独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹中平蔵前総務相がグレーゾーン金利廃止批判

 竹中平蔵前総務相は21日、大阪市内で講演し、「グレーゾーン金利」の廃止を盛り込んだ貸金業規制の改正法について「金利を規制することは価格統制をやるということだ」と批判した。

 講演会は民間シンクタンク関西社会経済研究所(関西社研)が主催。

 竹中氏は「(金利に)上限を設けたら必ず供給が減る」と指摘し、「貸金業者が大量に廃業しようとしており、中小企業の資金繰りにも間違いなく影響してくる」との見方を示した。
 その上で多重債務の問題解決については「破産法制を見直し、本当に立ち直れない人を破産させてあげるべきだ」と主張した。

 また、辞意を表明した政府税制調査会の本間正明会長について竹中氏は、本間氏が所長を務める関西社研の活動に触れ、「関西社研は非常に重要な役割を果たさなければいけない。
 引き続き、本間先生を中心にぜひその大きな機能を果たしていただきたい」とエールを送った。

(2006年12月21日19時47分 スポーツ報知)

******

すでに辞めさせられた本間税制調査会長ですが、竹中平蔵氏との関係はこんなもんです。

しかし、良くわからないのは竹中平蔵氏の理論です。

>(金利に)上限を設けたら必ず供給が減る
何の供給が減るんでしょうか?主語がありません。

費用超過収益率>利子率 → 投資増加 → 好景気 → 物価上昇
これが前にも述べたアーヴィング・フィッシャーの好景気循環の考え方です。

少し長いので後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
最初に言っておきます。
このお話はサラ金屋の立場ではなく、日本経済全体の立場から述べたものです。
混同なさらないように、あらかじめ釘を刺しておきます。

費用超過収益率>利子率 → 投資増加 → 好景気 → 物価上昇

さて、ここで一言説明をしておきます。

「費用超過収益率>利子率」これが好景気の絶対条件です。

利子率はわかりますよね?金融屋から金を借りた場合の利息の率です。
で、費用超過収益率とは何なのか?

難しい言葉ですからわかり難いと思います。
つまり、回収で予測される利回りと言う事です。

フィッシャーは、リスクを織り込んだ後の利回りが利子率より高い場合であれば、その時点で好景気がやってくると言っているのです。
あるいは、リスクを大きく取り過ぎて利子率を高くしてしまうと好景気はやって来ないと言う事です。
(景気の過熱を防ぐ為に利子率を上げるのはそう言う意味もあります。)

だからこそ、日銀はゼロ金利を取って来た訳です・・・。
ええ、もちろんですが「ゼロ金利政策」って金ぴかの統制経済です。

バブルの時期にインフレ率が高くなったのは、期待利回りが高く、それにつれて資金調達の金利も高くなっただけの事です。
で、ゼロ金利なのに何故需要が増えなかったか?

それは竹中平蔵氏自らが「土地に担保価値を認めない!」と言う風に世間を誘導したからです。

担保無かったら誰も金貸せないし・・・。

それにしても、竹中平蔵氏は、どうやら勘違いをしているのではないかと。
しかも経験的な解釈での勘違いをしているのではないかと。

「バブルの時期は利子率も高く、資金需要も旺盛だった」
            ↓
「けれど、ゼロ金利の時期には、資金需要は冷え込んでいた」
            ↓
「だから利子率を高くすれば需要も増えるんじゃないか?」

こんな勘違いをマジでしてるんじゃないかと・・・。(ここまで馬鹿だとつける薬ないけどね・・・。)
結果と原因が入れ違っていますよね・・・。

もしくは「サラ金のリスクは非常に高い。それなのに利子率を下げたら、サラ金は金を貸せなくなってしまう。だから需要が減る。」とでも言いたいのでしょうかね?
個人的な意見ですが、甘ったれるなと言いたいです。

赤旗 サラ金の生命保険金受け取り “自殺率”2割の会社も 大手5社を大門議員調査

こう言う取立てをしておいて、利子率が低いがどうのと言うなよと。

サラ金の主な資金調達先が「保険会社」であるという事実を考えても、これは出資者とグルになった犯行と見るべき現象だとさえ思えるのです。

逆説的ではありますが、サラ金の利子率よりも高いレートの収入を、消費者が叩き出せる訳も無いので、「サラ金の利用=利用者の損害」と言う図式すら描ける訳です。

私思いますに、「再チャレンジ」できる社会と言うのは、局所的な超高金利業界の利用者が、破産を行うしかないと見据えた上での「処理簡略化措置」ではないのかとすら思えます。

いちいち破産宣告で大変な手間をリストラ中の省庁が負担する事を嫌ったが故の措置。
その程度ではないのかと。
巧妙に企業家相手と見せかけて、実は一般ピープル向けがメインのターゲットではないのかと。

脱線しましたが、竹中平蔵の言っている事と言うのは、何をどうやっても整合する筈の無い寝言であると思います。

スポンサーからお金貰ったからと言って、訳わからない事を口走るなよと・・・。

でも、もしかして、マネタリズムに照らし合わせたら竹中平蔵の言った事にどこかで合点が行くんだろうか?
思い出せないな・・・。誰か知っている人教えて下さい。

このエントリーはまだ続きます。
(やはりソース参照で解説しないとグダグダになってしまうな)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://klingon.blog87.fc2.com/tb.php/10-4e574b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 1ナショナルミニマム 2朝日新聞 3技能五輪  例によって強引に時間を作ってブログを更新したいと思います。 2009(平成21)年10月21日(水)に日本郵政の西川総裁が辞任された 新聞記事があった日、朝日新聞の朝刊には竹中平蔵さんが出られていて ...
2009/10/29(木) 06:28:50 | 東京のばかやろーブログ
 一般人の常識感覚向上の必要性(JAL空港問題と勝間和代さん)1の続き ☆八ツ場ダム☆  保坂展人のどこどこ日記より 特報「八ッ場ダム上流、ヒ素を公表せず 国交省」 八ツ場(やんば)ダム(群馬県)の建設予定地の利根川水系の吾妻川とその支流で、国土交通?...
2009/11/23(月) 08:09:10 | 東京のばかやろーブログ
1経済議論 2職業能力開発総合大学校 ↑の意味については、朝日新聞の飛ばし記事と雇用・能力開発機構のお仕事http://yuukinohan.exblog.jp/10459673参照 ・総合(http://blog.with2.net) ・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)...
2010/04/22(木) 08:53:18 | 東京のばかやろーブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。