独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーん。リチャード・クー氏のコラムを読んだ。
まあ、本当に良く見てるわ・・・・。ある意味脱帽だね。

皆にも読んで欲しいのでURLとちょっとした解説を行っておく。


第3回「日本経済の現状はどうなのか」(2007/11/05)

なぜ「今回の景気回復はホンモノ」なのか

>今回の回復がホンモノだという背景には、日本企業のバランスシートがこの十数年間で大幅に改善したという事実がある。
>下の棒グラフは銀行の企業向け貸出残高を示しているが、残高は2005年時点で、1985年の水準にまで圧縮された。
>バブルが発生したのは87年から88年だから、85年の水準に戻ったということはバブル前の水準まで銀行の企業向け貸出残高は戻ったことになる。
>また、折れ線グラフは銀行の企業向け貸出の対GDP比を示している。これもバブル期には85%まで上昇していたが、現在は52%まで減少している。



リチャード・クー氏の分析は概ね正しい。実際に企業の収支の状態及び利益率を作り上げる構造についてはバブル期以降ずっと改善し続けており、現在の日本企業は非常に良い状態になっている。
それなのに何故それが労働者への還元に繋がらないのかが問題。

現在の日本企業の高収益は、ほぼ全て「外資が美味しく配当を食べる」「CEOが高収益を挙げて報酬を頂く」と言うやり口のみに還元されている。
日本国民はデマに騙されているのだ・・・。そして、その配当やら報酬についてはこう言う記事を以前に書いた。

参考エントリー 世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL168

外資が狙っているのはここで書かれている「蛸配当」と言う恐ろしいやり口を狙っている。

 日本では、日清戦争後に第二次株式会社ブームが起こった。
 こうして勃興した会社のいくつかは、第一次大戦後の不況で破綻した。
 高橋亀吉は、大正から昭和にかけて破綻した21社の分析をもとに、破綻のパターンを表のように六つに分けている。

 破綻のパターンは多様だが、根本的な原因は一つであるといってもよい。
 高橋亀吉はそれを次のように書いている。
 「株主の専横から蛸配当を強いられ、かくて事業を破綻に導いた」という原因である。
 これをもたらした経営者の気持ちを福沢桃介は「株主の利益をはかるためには自分の手足を食いつくす蛸のように、無理な配当もやむをえず」と表現している。

 高橋亀吉はこうした問題の解決策として、重役の無限責任制度の導入を主張している。第一生命保険の創業者である矢野恒太も銀行業界や保険業界では、役員の無限責任制度を導入すべきだと言っている。

 実際に、矢野恒太の属する生命保険業界では、株主の意向を受けた近視眼的経営が数多くの破綻を招いた。
 1893年から98年にかけて設立された37社の生命保険会社のうち、昭和のはじめまで営業を続けていたのは14社にすぎなかった。
 生き残ることができたのは、長期的視野を持つ株主(無限責任を持つ財閥会社)に株を持ってもらい、経営の自立性を高め、短期志向の株主による経営介入を抑えることができた会社である。」



蛸配当を求めるにしても、日本でそう言う事ができるのか?
グリーンメーラー、つまり脅迫者として日本企業を食い荒らすにしても、その反動が怖くは無いか?
その事を調べるために、日本国内で鉄砲玉がたくさん養成された。結果こう言う輩まで現れた訳だ。
参考エントリー 勘違いしていた人達

つまり、今の日本企業は非常に強い、しかし下々の労働者にはその果実は還元しない。
株主、しかも蛸配当を求めるお金持ちの害虫と、功名心と欲得だけで会社を仕切る雇われCEOが今の日本企業を蝕んでいる。
今後とも自民党が夢想していた様な上げ潮は起こらない。

そう言う風に筋目がなっていないからである。その事を良く理解しないといけない。
会社が強くても、国民の為なんか考えてない会社ならば、それは単なる立派な作りの蛸部屋なのだから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「沖縄ノート」巡る訴訟、大江さん「軍の命令」

とうとう大江健三郎氏が居直ってしまった。
軍部の命令はなくても、日本のタテ社会とやらがそうさせたと言い始めている。
また、沖縄での集団自決の軍命令はあったと言う確信を自分は有していると言い放っている。

大江氏『集団自決は軍命』 著書訴訟異例の証言 訂正の必要性否定

普段は左翼的な傾向の強い東京新聞も、さすがにこの件については大江氏の見解を非常に独善的かつ筋の悪い話として紹介している。

 原告の元隊長「聞くのが嫌に」

 集団自決訴訟の原告らは九日、閉廷後に記者会見し、大江健三郎さんの証言を厳しく非難した。

 守備隊長だった原告梅沢裕さんは、はっきりとした口調で「聞くのが嫌になった」。さらに「集団自決を命令するような人間は日本の軍隊の中には一兵もいない」と語気を強めた。目には涙が浮かんだ。

 渡嘉敷島の元守備隊長の弟でもう一人の原告赤松秀一さん(74)は「問題点のすり替えが多く絶対受け入れられない証言」と不満げ。
 同席した弁護士は「難しい概念を持ちだす大江ワールドが展開された。その異様さが裁判長に伝わればいい。彼の言論の不誠実さを証言から感じた」と話した。
主張を証明できた



 大江健三郎さんと岩波書店側の弁護士の話

 守備隊長個人張をしっかり証明できたと思うが命令したかどうかでなく、軍の命令、強制があったという主張。「沖縄ノート」に対する原告側の請求は成り立たない。



 自分がやっても居ない犯罪を、他人の主観でやったと主張される事を、被害者の側から言えば「冤罪」と言います。
 軍が自決の強要をしたかどうかは、客観的な公文書なり命令書が無いと証明できません。証明できない犯罪は全て疑惑でしかなく、疑惑で裁かれる者は居てはなりません。

 これは法治国家の最低のルールです。それが守られない国は中国の様な専制主義の人知国家なのです。
 日本ではそう言う野蛮な有様は、既に10世紀以上も前に卒業しているのです。
 武家の行ってきた軍事政権でも、法治の原則は貫かれていました。

 ともかくも、大江氏の筋の悪い論を認めてしまえば、日本の今後は真っ暗でしょうね。
 どんな疑惑でも火の無いところに放火して大騒ぎすれば通る・・・・なんてのは社会のカオス化を招く事にしかならない訳でね。

 左翼の方々も、こんな出鱈目の虚構がまかり通る世の中だと、いつ自分達に冤罪が降りかかっても不思議ではないと覚悟すべきだろうね。

 公正さを自己の都合で曲げてしまえば、その後は大変な事になる。公正さのない社会で生きる事の辛さをみんな理解はしていないのだろうけど・・・・。
 それこそが本当の意味の「暴力」を解き放ったと言う事なのだけどね。それが皆には理解できているのだろうか?

 ともかくも、大江氏は軍の命令を立証できなかった。その上で誤魔化して逃げ切ろうとしている。
 それは確定的な事実となった。彼はどの様な非難を今後受けても甘受すべきだろう。

 まあ、それができないから詐欺師であり、それだけの余裕も無いから卑怯者なのであるが。
 最高の歌手が最高の人間とは違うように、文才を持っているからと言って人品が立派な訳ではない。彼はノーベル賞を受賞してはいるが、私に言わせれば人間の屑であり、無実の人間を貶める鬼畜である。

 品性や理性、情性が抜け落ちた者は、どんなに立派な才能、技能があっても鬼畜以外の生き方はできないのだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
申し訳ないです。もうしばらくブログの更新速度は落ちたままになると思います。
そんな合間を縫って、ちょっとだけ皆様にお知らせしておきたいことがあります。

今回の小沢党首の辞任劇に関してです。
面白いお話を聞きました。
「一部の民主党と言うか反自民の方々」なのですが、滑稽にも「もう自民党は終わった、これからは民主党の時代だ。だから今後の事を考えなければならない」と言う風に早合点している様です。

今回の騒ぎの最中でも「別に小沢でなくても自民相手には勝てた」と思っている口が公然と小沢を叩いて居た様ですが、民主党執行部はそうは思っていないようです。

小沢党首でなければ勝てないと一番知っているのは民主党執行部です。
今回の参院選で何故民主党が勝てたのか?
「それは民主党の現在の政策がかつての保守の政策」だからです。

それが「反保守政党」となってしまった自民党にとって痛い政策だったからです。
私が繰り返し繰り返し言っているとおり、現在の自民党は「保守的な政策を取れない」と言う自縄自縛に捕らえられています。だから小沢の保守政策に勝てないだけです。

別に「特定の人達の反自民思想」が自民党に勝ったと言う事ではありません。
んーーー。なんつーかね。私は保守側の人間だってのはみんなわかってくれてるんだと思うけど、言ってみれば今の私が反自民なのは、今の自民が反保守政党だからであって、しかも衆議院でとんでもない優勢にあるからであるのは以前から言ってるとおり。
私は改めてここで言いたいのだけど、「イデオロギー」とか「自民党と言うレッテル」に対してとっても敏感に反応する人達多いよね。

でも、そういう人達って、政治を語っているつもりで観念論しか語ってないと思う。
政治ってのは流れを語る事であり、その語り合う流れがわれわれを何処に連れて行くかについて語ることだと思う。
それを語れずに「自民」「民主」とか党名を語り合っても何にもならないと思うね。

そして、ちょっと流れが変わりかけたら突然得意のイデオロギー論争と、誰が正統で、誰が自民を倒したかの功績云々についての興味が出て来る、そう言う助平な根性を持った人達の暗躍なんかも見えてしまう訳だ。

なあ、カナダ在住の反日ネカマ野郎。お前の事だ、私の言う助平ってのは。
助平ってのはエロイ事じゃない。欲に汚れてる事だ。

ほら、民主党内の汚れた輩を見てみろ。

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』

もう自民党に勝ったと思って、「自分の手柄」の為に人様貶めて遊んでる輩なんてこんなもんだって事。
自分で自分をエロ可愛いとか言ってる反日物体さん。
いい加減、自分が自エンドの邪魔してる利敵行為の常習犯だと気がついて欲しいんだけどね。

要は新自由主義者は「自民党は新自由主義と心中すべき」と決めてかかっていると言う事だ。
そのためにマスコミを動かして反小沢の動きを加速している。そのプロパガンダに見事に煽られて踊っているのが貴方たちって事だよ。
自民に明確に勝利して、今の新自由主義政策を止めさせないと「日本が壊されてしまう」訳だが、カナダに住んでる人ってのは、そう言うのは関係ないと思い込んでるみたいだね。

いや、祖国を捨てた人ってのは身軽でよろしいなぁww
(でんでん羨ましくないな。祖国をすてたらこんなに責任感とかと無縁になるのかと思うと怖いわ。新自由主義者、グローバリストとまったく同じ土俵で政治を論じてるんだから性質わりーし。)


我々は本気で負けられない戦いをしてるんだけど、そう言う決意した人達の傍らで自分が何してるのか、ちょっとだけ客観的に見てくれないものかね?
私は歴史を重ねたバリバリの本家本元由緒正しき反自民の闘士なのだ!と言いたい気持ちはわかる。

けど自己満足だ。ブログ畳んで引退しなさい。後は真面目に戦うつもり
の我々ががんばるから。
頼むから脚引かないで欲しいんだよ。

貴方にも山崎先生の100分の1位の時代を読む目があって欲しいんだけどね。
でも無理だろう・・・。我々の様に「必要だから反自民」って事じゃなくて、貴方たちは「反自民こそが正しい」って言うカルト宗教にはまってるだけだろうからね。

目を開けて現実を見ないと何もわかりはしないのにね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL178 江田島孔明

<参考>
------------引用--------------

防衛省が守屋氏を再聴取 石破氏、証人喚問後に
2007年11月2日 12時11分
 石破茂防衛相は2日午前の閣議後の記者会見で、守屋武昌前防衛事務次官と防衛商社「山田洋行」の癒着問題に関し、守屋氏が先の衆院テロ防止特別委員会の証人喚問で防衛省職員も接待ゴルフに参加していたことなど新たな事実を証言したため、守屋氏から防衛省があらためて事情聴取したことを明らかにした。
 石破氏は再聴取の内容について「すごく新しく、これまでまったく聴いていないという話はない」とした上で「可能な限り事実を把握するのは防衛省の責任なので、必要に応じて聞き取りを続ける」との考えを示した。
(共同)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL178]の続きを読む

痛いニュース(ノ∀`):鳩山また衝撃発言 秘書時代は「米国のスパイ」だった?…ZAKZAK

2007年11月01日鳩山また衝撃発言 秘書時代は「米国のスパイ」だった?…ZAKZAK
1 名前:出世ウホφ ★ 投稿日:2007/11/01(木) 16:26:52 ID:???0
山邦夫法相が31日の衆院法務委員会で、田中角栄元首相の私設秘書時代、米国防総省(ペンタゴン)から、毎月のように接待を受けていたことを明らかにした。

衝撃発言は、民主党の河村たかし議員の質問中に飛び出した。
河村氏が日本の情報収集について質問していたところ、鳩山氏は指名もされていないのに突然、「委員長!」と手を挙げて立ち上がり、河村氏が「大臣、何ですか?」と驚いている間に、こう語り始めたのだ。

「思い出を話させてほしい。私が田中角栄先生の私設秘書になったとき、毎月のように、ペンタゴンがやってきて食事をごちそうしてくれた。
当時、私は金がありませんから『ウナギが良い』とか『天ぷらだ』などと言ってた。私は1円も払っていない」

公式HPによると、鳩山氏は1972年3月に東大法学部を卒業、同年、田中氏の秘書となったとある。
72年といえば、田中氏は5月に「田中派」を立ち上げ、6月に大ベストセラーとなった「日本列島改造論」を発表。
7月に宿敵・福田赳夫氏を破って自民党総裁となり、第1次田中内閣を成立させた年である。
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007110101_all.html

同盟国である米国といえども、日本の最高権力者に登りつめ、「今太閤」ともてはやされた田中氏の表に出ない動向や心中、プライバシーについて情報収集するのは、冷酷な国際社会では常識といえる。

米国の情報機関としてはCIA(中央情報局)が有名だが、47年に成立した国家安全保障法に基づき計15の省庁・機関で成り立っている。この中には国防総省も含まれており、現在では情報機関の人員・予算の大部分(約80-85%)は国防総省が握っているのだ。

鳩山氏は発言後、「ペンタゴンは情報収集にお金をかけている。日本の外交や防衛も情報収集には(お金を)潤沢に回した方がいい」と真意を語ったが、国防総省のヒューミント(人間による情報収集)で、自分が協力者(スパイ)だったことを事実上認めたもので、お金うんぬんといったレベルの話ではない。(抜粋)

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007110101_all.html
※関連スレ
【政治】 鳩山法相 「友人の友人はアルカイダ」=面識はないと釈明



なんか最近本気出している我等が法務大臣ですが、今回のカミングアウトも逝っちゃってます。
現役の法務大臣が元CIAのスパイでしたとカミングアウトしてしまった訳ですから、他の人達はいわんやおやですし、小泉や竹中なんかは戦々恐々としているでしょう。

法務委員会長の公明党の人なんか顔面蒼白になってるんと違いますかね?www

もうスパイ防止法必要ですって。そうでないと、外国のスパイが要職について国内を撹乱しまくって、こう言う事になってしまいますから。
今の自民党の悲惨な有様は、全て外国の影響を強く強く受けたが故です。

スパイ防止法は絶対必要です。
それに対して反対する人も居るでしょうけど、独立国ってのは外国のスパイと戦う義務を持った人達で構成されるべきだと思ってますので。

独立国嫌いですか?と私は問いかけたいです。
自由や権利も大事ですが、他からの干渉を受けない事こそ自由であり、他人の自由にされない事が権利でもありますので。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。