独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ、安倍辞任前後の「自動的死刑」発言は、あれは計算づくの釣りだと思っていたんだけど、この人マジで壊れてるんだわ。

「友人の友人がアルカイダ」発言で鳩山法相が首相に陳謝

 鳩山邦夫法相(59)は30日、「友人の友人がアルカイダ」などと発言したことに関し、閣議前の懇談の席で福田康夫首相に「首相まで(記者から)質問を受けることになり、心配をかけて申し訳ない」と陳謝。首相から「そうした事柄(テロなど)を防止する役目だから、しっかりやってください」と諭された。ただ、鳩山氏は閣議後の会見で「知り合いの知り合い(がアルカイダに関連する)ということは間違いない」と重ねて説明。
 「国際的な信用を落としかねない」との質問には、憮然とした表情で「事実を言ってはいかんということか。国際的な信用にかかわるとは思わない」と反論した。


いや、そう思ってないのってあんただけだって、鳩山さん。
他の国の人達笑ってるよ。哂ってるよ。

卑しくも一国の法務大臣の「友人の友人がアルカイダ」で、「アルカイダしか知らない情報を自分だけ貰って命を大事にしてた」と・・・。
あのバリ島の事件で何人死んだんだ?貴方はその犠牲者を見やって「ああ、テロリストの友達の友達でよかった」とか考えてた訳?

もう二の句継げないね・・・・。

普通はそう言う事を人に知られた時点で辞めるけどな。
ヤクザに知り合い居るってのと、爆弾テロで多数の市民を敵ごと殺しまくるテロリストに知り合い居るってのは、多分数段危なさが違うね。

あんた金持ちかも知れないけど常識無いよ。あんたに法務大臣任せる程日本国民は厭世的じゃない。
しかし、この件については、みんな呆れまくってるのか知らないけど、誰も話題に取り上げないね。

てか、最早政治云々と言うレベルじゃないのかな、この話題って。
信じられない程壊れた人が居る。その人間的なアウトラインを普通の人間である政治ブロガーは誰も理解すらできないと・・・。痛すぎるね、本当に。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
kojitaken様にはエントリーで先日のコメントのお返事を頂きました。
しかし、ちょっと勘違いしておられる様なので、訂正がてら当方からもエントリーとメッセージを送っておく事にしましょう。

幾つかの訂正点があります。あるいは気が付いておられない方は多いかも知れません。
今の平沼氏の立ち位置は、彼が極右の反平和勢力だから問題なのではありません。また、彼が新自由主義者と言うのも少し違うと思います。

彼の立ち位置が私に取って気分悪いのは、彼がずっと以前のとある人物と同じ立ち位置を取ろうとしている事です。
具体的に言えば、彼は村山内閣の時の小沢一郎氏です。
・当時は自民党が政権を失っていた事
・自民党から追い出された小沢一郎氏が新党を立ち上げていた事

この時の、まだ若かった小沢一郎と、ご老体の平沼氏が同じ事をしようとしているのだ・・・。ある意味滑稽だと思う。(いや、私は笑わないが・・・・。)
実際、今の平沼氏の望んでいる事は「自民党の存続」なのだと私は思っている。
明白に民主党に対して影響力を持とうと決心した、国民新党等の保守系政党とも違う道を歩み始めた。
もう我々の期待に彼が応えてくれるとは、私には思えなくなった。
彼は自民党の存続を望んでいる。その事が何を意味するかもわからずに。

少し長くなるので後半で・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[平沼氏の立ち位置]の続きを読む
 日本経団連タイムス Index

敵のやり口を知れ、敵の願う所を知れ、敵の結びついている相手を知れ。
それが戦いの基本と言える。

日本経団連タイムス No.2879-07 「東アジア共同体をいかに構築するか」-経済広報センターがシンポジウム開催
グローバリストと言う輩は「国や国民には関係なく、利潤の追求こそが唯一無二の目的」と言う壊れた輩達だ。

妙な国家観を持ち、「平和の為に東アジア共同体を作り、中国の人達ともっと友好を深めよう!」と思ってる頭の緩い向きもあるだろう。

ちょっとばかり、そう言う「友好」を叫んでいる財界の意図とかを考えてみては如何かな?
小泉が中国や韓国との間で喧嘩外交を行っていたのは「日本人の居場所をなくし、代わりに東アジア人と言う安い労働力を導入する。日本人が生き延びたければ、日本人も東アジア人と同等の国際競争力を持たなければならない。」と言う方向性を確立するためだった。

これは傍証からほぼ明らか。つまり、今後も徹底的な日本人の購買力の破壊、賃金の抑制が行われると言う事。
東アジア共同体と言うのはそう言う意味だ。通貨の発行権を日本は喪失してしまうので、本気で今の地方と国の借金がのしかかり始める。

もう日本を救う手は一つも無くなる。それで良いのなら平和を叫べ。
火薬庫の近くで火遊びするのはスリリングで気持ち良いかも知れないが、手遅れにならない程度に程ほどに遊んでいないと後悔する事も将来できなくなりかねない。

実際、東アジア共同体を作っても、日本国民には何も言い事はない。
財界が喜ぶだけだ。また北京の反日政権も大喜びするだろう。

ところで、中国がアメリカの悪い真似をしている事を知っているだろうか?

孔子学院 - Wikipedia
 孔子学院は、中国語普及の為、中国政府が国策として2004年に打ち出した。中国政府が運営費など毎年20~30%を補助する。

 世界初の孔子学院は2004年11月にソウルで設立され、日本では立命館大学と北京大学の提携によって2005年に設立された立命館孔子学院が第一号である。
 2006年は桜美林大学(同済大学と提携)、北陸大学(北京語言大学と提携)、愛知大学(南開大学と提携)、2007年は立命館アジア太平洋大学(浙江大学と提携)、札幌大学(広東外語外貿大学と提携)で開設された。2007年4月には早稲田大学と北京大学の提携による研究型孔子学院の設立が合意され、6月にも開講する予定と報道された。

 2007年4月現在、世界で約150校存在する。



余程日本にグローバリストを蔓延させた「海外留学の罠」(安倍も小泉も竹中も海外留学組)を評価しているらしい。

馬鹿であり、脳髄を破壊されたイデオロギー重視の頭でっかちと言うのは、他国の撹乱とミスリードの道具としてはもってこいだと、一番理解しているのは中国であるようだ。

まあ、そう言う風に自国の為にならない方向に、いろんな手を使ってミスリードされている。
そう言う事を日本国民はもっと良く知らなければならない。

子孫と同胞と自分自身の為に。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL177 江田島孔明

今回は、緊迫の度合いを増す、中東イラン情勢を検討したい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL177]の続きを読む
さて、先日離婚なさったフランスのサルコジ大統領ですが、彼が不法移民追放派だと言うことは皆も良く知っている所でしょう。

フランスでは随分前から「移民との共生」が謳われており、その模範例だとさえ言われてきました。

しかし、それは外国の無責任な称揚でしかなかった様です。
JIIA -日本国際問題研究所- フランスの暴動 ―欧州の移民社会とフランスのジレンマ―

2005年に起きたこの事件は、フランスに戦後入って来た移民達の子孫が起こした事件だったのです。
その事と絡めて、日本で経団連が企んでいる「現代奴隷制」について考えてみます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[現代奴隷制に反対する]の続きを読む

平沼氏 新党結成を示唆 2007.10.24 22:40

 郵政民営化に反対し、無所属を続けている平沼赳夫元経済産業相は24日、都内のホテルで講演し、「保守系無所属で次の衆院選も戦いたい」と述べ、当面は自民党に復党しない考えを強調。「民主党で健全な保守を目指す人が乗りやすい船を作ることが先輩の使命だ」と述べ、次期衆院選を機に“平沼新党”を結成する考えを示唆した。

 平沼氏は「無所属になり、民主党の若手に優秀な人がたくさんいることが分かった。衆参のねじれ国会を解消するには民主党に手を突っ込まないとダメだ」と明言。
 「先の参院選で民主党が割れると踏んでいたが、勝ちすぎたので足が止まった」と残念がった。

 また、安倍晋三前首相について「国民投票法や教育基本法改正など、よくやったと思うが、辞め方が最悪だった」と論評。
 福田康夫首相については「手堅くやると思うが、余裕が出てきたら靖国神社に代わる国立追悼施設建設や、皇室典範改正、人権擁護法案などに手を染めないか心配だ」と危惧(きぐ)し、このような政策や法案には与野党を巻き込んで反対していく考えを示した。

 平沼氏は平成17年に郵政民営化で造反し、自民党に離党を迫られた。18年9月に安倍政権が発足し、復党を打診されたが、誓約書の提出を拒否し、無所属で活動を続けている。昨年末に脳梗塞(こうそく)で倒れたが、今年5月に政界復帰した。

 その後、平沼氏は7月の参院選を機に新党構想を温めてきたが、自民党が大敗したのに加え、安倍氏の退陣により、構想の大幅に後退した。

 平沼氏は、今後も「日本の伝統、文化に立脚した保守の再生」に向けて勉強会などを呼びかけていく考えだ。与野党を問わず、平沼氏の政治姿勢や政治信条に同調する若手・中堅議員がおり、新テロ対策特措法案などの重要法案に対し、平沼氏がどう判断するかが焦点となりそうだ。



******

はてさて、どんなメンツがはせ参じて来るのか、ある意味見物ではあります。
しかしながら、平沼氏はやってみるのはよろしいが、国民新党のやっている事を良く見た上でこう言う行いに出ているのでしょうか?

国民新党の方法は「最大勢力になる可能性のある民主党に加勢する」と言う方法を取っています。
現時点では、自民党の地方組織は小泉カイカクのせいでメチャクチャに崩壊しており、選挙戦の地道さから言っても、政策的な方向性から言っても、自民党は民主党に太刀打ちできない状態です。

その民主党の保守派の受け皿と言う事ですが、どうやら情報が数年前の情報に基づいている様です。現時点での民主党の方法論が保守の方法だからです。
そう考えてみると、平沼氏の考え方は「イデオロギー」中心で動けと政治家に言っている様に思えます。
不見識です・・・・。

政治家が政策ではなく、理念やらイデオロギーで動くようになったら終わりでしょう。(そう言う意味では日本の政治家の多くは終わっていますが・・・

もう自民党内にはまともな保守政治家がおらず、保守政党ではないと言いたい。
あるいは、民主党内には保守政治家が存在すると言いたいのならば少し理解はできますがね・・・・。
しかし・・・・彼は彼なりの目算に基づいて行動しているのでしょうけど、今の時期に新党を立ち上げる?筋が少々悪い様に思えます。
何等かの理由で政界再編が近いと、そう平沼氏は見込んでいるのでしょうか?
そう言う事ならば望む所なのですが・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[保守と見て貰えない自民党]の続きを読む
前のエントリーでは、悪徳商法の被害者の女性の事を紹介致しました。
では何故これほどに悪徳商法が蔓延るのか?

それは社会に需要がなくなって来ているからです。
具体的に言えば、こんな負の連鎖です。

不況の中で緊縮財政を行う⇒社会に金が回らなくなる⇒
しかし企業は業績をあげないといけない⇒しかし、金は日本国民に行き渡っていない⇒
対象にできる売り先がない⇒各企業の営業が弱者を騙し始める⇒
金融会社も業績が欲しい⇒金融会社が信用枠を誤魔化す⇒
各企業の営業は金融会社の後ろ盾を得て「騙す努力」に励む⇒
悪質な詐欺行為が人々に周知され始める⇒営業がやりにくくなる⇒
気の弱い人、老齢で思考力が衰えた人達を繰り返し騙す⇒
気の弱い人、老齢で思考力が衰えた人達が全てを奪われる⇒
最悪の場合自殺⇒企業の活動が更にやり難くなる


こんな事に何故なったのか?それは政府と財界が国民を騙した結果です。

経済コラムマガジン 況下の物価上昇
日本では賃金が全く上がらないのに、物価だけが上昇する世の中が来ようとしている。これは明らかに経済政策の重大ミスである。さらに政府は、景気が良くなったと判断し、定率減税の廃止などの増税を行っているのである。
しかし家計の可処分所得は2000年度の298兆円から2005年度の283兆円へ15兆円も減っている。
この状況で消費者物価が上昇しようとしているのである。これからは実質成長率の方も低下するのだ。
筆者はこれを「日本型スタグフレーション」と呼ぼうと思う。これに対して日本国民がどのような反応を示すか興味がある。
自民党の政治家は、官僚から実質経済成長率の数字を使って「日本経済は戦後最長の景気拡大を続けている」と吹込まれている。
何と自民党は、この官僚達の言葉に乗って「経済成長を実感に」というキャッチコピーを参議院選で使っていた。景気が悪く感じるのも「気のせいだ」という言うのである。
筆者は「ばかじゃなかろうか」と思っていた。
国民の実感の方が正しいのである。自民党も方向転換に向かおうとしているが、党内の人材も枯渇しており既に手遅れである。
今後、自民党は混乱した政策を次々と打出してくると思われる。

しかし「2011年のプライマリーバランスの回復」という世紀の大悪方針を完全放棄しない限り、まともな経済政策は行えない


経済コラムマガジン プライマリーバランスの話
先週号で「家計の可処分所得は2000年度の298兆円から2005年度の283兆円へ15兆円も減っている」ことを指摘した。本来、経済が成長して、逆に家計の可処分所得が増えていなければならないのに、逆に減っているのである。その差額が大企業の収益になっていたり、プライマリーバランスの回復に使われていると考えれば良い。
長期金利がわずか1.6%なのに、なんで「財政危機」なのか。
政治家もマスコミも、そして国民も全て騙されているのである。ところが肝腎の政治家の大半が騙されていることにいまだに気が付いていない。


経済コラムマガジン 税派と成長派
表現はちょっと綺麗ではないが、増税派だ成長派だと言っても所詮「目くそ鼻くそ」の対立関係である。筆者は、財政危機が真の問題ではなく、「財政危機」と騒がれることによって、金融・財政政策が間違った方向に走ることが本当の問題と考える。
本当に日本の財政に問題があるなら、日本の国債を誰も買わないはずである。
つまり問題がないものを問題だと騒ぐから、これが本当の問題を引き起すのである。



国民全員が詐欺に引っ掛かって騙された挙句にこのザマです。
詐欺にかけた自民党の一部(小泉純一郎、竹中平蔵、そのお友達の元大蔵官僚木村剛等)も悪いですが、それが詐欺だと知った上で追従し、更に過激で自分達だけに都合が良い方向に政策を変更させた財界も悪い。

現在までに経済諮問会議に参加していた者には、それ相応の罪を問わない事には社会正義の実現などありえません。
20万人の自殺者と、その何十倍かの困苦にあえいだ人の苦しみを償わせる為には、刑罰は上から下まで一つしかありえないでしょうけど。

では、このエントリーはこれで終わります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
この記事を読んだ時、私は思わず落涙してしまった。
なんと哀しい記事なのだろう。

<クレジット>年収200万なのに契約1385万…女性自殺
10月26日3時6分配信 毎日新聞


 東北地方の小さな町で昨夏、50代の女性が海に身を投げた。
 死後、自宅から総額約1385万円のクレジット契約書と封も切られていない大量の呉服が見つかった。
 契約は支払い能力をはるかに超え、返済に窮した女性はうつ病を発症していた。「質素な母がなぜこんな買い物をしなければならなかったのか。(支払い能力の)審査がずさんでなければ、母は死なずに済んだはず」。大手クレジット会社の過剰与信に追い込まれた果ての死を、息子らは悔やむ。

 「これ以上めいわくかけたくないです。そう式もかんたんに」「今度生まれてくる(長男の)赤ちゃん顔見たいです」

 台所のテーブルに置かれた孫の漢字学習帳。9ページにわたり書かれた遺書の字はひどく乱れ、「世界一バカ バカ」と何度もつづられていた。

 昨年6月の早朝。女性は家族の就寝中に家を出て、近くの海岸で変わり果てた姿で発見された。



これが今の日本の姿です。
需要を無理やり作り出している、哀しい姿がここにあります。
亡くなられたご婦人の冥福を祈ります。
ご家族の傷心がいつか癒される日が来ます様に・・・。

三輪は衷心よりお祈りしております。
後半に記事の全文を転載します。私はこの記事を読んで涙が止らないです。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[胸締め付けられる記事]の続きを読む
昨日の産経抄を読んだが、あれは酷かった。どん底に酷かった。
アサヒルなんてレベルではない。

昨日の産経抄で持ち上げていた輩はなんと「浜口雄幸」である。
その浜口が昭和の日本経済、国民の生活を破壊した事をマンセーした本「男の本懐」とやらについても絶賛している。
小池百合子の「女の本懐」とやら言う怪書ともども、日本を破壊した男や破壊に加担している女の本懐とやらは遂げて貰わなくて結構なのだ。

浜口雄幸が何をやったのかはここに書いてある。
破壊を求める者(後編) | 復活!三輪のレッドアラート!
今の時点でまだ浜口雄幸を讃えるのだから、産経新聞も「清算主義」で日本のクラッシュを求めていると考えて間違いないだろう。

こういう連中が保守の皮を被って愛国を叫んでいるのだから世も末である。

破壊を求める保守など居ない。また、破壊を引き起こした者を讃える保守も居ない。
産経新聞も一部の記者を除いては、ほぼ新自由主義者(清算主義左翼原理主義者、売国利権創造派)に乗っ取られているのだ。
まあ、日経新聞よりはずっとマシだが、今回の産経抄にはガッカリした。ここまで無知で低能だと話を聞きたくても聞けないのだ。

読む価値のある正常な新聞は今の日本の何処にもない。
(件の産経抄後半のゴルフ云々については読む価値すらない駄文だった)
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

韓国人多数起用、国連内部で不満高まる

米紙ワシントンポスト(WP)の電子版は21日、潘基文(パン・キムン)国連事務総長が就任して以降、国連内部では潘総長の「韓国への偏愛」を不満がる声が高まっている、と報じた。また、潘総長が最近、崔英鎮(チェ・ヨンジン)前国連大使をコートジボワール特使に指名したことと共に、国連の職員・外交官が「潘総長が母国の利益を優先している」とし不満を示している、と伝えた。

国連高官を務めたレバノン国籍のサンバル氏は「秘書室では韓国人の起用について様々な意見が出ている」とし「韓国人により重要な決定が下されているとの印象を受けている」と述べた。WPは、その根拠に、潘総長が就任した後、韓国人職員が増えすぎたと批判する人の発言を紹介した。前任の事務総長らも、母国の外交官を国連に連れてきたものの、潘総長は就任以降、韓国人職員を20%も増やしたとのこと。

また、批判論者らは、国連のナンバー2とされる金垣洙(キム・ウォンス)総長特別補佐役、韓昇洙(ハン・スンス)国連気候変動特使など管理部門・中間級以上に韓国人が布陣し、既存の指揮システムが揺れている、とした。
 潘総長と側近は「韓国への偏愛」について「人種主義的偏見による誤った見方」との立場を取っている。

今回特使に任命された崔前国連大使をはじめすべての韓国人職員は、十分役割を果たせる有能な人々だとのこと。潘総長は先月、ある会見で「非常に不当である。不当かつ不当だ」と3回も強調し「意図的に私を韓国と切り離そうとしている」と釈明したりもした。WPも、国連内部で韓国の位相がこれまで過小評価されていたとの点も紹介している。

韓国が国連の11番目の財政支援国なのに、潘総長が就任する6カ月前まで国連内の韓国人は54人にすぎなかった。半面、財政支援度の低いフィリピン出身は759人。潘総長が就任した後急増したものの、66人に増えただけだ。WPは、一方では「批判が嫉妬にすぎない」との見方もあるとし、グレッグ元駐韓米大使のコメントを伝えた。同氏は「潘総長がよく知っていて有能な人を連れてくるなら、国連にプラスになるだろう」と述べた。



まあ、韓国人ですからね・・・。こうならないと思ってた人って少なかったんじゃないですか?
しかし、何処の誰に対しても批判批難を受けたら「人種的偏見」(差別ニダ!)と言い返すあたりを見ても・・・・。

でも言われても懲りないだろうなぁwww
こいつらって、「血縁とか民族とかの外側」は全て敵意と反感を持った獣人のうろつく荒野だと勝手に決め付けてるからな。

そう言うのを俗世間では偏執狂的妄想と言うのだけど、中華文明圏の奴隷を1000年間も続けた朝鮮民族だからね。
中国人の抱く、深刻かつ気味悪い異民族への敵意と反感と恐怖と憎悪をキチンと継承しているんですね。(政治家が特に・・・)
悪い所だけ真似ていると言う事だ・・・・。(両斑ってのもこんなんだったんだろうな・・・)
こんなのには町内会の役だって仕切らせちゃいけないのにね・・・。

ま、私の感想はそんな所です。
ところでこの記事ですが「ワードBOX / 西日本新聞」、流石に韓国って国は日本とは違いますね。
次回の選挙対策の為に野党の看板娘の父君の罪を捏造しちゃった訳ですね。
ある意味ここまでやれる男と言うのは凄いと思います。
野党は政権を奪取した後に、キチンとこの件に対して報復しましょう。

今回はキチンと死刑を執行すべきです。その前に拷問やって知ってる事全て白状させたとしても、日本の一部の人達(三輪を含む)からは正しくその意義は理解されますから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
民主・小沢代表「農業輸入規制撤廃すべきだ」と発言 元経団連会長が明かす(10/24 08:46)

 日豪経済委員会会長の今井敬・新日鉄相談役名誉会長(元経団連会長)は二十三日、日豪財界人による合同委員会会議後の記者会見で、今年八月に民主党の小沢一郎代表と会談した際、小沢氏が「農業の輸入規制は撤廃すべきだ」と発言したことを明らかにした。

 今井氏によると、会談の席上、小沢氏は、民主党が創設を主張する農業者戸別所得補償制度の財源について「農業の公共事業をやめればいい。(営農を)集約してもよくならない」とも述べたという。今井氏は会見で、「(民主党は)輸入自由化されても補償すれば問題ないという考え方だ」と指摘した。

 交渉が進められている日豪間の経済連携協定(EPA)をめぐっては、中央財界が政府に交渉促進を求める一方、農業団体や道、道内経済界などが「輸入農産品の関税が撤廃されれば、北海道経済は壊滅する」と激しく反対している。

 この日、東京都内で開かれた合同委員会会議では、日豪EPAの早期締結を求める共同声明を採択。豪側のエディントン会長は「貿易の全体像を見ずに一部分を議論することは間違いだ」と述べた。

******

最近は農民様の影響もあって北海道新聞のWEBサイトを読んでいる。
このEPA絡みの交渉に一番アンテナ立ててるのって北海道みたいだから。
先日も述べたとおり、農産物価格維持と高率関税は両輪であるべき。
そもそもが、何故に他国の産業を破壊する、グローバリストの狂気じみた誘いに乗らねばならないのかと言う事だ。

他国の農業を破壊する自由などどの国にも、世界の誰にも無いのは自明の理だ。
それ以外の意見を持っている者など私は単なる異常者としてしか評価しない。

22で 日本人は泥棒の人殺しになりたいのか
世界中で何故飢餓が無くならないのか?理由は一つだ。
先進国では安い農産物が常に求められているからだ。それを先進国は高い購買力で買い付ける。
買い付けられた農産物は浪費される、蕩尽される。そして「どの先進国」でも農産物の値段は安く抑えられているのだ。

これは日本だけではない。世界中の先進国がそうなのだ。
だから農業関係の交渉は先鋭的で攻撃的になる。どの国の農家も一杯一杯なのだから。
「俺の国で作った農産物をお前の国で俺たちに有利に買え!」と言う主張がGATTからこっちずっと続いている。
前にも言ったが、まさに阿修羅地獄なのだ。その上にオマケもある。

「オーストラリア 干ばつ」でGOOGLE検索をしてみれば良い。
オーストラリアは牧畜と穀物の生産を過剰に何百年も続けて来た。
とうとうその限界点を超えたようだ。日本では干ばつは2年だけと言っているが、実はもう6年続いている。
オーストラリアは大陸ぐるみ「穀物、羊毛、食肉」と言う形で世界中に「水」を輸出してきた。
そのあげくに、温暖化よりも局所的にもっと酷い「climate change」に陥っている。
April 29, 2007 Australia Begins Secret Talks On Evacuating Half Of Continent Due To Epic Drought

これがグローバリズムに最も適合した国の末路だ。
日本人の様に域内循環を考える事のできない民族の辿る末路なのだ。
必然の結果なのだ。
グローバリズムは人を殺す、金を奪う、自由を認めない、独立も認めない、大地を労わらない、ひたすら費消する。
グローバリストが中国人を持ち上げる理由は一つだろう。
グローバリストもイナゴなのだ。中国人と同じメンタリティの持ち主なのだ。

日本人はその事を心に深く深く刻み込むべきだ。敵の姿を見よ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
農林水産省/若林農林水産大臣記者会見概要

記者 民主党の戸別所得補償法案が今週国会に提出されるということなんですけれども、その補助金額、想定される1兆円というところが、農家の間ではかなり関心を寄せている節があるんですが、改めてこの1兆円というものについて大臣はどのようにお考えでしょうか。

大臣 昨日もだいぶ野次が飛びましたけれども、「まだ出してないんだ」という話なんですね。しかも、要綱であって法案も明らかにしていないというようなことを言っておられますから。
実は、要綱と併せて法案もネクストキャビネットの方で了承したというふうに私どもは聞いていますし、皆さんにも公表している話ではありますが、そういう批判を受けている時でもありますから、しっかりと法案が提出された段階で詰めて、我々の考えも申し述べたいと思います。
むしろ、その場合にパシッとものを言ってしまうのではなくて、国会における中身のある論議を通じて事柄が明らかになっていくことが望ましいと、私はそう思っています。



遂に民主党と言うか小沢一郎の必殺攻撃が開始されました。
「農家の所得保障政策」と言う必殺技です。

何故これが必殺技になるのか?自民党には対処不能なのです。
いや、新自由主義云々以前の自民党にも対処不能な攻撃なのです。

詳しくは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[自民党の大慌て]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL176 江田島孔明

 私が、かねてより主張していた米朝国交回復が現実のものとなってきた。
 私の分析手法は、歴史を細かく紐解き、過去の事実から未来を予測するというものだ。

 このような視点で近代以降の朝鮮半島をめぐると、以外に日米の利害の衝突がそこにあったことが見て取れる。
 北朝鮮がアメリカと国交を回復した場合、この歴史を繰り返すことになるのは間違いない。半島をめぐる日米の利権争いが本格化するのだ。戦前はこれが日米戦争の遠因となった。

<参考>
------------引用--------------

年明けにも正常化着手 米、北朝鮮と協議開始へ 2007年10月20日 19時49分
 【ワシントン20日共同】北朝鮮が6カ国協議の合意に基づき、寧辺の3核施設の無能力化や核計画申告などを年内に履行した場合、米国は北朝鮮に対するテロ支援国家指定解除などに続き、早ければ来年1月にも米朝関係正常化に向けた作業に着手、人権問題を含めた2国間協議を開始する意向であることが20日分かった。米政府から説明を受けた複数の米朝関係筋が明らかにした。日本人拉致問題も取り上げられるとみられるが、位置付けは不明だ。

 核施設無能力化の作業は3週間以内に着手される見通しで、6カ国合意による非核化に向けた「第2段階」は既に動きだしている。米国は米朝関係正常化について「北朝鮮の完全非核化」を前提とする立場を堅持しているが、非核化実現に先立って正常化へのプロセスを始めることになる。

 任期切れまで1年余りとなり、米朝関係進展を急ぐブッシュ米政権の姿勢を端的に示しているが、北朝鮮が最終段階で核廃棄にどう応じるかは不透明で、非核化実現と米朝関係正常化のプロセスにはなお曲折が予想される。

------------引用--------------


 今回は、アメリカが北朝鮮と組むことの戦略的意義を検討してみたい。
 そのために、北朝鮮の地政学的意味を、大日本日本に遡って考えてみる。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL176]の続きを読む
テロ特別措置法に関する審議の複雑骨折は見るに耐えないものとなって来ている。

「逆風」発生源の守屋前防衛次官  現テロ特措法成立に奔走
マダム寿司と不仲だったこの人。官民で接待ゴルフやってたらしい。
昨今のご時世では、ちょっとばかり問題となる行動だろうね。

この接待ゴルフの情報は民主党に取っては追い風。なにしろ、こう言う人物に専横をさせていた自民党に、任命責任の全てを問えるから。

けど、民主党にもちょっと頭の痛い問題がある。
なにしろ、小沢代表の持ちかけている「怒りのアフガン」作戦についていけない人多数だからだ。

これでアフガンで死者が出たり、返り討ちにして相手を殺したりしたら、下手すると「民主党政権下での大問題」になりかねないからだ。
小沢代表の言っている事は「国連の決議で決まった事なら国際協力」だけど、「アメリカのごり押しで始まった戦争なら加担の意味なし」と言う事で一貫している。

一貫しているのだが、その指し示す未来は、自民党のお茶濁しの派兵と比べても凄まじく危険な色合いが・・・誰の目にも明らかなのだ。
民主党内では、支持組織もいろいろがたついていると聞いている。

特に連合(旧社会党系を多く取り込んでいる)などは「このまま自民党政権が続けば大変な事になる」とはわかっているが、小沢代表の危険な路線にも反対している。
反対しているのだが、岡田元代表の恐ろしい寝返りを見た後では、小沢代表に捨てられた場合の事を考えると到底現路線には反対しきれまい。
(911選挙での岡田代表の連合切捨て、その後の構造カイカク派路線の継続で、連合それ自体が大打撃を受けた。)

ともかく、構造カイカク路線から民主党を引き剥がしてくれた小沢代表の英断を支持する向きは多い。
多いのだが、小沢代表のやっている事に対して深い理解をしようとする者、やり遂げた後に得られる何かを理解している人は少ない。

いや、実際アフガンに派兵するなんて事になったら、その派兵に最も反対するのが自衛隊そのものだと言う事をどれ程の人が理解しているのかだ・・・・。
そこらを良く考えてみれば良いのだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

経財諮問会議 消費税最大17%試算 25年度見通し 社会保障膨らむ

 内閣府は17日の経済財政諮問会議で、社会保障と負担の中長期試算を提示した。
 2025年度に最大31兆円の増税が必要で、全額消費税で賄った場合、税率は約17%になる。
 最小でも8兆2000億円の増税が必要で、税率は8%を超え、財政健全化への険しい道のりは明らか。

 与野党の財政再建論議にも影響を与えそうだ。

 試算は民間議員の指示でつくった。
 諮問会議で、増税額の試算を提示したのは初めて。25年までの見通しは、11年度までに基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を均衡させることを前提に、名目成長率や歳出削減額、医療・介護給付水準‐の条件を変えて8ケースを試算している。

 このうち、11年度までに14兆3000億円の歳出削減が達成できた場合、12年度以降に医療・介護給付水準を維持しながら財政健全化を進めるには、国民負担が11兆‐12兆円増え、医療・介護の公的支出の国内総生産(GDP)比は1.5‐1.6倍に拡大する。
 この条件で12‐25年度の債務残高のGDP比が増えないようにするには、名目成長率が3.2%の成長ケースで14兆4000億円、2.1%の制約ケースで28兆7000億円の増税が必要となり、消費税換算ではそれぞれ税率が11%、16.5%となる。

 医療・介護給付を約3割削減し国民1人当たりの負担を維持する場合でも、25年度には成長ケースで7兆6000億円、制約ケースで20兆4000億円の収支改善が必要で、対応する増税額はそれぞれ8兆2000億円、24兆1000億円になる。


つまり、今後は社会保障費用を軒並みぶち壊して歳出削減を行うと・・・。
つまり、今後は大増税を行いつつ、財政均衡をごり押しすると・・・。
つまり、今後は一切国は国民の為には何もしなくなる。ただただ税金を取るだけの存在になると・・・・。

凄いねぇ。誰だよ?こんなキチガイどもに票を入れたのは?ええ?
これが小泉カイカクの行く末だよ。わかってたけど、とうとう本気出して来たと言う事だろうね。

さあ、国民がこれ以上騙されてくれるかな?まあ試してみれば良い。
もうこれ以上何を言っても誰からも信用されないよ。
「財政危機は嘘である」「カイカク路線は出鱈目だった」そう言うデマゴーグの撲滅運動こそ、今後あるべき政治の方向だと思うね。

いや、デマを信じたいなら信じれば良い。そう言う人には額に「革」と言う文字を刺青で彫り込んで、その後はその人達だけ消費税を永遠に17%取ってあげたら良い。
他の人達まで巻き込んじゃいけないけどね・・・。

私はそう思う。
ともかく、小泉カイカクを信じて来た人達。結果は出た。
もういい加減目を覚ませ。三輪が二年も言い続けて来た事なんだ。
現実を直視したら、二年前に君達にも三輪と同じものが見えて居た筈だよ。
一刻の猶予も無い。これ以上愚かな幻想に浸っている余裕は無い。
小泉カイカクは嘘だった。
このままでは日本は再起不能の貧困のどん底に叩き込まれてしまう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
いよいよ反米を明らかにし始めたIMF。
この機関は、元来第二次世界大戦後に「経済的に劣る国家を支援し、南北問題をできるだけ解決しよう」と言う、そう言う崇高な目的で作られた。
ブレトンウッズ体制と言う、今では死後になってしまった枠組みの中で生まれた機関だ。

国連と同じく内政不干渉をその主義の中核として抱き、決して悪意ある態度を特定国に見せる事はなかった。

以前は。と言う事だが・・・・。
今のIMFは反米反日反韓国、親中の国際機関の筆頭で、おまけに南米諸国を借金漬けにして、毎度アルゼンチンをグチャグチャに撹乱しては金を毟り上げている。
かつて世界第五位の経済大国だったアルゼンチンが、IMFのおかげでどれ程の苦しみを味わっているのか・・・・。
どれほど内政干渉で虐めあげられているか・・・・。

後半で、IMFの最近の妄言を論ってみよう。もはや戦後のよき時代は二度と帰って来ない。
IMFを見ているとそうとしか思えないのだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[IMF大暴走!]の続きを読む

米大統領選、「軍資金」ではクリントン氏が圧倒
 【ワシントン=貞広貴志】連邦選挙委員会は15日、次期米大統領選の各候補の陣営が提出した7~9月期の資金収支報告を公表した。

 候補指名に向けた最初の予備選・党員集会が3か月後に予定される中、今後の情勢のカギを握る「手元資金」で、民主党のクリントン上院議員が5046万ドル(約59億円)と圧倒的な優位に立ち、バラク・オバマ上院議員(民主)の3608万ドル(約42億円)、ジュリアーニ前ニューヨーク市長(共和)の1664万ドル(約20億円)などを大きく引き離した。

 手元資金は、「軍資金」と呼ばれ、各陣営の勢いを占う指標とされる。主要候補が軒並み手元資金を減らす中、四半期ごとの献金額で初めてオバマ氏を上回る約2700万ドル(約32億円)を集めたクリントン氏は、手元資金でも6月末の4500万ドル(約53億円)から10%以上積み増した。

 一方、選挙戦が始まって以来の支出額は、クリントン氏が3863万ドル(約45億円)だったのに対し、オバマ氏は4384万ドル(約52億円)を使った。それでも最新のFOXテレビの世論調査によると、クリントン氏の支持率が前月調査の43%から7ポイント伸びて50%に達したのに対し、オバマ氏は6ポイント減の18%と、逆に差が開く展開となっている。


もう次回の大統領選の民主党候補はヒラリー・クリントンで決まりのようだ。
ヒラリーの反日媚中ぶりはつとに有名だが、その事を今や公言している。

「アジア外交は中国基軸」クリントン候補が外交政策
 【ワシントン=五十嵐文】次期米大統領選で民主党の最有力候補と目されるヒラリー・クリントン上院議員(59)は15日、外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」に、大統領に当選した場合の外交政策を発表し、この中で、アジア外交では中国を基軸とする方針を打ち出した。

 クリントン氏は、中国との関係が「今世紀において、世界で最も重要な2国間関係となる」と指摘。
 北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議で、北朝鮮の核関連施設の無能力化に関する合意を達成する上で「中国の支持が重要だった」と強調し、同協議を基に「北東アジア安全保障」の枠組みを構築すべきと提唱した。

 気候変動問題などに取り組むため、日米中3か国による共同計画を検討していくことや、オーストラリア、インド、日本、米国4か国の枠組みでの対テロ協力の強化などに触れたが、日米同盟については指摘しなかった。


つまり、日本も台湾も北朝鮮も韓国も、アメリカは中国に管理を一任する様になると言う事だ。
なんとも素晴らしい未来ではないか・・・・。

これは共和党に是非頑張って頂きたいものなのだが、生憎アメリカの方のメディアによる洗脳は日本なんて目じゃない位に凄いのだ。

テレビの政治広告費、30億ドル突破の可能性 米調査

ワシントン(CNN) 米大統領選と総選挙が行われる来年に向けて候補者や利益団体、労組、企業が支払うテレビの政治・意見広告費が30億ドル以上と、前回大統領選が行われた04年(17億ドル)の2倍近くに膨らむ可能性があることが、TNSメディア・インテリジェンスと選挙運動メディア分析グループ(CMAG)の調査で明らかになった。

こうしたテレビ広告費は昨年1年間で23億ドル。製作コスト低下に伴い、テレビ広告は地方選の候補者にも手が届くようになった。

利益団体が地方選に合わせて今年年初から支払ったテレビ広告費は620万ドル。
また、今年1─9月の意見広告費は全国で2億7000万ドルだった。
題材はイラク政策から通信改革まで広範囲にわたり、医療保険のみでは6000万ドルにのぼった。

CMAGによると、今年の意見広告費2億7000万ドルのうち300万ドル余りは、来年の総選挙で激戦が予想される選挙区に集中したと見られている。
大統領選の予備選が終了するまでの期間や総選挙の期間中には、各団体がより積極的に広告を展開し、候補者を批判すると予想される。

民主党と共和党の大統領選候補者17人のテレビ広告費は、8億ドルを突破する見込み。
これまでのところ、予備選挙が早く実施されるアイオワ・ニューハンプシャー・サウスカロライナの各州で重点的に放送されている。
来年2月5日に予備選を行う20数州では、数カ月内に放送が開始される。

候補者別では、共和党のミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事が860万ドル近くで首位に立っており、今年の放送回数は1万1000回以上と、選挙戦の現段階で歴代最高を記録した。
これとは対照的に、共和党候補者の中で支持率トップのルディ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長は、既に全国区の知名度を獲得しているため、テレビ広告を放送していない。

民主党の候補者は、バラク・オバマ上院議員が230万ドル余り、ヒラリー・クリントン上院議員が100万ドル。ビル・リチャードソン・ニューメキシコ州知事は200万ドルで、議員や外交官などのキャリアをユーモアを交えてアピールするテレビ広告が奏功し、知名度が向上した。

現在のところテレビ広告に積極的なのはロムニー氏と一部の民主党候補者にとどまっている。
ただ、今月末までには有力候補者全員が広告を開始し、予備選が近づくと残りの候補者も追い上げを図ると予想されている。


もう、日本なんか目じゃない位にコマーシャリズムで政治が行われていると言う事だ。
思わず溜息が出て来る。こんな国に生殺与奪の権利も含む防衛を依存しているのは間違いだとしか思えない。

今後はアメリカは全く頼りにならない。そう考えた方が正しいかと思われる。
かと言って、中国に依存するなどもっと馬鹿げているのだが。
今の日本ほど国家と民族の生存存続が危機に瀕している国家など、世界史に現れた一億人を超えた巨大な国としては類例があるまい。

まともに防衛する事も憲法上許されていないのだから。だから私は憲法第9条は間違っていると思う。
国民の生存権の否定だからだ。皆も上記の記事を良く読んで、日本の未来を考えて頂きたい。

では、このエントリーはひとまずこれで終わります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

「要請を実現したい」/細田幹事長代理前向き

 【東京】自民党の細田博之幹事長代理(元官房長官)は十六日午前、沖縄戦「集団自決(強制集団死)」への日本軍の強制を削除した高校歴史教科書の検定問題への対応について、「本道に戻したい。(県民大会実行委員会の)要請内容を実現したいと思っている」と述べ、検定意見撤回や記述の回復に積極的に取り組む考えを示した。
 十一万人が参加した県民大会の実行委員会要請団に答えた。
 実行委はこのほか、社民党の福島瑞穂党首、公明党の太田昭宏代表や浜四津敏子代表代行、池坊保子文科副大臣らにも要請。
 教科書協会も訪ね、今回の検定で意見が付された五社の担当者らに記述の訂正を要請した。

 要請団の約百七十人は同日、七班に分かれて関係先を回り、検定意見の撤回と記述の回復を含めた四項目を要望。
 実行委員長の仲里利信県議会議長や高嶋伸欣琉球大学教授らのグループは自民党本部に細田幹事長代理を訪ね、検定意見の撤回などを求めた。

 仲里委員長らによると、同席した河村建夫広報本部長(元文科相)も「教科書に歴史の事実が書かれなければ、文部科学相はきちんと直すよう監督指導する責任がある」と述べ、文科相の責任で対応する必要性を強調したという。

 仲里委員長は要請後、細田幹事長代理の発言について「力強い話があり大きな前進だ」と歓迎。
 高嶋教授も、河村広報本部長の発言に「政治家の責任の在り方を示したいい発言」と評価した。

 一方、実行委幹事の伊波常洋県議(自民)らのグループは、自民党沖縄振興委員長の山崎拓衆院議員を平河町の個人事務所に訪ねた。
 山崎氏は冒頭、「超党派の県民大会は県民の総意としてしっかりと受け止めたい。沖縄振興委員会でも、この問題で何かできることがあるか検討している」と述べ、党として対応する姿勢を明らかにした。

 面談は非公開だったが、伊波県議らによると山崎氏は「子どもたちに教える立場から、軍部の関与については事実上元に戻すことを希望しており、そうなると予見している」など、記述回復に前向きな姿勢を示した。

 検定意見の撤回については「制度の問題があるが、今後起こらない仕組みを必ず確立する」と述べ、検定意見撤回以外の手段で解決に取り組む考えを示した。

 要請団の要望は(1)検定意見の撤回と記述の回復(2)教科用図書検定調査審議会の速やかな再開催(3)審議の公開と審議会への沖縄戦研究者の参加(4)沖縄条項の確立―の四点。

小沢氏、国会決議に意欲 「政府・文科省と戦う」

 【東京】民主党の小沢一郎代表は十六日、国会への「沖縄戦『集団自決(強制集団死)』の教科書検定に関する決議案」提出について、「民主党の認識は一致している。政府や文部科学省に対して戦っていく」と、意欲を示した。
 十一万人が参加した「教科書検定意見撤回を求める県民大会」実行委員長の仲里利信県議会議長らの要請団に答えた。

 検定手続きの見直しなどを求める同決議案提出をめぐっては、自民党執行部から反対意見が相次いでいるほか、民主党内からも「全会一致」の慣例を重視し「多数決ではできない」(平田健二参院民主幹事長)との異論が出ており、めどが立たない状況に陥っている。

 小沢代表はこれまで、「参院の判断、運営に任せている」と述べ、事態を静観する構えを見せていたが、今回の発言は従来より踏み込んだものといえる。

 仲里議長らによると、小沢代表はそのほか「政府は審議会に責任を負わせるような格好でやっているが、真正面からはっきりと政府の言葉を言わなければならない」と述べ、同問題をめぐる政府の対応を非難。

 その上で「歴史の事実は一つ。その事実を歪曲することは厳にあってはならないし、それは自分たちもただしていく」と述べ、県民大会で決議した検定意見の撤回や記述の回復に前向きに取り組む姿勢を示したという。


昔から沖縄県民が最も嫌っていた「歴史教科書への政治介入が沖縄県民によって」確定的に正しい方向性だと認定された訳です。

今後の歴史は政治家が作っていく事になるでしょう。
沖縄県民は自分達が被害者の子孫であり、その悲しみは償われるべきだと思っているのでしょう。
つまり、特権的被害者階級だと言いたい訳です。救済の方法がありませんな。ははは・・・・。

ともかくも、沖縄県民は一時の利益の為に、自分達が常から言っていた事を簡単に曲げました。もう取り返しは今後絶対につきません。
政治の方向がどっちに変わっても泣き言は今後言わないように。

私からは以上です。卑劣な愚行の報いは、いずれ必ず自らに降りかかるでしょう。
今は一時的な勝利に酔っていれば良いと思います。沖縄県民は馬鹿だ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
先頃よりの柳生すばる関係のエントリーと、それに対する反響に対して少しまとめを行って起きますね。

果名様よりのコメント

心中的には、私は反中反朝なのですが、かといって極右や極左に傾倒する方々はどうも理解できません。

私は神職保持者なのですが、例えば靖国問題において当事者の一角である神社本庁の友人から、小泉元首相や一部極右が政治パフォーマンスで扱う事の方が許せないと聞きました。例えが悪いのですが、日本の左右両論にある方は、どうも当事者を置いてけぼりにし感情にて、ただ事を荒立てるイメージがあります。

荒立てる以上は何らかの目論見があるのかと思いますが、火をつけて消す算段がないという状態がこれらの方には多いように見受けます。


こちらに名無し様からお返事がありました。

名無し様のコメント

神社本庁は靖国に関係ありません。靖国神社は神社本庁の管理下にはありませんから。
西村はトイレ建設に絡み神社を攻撃して今や関係団体は大変な制約を受けてます。将に彼らや、よーめん一味は害悪としか言い様がないのに、自分達こそが正しいとは…元々あった場所に建て替えるだけで馬鹿みたいに騒ぎ立てて計画を潰し神社と関係団体の関係を悪化させただけですね。


私はチャンネル桜出身のブロガーですが、ご無沙汰しているチャンネル桜の方でも、かなり西村修平は大暴れしたとの事です。
彼奴と彼奴の取り巻きはただただ暴れるのだそうです。

その後の後始末など考えても居ない。
私が柳生すばるの米国旗毀損事件を聞いた時に思った事をそのままここで書き記します。

私は「ああ、柳生は乗せられたのだな」と思いました。
ぶっちゃけ大嫌いな奴ではありますが、柳生すばるは新風連と言わず、結構評判が良いのです。
「良く喋る」「人懐っこくてどこか憎めない奴」でも、あのブログを見れば欠点も一目瞭然です。
あの男は「思った事、関連した事を吟味せずに口に出す男」「調子に乗せられると自制なんかできない男」なのです。

多分あの運命のデモの日の前に、よーめんとかと話してたんじゃないですかね?で、思い立ったが吉日で、手前が例によって一番悪乗りしてしまったんじゃないかとね。
その後によーめんが柳生を煽る煽る。もう誰が糸引いてたか丸わかりに理解できてしまった。

むかーし、自分の相方に刺青した奴が居た。それを思い出したね。
西村修平一味って、瀬戸様に刺青しちゃったんじゃない?「反米右翼」って言う文字の刺青をね・・・。
そう言う風に見えて仕方が無いね。
有難うございます。黙認も同罪ですよね。

雨四光様からのコメント
私は国士としての極右を支持したいのであってウヨクの支持は出来ないです。

この先も新風連の暴走は続くのでしょうね。日本唯一の国士の集う政党が出来ると心踊らせたあの時が懐かしいです。

追伸:数年前の瀬戸さんの逮捕は知っていましたが西村氏の件は勉強不足故知りませんでした。こちらは後日調べてみる事にします。


まさにそれが彼等の狙いでしょう。
瀬戸様は街宣系の活動ではなく、日本を如何にして救うかの模索を始めておられた。
彼の使命はまだ終わっていない。まだ政治家としては若い部類だから、やり直すチャンスは何回でもある。

けれど、多分西村修平一派の狙いは、そう言う瀬戸様の方向を捻じ曲げる事にあると思う。
瀬戸様は議席を取れなかった事で苦しんでおられたし、落胆も一入だった筈。
その後に彼奴等は新風連の中枢に入り込み、暴徒集団として纏め直した。

私は瀬戸様に昔言った事がある。「破壊を志向しないで下さい」と。
まさに連中はその反対を狙っている。「暴力をちょっと振るう位は元気のある証拠だ!法に触れる事も行動しているんだから仕方ないぞ!」とね。
如何にそれが馬鹿げているかは皆も知るとおりだ。このままでは新風は次回の選挙で大打撃を受けるだろう。

正直言って、私は新風など実は応援していない。私が応援しているのは国士たる資質を持つ瀬戸様だけである。私は彼だけを実は応援しているのだ。
彼に可能性を与えてみたい。きっと我々の期待に彼は応えてくれるだろう。
けど、今の新風連を見ているとこりゃ駄目だなと・・・。しか思えない。

獅子身中の虫とは彼奴らの事そのもの。私は「憲法第9条以外の全ての条項の護憲派」である。
彼奴らは憲法の他の規定、結社集会の自由、言論の自由も意に介さない輩である。
無秩序、disorderの化身と言える。社会を腐らせる毒素なのだと。
私は怒りを込めて彼奴等を糾弾する。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

日本国債格付け見通し上方修正 「財政」巡り慎重見方も フィッチ

 欧州系の格付け会社フィッチが9日、日本の長期国債の格付け見通しを「弱含み」から「安定的」に上方修正した背景には、景気の回復基調が続くとの見通しを受け、財政の健全化も進む可能性が高いと判断したことがある。
 しかし、格付けそのものの引き上げまでは踏み込まなかった。
 フィッチは、日本の財政について「引き続き日本の格付けの足かせ要因」と指摘し、なお慎重な見方を崩していない。

 国内景気は、上場企業の今年3月期決算が2年連続で過去最高を更新する見通しで、2004年度の税収も、好調な法人税収により予算段階で見込んだ額(補正後、約44兆円)を上回るとみられている。
 財政再建に向けても、政府は、経済財政諮問会議や財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、歳出の削減と、増税を含む歳入増を一体にした改革を本格化させる方針だ。

 だが、国と地方を合わせた長期債務残高は05年度末で1年前を34兆円上回る774兆円に上る見通しで、国内総生産(GDP)の約1・5倍と諸外国に比べ著しく高い水準に悪化している。
 財政再建の議論も、社会保障給付費の削減など具体論になると、関係者の意見対立が続いている。
 国内の景気も、高止まりしている原油価格や、米国や中国経済の動向によっては腰折れする不安を抱えたままだ。

 米国の大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、04年3月に日本国債の格付けの見通しを「弱含み」から「安定的」に上方修正したものの、格付け自体は02年4月に引き下げた「AAマイナス」から変えていない。
 日本国債の格付けそのものを引き上げるには、政府が具体的な財政再建の道筋を示すことが不可欠になっている。



三輪から一言。

やかましいわ!野次馬が!!!

手前らに一円一銭でも国債を日本が買って貰ったかよ?
偉そうに外野がグダグダ言うなや。ええ?

と言う訳で後半に続く・・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[アメリカの評価]の続きを読む
お前なんか前から相手にしていないし、今後も相手にするつもりはない。

構って貰えると思い込んでトラバを送ってくるのは止めろ。

うちのブログは真面目に日本再生の道を模索するサイトなんだ。

お前等の所みたいに愛国芸人がサヨクを叩いてドツキ漫才したり、愚民がケッタイな踊りを踊ったりするバラエティサイトじゃない。

そこんところを良~く理解するように。
お前みたいな輩からのTBがサイトにあったら、学術書に落書きされたように見えるんだよ。
お前のサイトなんかそんなもんだって事。今後はTB送って来ないように。

お前みたいな暴徒と、私は何等の関係も無い。
刑法犯として訴えられない様におとなしくしてる事さえできない輩が・・・。
汚らわしいから今後は訪問も止めて欲しい。
お前みたいな自制心の無いタイプは私は嫌いなんだ。お前って朝鮮人より余程醜い。

ともかく、今後は一切お互いに係わり合いを持たないようにしよう。
ストーカーと関わりをもって楽しい正常人は居ないと理解してくれ。最後の一欠けらでも理性が残ってるならそうしてくれ。
(まあ多分またTB送ってくるだろうな。理性も自制心も良心もなーんも残ってない、肥大した自尊心だけの抜け殻だからな。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL175 江田島孔明

今回は、福田政権により、ついに動き出した、「日朝関係」の今後を検討してみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL175]の続きを読む
たまにはこっちから先手を取ってTBしますねw
晴耕雨読 - 既に日銀は「国債引き受け」を行っています

【たけ(tk)さんの引用】

「郵貯・簡保はピークからは減少しています。高齢化にともなって、必然的に世帯の貯蓄率が減るので、今後も、一層減少します。
・・
生命保険である簡保の、死亡保険金の支払いと満期支払いも今後、増加します。
・・・
今と将来の郵貯・簡保に、資金の増加余力はないのです。330兆円の郵貯・簡保資金とは言っても、現金・預金はたった9兆円に過ぎないのです。」

******

さて、このほかに、日銀の台風の目のあの方についても少し話ちゃいましょう。
では後半に♪(10/14 8:00にエントリー完成しました)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[日銀の水野と言う人]の続きを読む

トルコ、駐米大使を召還 「虐殺」決議案への対抗措置か 2007.10.12 CNN

ワシントン(CNN) トルコ政府は11日、米国に駐在するセンソイ大使を本国へ召還した。
米下院外交委員会が、第一次世界大戦当時のアルメニア人殺害を「大虐殺(ジェノサイド)」と認定する決議案を承認したことへの対抗措置とみられる。

エルドアン・トルコ首相の外交顧問、バギス氏は同日、訪問先の米ワシントンで記者団に、「一部の米議員が強硬姿勢を主張しているようだ。こちらも手加減はしない」と述べた。

同氏はさらに、フランス議会が昨年同様の決議を出してから、仏機がトルコ領空に一切入っていないことを指摘。
決議案が米下院本会議で採択された場合は「仏と同様とは限らないが、なんらかの措置を取る」と言明した。


決議案を提出した米民主党議員らは、12日にも本会議での採決に持ち込みたい構えを示している。

米国務省のケーシー副報道官は、「召還は確認していない」としたうえで、「大使が呼び戻される理由はほかにも考えられる。いずれにしても、トルコ当局に対するわれわれの説明努力を制限するものではない」と述べた。

また、外交委のラントス委員長(民主党)はCNNとのインタビューで、「トルコ政府が米国と対立することはないだろう。かれら自身の利益にならないからだ」との見方を示した。
一方、下院軍事委員会のスケルトン委員長(民主党)は、決議案への反対を表明する書簡をペロシ下院議長に送った。

スケルトン氏はこの中で、トルコからの反発を招くことにより「イラクからの米軍撤退が妨げられる可能性がある」との懸念を示している。

外交委では2年前にも同様の決議案が承認されたが、この時は本会議での審議には至らなかった。


なにも議会の外国勢力に撹乱されているのは日本だけではない。
移民による活力付与が国是であるアメリカではもっと酷い。

けど、今回のこの事件はかなり危険な様相を呈している。
トルコの地形はロシア、ヨーロッパ、アラブ諸国の連接点にある、地政学上の要衝であり、欧州の火薬庫バルカン半島も含め、トルコの協力の有無は実際戦略の死活的要因が局面によっては変化してしまう程なのだ。
そんなトルコに対して「日本は全然怒らなかったから、トルコに対して侮辱しても大丈夫だもーん」とばかりに、下院のいつもの連中がいつものアメリカ節を歌った途端にこのザマ。

はっきり言って、アメリカのボケは日本より更に酷いとしか言えない。
こう言う決議を行って何の国益が生じるのか、誰かに説明されないと理解できないものなのか?
はっきり言って異常の一言である。

アメリカは戦争に負けたくてこう言う事をしているとしか思えない。

後半でも少しアメリカの異常行動を記す事にする。
お読み頂けたら幸いに思います。


↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[アメリカの迷走]の続きを読む
参考となるだろうコラムが見つかったのでお披露目させて頂きます。

長州新聞 漁業権制度壊す規制緩和 山口県1漁協合併問題 食糧生産つぶし米国隷属 2006年5月31日付

 二井県政は県1漁協合併をごり押ししたが、その結果山口県の沿岸では、漁業破壊が一気に進んだ。
 県漁協支店とされた旧漁協は財産を巻き上げられた上に軒並み赤字を計上、漁業権の売り飛ばしが広がっている。
 問題は自民党林派による信漁連の預金食いつぶしであったが、県一漁協合併はそのような問題のない全国各県でもやっている。
 県一漁協合併をすすめた力は、ヤクザも顔負けの権力の力であったが、それは水産国としての歴史をともなってつくられた漁業権制度を、外国並みになくしてしまえという外資、大資本が要求する規制緩和・自由化の政治であることを教えている。

 小泉政府は、農業とともに漁業もつぶしてしまう政治を意図的に実行しているのである。

 それは農漁民の生活の問題だけではなく、食糧生産を破壊してしまって、飢餓になりたくなければアメリカのいうことは何でも聞かせるという飢餓作戦であり、日本民族全体の問題である。
 山口県の漁協合併問題は終わったわけではなく、問題山積となって矛盾はますます鋭いものとなっている。
 漁業を守る漁民のたたかいは全民族的な支持と共感を得て第二段階にはいっている。



******

こういう出だしから始まる、農林水産行政を糾弾する文章ですが、グラフなどもきれいに整備されており、見ごたえのある記事と言えます。

どうぞ皆様もご覧下さいませ。

構造改革と日米同盟を堅持 破綻した自民党の新内閣

安倍のお膝元で頑張っている方々は本質論に気がついている様ですね。
ま、真実を皆が知る事は良い事です。報道の価値はそこにしかないですから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
この言葉について知ってる人は?
意外と少ないだろうな。そう言う新しい造語だからね。
さて、この「新たな公」と言う代物を考察して見てよう。

後半に♪

(お勧めサイトのアピール)
喜八様の郵政民営化凍結キャンペーンに参戦なさったあやこ様のサイトはこちら。
22で 個人主義で幸せになった人はいない
ゲキガンガーを心から愛する一華お嬢のサイトはこちら。
前見て生きろ!
(ルリちゃんにしかなれなかった艦長に幸あれと願いつつ・・・)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[「新たな公」と言う代物]の続きを読む
小沢氏団体 家賃収入980万円 政治資金規正法違反か 2007年10月9日 夕刊

 民主党の小沢一郎代表の資金管理団体「陸山会」(東京)が、政治資金で買った東京都内の二つのマンションを財団法人などに貸し出し、二〇〇六年末までに計九百八十万円の家賃を得ていたことが九日、政治資金収支報告書で分かった。

 政治資金規正法は政治資金の運用を預金や国債など三項目に限定。
 それ以外の運用を禁じている。
 総務省は一般論として「不動産賃貸が投機目的なら三項目以外の運用となり規正法に違反する疑いがある」としている。

 陸山会は「総務省に『賃貸は問題ない』と確認した。(賃貸の)目的は資産運用ではない」とコメントした。

 収支報告書などによると、陸山会は一九九四年十一月に東京都千代田区のマンション一室(約七十九平方メートル)を、同年十二月に港区赤坂に一室(約十七平方メートル)をそれぞれ購入。
 政治団体名で登記できないため、名義は小沢代表となっている。

 千代田区の物件は当初、事務所として使用していたが、〇四年九月、日米の民間交流促進を目的とした財団法人と陸山会が賃貸契約を交わした。家賃は月額二十万円。

 港区の一室は当初、外国人秘書の居宅だったが、〇一年十二月末、国内外の政治経済を研究するコンサルティング会社と賃貸契約を結び、陸山会は月額七万円の家賃を受け取っていた。

 陸山会は〇六年末まで、この財団法人とコンサルティング会社から、家賃計九百八十万円を受領したと収支報告書に記載している。

******

 今日もふって湧いた様な「政治と金」の問題が取りざたされています。
 マスコミは小沢代表に対して攻撃を行っていますが、何故かその際に「小沢代表直系の政治団体が総務省に賃貸契約の是非を先に伺っていた事」を報道しません。

 総務省に伺いを立てた事でも駄目となれば、今後の政治と金の問題はどうやっても解決不能と言う事になります。
 また、この場合、「日米の民間交流促進を目的とした財団法人」とやらに無料で不動産を貸し出した場合は一体どうなるのか?
 それは「利益提供」と言う事になります。贈与と何等変わりない行為になるのです。
 むしろその方がもっと「政治と金」の問題を深刻化させる事になると思います。

 つくづく小泉の作り上げた路線と言うのは、日本国の政治をマトモに機能させない為の路線だったのだと、最近痛感しています。
 こんな調子でマトモに運営できる国など世界中の何処にもないでしょう。

 まあ、こう言う言語道断の輩の悪事がばれたので、慌ててカウンターパンチを放ったつもりなのでしょうけど・・・。
中国新聞ニュース 役員が逢沢議員に献金 融資焦げ付きの伊豫商事
 今回の自民党側の問題は深刻過ぎるね・・・。多分牽制にもならないと思う。
 逢沢一郎 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 ちなみに、この逢沢一郎氏は見事な位の「特定アジアに媚びる議員」で「怪童のお友達」だったりします。
 オマケにジェンフリに理解あるグローバリスト♪
 扱い小さ過ぎるね、マスコミの方々。庇い過ぎだよ・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
参考エントリー カオスの極み、世界農業交渉の舞台 | 復活!三輪のレッドアラート!

限界集落 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

限界集落(げんかいしゅうらく)とは、過疎化などで人口の50%が65歳以上の高齢者になり、冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になった集落のことを指す。



さて、どうしてこんな事になったのかのそもそも論を考えて見ましょう。
自民党は随分以前から農家の所得保証制度を怠っていたのです。(昔はいろいろと妥当性はあったのですが・・・。)
10年や20年じゃありません。戦後ずっとなのです。
自民党の国民からの支持が長期で低落傾向にあった理由はこれだと思います。
都市部では各政党が乱立し、浮動票を集めるのに汲々としなければなりません。挙句登場したのがあの小泉純一郎と政治芸人達です。
自民党は戦略的に大きな間違いをしでかしたと考えて間違いないでしょう。

保守政党の強さの源泉は何か?浮動票に踊らされずに農村などの固定票を得る事にあった筈です。
それが今や自民党は地方組織を破壊し、農村を虐待し、今回の選挙では浮動票にまで見捨てられました。
売国マスコミが自民党を倒したと言う意見が政治ブログには多かったですが、表層的な何の穿ちもない軽い意見だと思います。
本来の(まともな政治を行っている)保守政党ならば、マスコミが何を言おうとビクともしない筈なのです。

自民党の敗因は地方の自治体に余りに無神経な暴虐を加え続けた事、その当然の反動を食らっただけなのです。

今の日本の有様とは「都会には安い賃金の職しかなく」「地方に帰れば職自体がなく」「地方の現在の職も破壊されようとしている」と言う地獄の様な有様です。
この自民党の政策は明らかな失政の結果であり、言語道断としか評価できません。
結局、小泉は演説の仕方だけはヒトラーを真似できた様ですが、ヒトラーがドイツ国民の職を確保したからこそ支持されたと言う事は理解できなかったようです。
自民党の人材の払底は深刻です。頭数はたくさん居るのですが、使える政治家は極僅かです。次の選挙では軒並み地獄に叩き落してクリーンアップするのが正しいかと思われます。

新自由主義、グローバリズムを信仰する様な奴等には政治家の資格がそもそもないのですから。
あるいは人間を名乗る資格それ自体がないのかも知れません。
他人様に危害しか加えられない輩に、何の社会性を見出せるでしょうか?
少なくとも私にはそう言う勘違いは無理です。とっても心が狭い男ですので・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
構造カイカクとは何なんだろう?
結局この一言で言い表せるのではないか?

自民党と癒着した企業の政商化と・・・・。
政商ってなに?と言う人はこのURLをご覧下さい。

政商 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

>政商(せいしょう)とは、政治家や政府高官との結びつきを利用して経済活動上の特権を得たり、政策を自己の利益に有利な方向に誘導した事業家、企業のことを指すが、もともとは明治期に登場したこのタイプの事業家を意味する歴史的範疇である。


最近の自民党のやる事と来たら、「国際競争に勝つ為に大企業のインフラを国費で建設する」と言う事がやたらに多い。

世界中の物笑いになりながら、自由競争とやらに勝手に日本を叩きこんで、「努力すれば日本は勝てる!日本の弱い産業が弱体なのは鍛え方が足りないからだ!」とのたまうのだ・・・・。

例えばオーストラリアと日本の耕地は1800倍も規模が違う。
これは普通の人間(65kg程度)と比較すれば50g程度のカブトムシ位の体格差がある事になる。
だれか人間と格闘して勝てる50gのカブトムシを見かけた方は三輪に教えて頂きたいと思う。
あるいは人間が戦車と素手で格闘して倒す方法とかね。

そう言うのを真面目に考える奴と言うのを、俗世間ではこう言う「異常者」あるいは「狂人」と・・・・。

三輪のレッドアラートで「異常者」や「狂人」と言う言葉を頻繁に見かけ、気分を害しておられる方々も多い事だろう。
しかし、今の日本の舵取りをしている者達には、本当にこう言う異常者が多いのだ。多過ぎるのだ。

その異常者達が更に今回も不愉快極まりない反日謀略を仕掛けて来ている。
その事を後半で書こうと思う。では後半に続く。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[構造カイカクとは何か?]の続きを読む
竹中平蔵が大きな力を未だに有する総務省。
その総務省がとんでもない事をやらかしました。

実はこれと同一の事例が韓国でも起きています。
ENJOY KOREAで日本人が韓国人を盛大に馬鹿にしていた事例なのですが、どうやら日本の方がもっと深刻らしいです。

韓国では無能な役所の手違いでしたが、日本の場合は総務省が確信を持って「自衛隊に国を守らせない」と言う方針である様ですから。

「民業に触る事は官のタブー」と言う風に、国防ですら聖域を設けない、たとえそれが一億三千万の国民の生死に関わる事でも聖域を設けない。
これもカイカク真理狂、市場開放原理主義者の仕業と言う事です。
では後半で。 

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[韓国を笑えない日本]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。