凶暴な行いは1979年にシーシェパードの行動によって漸く制止された。 このときシーシェパードはポルトガルのオポルト港外でこの船に突っかけたのだ。 この7ヵ月後シエラは何者かが仕掛けたリンペット爆雷によって不思議な沈没を遂げた。」

日本捕鯨も清純な乙女なんかで無く脱法行為はお手のもののアバズレだったわけです。
この頃からシーシェパードは日本の捕鯨が我慢できないのですね。

2007/04/05(木) 18:14 | URL | げんた #-[ 編集]
>繰り返すが、この愛護団体、環境団体の行動は明らかに「威力による危害行為」であり、世界中どの国でも裁かれない事のない明白な犯罪である。


ところがオーストラリアではSSのワトソン船長らは全く法的処分を受けていないどころか幾つかの市が名誉市民に任ずるなど人気者です。 
本当に犯罪なら法治国日本もインターポールを通じて手配するなどやり方もあるでしょうがそれも実行されていず、犬の遠吠えばかりです。 日本にも弱みがあるのじゃないですか?

大体、今度の失火事件でも明らかになったように、日本の捕鯨船団は本当の危急事故が起こったときは潜在的にオーストラリアなど最寄の反捕鯨国に依存せざるをえないのです。現に今回も病人をニュージーランドに送りつけていました。 「鯨は取るが病人はおまえが治療せよ」と言うわけです。 勝手なものです。 
2007/04/05(木) 18:32 | URL | げんた #-[ 編集]
>C・W・ニコル氏はあからさまに食肉業者と攣るんだ偽装愛護団体だと明言していましたね。

ニコルもいい加減馬鹿だな。
日本の蛋白質食品需要は
輸入/国産牛肉
輸入/国産豚肉
輸入/国産鶏肉
牛乳
輸入/国産水産物
そのうえにラムなんかもあり、消費者は広範な消費の中から好みに合わせて購入している。 
あなたが某国牛肉輸出業者だとして、潜在生産可能の鯨肉の消費を阻害したら、それが悉く自分の関与している輸出牛肉に振り変わると考えるだろうか。
この場合鯨肉生産可能量は高々8000トン、上記の蛋白質食品の総量は1000万トンにもなるのだが。
2007/04/05(木) 22:50 | URL | げんた #-[ 編集]
んで結局いつもどおりコントロールされたミンクぶっ殺し反対の科学的根拠はないのねw
2007/05/15(火) 17:29 | URL | maxilliped #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/113-d80a4e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。