独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在の自民党政権、あるいは自民党と言う政党は全くのキチガイ政党だと言っても過言ではありません。

自民党のやっている事は、「貧しい家の中で、娯楽の為に家族同士で喧嘩させて遊んでいる父親、母親」と言う喩え方がピッタリです。

こんな事をする親はキチガイですが、今の自民党はそう言う事をやって本当に家の中が上手く行くと思っています。
ぶっちゃけた話、家族の強い者が弱い者を殺したとしたら褒める親なのです。

「カイカクの成果だ」と言って、古い企業を無理やり潰してほくそえんでいたのは、小泉竹中コンビでした。
そんな連中の姿を、新聞を読んで恐ろしいと思えなかった日本人と言うのは、全くの愚民揃いなのだと思います。

さて、後半で自民党が日本にどんな闘争を持ち込んだのかを説明します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[今後の日本を占う(その4)]の続きを読む
スポンサーサイト
2007/08/30-12:41 臨時国会で衆院解散目指す=民主・小沢代表が決意表明

 民主党の小沢一郎代表は30日午前、都内で開かれた同党女性自治体議員らの会合であいさつし、「今度召集される臨時国会は大きな政治的な転換点になる可能性もある。その結果いかんでは衆院選で皆さんに迷惑を掛けることがあるかもしれないが、それが政権への道だ」と述べ、10日召集予定の臨時国会で衆院解散に追い込む決意を示した。

 小沢氏は、参院選で自民党が大敗しながら続投を決めた安倍晋三首相について「議会制の本旨を全く理解していない」と重ねて批判。
 その上で、臨時国会に関して「参院で国民サイドに立った法案を提案して可決し、衆院で『さあ自民、公明両党はどうするんだ』という構図にしていく。国会で(の論戦を通じて)国民のさらなる審判をしてもらいたい」と強調した。

******

前回のエントリーで書いたとおりに、安倍内閣が日本の農業を破壊してしまうならば、それより先に民主党に内閣を解散して貰う以外に手はないと言う事になる。
しかし、ここが小癪な所なのだが、自民党は次回の衆院選を早める事は自殺行為だと理解している。
衆院で圧倒多数であれば、総理大臣は自民党(あるいは公明党?)から出る事になるのだから 、そう言う美味しい仕掛けは手放せないのだ。

自民党は何故敗北し続けるのか?あるいは小泉内閣で何故自民党は一回だけ勝てたのか?
そのキーワードは「不安」と言う事なのだろう。
後半でその日本人が感じている不安について述べましょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[今後の日本を占う(その3)]の続きを読む
復活!三輪のレッドアラート! 戦前回帰

こちらでも述べていたとおり。日本は現在グローバリズムの恐るべき攻撃を受けています。
日本は金を持っているので、日本に高く農産物を買わせ、その為に日本の農業を破壊するというのが、現在のグローバリスト達の中間目標です。

今回の農林水産大臣は食わせ物だと言う事が既にわかっています。

遠藤農相“農水だけは本当に嫌だった”

 内閣改造から一夜明けた28日、各省庁で新大臣と旧大臣の引き継ぎが行われた。笑顔を見せる大臣の中で、大臣が2代続けて政治とカネの問題で交代した農林水産相に就任した遠藤武彦氏は「農水だけは嫌だった」と愚痴が止まらなかった。

 所属する山崎派の会合に出席した遠藤氏は大臣就任を祝う拍手の中で「農水だけは嫌だった。本当に嫌だった。ここだけは行きたくないと思っていた」とうつむいた。午後5時ごろには引き継ぎの書類を渡されると、「書類以上に重たい気持ちです」と、ひきつった笑みを浮かべた。27日の就任会見でも「一番最後まで残ったポストを振られたわけだから、実は参ったなと思った」と話していた。

 農林水産相の人事は、ひときわ注目を集めたポストだった。事務所費問題を追及されていた松岡利勝氏が自殺。後任の赤城徳彦氏にも事務所費問題が発覚、その後、顔にばんそうこうを張って公の場に現れて大騒動となり、7月の参院選惨敗の大きな原因になったとみられている。

 さらに、新大臣には「世界貿易機関(WTO)の農業交渉で自由化の波に乗らざるを得ない厳しい状況が待っている」(永田町関係者)という。

いずれにしても、最も厳しいポストであることは確か。「次の農相は誰がなるんだ?」との推測が乱れ飛んでいた。

 今回の改造の裏を知る政界関係者によると、まずは党選対総局長を務めた谷津義男衆院議員に中川秀直前幹事長が打診したが、谷津氏は選挙惨敗の責任を理由に断った。さらに、安倍首相の盟友、中川昭一元農相、武部勤元幹事長にも断られ、最後に押しつけられたのが遠藤氏だという。遠藤氏は武部氏が農相を務めた際の副大臣を務めており、その際の手腕を買われて幸か不幸か!?白羽の矢が立ったようだ。

 政治評論家・浅川博忠氏は「WTOの結果で農業関係者の票を減らすことを恐れてみんな断ったのだろう。遠藤氏も選挙区は山形なので、本来ならやりたくないポストだったのでは」と指摘した。

******

彼のホームページには「EPA反対」とか「民主党の農業政策は出鱈目」とか、好き放題書いてあります。
しかし、規定路線としての地方破壊を既に安倍改造内閣では含めている訳ですか・・・・。

後半でおさらいの意味も込めて、この農相の口走った事の中身を説明致します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[今後の日本を占う(その2)]の続きを読む
三輪はずっと日本が暗い方向に突入しているのを見続けてきた。
以前は自民党を信じていたのだ。そう、私はバリバリの自民党支持者だった。

しかし、ある日を境にそんな自分に耐えられなくなった。
それが911選挙であるが、それ以前にも三輪は苦しんでいた。
いろんな事を知っていたから苦しんでいたのだが・・・。

まあ、後半でそれらについて少し。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[今後の日本を占う(その1)]の続きを読む
さて、その理由は何なのだろうか?
安倍政権の支持率低下の理由は一つである。
右翼も左翼も正視しようとしないが「経済の失速と生活不安」これに尽きる。

日本国民はイデオロギーの好きな人達から見て「まことにだらしない」と思われる程に堅実なのだ。
今回、私が「安倍改造内閣は既に終わった」と思ったのは与謝野馨氏の入閣を見てであった。

この人って「大増税論者」なんですよね・・・・。
それが「増税しない」「経済規模それ自体を大きくする」と言う事を明言した。
でも、何故か「均衡財政に向けて公共事業は削減する」と言う方向らしい。

なんか矛盾してる様に思えるんだが?
ともあれ、与謝野氏さえもが増税を黙ったと言う事は実は大きい。
次は高村氏と額賀氏の動向。この人達は明白な財政出動派なのだ。
この人達の意見をどう容れるかと言う事になる。

正直言って、今の自民党の支持率が40%そこそこなのは、私の様に様子見の人達が多いからと言っても過言ではなかろう。

経済を知らずして愛国を語るなかれⅣ Re: Re:二点だけコメント 投稿者:ケーキ屋

>●額賀が高橋是清になってもだめです。
>安倍が犬養毅に同時にならなければなりません。
>それは絶望的に無理だな、と思っています。
>何しろ政調会長が石原の息子で、大田女史が留任ですから。
>あきらめました。

トロロ様のご意見ですが、石原慎太郎は「経済のパイが縮小している日本の、その僅かなパイを全部東京に集中させた勢力の筆頭」です。
つまり、「東京一極集中利権勢力」のエージェントなんですね。
日本の地方は「東京に全てパイを食べられて飢えている」と言っても過言ではありません。
まだこの上に公共事業を削減して、東京にだけ予算を落とす事を考えてるんですから、もう何を考えているのかと小1時間問い詰めたいですね。
地方の代表者50000人くらいで。特に生活困ってる人達で。

まあともかく・・・。ちょっとだけ様子見してみようと言う気になりました。

本日のニュースで瀬戸様も取り上げておられた『ネットカフェ難民』の事を沢山の新聞社が報道していました。

ネットカフェ難民「自力で脱出は困難」 その日暮らし、貯金なく

日本の社会には貧困層が増えて来ている。
これが小泉カイカクの結論なのだ。
日本全体をカマガサキ化し、貧困に叩き込み、中国と賃金ベースで同等に落とし込んで競争力を強める・・・・。

狂人の思考だが、それが小泉カイカクだ。
安倍総理は小泉路線との決別を決意すべきだ。
そうすれば『道は開ける』とだけは忠告しておこう。
今日の支持率アップは『小泉カイカクとの離別』を国民が期待しているが故の支持率変動なのだ。
それを見間違えてはならない。もう散々間違えたのだ。

国民は後何度もチャンスをくれる訳ではない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「女子の本懐」も未練チラリ 小池前防衛相が退任会見

 次期防衛事務次官人事をめぐる守屋武昌次官との対立で話題を呼び、内閣改造前に再入閣しない意思を表明していた小池百合子前防衛相。27日のお別れ記者会見では、2カ月に満たない任期を振り返り「女子の本懐という気持ちだ。2年くらいの内容があった」。ただ、マッカーサー元帥の言葉を引いて「国防についてはアイ・シャル・リターン(私は必ず帰ってくる)という気持ちで頑張っていく」とも語り、未練ものぞかせた。

 小池氏は7月、原爆投下に関する失言で引責辞任した久間章生氏の後任として、初の女性の防衛担当相となった。安倍内閣の看板大臣としての役割を期待され、参院選の応援演説に引っ張りだこだった。

 しかし、8月に入ると次期次官人事をめぐり守屋氏との対立が表面化。守屋氏の抵抗で自らの人事案が否定されたことについて、小池氏は会見で「はてなと思うところもあったが、結果的には私も官邸も納得して人事が決まり、組織の命令系統は維持された」と指摘。「新しい人事体制、適材適所の活性化に道筋を付けた」と、在任期間が4年を超えた守屋氏の更迭を成果としてアピールした。

 安倍晋三首相が小池、守屋両氏の痛み分けの形で人事問題に決着を付けたことを「見事な決断だった」と評価したものの、首相の決断の遅さを指摘されると「ノーコメント」と答え、複雑な心境をのぞかせた。

******

自分自身を「日本占領軍の総司令官に喩える元防衛大臣」ですか?
凄過ぎてコメントのしようがありませんね。
しかもこの言葉って「自分たちの植民地を奪取された時の言葉」でしょう?

つまりこの人は「アメリカの力を借りてもう一度防衛大臣になりたい」と発言しているんじゃないですか?

この人って、閣議で決めるべき事項を、勝手に自分の案を作って、マスコミを利用して「抵抗勢力の捏造」まで行っても挽回できずに解任されただけでしょ?

今回の事件は、彼女がどんな人間か証明されてしまったと言う事で画期的でしたね。
もう今後は大臣に就けるなんて、危なくて誰も考えないでしょう。

今後彼女が「私は帰って来た」と発言した時には、早晩日本の敗北は免れがたいと言う事になるんでしょうかね?

そもそも、自身をマッカーサーと喩える政治家なんて、絶対危ない奴だとしか思えないです。
そんな事した人って、今まで居たんですか?前代未聞でしょう?と・・・。


↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「失われた信頼を取り戻す」内閣改造で首相が記者会見

 安倍首相は27日夜、首相官邸で記者会見し、内閣改造について「失われた信頼を政治に行政に取り戻すために、新しい内閣のメンバーで全力を尽くし、成果をあげていきたい。内政、外交様々な課題に対応していくため、強力な布陣を作った」と強調した。

 参院で第1党となった民主党への対応について、「民主党、野党の声にも耳を傾けながら、建設的な議論をしなければならない」と語った。そのうえで、11月に期限が切れるテロ対策特別措置法の延長に関し、「全世界がテロとの戦いを進めており、日本の貢献が期待されている。民主党、野党にも理解してもらえるよう努力したい」と強調した。

 また、都市と地方の格差について「地方の格差に配慮すべきだ、というのが参院選で受け止めた教訓だ。そうした声にも丁寧に耳を傾けて政策で対応していかなければならない」として、地方の活性化に努める考えを示した。

******

古賀派:麻生太郎幹事長
前岩手県知事:増田寛也総務相
伊吹派:伊吹文明文部科学相
無派閥:与謝野馨官房長官
山崎派:甘利明経済産業相
高村派:高村正彦防衛相
無派閥:舛添要一厚生労働相
津島派:額賀福志郎財務相
町村派:町村外相
谷垣派:いない
公明党:冬柴鉄三国土交通相

経団連:大田弘子経済財政を新自由主義外国人に売り渡す会幹事

中川酒、閣外追放(米国への配慮)

派閥会長らベテラン配置 安倍改造内閣が発足
>与謝野氏は27日午後の記者会見で、17人の閣僚名簿を発表。
>政策推進の基本的な姿勢に関し「地域経済、高齢者、中小企業、年金受給者など(に配慮した)、温かい改革でなければならない」と指摘し、地域間格差の是正を重要課題と位置付ける考えを表明。
>一方で「財政再建路線は小泉内閣と異なるものではなく、そのレールの上を安倍内閣も走っている」との認識を示した。

******

経済コラムマガジン 06/10/2(453号) 安倍政権の発足にあたり

>筆者は、安倍政権のポイントは経済財政諮問会議の進め方と見ている。
>小泉政権のような強引な進め方をすれば、自民党自体が持たないと考える。
>特に地方の自民党支持組織はさらにガタガタになるであろう。
>今回の新内閣では経済財政諮問会議を担当する経済財政担当大臣に大田弘子氏という超軽量級の人物を充てた。
>筆者はこれを安倍政権の経済財政諮問会議軽視のサインと見ている。

>しかしもし筆者の予想に反して、経済財政諮問会議が独走すれば興味ある結果になるであろう。
>大田弘子氏は、構造改革派、市場原理主義者、財政再建派の中でも急進派の人々の支持を受けている人物である。
>大田大臣が口を開く度に、自民党の得票が100票、1000票と減って行くのである。

経済コラムマガジン 06/10/9(454号) 安倍政権の生産性

>日本の経済政策がこのように窮屈なものになっている原因は、「プライマリーバランスの回復」というもう一つの基本政策の存在である。
>この結果、財政再建と経済成長を同時に達成するという矛盾した政策目標を実現するという何とも奇妙な発想の政策が生まれるのである。
>これまでこの矛盾は、特別会計の黒字幅の縮小と大量の為替介入で解消されてきた。

>日経新聞を開けば、今日の財政再建政策と経済成長は矛盾しないという解説で溢れている。
>証券市場関係者の「これまでの小泉政権の財政再建路線が安倍政権でも踏襲されることで安心感がある」という間抜けな声まで紹介されている。
もし財政支出の削減や増税をすれば日本の経済が成長するのなら、「10年後にプライマリーバランスの回復」なんてけちなことを言わず、ただちに財政支出を半減させ、大増税をどんどん行えば良いのである。

とまあ・・・・。結局馬鹿は死ななきゃ直らないと言う事は良くわかった。
少しでも安倍晋三に期待した私が馬鹿だった。

これで拉致被害者の奪還も不可能になった。
今後は経済問題で失策を重ね、反省できなかった事を責められ、安倍内閣は民主党に止めを刺されて解散し、自民党は消える。

拉致被害者の家族会は、安倍政権のアドバルーンとして記憶され、白眼視の対象になる事だろう。
保守政党だった自民党は、左翼系の経済カルト思想である新自由主義経済思想に乗っ取られ、遂に解体の運命を甘受した。

自民党は新自由主義経済思想と心中する事を決めたのである。
さようなら、自民党。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL168 江田島孔明

今回は、米国でのサブプライムローン問題に見られる株価下落と、シーパワー連合の将来について検討してみたい。

私は、数年前より、アメリカが製造業を捨て、金融業中心の産業構造をとっている以上、いつかは、バブルが崩壊すると睨んでいた。

そして、バブル崩壊後、アメリカは大恐慌以前の状態に戻るとも考えていた。
90年代はインターネット、2000年代は住宅ローンで、それを何とか先送りしてきただけだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL168]の続きを読む
さて、自民党の役も随分決まってきた様だ。
この最後のチャンスを活かせなければ、もう自民党に明日はない。

はっきり言うが、もう安倍政権の後には、自民党は何も残らないだろう。
クーポン選挙による勝利とは、そう言う副作用を伴ったものなのだ。

小泉純一郎の様な、自民党などどうなっても構わない。
自分だけの利得以外に興味がない。そんな男以外には使えない手だったのだ。

後半に自民党再生に向けての処方箋を書こう。
(まだ書いてる最中ですが、流石に2回原稿が消えたら・・・懲りましたw)
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[日本再生のラストチャンス]の続きを読む
世帯の所得格差、過去最大に…厚労省調査の05年ジニ係数

 厚生労働省は24日、世帯ごとの所得格差の大きさを表す2005年のジニ係数が0・5263で、過去最大になったとする「05年所得再分配調査」の結果を発表した。

 同省は、一般的に所得が少ない高齢者世帯の増加が主な要因と見ているが、「非正規社員と正社員の所得格差などが影響している可能性も否定できないとしており、次の臨時国会などで格差問題を巡る議論が活発化しそうだ。

 同調査は、3年ごとに実施されている。ジニ係数は0~1の間の数字で表され、格差が大きいほど1に近づく。

 今回の調査では、ジニ係数が前回を0・028ポイント上回り、初めて0・5を超えた。例えば、全体の25%の世帯が所得総額の75%を占めた場合などに、ジニ係数は0・5となる。

 公的年金など、若い世代から保険料を徴収し、高齢者に配分する社会保障の効果を加えると、ジニ係数は0・3873で、前回を0・0061ポイント上回って過去最高だった。ただ、前々回や前回とほぼ同水準であることから、厚労省では「社会保障の効果も加味すれば、格差に大きな変化はないとも言える」としている。

 一方、世帯の所得額は465万8000円で、前回調査の510万8000円から約45万円減少した。世帯の種類別でも、一般世帯578万2000円(前回609万5000円)、高齢者世帯84万8000円(同92万円)、母子世帯191万1000円(同201万3000円)と、いずれも減少した。

 07年度経済財政白書によると、欧米各国のジニ係数はドイツが0・26(2000年)、フランスが0・278(同)、アメリカが0・37(同)などとなっている。慶応大の樋口美雄教授は「日本で格差が拡大しているのは間違いない。低所得者をサポートする政策や30代のフリーターが正社員になれるような能力開発などが必要だ」と指摘している。

*******

本日も強烈なミスリード全開ですね。<読売新聞
雇用形態云々以前に、正社員でも賃金下がってるんですよ。
特に公務員でね。

専門スタッフ職 公務員制度改革にどう生かすか(8月23日付・読売社説)
この社説はどう読んでも意味不明。

>専門スタッフ職に起用するのは、初年度は50人程度という。超過勤務手当などがなくなるため、年収で100万円から200万円の減収になる。
>それでも専門スタッフ職になりたい、という人材が輩出するようにすることが大事だ。

キチガイの作文?年収がそれだけ減るような専門スタッフ職なんかに誰が就きたいかね?
ってか、これって「公務員には既にWCEが適用されてるって事」なんじゃないか?
で、こういう逆風下では、公務員も人間なのでこうなる。
地方公務員に「心の病」急増、背景に職員の負担増
今年の三種公務員の応募は史上最低だそうだ。
出生率云々じゃなくて、こんだけいじめられている悲惨な職場に応募するなら、まだフリーターであった方がマシかも知れないと言う事だろうね。

*******

ところで、私は安倍晋三を見直し始めた。

年金問題で異例人事、社保庁長官に総務省OBの坂野氏
なり手がいないと思われた社会保険庁長官に、総務省OBを起用した。

これは指導力だろう?
前任者の「使えない損保ジャパンのナンバー2」を追い出して、役所の行政事務一筋の総務次官を担ぎ出したと・・・。
ここで更にわかるのは「どんなに辛くて苦しい仕事でも、公務員は命令一つで逃げずに引き受ける」と言う事だ。
恐ろしい役回りだし、引き受けても良い事はない仕事なのに、公務員ならば絶対に引き受けるのだ。
これがマスコミと国民の一部お馬鹿な層が叩いている公務員のもう一つの顔だろう。
死ね殺せと言われながら戦地に赴く軍人と変わらない勇気だな。

坂野さん、三輪は応援致しますのでどうか頑張って下さい。
だらしない金だけ考えている民間人の後釜で大変でしょうが、ここは営利で動かず国益を考える公務員の心意気を見せて下さいな。

「新しい閣僚に任せたい」小池防衛相、留任しない意向表明
この人が辞めて良かったよ・・・・。
奥田健次の教育改革ぶろぐろ部: 見たか、小池百合子の悪魔っぷりを

腐臭を放つ寿司は捨てられて当然・・・。小泉残滓だしね。

社長兼雑用係Rokuzanの日記 07年08月25日(土) 小池百合子・・嫌なキャラだねぇ

安倍総理がKYと呼ばれいているそうだが、Koike Yurikoも日本語読みだとKYだなと・・・。今おもた。
空気読めてるんだけど、空気良くできない。腐臭強過ぎるね。
「貴方小泉さんの子分でしょ?あたしもそうよ、でも次の総理は私なのよ。わかってる?」って感じミエミエ。
こんなのどうやっても使えないわ。小池百合子女史邪悪過ぎw

「広報戦略で完敗」「危機管理能力欠如」…自民参院選総括
これはマスコミの流しているデマである。真相は以下のとおり。

経済コラムマガジン04/7/26(354号) 自民党大敗北の要因分析

なによりも、最近のマスコミが流しているデマは「小泉政権を911選挙で勝たせてしまったのはマスコミだ」と言う事をマスコミが自覚しているせいでもあるだろう。
マスコミとしては、そう言う罪を自分達が着せられるのは嫌に違いないからw

経済コラムマガジン 06/9/25(452号) ポスト小泉の経済論議

>これまで小泉政権下で経済低迷が続いても「それは構造改革が進んでいないから」と大嘘がつけた。しかし5年半も小泉政権が続いた結果、そのような嘘はもはや通用しない。
>実際、ほとんどの人々は世の中が良くなったとは思っていない。
>それどころか将来に不安を感じる人々の割合が大きくなるばかりである。

>今日、「日本経済の低迷は構造改革が進んでいないからうんぬん」と従来のセリフを吐けば、人々に蹴飛ばされるのがオチである。
>これを察知したのか、小泉政権の末期を迎え、構造改革派は急に口をつぐんだ。
>かくして日本から経済論議が消え失せたのである。

>自民党内で小泉首班に賛同した政治家は「小泉構造改革で日本の将来はバラ色になる」と言っていたはずである。
>ところがポスト小泉で、自民党は「改革の傷を癒す政策も必要」と急に言い始めた。
>5年半も小泉改革政権が続けば、日本の社会もバラ色になっているはずなのにである。

だから安倍内閣も変化しつつある。
安倍首相、内閣改造・党人事で地方重視の人選
これに対する牽制も入って来ている。またこの人から。

2007/08/23-12:15 内閣改造「暴れ馬使いこなせ」=改革後退なら退陣要求も-自民・武部氏




議員辞職しろよ、武部先生。今すぐ議員辞職だ。

「構造改革とは貧富の差を広げる事」であり、「規制緩和とは弱肉強食の掟を流布させる事」であった。

ナチスドイツは「若者には近くの敵と自動車を与えておけば統治が簡単だ」と言い放ったらしい。一面の真理だ。
自分が豊かで満ち足りていると思わせれば、国民は政府を信用するのだ。

20代の暮らしぶり地味、貯蓄意欲は高め・日経調査
それに比べて日本政府の統治はどうだ?
こんな萎縮した若者が増え、満ち足りていると言う意識の欠片もない、統治しにくい国民が激増しているのだ。
今こそナチスの経済政策だけでも見習うべきではないか?その徹底したケインズ政策を。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL167 江田島孔明

 今回は、政局の真の焦点である、「都市と地方の対立」について、述べてみたい。

 まず、55年体制に見られる、自民党の長期政権は、経済政策や社会保障政策において、修正資本主義を採用し、中間層を分厚くすることで長期政権を維持してきた。
 自民党は、実は福祉や労働政策等において、野党の政策を先取りしている面もあったのだ。

 次に、自民党の果たした役割として、都市と地方の所得再分配機能が上げられる。
 簡単に言えば、一旦国に集めた税金を補助金や交付税の形で再度地方に分配することで、国土の均衡ある発展を図るという機能を果たしてきた。

 自民党の長期政権とは、「業界と官界と政界と地方組織が癒着した、一種の社会主義政権」とも言うべき実態を備えていた。日本は戦後西側の一員として、自由主義陣営に与していたという言い方がされるが、実態は大きく異なる。
 この様に、「内政の社会主義すなわちランドパワー体制」は、その淵源を太平洋戦争遂行のための国家総動員体制にまで求めることができる。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL167]の続きを読む
今回紹介するブログは『賭人の独り言』と言うブログです。

http://tafu.iza.ne.jp/blog/

このお方、実はある有名なブログの執筆者の一人です。
私は知っていて、他の知る人ぞ知ると言うお方ですが、間違いなく愛国系のブロガーです。
今後は当サイトのリンクにも入れて置きますので、どうかご贔屓に願います。

サイトのスタンスとしては自民党に期待する系列です。
その点は三輪のレッドアラートとは大きく違いますが・・・。
それぞれのスタンスと言う事です。

私自身はこのサイトの方向性を好ましく思っています。
皆様の訪問と応援に期待します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
自・民大連立、中川氏「検討に値する」 鳩山氏は否定

 自民党の中川秀直幹事長は21日の記者会見で、参院選の結果を受けて一部の学者らが提案している自民、民主両党の「大連立」に関して「よりよい日本をつくるための改革を考えて与野党が歩み寄ることが(参院選の)民意に応える道だ。謙虚に考えるべきだ」と述べ、検討に値するとの認識を述べた。

 その上で、条件として「お互いに『政局第一主義』ではなく、必要な改革を前に進めるという共通の立場に立つことだ」と指摘した。

 これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は党本部で記者団の質問に答え、「自民党が参院選で惨敗したから大連立だとの発想には傾かない。選挙で国民の期待をもらったが、『自民党と連立しろ』との発想ではない」と述べ、実現の可能性を否定した。

******

いよいよ自民党もトチ狂って、民主党に一緒にカイカクしようと持ちかけて来ました。
これに乗るほど民主も馬鹿ではない模様です。

それどころか、民主としては、自民党の暗部を今まで以上に暴ける立場になったので、こう言う方針を採りそうに思えます。

「改革」という名の「売国」を暴く|大和ごころ。ときどきその他

今後は竹中平蔵氏が、身内の有限会社スリードに広告を不正に、高価過ぎる金額で丸投げした疑惑や、中川幹事長が自分の醜聞をもみ消す為に機密費を流用した疑惑その他諸々、が裁かれる方向に向かうのではないでしょうか。

もしそうならば、国民の望んでいる「悪をぶち殺すサーカス」が自民党の行って来た出鱈目をネタに、郵政のでっち上げサーカスではなく、本格的な議員辞職を伴う本物の粛清劇が繰り広げられる事になるかも知れません。

それを一番怖がっているのが中川幹事長でしょうけどね・・・。
そうは問屋が卸さないと言う事でしょう。

あるいはこれで自民党はなくなるかも知れない。
けど仕方ないでしょう。悪魔に魂を売ったらこんなもんです。

でも・・・もしかしたら、自民党議員の自殺が本格化するのって、これからなんですかね・・・・。
そんな事をちょっとだけ考えてしまいます。

まあ、精々頑張って下さい。>自民党の方々

公明党、「安倍離れ」模索・参院選惨敗で太田氏ら不満

あちこち大変ですが、国民の為の政治を忘れて、国民を騙していればよいと高を括っていた罰です。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
中国、太平洋の東西分割提案か 米軍は拒否

 17日付の米紙ワシントン・タイムズは、キーティング米太平洋軍司令官が最近訪中して中国軍事当局者と会談した際、中国側が、太平洋を東西に分割し東側を米国、西側を中国が管理することを提案したと報じた。米側は拒否したという。提案の詳細には触れていない。

 米太平洋空軍のへスター司令官は「空間を誰にも譲らないのが、われわれの方針だ」と記者団に述べ、西太平洋地域を米軍の影響下に置く必要性を強調した。

 米政府内の親中派の間では提案に前向きな受け止めもあったが、国防当局は西太平洋の覇権を中国に譲り渡す「大きな過ち」だと主張。日本などアジアの同盟国との関係を台無しにしかねないとして断ったという。(共同)

******

この記事ですが、産経新聞以外では触れていません。
最近見た記事の中では、もっとも刺激的かつ危険な記事です。

こんな事を普通に口に出せると言うのは、中国がソ連等よりももっと危険で厚かましい、正気の国ではないと言う証拠と言えます。

つまり、「日本、台湾、フィリピン、ベトナム、タイ」等の国は全て我々が属国とする。
アメリカは南北アメリカ大陸に引っ込め。そう口にしている訳ですから。

「選挙の神様」ローブ氏、ヒラリー議員を攻撃 共和党の勝機強調

共和党も、ここまで日本を食い物にして弱体化させなかったら、中国にここまでの差し出口はさせなかったと思います。
けれど、今後は中国も本気で五輪の後を考える時期に入って来るでしょう。
さて、自民党は新自由主義のカルト信仰と心中しそうな雰囲気(あまりに表現が穏やか過ぎますか?)ですし。

日本の国を守ると言う事の重要性が今後いやますばかりでしょう。
けれど、その為には何をしなければならないのか?
安倍内閣の打倒です・・・。それは間違いない。

口先だけの愛国心、実態は富国貧民の献金狙い外資誘導。
こんな売国奴を一刻も早く追い出さない限り、日本の方向変換はままならないでしょう。
新自由主義者の駆逐、農村の再興、公共事業の拡充、それらを全て行う為には・・・政界再編しかないでしょう。
安倍内閣は自民党の幕引きを一刻も早く行うべきだ。
その後はよりマシな動きが出現する事だろう。
少なくとも今より悪くなる事はありえない。

それにしても、あらゆる意味で自分が見えてない連中ですね。
中国共産党ってのは・・・。
自国民を殺しまくる権力を持ってたら、世界の王様になったと勘違いしちゃったんでしょうか。
こんな国とは断交あるのみでしょう・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
昨日の夜買って来たパソコンゲームですが・・・・。
はい、またまたシヴィライゼーション2の別のCDを買っちゃいました。

シヴィライゼーション2 プレミアムパックと言う代物です。
一体何年シヴィライゼーション2やってんだよ!と自分で突っ込んでしまうくらいやりこんでます。

今回のは前のTEST OF TIMEより更にシナリオが増えてます。

なんと!なあんと!
マスター オブ オリオンとマスター オブ マジックのシナリオがある!
思わずやっちゃったぜ!
まずはマスター オブ マジックのシナリオ。選んだマスターはライフのアリエル(もしかして人魚姫なのか?)。
獅子の魂も、大いなる治癒も、高らかなる祈りも使えないけど、大天使とかユニコーン使えまくり。キッチリ完勝。

次はマスター オブ オリオン。種族は人間、民主主義で国際連合状態なので強い強いw(マニュアルの記述はどう考えても嘘だとしか。)
ダーロックのスパイ能力もなんのその、巨大戦艦(タイタン)を量産してまずダーロック、次はクラコンを撃破。
エラリアンとノーラムも後2時間以内には全て潰しちゃう予定。
2回目はやはりダーロックでスパイ三昧を楽しもうかと思う。

このCDさえあれば、後2年位は楽しめそうな予感するね。(ホントに三輪って安上がりw)

しかしなんだね、シヴィライゼーション2のBGM。
日本人には馴染み深い音楽だったりする。
おーたまじゃくしはカエルの子♪って言うあれ。

アメリカの民謡らしいが、本当の歌詞ってどんなのなんだろう?
まあ、でも三輪の頭の中ではあの歌詞が自動変換されて

愚かな異教徒達の血で、アラブの大地を染め上げろ♪オスマントルコもぶっ潰せ!ベドウィン戦士の進撃だ!
って言う、100年前のアラブでの流行歌になってしまう訳で。

余計な知識は妙な雑念に変化するのだと・・・。身を持って思い知ってしまう今日この頃ですw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
この国は少し変だ!よーめんのブログ : おまえら正座して見てるんだろうな?!

感激した!感謝します!素晴らしい!僕もマネします!

と、言ったコメントが少ないようですが・・・?

暑い中皆様方におかれましてはますますご健勝の事とお喜び申しあげます。
さて、このたび、私たち"河野談話を白紙撤回する市民の会"が鬼畜左翼どもを相手に体を張って戦っている姿を「身を清め、正装の上、正座をし、涙を流して」見ている事と存じあげますがいかがな物でしょうか。(笑)

今、日本人に不足している事は”国の為に戦う”と言う日本人古来の武士道精神ではないのか?と常々感じる今日この頃でございます。

******

この「国のために戦う」と言うのが、こいつの場合は違法な反外国デモであり、韓国人と全く同じ暴徒化する事です。

しかし、こんな事を正気で口にできる輩が居るんですね?本当に。

こんな異常者と提携しているようでは、次回の選挙でも新風は0議席だろうな。
少なくとも、私はもう新風を応援するつもりは一切なくなった。

はっきり言って愛想が尽きた。
こんな醜悪なものばかり見せられたらやってられないからね。

こう言う自己陶酔が充満した放言やら、見るに耐えない大言壮語を吐いて、違法なデモをやらかして、居直って・・・。
そう言う輩を容認している時点で、新風には日本を叩き直す力など無いと、そう私は確信した。

この程度の屑一人も矯正できない新風に、日本の何が変えられると言うのか。
期待していただけに残念さも一入だ。

本当に残念だ。しかし、もう新風は諦めるしかないだろう。
こんな醜態を何度も何度も見せられては、日本人なら絶対に嫌になる。

三国人と同じ土俵、同じ精神性に降りてしまい、品性や品格を失ってしまった自称日本人。これが新風の新しい方向性なのだから・・・。
新風に期待した者の多くは、今やドン引き状態ではないか?

少なくとも私はドン引きに引いている。
嫌悪感で身が震えている、虫唾が走って我慢ならない。

もう潮時だろう。さようなら新風。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
薬物大量押収、国際密輸組織関与か・4中国人を逮捕

 堺市の倉庫で大量の覚せい剤や大麻などが押収された事件で、中国やカナダにまたがる国際的な密輸組織の犯行の疑いの強いことが13日、大阪府警薬物対策課などの調べで分かった。逮捕された中国人4人は中国本土からの指示で、大阪港で陸揚げされた積み荷を受け取り、倉庫に移すだけの「運び役」だった。府警は、日本の暴力団も関与しているとみている。

 押収されたのは、約155キログラムの覚せい剤(末端価格約93億円)と、約280キログラムの乾燥大麻(同約11億円)、合成麻薬MDMAとみられる錠剤68万錠・計206キログラム(同約27億円)。いずれも昨年1年間の国内押収量を上回った。

******

以前の麻薬覚醒剤と言えば、北朝鮮産が質も量もダントツだった。
何故北朝鮮産の覚醒剤が高品質なのかと言うと、それは旧帝国海軍の常備薬としてのヒロポンが北朝鮮に工場が置かれていたからだ。
覚醒剤と言うのは、製造過程で異様な悪臭を発生させるのだそうだ。

それで当時の僻地だった北朝鮮に覚醒剤の工場が置かれたと言う事。
その工場を使って、連中は何十年にもわたって日本向けの覚醒剤を製造していたと言う事。
なのだが、最近は少し事情が違ってきている。

中国製の麻薬や覚醒剤が増えてきているのだ。
その製造場所はどこか?カナダである。

北京五輪の前準備として、中国人は麻薬の製造拠点を海外に移転した。
国土が広く、未踏の地も多いカナダがその移転地として選ばれたと言う事だ。

多分だが、カナダ政府は中国人のやっている事を認識していると思う。
知った上で中国人の仕業を傍観しているのだと思う。
あそこの国は、5000万円以上のお金と、ちょっとした雇用を行えば簡単に永住権くれる国だから。

違う意味での拝金主義って事だろうか。
あるいは、アメリカに敵対的な国のエージェントであるが故に、確信犯で導き入れているのか。
いずれにせよ、外国と言うものは一筋縄で動く相手ではない。

友好親善ばかりに目を奪われている国は、何をどうやっても弱い国なのである。

それにしても、北朝鮮の覚醒剤云々で、私が思い出したのは、暴力団新法が発布され、日本人の暴力団の力を殺いだ結果、山口組をはじめとして、日本の暴力団の団員に韓国人が激増した事だったりする。
日本人を屁とも思わない連中が覚醒剤を売りまくり、見事な位に子供にまで覚醒剤汚染が広がった。
それから北朝鮮に対する風当たりが強くなり、北朝鮮産の覚醒剤が入ってこなくなったら、今度は中国製の麻薬覚醒剤である。

なんかドンドン悪い方向に向かってる様に思える。
そして笑えないのは、日本に麻薬や覚醒剤を持ち込むのが、常に「友好を深めるべきと世論が煽る外国」だったりするのがね。

1mgでも麻薬や覚醒剤、偽札等を持ち込んだ国に対しては、強烈なペナルティを数年間解除しない。
それくらいで丁度だと思う。友好を求める相手はカタギに近い国が良いに決まっているのである。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
まんじゅう名、「晋ちゃん」から「負けるな!晋ちゃん」へ

 土産用や政治家にちなんだ菓子などを製造・販売している菓子メーカー「大藤」(東京都荒川区)が安倍政権発足時から作っている「晋ちゃんまんじゅう」に代わって、「負けるな!晋ちゃんまんじゅう」(12個入り、630円)の販売を始めた。

 参院選で首相率いる自民党が惨敗したことで、一時は新商品の発売断念も検討したという。

 昨年9月に発売を開始した「晋ちゃんまんじゅう」は当初、高い内閣支持率を反映し、10月には約11万個を売るヒット商品となった。その後、支持率低下に合わせて販売数も急減し、今年7月には約8000個に落ち込んだ。

 新商品への切り替えを検討した同社内では、参院選後、「政権がどうなるか分からないので発売を見合わせるべきだ」などの慎重論もあった。しかし、小売店などから「新商品をぜひ売りたい」などの要請が相次いだため、逆境の政権を応援する意味で、新商品の「負けるな!」の発売を決めた。靖国神社の売店など、首相の支持層が多いと見られるところで限定販売する。

******

負けるな・・・って、既に負けちゃってるんですけど?
タイムマシンでも発明して、参院選の前に戻っても結果は同じだろうしね。

しかし、昨日の麻生大臣とも通じる所があるが、太郎ちゃんとか晋ちゃんとか、政治家を芸能人と間違ってる人多いよね。
愛称で呼ぶ存在じゃないだろう・・・暴力団の本家の頭よりずっと恐ろしい力を持った存在なのにね。
特に安倍総理に至っては、自衛隊と言う他国にすら恐れられる武装勢力(軍隊はどう言葉を飾っても暴力装置そのものである)の総司令官なんだしね。

その事をわかってない人多過ぎない?親愛の情を抱ける様な存在では本来的にない筈だよ。
日本人のこう言うフザケタ政治に対する考え方が、今の日本の不幸を導き出した元凶なのかも知れないね。

とまあ、前振りはこれまで。後半で少し・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[悲しいね・・・・。]の続きを読む
麻生外相、メキシコで「漫画外交」展開

 【メキシコ市=松永宏朗】メキシコ訪問中の麻生外相は17日夕(日本時間18日午前)、メキシコ市内の日墨学院を視察し、日本史や世界史などの漫画セットを寄贈した。

 漫画好きで知られる麻生外相は「最近の日本文化を代表する漫画を皆さんに贈りたい」と述べた。生徒からは、外相の好きな漫画のキャラクターやメキシコで人気の日本漫画に関する質問が相次いだ。

 麻生外相は、これに先立ち、同国外務省で会談したエスピノサ外相からもメキシコで人気の日本の漫画「聖闘士星矢」のスペイン語版を贈られるなど活発な“漫画外交”を展開した。

(2007年8月18日12時45分 読売新聞)

******

一時期麻生氏に期待していたが、もう我慢の限界・・・。
外交とは「面白い事を相手に持ちかけて他国と仲良くなる事ではない」のではないか?

私としては、友好をこういうことで深めてくる外相よりも、相手国から蛇蝎の様に嫌われても、利害関係について突っ込んだ話をしてくる人の方が日本の国益にかなうと思う。

マダム寿司にしても、漫画太郎にしても、ネタとしては面白いかも知れない。
けれど、私はもう面白いだけの政治家は御免である。
面白くなくても良い、もう見ているだけで徹底的に劣等感にさいなまれる位に頭が良く、性格最悪、他国からの評価極悪、でも外交成果はあがっている。
そんな外相が欲しい。

けど、こんな他国とお友達になる事に血道を上げている人は、そう言う期待に全く応えてはくれないだろう。
最近特に思うんだが、多分政治家の資質や能力とは、もしかして人間的な面白さとかと相反する属性なのではないかとね・・・。

小泉も安倍も面白い政治家である。しかし国益にかなう事を全くできないと言う事では政治家失格なのだ。
けど、これでも自民党では一番マシな部類なのだろうな。
谷垣とか見てたら、面白くない上に売国だし・・・。溜息ばかり出る。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
米、公定歩合0.5%下げ・市場の動揺に歯止め狙う

 【ワシントン=小竹洋之】米連邦準備理事会(FRB)は17日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、FRBが民間金融機関に資金を貸し出す際の金利である公定歩合を0.5%引き下げ、年5.75%とすることを全会一致で決定、即日実施した。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した金融市場の動揺や信用収縮の広がりを懸念し、緊急利下げで金融不安に歯止めをかける必要があると判断した。

 FOMC終了後に発表した声明は、9日以降の金融不安によって「景気下振れのリスクがかなり高まった」と指摘。短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利誘導目標は年5.25%に据え置いたが、「必要に応じて行動する用意がある」と述べ、今後の経済動向次第ではFF金利も引き下げる構えを見せた。

******

事態は三輪の予想のとおりに進んでいます。
もうアメリカは国際金融資本の思うとおりに金融関係をコントロールできないのです。

もうアメリカは資金の需要に応えようとする事はなくなりました。
需要に応えようとしない国に資金は流れません。

いかにして需要に応えるか、いかにしてその需要を作り出すか。
その需要はいったい何者のどんな需要であるべきなのか。

より正しい。その方法を日本人は思い出すべきだ。
無間地獄にその身を置いてはならない。
知恵を出し合うべき時が来た。
しかし、日本人の中で、この問題の様相を正しく理解している者は極少ない。

迷信的な恐怖におびえるもの、狂った楽観論にひたりこむもの。
それらはこの件の解決には邪魔なだけである。
真実は見つめようとするものの目を眩ませる。
真実はその頬を目を閉じて撫でるものが一部を知る事となる。

これからの動きは早いだろう。数ヶ月で世界の様相が変わる可能性すらある。

多分、この事に気がついている者は日本に結構居るだろうな。
さあ、この件の総括をどうするかだ。
アメリカの向かっていた道をどう総括するかだ。
いや、その総括が中国とのパートナーシップ、更に危険な道の選択という可能性もあるのだ。
この件は正しく総括する事が日本の国益になる。できなければ日本の国益は大きく損なわれる。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
一時は女性総理候補とまで言われたこの人・・・

中国新聞 野田事務所ビル17年未登記 父の不動産管理会社が所有
アングラビルディングにずっと事務所構えてたと・・・・。
ここまで凄いと二の句が継げない。固定資産税とか払ってなかった訳?

小池防衛相は真紀子氏そっくり…宗男氏バッサリ:社会:スポーツ報知
その上これである。もう、ここらまで来ると、ある意味凄いとしか思えない。
防衛省の次官人事に、おそらく外国ととっても仲の良い向きが意見を挟んでいるのである。
それがアメリカであるか、もしくは中国や韓国であるかは関係ない。
外国が防衛関係の人事にここまで口を挟める事自体が異常なのだ。
この様な例が通る事は許してはなるまい。

そしてこの人。
喜八ログ: 片山さつき先生大丈夫ですか?

こうしてみると、小泉に恭順を誓った女性人の中で、もっともまともなのがゆかりんだと言う事になってしまうのだね・・・・。
参ったなw

自民の人材不足、あるいは人材選定能力の欠如ここに極まれりかな。

ところで一華さん。貴方の「THE 先輩」に出馬の意思とかないんですかね?
美しいし、頭も良いし、度胸もありますしね。
で、一華さんが秘書になると・・・。夢の様な毎日になりそうですね!
ああ、それとランキング50位の大台も楽々突破ですね。
これも一華さんの人徳の賜物かと♪

ともかく、先輩にこの件話してみてはいかが?w

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

株式は順調に下がり続けていますね。買い手不在だから、当分調整は続きます。

2007/08/16-11:42 アジア株、急落

 【シンガポール16日時事】16日午前のアジア主要株式市場は、前日の米国市場が大きく下げた流れを受けて、韓国の総合株価指数が6%以上落ち込むなど、軒並み急落した。
 シンガポール市場では主要銘柄で構成するストレーツ・タイムズ指数が前日終値比1.8%安で寄り付いたあと、下落率は4.8%以上に拡大。一方、台湾の加権指数は2.28%安、香港のハンセン指数は2.5%安で寄り付いた。

足腰の弱い韓国株は総崩れ状態の様です。

asahi.com:世界中で進む信用収縮、換金売りで株が軒並み急落 - ロイターニュース - ビジネス

世界中で先物取引を行ってた様な状態でしたからね。
私としては、今こそ日本は金利を上げ、その代わりに円建てで貸し出しを増加させるべきでしょう。
もうドルに対してそれほど遠慮をする必要はない。
最近問題を起こす事が多くなってきたのがこの人。
小池百合子防衛大臣。

本当にこの人どうしてしまったんだろうか?

塩崎・小池両氏、防衛次官人事で食い違い

 政府内で混乱している防衛省の次官人事をめぐり、小池百合子防衛相と塩崎恭久官房長官の見解の食い違いが15日の閣議後の記者会見で改めて表面化した。

 防衛相は守屋武昌防衛次官の退任と後任に西川徹矢官房長を昇格させる人事について「私はなんら順序を間違えていない。意思決定は明確にしておかねばならない」と変更する考えがないことを強調。
 官房長官は「次官人事は閣議決定事項であり、所定の手続きに沿って適切に決めなければならない」と述べ、首相官邸の正副官房長官4人による人事検討会議で判断する意向を示した。

 首相官邸はこの次官人事を決める人事検討会議を27日予定の内閣改造後に先送りする考えだ。これに関連して、防衛相は「私は早いほうが良いと思っている」と強い不満を表明。官房長官は「人事検討会議には次官が(人事の)書類を上げてくるプロセスがあるが、まだ正式なものは上がってきていない」と述べ、決定に時間がかかるとの見方を示した。(13:25)

******

この件については、確実に塩崎氏の方が正しい。
閣議で決定すべき事項を、何故に防衛大臣がごり押しするのか?
次官の任命権はあっても、次官の選定に口を出す権限はないのではないか?
ワンマン社長が自分のコネをごり押ししている様で、傍目にも余り見栄えの良くない抗争である様に思える。

と言うか、政治主導ってのはこう言う事ではない筈なのだが、何か履き違えている様な気もする。

******

スポニチ Sponichi Annex ニュース 社会 小泉前首相 アピール靖国参拝?

>小泉前首相はこの日午前8時20分ごろ、モーニング姿で靖国神社を訪れ、高市氏より一足先に「昇殿参拝」を行い、肩書無しの「小泉純一郎」と記帳。
>立場こそ違え、2年連続の終戦記念日参拝に「ブレない姿勢を示すことで、政治的存在感を示す狙いがある」(永田町関係者)との声も出ている。

>「それは、間近に迫った閣僚人事で君もきちっとやれよ、という安倍首相へのけん制の意味もあると同時に、改革路線が後退していくようであれば、改革継続新党、つまり小泉新党もあり得るという姿勢を示したともいえる」と浅川氏。
>前、現首相の思惑が絡み合った8・15靖国参拝となった。

******

なんかみっともない図式が透けて見える。
院政を強く引きたい前任者と、前任者のカイカクのツケを払って大ピンチの現総理。
小池大臣は最も成功した小泉チルドレンではあるが・・・あまりにもあから様にやりすぎではないだろうか?

ともかく、既に自民党はまともな人事も行えない組織になってしまってるのだなと。
それが伺える場面でもある。
多分、次は賞罰の権限を巡って大騒ぎがあるに違いない。
(もう退陣した方が良いよ、安倍さん。本当に、これ以上は無理だと思うから。)

今気が付きましたが、わこ様も同じ主旨のエントリーをお立てになった様で。
専横とは全くその通りの言葉ですね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

昨日のエントリー、「指標は語る」のとおりの展開になってきます。
今後アメリカは利下げを真面目に考えるようになるでしょう。
バブルは終わったのです。今からは市場の資金を誰かが回収するシーズンです。
そして、アメリカに今後大量の資金は流れ込んで来なくなります。
本日の終戦記念日に、安倍晋三氏は靖国参拝を諦めた。
そして、高市早苗大臣が参拝を行った。安部総理の意向に背いて・・・。

靖国 高市大臣が参拝 2007年8月15日 夕刊

 安倍晋三首相は終戦記念日の十五日午前、東京都千代田区の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ、献花した。一方、首相は靖国神社参拝は見送る。十六人いる閣僚では、高市早苗沖縄・北方対策担当相が参拝した。

 首相が参拝を見送るのは、中国、韓国両国が強く反対している上、参院選惨敗により政権基盤が弱体化しているため、これ以上の政局の混乱を避けようという判断が働いたとみられる。

 安倍首相は就任前から「靖国問題が外交、政治問題化している中で、参拝したか、しないかについて申し上げるつもりはない」と参拝の意思や事実関係を明らかにしない考えを示してきた。十四日も記者団に「今まで申し上げてきた通りだ」と明言を避けた。

******

靖国に参拝を欠かさない、骨のある大臣は、今の自民党ではその職を追われてしまう。
中日新聞:46議員が靖国集団参拝 超党派、政府から6人:政治(CHUNICHI Web)

島村宜伸元農林水産大臣は、小泉純一郎が911選挙と言う、違憲の疑いが濃厚な暴挙を始めようとした時、節を守り、遵法を説き、その美質故にこれまた手続き上問題があると思われる「その場での罷免」で大臣の職を追われた。

自民党は言論で士大夫を殺さないが、官職に左遷する、そんな政党になっている。
小泉純一郎氏も参拝したそうだが、ただのパフォーマンスだろう。
安倍の後釜に帰り咲いて、自民党の骨でも拾うつもりなのだろうかね?
もしそうなら天晴れではあるが・・・。

様々な報道から、閣僚のそれぞれに考える事が見えてくる。
高市早苗氏については・・・留任を諦めておられるのだろう。
今後の安倍内閣は、自民党内の左派系に配慮した組閣を行う事になるだろう。
その場合でも、極左の官房長官については、森元総理の言うとおりに排除して頂きたいものだが・・・。

ともあれ、英霊を忘れない自民党の議員がこれほどたくさん参拝した事はやはり喜ばしい。
来年以降はもっと普通に参拝する議員が増え、普通に議員が参拝できる外交関係となって欲しいものだ。
自民党の再生、保守政党の活性化を私は望む。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて、株式市場とはどんな世界なのか?それはゼロサムの世界です。
株式市場では、「負ける者の損害-証券会社手数料=勝った者の儲け」です。

******

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)  8月14日(火曜日) 通巻第1893号 

そして資金の「貸し手」が不意に不在となった
  サブプライム融資の収縮による世界同時株式暴落が近い?

 サブプライム住宅担保ローンの突如の破綻が明らかになるや、欧米中央銀行は、邦貨にして30兆円を市中に投入した。日銀もとりあえず6000億円。それでも納まらず追加投入、結局13日までの営業三日間で日欧米は42兆円を市場に注ぎ込んで、事態の沈静化を図った。
 これは尋常ならざる事態の到来である。

しかし日本の当局は市場の心配をよそに、やや楽観的である。
 「内閣府が13日発表した4―6月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増、年率換算で0.5%増となった。10・四半期連続のプラス成長。設備投資が堅調だったものの、輸出が伸び悩み、成長率は1―3月期(年率3.2%)から鈍化した。ただ、昨年10―12月期からの高成長の反動の面もあり、景気は緩やかな拡大を続けている」(日本経済新聞、8月13日夕刊)。

 米国の失速のほうは、心配がないのか?
 住宅ローンは米国の経済指標をはかる重要な要素で、80年代にエコノミストが注目した指標は「新規住宅着工率」だった。
 有名人やら野球選手が、つぎつぎとローンを組んで住宅を買い、値上がりをまった。
 85年、「ブラック・マンディ」。ウォール街の株価は大崩落を演じた。
 その後、ヒスパニックやらアジア系の移民に狭い一軒家、メゾネット方式のアパートなどを廉価で売却する米国のデベロッパーが増え、金融界も、この需要に応える。米国の不動産業界は甦った。

 昨今話題の「サブプライム」とは、「プライム」の亜流という意味だから、信用力がそれほどない人達に、住宅資金を、かなり良いレートで貸し付けた。
無理がたたって、その不払いが連続し始め、貸し手が窮屈に、いや多くが破産し、ヘッジファンドの倒産が目立った。

▼野村証券もドイツ公的投資会社も巨大損出をだした

日本の野村証券も700億円の実害。ドイツの公的投資機関は一兆円を超す損害をだした(これと関連するか、どうかは別にグリーンスパン前FRB議長はドイツ銀行顧問に就任した)。

 なぜこうなるか。ローンが成立した時点で金融機関がそれを投資家に転売し、それがさらに投機グループやヘッジファンドへ転売されていったからである。
 「大手投資銀行、とくにコンピュータ取引で、このサブプライム転売を展開していたところが大損害を受けた。この点は98年のLTCM(ロシア国債取引で倒産)のパターンに酷似。少額の個人投資家は、したがって殆ど損をしていない」(ヘラルドトリビューン、8月14日付け)。

 だが、騒ぎは収まっていない。市場は世界的な同時性で下げ傾向をみせている。

 「向こう12ヶ月で景気後退に見舞われる可能性は26%。七月調査では23%だった」(優良株分析の専門家、クリスチャン・サイエンス・モニター、8月13日付け)。
この場合、専門家が用いる26%というのは「4分の一以上の可能性」という蓋然性を表現する。かなり高い確立であり、この基本は1929年世界大恐慌前夜にパターンが似ているとみられる。

******

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成19年(2007年)  8月15日(水曜日)通巻第1894号 

橋梁崩落、高層ビル火災、猛毒につづいて中国産不良品回収
  同じ時に上海株式市場は史上空前の高値を記録したのだった

 米国最大の玩具メーカー「マテル」社は880万個の中国製玩具を回収すると発表した。自主回収は二回目のアナウンスである。
 中国製に乳幼児が飲み込むと死傷する恐れのある磁石が使われており、また基準値を超える鉛塗料が含まれていたため。
(製造元の社長に悪意はなく、その親友の塗料会社社長が偽の塗料を売りつけていたらしい。社長は工場内で首を吊って果てた。合唱。)
 先に同社は中国製キャラクター人形150万個の回収に乗り出したばかり。
 対象となる商品は女児向け「ポリー・ポケット」、男児向け「バットマン」などのキャラクター人形など。
 
 八月十三日は中国現代史にとっていまわしい日となって記憶されるだろう。
 湖南省鳳凰県で建設中の橋(全長約268メートル、幅約13メートル)が突然崩落し多くの死傷、行方不明を出した。広東省の九江大橋の落下につづき、手抜き工事の杜撰さが指摘されていたが、今後も、この種の事故は頻発するだろう。

 鳳凰県の事故現場はミャオ族の観光地へ繋がる交通の要衝だが、奇妙なことに橋は完成して足場の撤去が行われていたときに事故が起きた。
 橋は数秒間で崩れ落ち、橋脚部分の断面には石とコンクリートが露出したが、鉄筋が見えない。

中略

 上海・深セン両株式市場は八月十三日、過去最高の4800ポイントを突破した。
 なんという皮肉だろうか。

******

世界恐慌が、実はアメリカとイギリスの財閥カルテルが仕掛けた「故意的な株式による略奪行為」だったと、その様に最近指摘する向きが増えてきている。
「マネーを生み出す怪物」では、世界恐慌がいかに詐欺的な自作自演の崩壊劇であったかが大きなパートを割いて説明されている。
これは実は日本のバブル崩壊も同じ事で、誰かが国民の多くが損をした金を分捕っているのだ。
911事件については更に酷い。911の前一週間程に、「911テロが起きる事を知っていた人達は関係銘柄を手仕舞いし、その後先物に大量の売りが掛かっていた」という話だ。
911事件の前にNYダウが調整局面だったのは、事前に仕掛けた先物売がかなりの量であった為、それがNYダウを少し下げ固定にしていたのだろう。(これを陰謀論と言う向きもあるだろうが・・・)

今回のサブプライムローンの事件で、サブプライムローンそれ自体を買い戻す動きはない。
米国の住宅着工は今後伸びないと見る向きは大勢であり、その視点が固定した時点で、サブプライムローンから投資を引き上げる動きは止らなくなる。買い手不在とはそう言う事だ。
日銀は安心しきっており、市場に投入した一兆六千億円の資金を、昨日2回に分けて全て回収した。
存外賢かったのだなと感心している所では、今回の騒ぎで大きな被害を受けたのは野村證券と新生銀行だけであった事。
EUでは未だに被害の拡大にぴりぴりしており、アメリカも同様である。

ともかく、日本の守備範囲ではそれ程の問題は今は見受けられない。
米独については、それらに対して日本からわざわざ要らない差し出をする必要もないだろう。
しかし、ドイツ、つまりEUの金融中枢がかなり深くこの件に関与してる事は今後の様々な局面で、世界に大きな影響を与える可能性が出て来る。
さて、今回のこの件で得をする者とは誰なのだろう?私はそれが知りたい。

ちなみに、これから損をする国は既に見えている。中国だ。
彼等は経済成長と奴隷使役で稼いだ金を、大量に市場で失う事になるだろう。
株式市場と言うのは一種の賭場である。中国人に取って、抗し難い魅力を持った罠の巷なのだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
閣下の憂鬱 : なんか背景見え見え

こちらに掲載されている記事によると、フィリピン人による慰安婦訴訟が起きているそうだ。
まさに「自称被害者による日本国脅迫ビジネス」が成立しているとしか思えない。

慰安婦:「雇用契約交わしていた」=米軍報告書 | Chosun Online | 朝鮮日報
当時のアメリカ陸軍の調査が、公文書として現在も残っている。
その調査によると、現在従軍慰安婦と呼ばれている存在は「ただの追軍売春婦」であり、一切の違法性が見当たらない。

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話 - Wikipedia

これを読んでもわかるが、この河野談話であるが、河野洋平氏は発言の5日後に内閣が崩壊する事を知っていて、最後っ屁のつもりで反日発言を官房長官名義で発言したとしか思えない。
職権を使える間がわずかしかないと思い定めた上での、意図的な日本国への名誉毀損と考えるのが正しいだろう。
5日後に濫用できる職権を失うと知っての上での、確信犯的な所業である。

>この調査結果と談話が発表された前年の1992年(平成4年)7月6日には、宮澤内閣の加藤紘一内閣官房長官が、「朝鮮半島出身者のいわゆる従軍慰安婦問題に関する加藤内閣官房長官発表」を発表している。
>当時の従軍慰安婦問題は、吉田清治の証言した慰安婦狩りのような「慰安婦の強制連行」(いわゆる狭義の強制性)の有無が焦点のひとつとなっていたが、日本政府の調査では日本軍が慰安婦の強制連行を主体的に行なっていたとする証拠は発見されなかった。

証拠が発見されていないのに、何故告発だけが存在するのか?
河野氏によれば、「私は信念を持ってこの談話を発表した」と言う事である。
もちろん何の説明にもなっていない。信念があれば冤罪をでっちあげても、偽証を行っても良いのか?もちろん良くない。

「許してやるから白状しろと言われて、事実とは違う事を白状しました」などと言うのは、冤罪の金ぴかのパターンと言える。

その冤罪を利用して、沢山の偽証者、脅迫者が国家を相手に恥辱を与え、金品を強請るなど、多分世界の歴史でも皆無の恥ずべき事例であろう。

しかし、まあ似た様な事はドイツでも起きているらしい。
ポーランドはドイツに占領されていた時には、異様に協力的だったのだが、戦後にドイツ非難の急先鋒に転じており、ドイツ人(年寄りとネオナチ世代)からは白眼視されているのだとか・・・。
ともあれ、この様な恥辱は早めに雪がねばならないのだが、保守と銘打った安倍内閣は、河野談話の全面的継承を公言していたのだから、やはり安倍内閣は極左反日内閣だったと、この時点で総括せざるを得ない。

一刻も早い退陣が望まれる。この次の内閣では、自民党も心を入れ替えて反日談話の撤回を目指して欲しい所だが、参議院があれでは無理か・・・。
つくづく、安倍内閣の残した負の遺産の莫大な事を思い知らされる。

さて、これでこのエントリーは終わりますが、ドイツと言えば、最近私の友人のドイツ人が「親方」と私の事を呼ぶんですよね・・・。
なんででしょう?凄く疑問なんですが・・・。
(一華お嬢によれば、ぴったりの呼称だとの事ですが・・・。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
以前の記事とも関係したエントリーです。
バイオマスの本命! | 復活!三輪のレッドアラート!

前見て生きろ! | ティーラウンジ 北京五輪の空をコントロール
前見て生きろ! | ティーラウンジ 世界水週間が開幕へ、気候変動や水不足が議題に
以前からリンクに入れています「前見て生きろ!」ですが、最近ネタ日記から本来の環境関係に立ち戻りました。
「何々先生の何とか授業」みたいなアイコン形式の可愛いブログです。
(そう言えば、変態仮面狂うぜ先生の授業もあるそうですね。)

で、このエントリーの題名とどう関係があるのか?と思った向きも多いでしょうね。

いや、このブログの作者がリアル二次元美少女だって事です。
白峰一華プロフィール
(戦闘力)A 合気道有段者 
(防御力)F 相手によって変動、まっきーにはどS
(機動性)A オプション中型免許
(命中率)D 天然度高し
装備武器 相転移砲改(時空系範囲兵器 時々周囲が被害甚大w)
装備防具 ナデシコSP+Yユニット(急速充填機能付き、ダメージ受けてもすぐ回復♪)
追加装備 愛する先輩(合宿時は抱き枕状態に)

外見15歳、実年齢はひ・み・つ♪

皆様、彼女を応援してあげてね♪
でも、ちっちゃいからって、スイングとかしちゃ駄目ですよと・・・。

こんな感じで宣伝はオッケーだよね♪>一華さん

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

↓皆様の拍手をお待ちしております。あなたの拍手で可愛い一華嬢に愛の鞭を♪
お玉おばさん様のサイトでも書いたのだが、靖国問題でああだこうだと文句をつける人が居る。

私のそれに対する返答はこうだ・・。

靖国問題は死と生に関する課題であり、それは高度に文化的な問題である。
日本人の元来から有していた文化に関わる問題であり、政治的思想的な介入はそもそもが冒涜であり暴力であると私は思っている。

例えば他国であれ、自国であれ、慰霊と言う事に対して文句をつけると言う、その事自体が異常なのであり、そんな事をする輩はだれがなんと言っても異常者なのだが・・・。

どうやらそれがわからない人達も多い様だ。
きっとそう言う人達のお家では、戦争で死んだ人は悪霊として祭っていないのだと思う。
もしくは被害者だった事にして祭っているのかも知れないが、バチあたりである事は間違いない。

他の家では、例えば南方で戦死した先祖を「私達の為に命を賭けて戦い倒れてくれた人」として崇拝しているかもしれないが、そう言う行為を許さないと公言できるのだから大した物だ。

「他の家、他の人が思っている事を間違っていると公言できるのだから大した物だ」普通の神経ではできない事だ。

と、私は何度も何度も諭しているのだが、外国が野蛮な事をしているから、自分も野蛮な事をしても構わないと言う信念を固く信じ込めるのはなぁ・・・・。
駄目だって、そんな事じゃ駄目だって。
「他人の思想信条を否定する自分の思想信条」を主張するなんてのはただの独善でしょう?
他人の思想信条を侵害する自分の思想信条?
それは他人の自由を認めない自分の自由を主張しているだけでしょう。

それは思想信条じゃない。
ただの押し付けであり、自由な思想信条のルールから逸脱している。
貴方は民主的な日本国の国民か、それとも中世の異端審問官なのか。
どっちか自分のスタンスをはっきりさせた方が良い。

民主党を応援していた人達は、どうやら今回の勝利で舞い上がっている様だね。
でも、貴方がたの「平和とか九条護憲」とかが今回の選挙の争点だったのかな?
良く考えてみるが良い。

言っておくが、貴方がたは、自分が安倍総理の反存在だと思っておられる様だが違うよ。
安倍総理は「美しい国」、貴方がたは「醜い国」、言ってるが正反対なだけで、絶対値では同じなんだ。
貴方がたは安倍晋三やその信者達とそっくりなんだ。

だから、多分今後の民主党の敗北では、貴方がたの「醜い国」が争点なり、国民にとって耐え難い苦痛として浮上して来る事だって考えられるんだがね。

貴方がたの舞い上がり方は、2年前の小泉信者の舞い上がり方と全く点対称でしかない。
良く自戒する事だ。大半の国民が何を求めて民主党を支持したのかを良く考える事だ。
貴方がたの中国や韓国への歪んだ愛情やら歪な理解やらは、安倍信者のアメリカ崇拝と何等変わらない。いや、もっと酷いね。
外国に這いつくばって平和がやって来るかね?アメリカに這いつくばっても、農業が衰退させられて狂牛肉が入って来ただけだろう?

自分達だけは大丈夫、自分達だけは正しい。
そんな傲慢な態度で母国を良くけなせるもんだね。先祖を良く貶められるもんだね。
みっともないよ、本当に。
ともかく、私達は貴方がたの様に這いつくばって生きたくないんだ。
そう言う普通の人間の感覚も少しだけ理解して欲しい。

私からはそれ以外に貴方がたに言う事はない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
私は常からとっても不思議に思っている事がある。

小泉純一郎氏を支持してた、多分今でも支持しているのだろう、自称保守の方々の考えが、どうしてもわからないのだ。

小泉氏であるが、常日頃から言っていた事は何か?
「自民党をぶっ壊す!」と言っていた筈だ。
小泉氏の後釜であり、彼の意向を正確になぞっている安倍総理であるが、今回彼が自民党を本当にぶっ壊してしまった訳だが、それに何故慌てているのだろう?

自民党は既に農村や地方都市の発展を諦めている。
そしてその支持層は浮動票であり、旗印はカイカクである。
これは全然保守政党じゃないのだが、その政党を支持する自分達が革新勢力であり、左翼であると何故自覚できないのだろう?

見ていて思わず哀れになる。ずばり言うと痛い。凄く痛い。
彼等は国防の事を良く論じる。
しかし、その根底には全く戦略がない。戦術もない。兵站の基礎の基礎が理解できていない。
それ以前に経済がまともでない国が強い国防力を備える事、維持する事が所詮無理だと全くわかっていない。
だから安倍内閣のポーズだけを見て一喜一憂し、今回の参院選の結果に右往左往している。

醜態と言えるだろう。

威勢の良い保守風味のリップサービスを信じて、盲目的に安倍政権に期待を寄せて来た者達は、その不明を恥じるべきである。

安倍政権の敗因は、国民の生活を保守できず、国民を安寧に暮らさせる責務を怠ったからである。他の理由はない。

靖国に閣僚が誰も参拝できないのも、自民党の地方組織が壊滅してしまったのも、ほかならぬ経済的な失策の末であり、国民の暮らしを無能無策な経済運営で脅かしたからである。

しかもその経済運営の基礎が、不勉強と蒙昧さのない交ぜになったカルト理論故と来た日には、許す方法は日本国民がお釈迦様並みに解脱するしかないだろう。
そんな事は金輪際不可能なので、常識的な線として、安倍総理には責任を取らせて退陣させ、その後は小泉安倍の経済運営の否定を行う政権の誕生が望ましい。

が・・・。
180度違う小沢代表と前原前代表の考え方 ~民主党は分裂せよ~|アジアの真実
こう言う神風が吹く事を期待する「保守層」が多い今日この頃では、やはり自民党の敗戦は時間の問題と言う事だろうか。
自民党は、多少耳に痛くても、政権批判を行っていたサイトを参考にすべきだったと思う。
そこには沢山のヒントが書かれていたのだから。

まあ、こう言う自民党支持者達の気持ちはわかるが、現実をもっと正しく見つめた方が良いだろう。
今回民主党に勝たせた選挙に行った人達は、貧困層に叩き込まれたくない人達であり、今以上に酷い目に遭いたくない人達なのだろうから。

この世の大半の人間はアリであり、歌を歌ってたら冬に死んでも良いと思うキリギリスは滅多に居ないのだろうね。
少なくとも正業に就いて働いている人達では、キリギリスは少数だったと今回の参院選で証明された訳だから・・・・。

それにしても、今後の自民党の冬に、キリギリス達はどんな歌を歌うんだろうね。
ちょっとだけそう言う事には興味がある。
早く夏になってくれと、凍えながら雪の降る中で歌うのだろうかね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
福田、谷垣両氏も重要ポストに 「首相に伝えた」と森元首相

 自民党の森喜朗元首相は12日、テレビ朝日などの報道番組で、今月27日に予定される内閣改造、党役員人事について「麻生太郎外相だけでなく、断られてもいいから福田康夫元官房長官、谷垣禎一前財務相にまず礼を尽くすことが大事だ。そう安倍晋三首相にも伝えた」と述べ、3人を内閣などの重要ポストに起用すべきだとの認識を示した。

 具体的には、官房長官には福田氏が望ましいとの考えを表明。外相には麻生、福田両氏の名前を挙げた。また、「古賀誠元幹事長の力は大変なものだ」として、処遇の必要性に言及した。

 森氏は塩崎恭久官房長官の留任には「東大卒、ハーバード大大学院修了というだけでは国会運営はできない」と否定的な見解を表明。中川秀直幹事長については「派閥に帰らず、自分だけで静かにやると人から聞いたが、お礼奉公も大事だ」と述べ、国対委員長などで起用の可能性を指摘した。

******

今回の参院選で失われたものはなにか?
それは小泉政権を支えてくれた大派閥津島派の勢力である。
参院での津島派の勢力はほぼ壊滅。組織的な力を喪失した。
安倍内閣は有力な庇護者であり、煙たい存在でもあった青木幹雄氏から力を借りる事ができなくなった。

今後の青木氏は、以前の尽力に対してこう言う報いがあった事を不服を表明する事が多くなるに違いない。
まあ、見込み違いを今は深く後悔していることだとは思うが。

ここで問題になってくるのは、比較的勢力を温存している古賀派であり、ここからは麻生太郎氏が出てはいるが、古賀氏本人が要職にある訳ではない。
谷垣氏の派閥も、言って見れば小泉安倍の両氏から冷や飯を食わされていた。
けれど今や風向きは安倍政権にとって逆風であり、有力な庇護者が軒並み力を失った後、弱体化した安倍総理は、政権維持と自民党内の結束強化に向けて動いている。

よって、今回の靖国参拝は閣僚全員が行わない方針を取っている。
古賀、谷垣の両氏に対する遠慮を表明してみせた訳だ。
長期政権ってのは、ここまで卑屈にならないと達成できないものなのだろうかね?
小泉元総理はこの件に対してどうコメントするのだろうか?
私はそう言うのに興味津々だったりする。

しかし悲惨な有様だね。そして、この悲惨な有様で政権を維持したとして、その後はどうなるんだろうか?
妥協に次ぐ妥協を見せて、指導力のなさを国民に晒しまくった後に、その上で次の衆院選にどう備えるんだろうか?
またもう一度クーポン選挙の様な人気取り国策を企むとして、今の残留メンバーで何とか演出をできるものなのだろうか?

それらの疑問は尽きない。

とりあえず、安倍総理がわかってないのは「小泉氏がクーポン選挙で勝てたのは、小泉氏が自分が強く正しいと演出できたから」だと言う事。
今後の勝利の為には、安倍総理の様な負け犬や、古賀や谷垣の様な外国の犬では勝負を掛ける事さえ不可能だと言う事。
そこらの認識が全く抜けている。権力を欲しがっている向きが全員自己に対する認識を誤っている。
安倍総理を蹴飛ばして退陣させ、その上で「俺がボスだ!」と叫べる人間でないと、今の流れではどうにもならない。
(最近の国民は指導力とやらを求めているからね。確かに必要なもんだけど、それだけではただの暴君なんだが。)

小沢氏が急病で亡くなるとか言う、他力本願の神風が吹かない限り、今の自民党には勝負を掛ける事は不可能だろう。

しかもその前提として、野党が今回設けた軸である「国民にどうパンを与えるか」と言う事に対して自民党なりの意見が必要なのだが・・・。

・野党にはパンを与える力は本当はない!
・野党のパンは美味しくないパンだ!
・野党は理想論を振りかざしている

と中傷するばかりで、自分達がどうパンを与えるかは全然言わない。
昔なら「カイカクが進めばパンが出て来ます!」と大声で言えた。
しかし、参院選では「カイカクで活力!」と連呼したら、国民の怒りと不満が噴出してボコボコにやられてしまった。
もうカイカクで国民は騙せない。成長しても配当がないとわかった瞬間に、カイカクは支持されなくなる。

挙句の果てに「財政再建の為に更なる増税と失業の嵐を吹かせます!」と叫ぶんだから、誰からも支持される芽が出ない。

座り込んで駄々を捏ねるだけのお子チャマ政党に自民党は成り果てている。
ちなみに、暴徒帝国では「給料アップには格差是正よりも景気回復を」とか、新聞を読んでないの丸わかりの愚論が書かれている。
本当か嘘かわからないが、現在でも戦後最長の経済成長を遂げていると、そう参院選前にほざいていたのは「自民党」である。
つまり、経済成長しても景気は良くならない。何故か?賃金が上がらないからである。
この日本では大半の勤労者が賃金を貰って生活しているサラリーマンなのだ。
きっと暴徒帝国の野牛氏は「働いていない人」なのだろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
喜八ログ: 「マダム・スシ」小池百合子

ひぃぃぃ!!!嘘や!嘘や言うてくれぇ!(by いたはししゅうほう)

手前をコンドリーサ・ライスと引っ掛けて、マダム・寿司だと?
そもそもマダムって、ああた独身でしょう!(マダムって、ミセスと同じく既婚者向けの称号じゃなかったか?)

この人最近どうしたのかな?以前はもっとしゃんとして、しかも計算高い隙のないタイプだったのに。

小池防衛相の訪米を批判=自民・山崎氏 8月9日13時1分配信 時事通信

 自民党の山崎拓前副総裁(安全保障調査会長)は9日午前、同党国防部会などの合同会議であいさつし、小池百合子防衛相が訪米のため同会議を欠席したことについて、「概算要求(基準の説明)の部会に大臣が出席しないのはおそらくまれなことではないか。(臨時)国会を欠席までして、米国に赴かれたのはいささか当を得ない行動ではないか」と批判した。

******

ここから上は無視して差し支えありません。(まあ会議欠席については確かに問題ありますがね・・・・。)

******


 また、山崎氏は、小池氏が防衛相に就任した日に3回衣装を変えたことに触れ、「ファッションショーをやったと報じられた。こういう大臣に有事即応の国防を任せられるか、とそのころから心配していた」と語った。 

******

史上最低最悪の防衛庁長官にならなくて良かった変態エロ拓氏の言う事なので話半分ですが、小池百合子防衛大臣が、就任式典でお色直しを連発してファッションショーをやったと揶揄されるような事をやらかしたのは事実です。

この人、最近虚栄心が肥大して来て、どうにも鼻について仕方ありません。
人間いろいろな欠点があるものですが、この人の場合、ずっと抑制して来た本来的な「見られたい願望、賞賛されたい願望」が最近は暴走している様に強く思えます。

こう言う人に防衛を任せて良いのか、それは私も同感です。
でも、貴方に任せるより15.8ゴウガシャ倍マシだとは思いますが。>エロ拓さん
それにしてもやはり不安ですね。アメリカが望んだ自民党とは、ここまで頭が温かくて、骨がグニャグニャの白痴政党だったんでしょうか。

国外で恥を晒さない程度の自制心はなかったのでしょうか?

もう溜息ばかりついてしまいます・・・。誰かなんとかして。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。