独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`):「嫌消費」世代 経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち…週刊ダイヤモンド

この記事、読んだ途端に失笑してしまいました。
「欲しがりません勝つまでは」を無理やり、提灯記事を金で魂売った物書きに書かせて、それを世論として採用するつもりだろう。
結論は一つ、賃金は上げない。節約に慣れた日本国民に金をやっても無益。

まさにお手盛りの結論が採用される出来レースと言う事。
こう言う事を書く奴も書く奴だが、書かせる奴も書かせる奴だ。
「俺の儲けが極大なら、俺だけハッピー」 こんな輩の下で働くなんて不幸としか思えない。

後半に続く

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[提灯記事]の続きを読む
スポンサーサイト
知っておられる方は多いと思うが、私は本の虫である。
今も本を読んでいる訳だが、今回買ってきた本はSF小説である。

題名は「彷徨える艦隊5 戦艦リレントレス」と言う。
異星人の謀略によって、地球人の子孫達が二つの陣営に分かれて戦い始めてから100年後の話。

永遠に続くような戦争の中で、両陣営とも互いに対する名誉も礼節も失い、ひたすらに殺しあう有様になっていたその時に、100年前の最初の戦闘の際に戦死したと思われていた艦隊士官が救出され、艦隊の指揮を執る事になり、その指揮官が次々と武勲を立てながら、自分達の陣営の領域目指して帰還する話である。

その小説の中で、アメリカンの戦争に関する倫理について語られる場面がある。
5巻の290ページからの記述。

ドゥエロス艦長「この百年間、アライアンスは何人かの人々が”必要だ”と主張することをやってきたが、戦争に勝つ様子はまるでない」
キラ艦長「やり方が手ぬるいからです!」「するべき事を行うのに、いつもためらいがあるのです。敵に情けは無用です。全く必要ありません。敵に相応しいのは死です。我々が一人残らず殺すつもりだと気付けば、敵は降参します。」
ドゥエロス艦長「降参しなかったら?」
キラ艦長「その時は全員殺すだけです。」
チュレブ艦長「じゃあ、僕も言わせて貰います。シンディックに何が相応しいか知りませんが、アライアンス市民をシンディックに殺されても、我々は降伏などしていません。かりに貴方の提案がアライアンスに実行可能だったとしても、大量殺戮をされたら、それをした相手に頭を垂れるという考えは、根本的に間違っていますよ」
キラ艦長「あなたの魂は惑星エリジアで死んだのです」

ドゥエロスは作者が自分の代弁者として設定した男性士官であり、キラはその恋人だったが今は敵対者になっている女性士官。チュレブは、敵の虐殺によって妻子と故郷(惑星エリジア)を失った艦隊士官である。
主人公のギアリーは、冷凍睡眠から目覚めたら、自分の身寄りも知っている人達も全員死んでいたと言う身の上。

ちなみに、キラは政治的な利得の為に、共に戦う同士である艦隊士官を乗っている艦艇ごと殺しても平気な人(?)であり、この台詞は艦隊の主力艦をウィルスで破壊しようとした事を詰問される場面での彼女の言い分である。

アメリカは対日本の戦いで特に”大量殺戮が相手を屈服させるのに有効だ”と勘違いしてしまった。
先の大戦で、日本は最初からアメリカと講和したいと願っていたのに、ごり押しで最後まで潰すつもりで戦争を長引かせた。
戦略爆撃、潜水艦による無制限通商破壊、最後は核攻撃まで行った。

その次の朝鮮戦争は陸軍による虐殺戦争であり、市民と都市、日本の残したインフラを徹底的に破壊する無益な戦争で、双方(南北朝鮮)ともすぐに疲弊して、今に至るも戦争がだらだらと続いているが、こんなのは無視。
その次のベトナム戦争では、全く講和を求めていない北ベトナムが、ナパームにも、戦略爆撃にも、枯葉剤にも耐え抜いて勝利をもぎ取った。
最近のイラクとの戦争では、息子ブッシュが日本をモデルとした民主化と無法国家の無力化を訴えて顰蹙を買っていたが、アメリカの首脳部は多分本気で”日本に対する戦争は成功例である”と判断しているだろう。

愚かな事だ・・・。私は以前に村松劭氏の「戦術と指揮」と言う本のコラムを取り上げた事があった。
東アジア共同体と言う悪夢・・・その4年後 | 復活!三輪のレッドアラート!
彼はアメリカの戦略爆撃によって、日本国内に凄まじい数の反米知識人が生まれた事を指摘している。
自衛隊の上級幹部はそう言う風にアメリカの戦略爆撃を総括している。つまり、結果として政治的、戦略的な失敗であったと。(だからと言って、中国の属国に日本がなるべきだと言う一味の軍事顧問になって良い筋道ではないけどね。)

『日本海軍 400時間の証言 第二回 特攻 やましき沈黙』を見て | 君のてのひらから
日本は戦後劣化したと言われるが、実は戦前から劣化していた。特に戦争を遂行する軍令部が劣化していた。
何の方策も無く、戦争を勝つための超兵器ばかりを求めた。

勝つ為の手段として、レイテの戦いで連合艦隊残存部隊を援護するために、大西瀧二郎提督(戦後責任を取って自決)が実行した特攻部隊。国と言う、自分の愛する者達を乗せた船を守る為に命を賭ける純真な若者達を、どんなに努力しても脱出できない死地に追い込んで、それを賛美さえした。
本当は、最初から人を捨て駒として、勝つ方策を考えられない自分達の無策を糊塗するための方便でしかなかったのに・・・・。

戦後の日本の左翼化は、アメリカの残忍すぎる戦争遂行と、日本の酷薄すぎる戦争遂行、その両方が戦争が終わり、呆然として復興に向かわなければならなかった日本人達の心に恐ろしい傷を付けたからに違いない。
先人達の無念さは、私の想像に余るのだとさえ思う。

私の知っている元職業軍人達は皆立派な人たちだった。彼等は戦争の事を思い出して涙する事は無かったが、無念さは一入だったのだろうと思う。
自分達が裏切られていた。あの戦争はまともな戦争じゃなかった。戦後にそれを知る事になったのだから。

ともかく、この小説は、終わり無き戦争を戦うアメリカと言う祖国に対してのメッセージでもあると思う。
多分、アメリカの文化人、言論人の多くは、この終わり無き戦争が”悪意ある異星人”によって仕掛けられたと気が付いているのだろう。

決して自分達では戦わない、”道徳観を超越した”と表現するしかない存在が戦いを仕組んでいると・・・。
この本を読んで、私はささやかな光明を見出した気がするのだ。

戦前のアメリカは、日本の最大の輸出先であり、今以上に貿易の軋轢が大きかった。アメリカンには日本人に対する怨恨が渦巻いていたのに、日本は強力な政治でそれを無視した。今の日本の政治を弱体化させたいとアメリカが願う理由は存在する。
しかし、もうそんな事をして遊んでいる暇は無いと思う。

アメリカには、違う日本への対応を考える必要がある。もう、日本との戦争は終わった。そうアメリカが思えない限り、アメリカは本当に没落してしまう可能性が大きいのだから。

この物語の途中、331ページの台詞、軍事クーデターの頭領になって欲しいと以前から部下にせがまれていたギアリーが、クーデター派の艦長を説得した後に、アライアンス傘下の国の副大統領が言う言葉。
「わたしたちはあなたのようになるべきだったのです。両親も祖父母も現実に負けて妥協し続けた。理想は尊ばれるべきです。それがわからないわたしではありません。そのつど状況に対処していれば、こんなことにはならなかったはずです。しかし、おわかりでしょうが、その点においてアライアンス政府も同罪なのです。」

国が間違った道を歩み始めた時。その時にどうすべきなのか?
腐敗しきった国を目の前に見せ付けられた時、その時にどうすべきなのか?
今の日本とアメリカに必要なものは、あるいは本物の人間に対する正しい評価なのかも知れません。

善と美に感動する余裕なのかも知れません。
思えば、我々の国は両方とも、戦前にそんなものに感動する余裕を失っていたのかも知れない。
腐敗は上部から発生している。それは間違いないが、実際、そう言う崩壊の過程を辿る組織と言うのは人類の歴史の中で実は少数派だったと私は思っている。
紀元前から上部の崩壊を繰り返していた中国と言う例はあるが、あれは特別な例であった。
ローマ帝国の版図では、一般市民の腐敗が国家の趨勢を決めていた。歴史を紐解けばわかる。

我々の国も、硬直化した政治に携わる者達と、利権官僚と化した軍人達が国の衰亡を決定付けた。
歴史はそう語っている。ため息しか出ない・・・。中国化は戦前から始まっていたのだと知れば、ため息しか出ない。

中国化とは、一般市民がゴロゴロと死ぬ易姓革命の無意味な繰り返しだと知っているから余計にため息が出る。
中国と言う国の呪縛を何とか逃れなければと気ばかり焦る。

少なくとも、アメリカンの文化人は良い意味での欧米回帰を明確に志していると言うのに日本は・・・・。
そんな事を考えると余計に滅入る。

まあ、今回のエントリーは、読書中に生じた感慨を書き連ねただけの事であるから、三輪のレッドアラートの本筋とは多少ずれているとは思うが気にしないように・・・・。
では、また次のエントリーで。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
先日、ネットゲリラ氏のサイトを見ていた。
ネットゲリラ: 鎌倉幕府が元寇に負けてたら


この元寇に関する記述は、日本の教科書でも特に奇妙奇天烈な部分である。
何故なら、鎌倉幕府が元の侵攻軍に苦戦していたと言うのがそもそも嘘だからだ。

続きは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[教科書に書かれている反日]の続きを読む

韓国の友達と感性を分かち合う楽しい世界!- GoKorea
タイトル 2010年にも相変らず Koreaには希望なんかはなくて

投稿者 : osounne2(osounne2) / 作成時間 : 2010-01-01 10:09 / ヒット : 90

一体この狭い韓半島で
どうしてそのように犯罪がたくさん起きているか?

朝に目覚めれば去る夜に起きたあらゆる汚い犯罪記事と先に朝あいさつをしなければならない。 一体どこでから誤ったのだろう??

アメリカのテキサスより 7倍小さなこの韓半島で全体犯罪発生率がアメリカ本土と
立ち並ぶこんなナンセンスをどんなに説明することができるか?

一体なぜ...

世界で 126番目に小さな国家であるこの韓半島で OECD国家中最悪の
犯罪発生率を誇っているか?

これが本当同胞たちが言った韓民族の優秀性か?

本当
この汚い匂いがする韓国を守ってくれる英雄はいないか?

これ以上はだめだ。 これでは私の祖国が。. T_T
「一体希望の 21世紀はどこへ行ってしまったのか?」

1960、 70年代・・・当時 、 人々は貧しかったがそれでも夢と希望であふれて
あった。 未来の 21世紀はそんなに輝かしかったが。 T_T

今の韓国の姿は?
そうだ。

純粋だと信じていた彼女はお金ではないただ快楽に身を台無しにしているし...
韓国での道徳性はもう空中分解になったし
青少年たちは失踪されて
親切に見えた隣りはシリアルキラーだったし
韓国のテクノロジーは災いで判明されたし
韓国のマスコミは無責任に大衆を欺瞞しているし
韓国での性犯罪はもう大衆化、 流行化になったし
韓国人が信じていた真実は相変らず仮説であるだけで
韓国人の愛国心はただたんに紙切れに過ぎない

これが本当にその 21世紀韓国の姿か?

もう一度またしなければならない。
韓国人たちがまだ暖かい心を持っていたその頃まで帰って来て・・・
'Yesterday Once More' また回想すれば Return to Innocentを夢見るよ...

確かにその頃の未来とは違うかも知れないが 、 それなのに何より重要な・・・
韓国...
あなたはまだその時を憶えますか?


可哀想に・・・・としか言えません。

何故韓国はこんな国になってしまったのか?ちょっと後半で・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[韓国人は語る・・・・]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。