独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでに始まっている日本版ワーキングプア。
ちょっと悲惨過ぎです。

詳しくは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「日雇い派遣」急増 携帯で連絡、低賃金・補償なし 2006年11月07日08時46分

 「日雇い派遣」という働き方が急増中だ。人材派遣会社から仕事の紹介を受け、日替わりで派遣先で働く。連絡は携帯電話やメールだから「ワンコールワーカー」とも。
 規制緩和で派遣できる職種が大幅に広がったのを機に、若者やリストラされた人たちがすぐに現金を手にできるこの仕事に流入している。だが、低賃金で、仕事がないときの補償もない不安定な立場だ。

    ◇

 横浜市の男性(42)は携帯が命綱だ。派遣会社に電話して働きたい日を予約する。仕事が決まれば勤務時間、集合場所を携帯で告げられる。

 当日は駅などに直接集合して現場に向かう。解体作業の手伝い、イベント会場設営……。
 収入は多くても月13万円ほど。生活保護基準並みだ。月に10日前後しか仕事を回してもらえない時は月収8万円を割る。

 自分名義の携帯も料金が払えず解約。だが仕事を受けるための生命線だから、今は基本料金のないプリペイド式の携帯と通話カードを持ち歩く。

 運送会社で働き、ドライバーとして月に60万円稼いだ時期もある。だが交通違反が重なって運転免許が取り消しになり、仕事を失った。

 3年前、妻と長女を東海地方の妻の実家に残し、条件の良い仕事を求めて上京した。だが仕送りや貯金はできずアパートの家賃すら滞る。雇用保険なし。国民健康保険料も年金保険料も払えない。

 「ちゃんと就職するまでのつなぎのつもりだったが……」

 最近、大型冷凍庫内の積み込み作業現場で、休憩もなく4時間ぶっ続けで働いた。「嫌だけど他には仕事がないって言われるから」

 こんな厳しい現場でも、9時間拘束で交通費を引けば手元に残る金は7000円以下。別な仕事も探すが「線が細くて仕事が続かないと思われるからか、年齢のせいか」面接のたびに落とされる。倉庫作業のアルバイトもだめだった。


 妻子の顔は5月から見ていない。「いつか呼び寄せたいけど、今は養っていける状態じゃない」

 神戸市の女性(23)は週5日のアルバイトのほかに、日雇い派遣を週2日している。

 箱を開け、ミネラルウオーターのボトルを取り出し光にかざす。不純物がなければまた箱へ。5分間で500ミリリットルを30本。休憩以外は立ったまま正味7時間。
 これで日当は「軽作業」の5600円、交通費込みでだ。「腕も腰も痛い。寝る時に目を閉じてもチカチカする」


 週休ゼロで手取りは計月14万円。家賃や食費、水道・光熱費、携帯電話代を引くと手元に残るのは1、2万円だ。片道3時間かけてバスで岡山に行ったことも。家を出る時と作業終了時には派遣会社にメールで連絡する。

 作業8時間でも14時間拘束。1時間あたりわずか400円の計算だ。働いた日に金を手にできる。それだけが魅力だ。


 京都に住む男性(30)は大学院に進学できず、派遣の道へ。工場で午後7時から翌朝7時まで、立ちっぱなしで検品、箱詰め作業をしている。日当は9900円。残業も多く、片道2時間近くかかるため、疲れ切って連日働くのは無理だ。月収は約12万円。貯金は10万円だ。

 早く抜け出したいが、最近受けた面接では「正社員の経験がない」と落とされた。ただ月給制の仕事に就けたとしても最初の給料までの1カ月をしのげない。「1カ月後の10万円より明日の5000円を取らざるをえない」

******

以前は一部の人だけが日雇い労働者でした。
「浮き草の様な労働者」と言うのは、外国人が日雇い、季節労働者をたとえて言った言葉です。(確かジャック・ウィリアムスンだったか?)そう言う風な労働者が日本で急増している。

「規制緩和のせいです」 
規制とは「好き勝手にするな」と言う意味ですが、それが使用者の場合、「労働者の権利を守れ、侵害するな」と言う意味でした。

でも、世間知らずの日本人は「規制は公務員の作った悪い仕掛け」「規制をなくせばみんなが自由に暮らせる」「規制をなくせば社会がよくなる」。

何を考えてるんだよ!
財界と癒着した小泉政権の悪質なプロパガンダを真に受けるんじゃねぇ。

規制緩和の結果が「耐震偽装問題」だって事は誰でも知ってるだろう?(いや、わかってないのかな?)
なんでもかんでも規制を緩和すれば、好き勝手なローカルルールがまかり通るようになる。

それは無法の世界なんだってば!
いい加減気がつけよ日本人・・・・。
あんまりにも愚か過ぎるぞ。だから格差社会が問題になるんだ。

その本質を理解できない限り、今後の日本は悪くなる一方だろう。
「規制緩和=善」それなら耐震偽装のマンションも善だろうよ。

暗黒面がこれだけ見えているんだから、今までの間違いはきっちり正さないといけない。
こんな出鱈目な社会を良しとするなんて私にはできないね。
こんな傾向が今後も進行するなど、考えるだけでも嫌な事だよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そのとおりだと思います。
民間業者がモラルと節度を持って制度の運営に当たってくれればいいのですが、日本の場合決してそうではないので、ホワイトカラー・イグゼンプションもこうなることが見えています。

官がすべきことはルールの下での公平な競争が出来るような条件の制度作り。
官の腐敗は腐敗として、叩いてくれればいいのですが、だから官の規制もしくは監視が必要ないのだとなると、まさにホッブズの言うリバイアサンの状態になってしまうと思います。
2007/02/04(日) 22:06 | URL | KAZU #JalddpaA[ 編集]
手軽さに潜む罠
  私も休みの日に小遣い稼ぎで日払いのバイトをやりますが、やっぱりあれって手軽さが唯一のウリなんですよね。日払いというのは本来、隙間の産業です。それなのに、門戸を狭めて、そのような勤務形態に依存せざるをえない層を人為的に産みだしているのが今の政府というわけですか。靖国騒ぎや日中対立騒ぎの裏で粛々と行われた派遣業法の度重なる改正こそ、真に潰すべきものだったのですね。
  外国人労働者を入れるまでもなく、十分に奴隷的労働力を確保できていますね。ホワイトカラー・エグゼンプションというのは、これを福利厚生のある正社員にまで広げるということなのですね。
  次は、国民皆保険をぶっ壊して、外資の民間医療保険(当然すさまじい払い渋りになるだろう。で、矢面に立つコールセンターにいるのは全部派遣www)が主流になるのでしょうね。郵便貯金を奪い、建築基準法をねじ曲げ、三角合併を解禁したら、もう搾り取れるところはそこしかありません。

  三輪さん、もう我々の短期目標は、「安倍政権崩壊」でいいんじゃないですかね?私もそういう記事書きますよ。維新政党新風に投票しようかどうか迷っていましたが、絶対に入れます。安倍を勝たせてはいけません。
2007/02/04(日) 22:31 | URL | ろろ #-[ 編集]
>KAZU様
「ホッブズの言うリバイアサン」と言うのはまさにそうですね。
現在の状態はリバイアサンが暴れそうになっている状態です。

ところで、リバイアサンは海の魔物ですが、それと対になっているのがベヒモスです。
ランドパワーですね。<ベヒモス

聖書では、最後の審判の前に生贄に捧げられるのがベヒモスです。
・・・・象徴的ですね。
イルミナティ云々と絡んだら気味悪い陰謀論になりそうです。

>ろろ様
私も冷蔵庫の会社に呼ばれて力仕事(しかも深夜のスポット)を何回かしましたが、あれを本職にしてたら大変ですね。
本気で凍ってるものは重いもの揃いだし、凍ってなければ臭いが凄いし。

まあ、ともかく短期の目標は私は安倍政権打倒ということに決定してます。
その後はよほどの事がない限り麻生政権でしょう。
彼のやるべき事は「決断力」と「救国内閣」としての性格をあらわにする事でしょう。

多分彼は短い時間で国民が希望を持てる政策を出そうとすると思います。
心配なのは財界の横暴にどれほど対抗できるかと言う事です。
彼自身が財閥の出身ですからね。

まあ、古い財界と言う事で、現在の財界をどう思っているのかはわかりませんが。
2007/02/04(日) 23:27 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
やっぱり悲惨なのでしょうかね。
でもワーキングプアって、漫画家のアシスタントとそう変わらないんではないかと思う。
見も知らぬ処へ電話ひとつで、泊まりがけ労働。そこでは休憩はおろか、食事や睡眠時間も確保されているのか、ギャラももらうまでわからない。貧乏漫画家だったらもう最悪。違うのは、夢のあるなしですが、全てのアシスタントが夢を持ちやってるわけでない。年取り技術のないものは捨てられる。非常に勝ち負けがハッキリしている自由競争の世界です。
2007/02/05(月) 00:56 | URL | バナナミルク #Jjyur.7I[ 編集]
>バナナミルク様
ワーキングプアの人達の業種では勝ち負けなんかないでしょうね。
ただ使われるだけで定額でと・・・。
いずれアシスタントから本当の漫画家になるぞと思ってる人なら良いんですが、この場合のワーキングプアは将来の糧にならないと思いますね。

夢がなくて使いつぶされるだけと言う訳です。
2007/02/05(月) 01:03 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
三輪さま
客観的にはとっくに夢破れその自覚もなくこの業界にいるものは、既に潜在的ワーキングプアだということです。例えば40過ぎでようやく見切りをつけて娑婆に戻っても、昔は人間に戻れたけど、今ではたいして変わりない世界が待ってるというだけ。要は自分で選んだ道だからと、使い捨てにされたという認識が生じないだけ。
個人的な幻想にすぎない夢を社会に求め語るのも、とても危険な気がします。でなければ、夢とは、最低限の生活保障というセーフティネット、だだそれだけのものに過ぎなくなってしまう。自己責任と制度の関わりは難しいですね。
2007/02/06(火) 16:33 | URL | バナナミルク #-[ 編集]
おまけ
すみません、いちゃもんつけるつもりはありませんが、ただ、労働者の権利とか保障とか、声高に叫べること自体、恵まれているなと。
労働者って生まれつき、労働者なんですか?夢破れたものは、そんな労働者に仲間入りできるのでしょうか。
2007/02/06(火) 17:12 | URL | バナナミルク #-[ 編集]
>バナナミルク 様
今のワンコール派遣には将来性はゼロです。
ただ使われているだけですから。

それと声高に労働者の権利を叫べるのが恵まれている?
いえ、叫ばないで済むことが恵まれていると言う事に思えます。
労働者は資本家に生まれなければ概ね労働者です。
社会の圧倒多数が労働者である事、労働者でなければならない事は当然の事です。

労働者は夢に敗れなくてもなれます。
いえ、夢を追っている人は労働の結果の夢を追っているのですから、当然労働者なのです。
ただ、漫画家とか芸能系はルールが普通の労働者とは大きく違います。
正直言って、別世界ですね。

けど、普通のサラリーマンにならその気さえあればなれるでしょう。普通の性向の人ならね。
かく言う私も、大学卒業してから一年間は芸能関係の仕事してました。
親孝行の為に普通の仕事し始めましたが、別にそれだからと言って社会に順応できなかった訳じゃないですね。
2007/02/06(火) 18:22 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
お返事、ありがとうございます。
別世界だと思ってたものが、昨今の数十万と溢れるコミケ人口を見ていて、ふと不安になったのです。
彼らの中には社会適応性も少なく、生活保護以下の生活をしながら、麻薬のようにコミケで漫画という幻を打っている。薬が効いているうちはいいのですが、もっと年を取ったら、将来どうなるのかと他人ごとながら心配になったのです。夢は鎮痛効果のある麻薬化しています。
2007/02/06(火) 19:53 | URL | バナナミルク #-[ 編集]
>バナナミルク様
まあ、趣味として娯楽として割り切っている分には、コミケだろうと何だろうと良いのでは?
ちなみに、私は一度だけコミケに行きました。

女子中学生の護衛兼見張り役で。(もう、凄くそこの親やら姉やらから信用されちゃってるのが何ともね・・・)

で、思ったのですが、あれってバーゲン会場よりよほど凄いですね。
人、人、人、んで人にぶつかっても何とも言わない奴ばかり。

140cmそこそこのその女の子では、何も見えない人の壁の世界でしたね。
あんな所になんで好き好んでみんな行くかなと。
私には無縁の世界ですね。
あれで夢見れるのかなぁ?私にはわからないです。

でも・・・あそこに出品するまでのいろんな作業が楽しいのかも・・・。
あれは一種のピクニックなのかも知れませんね。
2007/02/06(火) 21:54 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
労働者に賃金を払わない場合、誰が商品を購入するのか?
誰も、この問いに答えていません。

私の知る限り、政府がさらなる赤字支出で購入するしかない。 さもなくば企業はみな倒産。
これが現在、そして近未来の日本です。

2007/02/07(水) 13:05 | URL | 真名 #-[ 編集]
>真名様

結局、儲けや繁栄が目的ではなくて、支配が目的なので、これでいいということなのでしょうか?
2007/02/10(土) 01:04 | URL | あやこ #JalddpaA[ 編集]
経営者、株主の目的は、「儲け」だと思います。

我々は、「紙幣を受け取っている」という、まさにそのことによって、支配されているのです。
主観的にどうういう信条をもっていようと、関係ありません。
2007/02/10(土) 16:59 | URL | 真名 #-[ 編集]
ということは、誰も彼もがかなり短絡的な思考になっているということなのでしょうね。

お返事どうもありがとうございました。
2007/02/11(日) 23:43 | URL | あやこ #-[ 編集]
>あやこ様
>真名様
「紙幣を受け取っている事で支配されている」これ重要な概念だと思います。
「マネーを産み出す怪物」という本で、アメリカがどの様な方法で自らの国を変質させて行ったのか。それが詳しく述べられています。
恐るべき本ですね。あれと「東西逆転」は凄い本です。
特に「東西逆転」は中国やインドが最後に勝つんだ!と叫んで途中を省略さえしていなければ、もっと素晴らしかったと思います。

可能ならお読みくださいませ。
2007/02/13(火) 19:52 | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/102-2f228c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。