独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給付金効果 政府、説明できず  2009年1月14日 07時03分

 衆院予算委員会は十三日、二〇〇八年度第二次補正予算案に関する三日間の審議を終えた。野党の質問は定額給付金に集中する一方、麻生首相ら政府側は経済効果やその目的を明確に説明できなかった。給付金論争が過熱した分、早期の対応が求められている雇用対策の議論が置き去りになった。 (竹内洋一)

 「過去に例がないこと(経済の悪化)が起きているので、余裕のある方は、ぜひ消費してほしい」。首相は十三日の予算委で、高額所得者も給付金を受け取り、消費に回すことを重ねて要望した。

 ただ、与謝野馨経済財政担当相は「高額所得者でも給付を受けた場合、消費マインドは当然生じる」と強調しながら、「従来の消費を抑えた場合は、プラスマイナスゼロになることは当然だ」と発言。景気刺激の効果を断言しなかった。

 政府は一九九九年の地域振興券の例から、二兆円の給付金のうち新たな消費に回るのは四割との推計を示し、国内総生産(GDP)を0・2%押し上げると説明した。ただ、現金ではなく、貯蓄に回しにくい地域振興券を引き合いに出しても、国民理解の助けにはならない。

 審議中、給付金の目的をめぐる首相発言の「揺れ」も給付金への批判を高める要因になった。首相は当初は生活支援と説明し、その後は「消費刺激」とし、高額所得者も給付金を受け取るべきだと主張。約一カ月前、給付金を受け取る高額所得者を「さもしい」と評したこととの矛盾を野党側から突かれた。

 一方で、広がる雇用不安に対し、審議が深まったとは言い難い。野党が製造業への派遣労働規制を求めたのに対し、首相は「製造業は常用雇用が望ましい。さまざまな議論があるので検討する必要がある」と踏み込んだものの、議論はそれ以上発展しなかった。


もう終わってるとしか言えない麻生内閣のグダグダぶりは見るに堪えない。

細田氏、内閣支持率10%台に「今日が底」

 自民党の細田博之幹事長は13日午前の記者会見で、共同通信の世論調査で麻生内閣の支持率が10%台となったことに関連し「批判は批判として受け止めるが、今日あたりが底だ」と強調した。

 2008年度第2次補正予算案の同日中の衆院通過を念頭に「しっかりした方針で景気対策に取り組む。今日を境に多少、傾向が変わると期待している」と述べた。(共同)

こんな事を口にする極楽トンボも居るが、実際は違う。
麻生内閣の政治では景気を何とかする事が根本的に無理(難しいではなく、無理)と言う認識が国民に完全に定着してしまったからだ。
どこの誰が消費税を上げるのがわかっていて、短期間だけ消費を上向かせるだろう?
「このお小遣いは将来の増税と引き換えです」と最初からわかっているのだ。誰がそんな約束手形を貰いたがる?
しかも閣僚の内の無神経なメンツが「飛騨牛をこれで食べる」とかほざいてしまって、更に国民の目線は厳しくなるばかり・・・。

給付金 甘利氏辞退、野田氏は「飛騨牛」
ここで目を引く一文がある。
>また、給付金を第2次補正予算案に入れるよう、自民党に強く求めた公明党出身の斉藤鉄夫環境相(56)は「電球型の蛍光灯など省エネ製品を買ったりして、私のお金もプラスして地元で消費したい」と、必死に強調した。

また前回と同じ事なのだろう。  地域振興券 - Wikipedia
公明党を連立勢力として引き止める為の工作費用として今回の給付金も使われると言う事だ。
学会員のお布施を増やす為に自民党は動いていると言う事だ・・・・・。

次回の選挙が気になって、とても国政に集中できない状態なんだろうなぁと・・・。
本末転倒も甚だしい・・・・。
これでは到底次回の選挙も勝てまい。貧すれば鈍すると言う事だ。

多分、今回離党した渡辺議員の周囲には、頃合を見て沢山の議員が”避難”を開始するだろう。
自民党の看板では勝てないので、敢えて新党の看板で勝負する”比較的に勝ち目の大きな議員達”がイカダを作っていると言う事だ。
多分、本来的に「自民党より余程改革派である民主党」に向けてフラフラっと寄って行く事だろう。

まあ、その場合は民主党に対して”カイカクの続行”を必死で訴えて煙たがられる事だろうがね。
ともかく、自民党はもう終わりだな。
やはりクーポン選挙で勝った後はこう言う結末しかやって来ないと言う事だ。

小泉純一郎は、自民党をぶっ壊したのではなく、自民党を腐らせて壊した。
後には何も残らない、単なる破滅を自民党にもたらした。私が何年も前に言っていたとおりに。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト

民主「単独過半数297獲得」 党対策本部が衆院選独自分析 (1/2ページ) 2009.1.3 00:40

 参院民主党の「衆院選支援対策本部」(輿石東本部長)が、次期衆院選で民主党が衆院単独過半数(241議席)を上回る297議席を獲得して圧勝する可能性が高い-と情勢分析した内部資料を作成していたことが2日、分かった。参院民主党の対策本部は「党のいわば第2選対」(参院幹部)で、党の世論調査や対策本部の独自調査をもとに内部資料を12月中旬にまとめた。小沢一郎代表へも伝えられている。

 それによると、民主党は小選挙区(全国300)で213議席、比例で84議席の計297議席を単独で獲得する。
 小泉純一郎元首相が郵政民営化を争点に解散に踏み切った平成17年の前回衆院選で自民党が得た296議席とほぼ同数の議席を民主党が占め、自民、公明両党は衆院でも少数野党になる。


 297議席は、衆院の全委員長ポストと過半数の委員を確保できる「絶対安定多数」(269議席)を超える議席数だ。

 また、民主、社民、国民新など、共産党を除く野党勢力で獲得できるとした議席数は、対策本部が「当選確実」もしくは「有力」と判定した小選挙区に限っても221議席。比例の予想議席を加えると共産党を除く野党勢力で311議席にものぼる。

 ブロック別で見ると、民主党は北海道の12小選挙区のうち10選挙区で勝利するとした。民主党組織の強い岩手、愛知両県では全選挙区をおさえ、新潟では田中真紀子氏(無所属)を含む全選挙区で自民党候補を破ると判定した。


だとさ・・・・。北海道の自民党で生き残りそうなのは、多分中川氏と武部と言う事なのだろうね。(武部は違うか?いずれにせよ、町村はやられちゃうね・・・・。)

何にせよ、今の時点で勝負はほぼ決定した。さて、今後どう言う風が吹くのやら・・・。
ともかく、もう対米でハルノート(年次改革要望書)を何回も何回も受諾する様な事だけはなくなるだろう。
それだけでも大変な進歩と言う事だ。あるいは復古と言うべきかな?
結局、世界がおかしくなってしまった原因は、全ては米国が普通の国、あるいは正常な国でなくなってしまった事が原因なのだな。

ソ連と言う大きな敵がいなくなったとたんにアメリカはおかしくなってしまった。日本も・・・・。
今回の反米的な政権の成立は、米国の世界戦略が90年代からおかしくなっていた事を明確に認識させる事だろう。
それで良いのだ・・・・。私はそう思っている。
今こそ日本人は腹を括るべきだ。では、このエントリーの続きはまた後日に。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。いや、本年こそよろしくなのか?w

実は新年を迎える前後、私はいろんな本を読み漁っていた。
古いコミック、先日買って来た小説、様々なノウハウ本などなど。政治とは全然関係ない本ばかりw

私が思わず読みふけってしまったのは小説の「いま、会いにゆきます」

人間の生きる意味って、誰かを愛し、誰かに愛される事だけなんだなって。
そんな事を考えてしまう小説でした。
自分が死すべき未来に赴く事がわかっていても、それでも運命を甘受できるのは、全ては人の生が愛し愛される事に集約されているから。

生きている事だけが大事・・・・なんて人は結局何もわかってない人なんだなと。
人は本当に重要な事を選び取る事ができる。
そんな事も考えさせられる小説だった。

その他にデビッド・ウィーバーの「反逆者の月」とその続編も読んだ。
素晴らしいのは、小惑星クラス宇宙戦列艦のコンピューター「ダハク」が魂に目覚め、高貴な行いを自分で選択し始めるところ。
主人公のコリンも素晴らしい男だけど、それにもましてダハクは光輝いている。
コリンとダハクの間には本物の友情や愛情、お互いを尊重し、心底労わりあう関係が生まれさえする。
もう、この小説も超お勧めとしか評する事はできない。
(レヴューでSFオタクが知ったような酷評をさらしてますが、無視するように。この作品をこき下ろす奴はアホです。人生を楽しめない、カワイソーな奴です。)

その他の幾つかの本は、投資関係のテクニカルな書物でした。まあ、私自身のスキルアップの為に読みましたが、参考になるのやら、ならないのやら。

ともかく、今年は大変な年になります。アメリカのイラク撤退は確実に開始され、世界帝国の店じまいが始まるのですから。
そんな激変する世界の中でも、我々は希望を失わない様にしましょう。少なくとも、絶望とは愚者の結論である事だけは皆様に是非理解していただきたいところです。

心に響く美しい物語を読み、善と美に感動する余裕を残す事も、ある意味での戦いです。
そうでなくては、何かに打ち勝ったとしても勝つ意味なんか無くなりますしね。
欲得ばかりの支配者ゾンビと、愛国心に似た憎悪に充満した愚民ゾンビが一文明の存続を賭けて戦うなど惨めそのものでしょう?

最後に紛れも無い楽しさ抜群の娯楽作品を紹介します。
大怪獣バトルと言うウルトラ怪獣をペットにするポケモンみたいなものです。
大怪獣バトルNEOと言う続編では、あのキングジョーの創造者であるペダン星人(超ハイテク持ちの危険な種族)までがメインメンバーに加わります。

楽しさ抜群です!激烈お勧めです!
ゴモラやエレキングってあんなに可愛かったんだなぁ・・・。
赤王様もやられ役として出て来ますが、本当になつかしーなぁw
主人公の敵として出て来るのと、主人公の仲間として出て来るのではえらい違いだ・・・・。
そんな事も考えちゃいました。

「愛が銀河を征する日まで、行こう永遠の旅へ!」なんて素晴らしい主題歌なんでしょうね。
ともかく見て下さい。絶対楽しいですから。
皆様、正月くらいは楽しんで下さい。その程度の余裕を持てない人は大した人ではありませんよ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。