独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自民党はカルト宗教団体である。これは間違いない。

財政再建を行わないと破滅がやってくる!
この様な脅迫スタイルは見慣れたものだろう。
オウム真理教の叫ぶハルマゲドンと何等変化のない、終末論なのである。
あるいは北欧の民族が語り継いだラグナロク、神が死に絶える究極の絶望なのか?

破壊を求める者(前編) | 復活!三輪のレッドアラート!
破壊を求める者(前編の補足) | 復活!三輪のレッドアラート!
破壊を求める者(中編) | 復活!三輪のレッドアラート!
破壊を求める者(後編) | 復活!三輪のレッドアラート!

以前、つまり今年の初めにはやんわりと自民党の正体について述べていました。
しかし、もうこれ以上黙っている事、それ自体が危険だとわかりました。
安倍総理はすぐに退陣しようとしなかった。小泉総理同様に。

そして、安倍総理の起死回生の策こそ、前回述べた「14兆円の歳出削減」と言う事です。

明暗を分けるイデオロギー | 復活!三輪のレッドアラート!
完全に発狂しています。こんな事をすれば、国民に対しては「社会保障費の削減で実質増税」が確定しますし、公務員の削減もここまでの削減となると「従来の社会サービスの提供は絶対に不可能」となります。
また、ここまでの削減を行えば、失業率の膨大な増加と、社会保障がなされない場合、極度の社会不安を惹起します。

また、ここまでの凄まじい人事を行う組織に対して、正常な人間は求人があっても応募しないでしょう。
つまり、公務員には正常な人材は集まらないと言う事が約束されてしまいます。
それが本当に正しい事なのでしょうか?
一政党の党利党略や原理主義的なカルト経済理論の為に、ここまでの破壊を企める。
自民党と言う組織は、もはや亡国カルトに骨の髄まで汚染された政党に成り果ててしまったのです。
まあ、これが政党と言えるなら・・・ですがね。

アンチカルト様のコメントをエントリー上に転載させて頂きます。

>同じ日本人同士で左翼とか右翼とかと云うだけで、小さな問題に反発しあっていられるほど、日本は暢気でいられる状況ではないと思います。
>国がちゃんと存在しているから右翼だの左翼だの言っていられるのではないでしょうか。
>まずは大同小異を見極めて、外的から国を守ることを優先するべきだと思います。
2007/08/12(日) 06:43 | URL | アンチカルト

これは他のエントリーへのコメントではありましたが、至極の意味合いを持つ発言だと思います。

私は既に自民党を見捨てました。だから自民党の悪の本質を暴く事を躊躇わなくなっています。
以前は躊躇していました。まだ期待していたからです。しかし、その最後の期待も裏切られた。

今後の私の活動方針としては、保守の受け皿としての政党を応援し、その政党に自民の支持票を誘導する運動を、他のブログと連携して行うと言う方針を採ります。
残念ながら、瀬戸様の新風は、現時点では保守の受け皿となっておらず、国民新党は単独での戦いよりも民主党と協調して行く方針を固めた模様です。
平和党については、banabuna様には申し訳ないのですが、私はあの党首さんとやらを全く信じられません。
「あれほど妙な雰囲気を発散させているお方」はネットをいろいろ巡っていても滅多に出会えませんし。(妙なと言うのは、凄く抑制した表現です。)

瀬戸様・・・貴方の周囲を今一度見直して頂けないでしょうか。
貴方はいろんな人に監視されている様に思えるのです。
私は貴方を非常に高く評価しています。
精神的に本当に日本人として大事なものを固く持っておられるのですから。
貴方は希望なのです。沢山の人達の・・・。
だからこそ、貴方には正道を直進して頂きたいのです。
破壊的な事、革新的に過ぎる事、それらには目もくれないで頂きたい。
それが私の貴方への願いです。あるいは祈りであるかも・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
概算要求基準 財政再建は党派を超えた課題だ(8月11日付・読売社説)

 財政再建に向け、与野党が効果的な方策を競い合うような予算編成ができないか。

 来年度予算の大枠を決める概算要求基準(シーリング)が閣議了解された。

 公共事業費を今年度に比べ、3%減らす。
 社会保障費についても高齢化などに伴う自然増分を2200億円圧縮する。
 こうした削減努力を積み重ね、一般歳出の総額を今年度から微増の47兆3000億円に抑え込む方針だ。

 与党からは、大都市部と地方の経済格差拡大が参院選敗北の一因だとして、公共事業費などの削減に強く反対する声が出ていたが、政府が押し切った。

 政府は、財政再建の手段として歳出削減を重視してきた。
 選挙に負けたからといってその看板は簡単には下ろせない、ということだろう。妥当な判断だ。

 我が国の長期債務は、今年度末で770兆円に達し、今後も増え続ける見通しだ。
 確かな財源を確保せずに、歳出だけ膨らませるわけにはいかない。
 そんな事態を招けば、国債への信頼が失われ、金利が上昇して財政はさらに悪化する。

 民主党は、農家に対する戸別所得補償制度を創設する法案などを、この秋の臨時国会に提出する方針だ。
 月額2万6000円を支給する子ども手当の新設なども求めており、民主党からの歳出増の圧力が強まりそうだ。

 だが、民主党は参院で第1党になった責任を忘れてはなるまい。
 危機的な財政の現状を直視し、どうすれば財政再建が実現できるか、臨時国会で与党と建設的な議論をしていくべきだ。

 財政再建の目標は、政府・与党と民主両党で偶然にも一致している。2011年度までに、国と地方の基礎的財政収支を黒字化する、というものだ。

 だが、実現への手法は大きな違いがある。
 自民党は目標達成に必要な財源不足を16兆5000億円とはじき、最大14兆円余りを社会保障費や公務員人件費の削減などで賄うとしている。
 来年度予算はその重要なステップとの位置づけだ。

 一方の民主党は、補助金の見直しなどで浮かせた財源を、基礎年金の財源などに全額つぎ込むとしている。
 これでは、財政赤字削減に回す分がなくなってしまう。
 財政再建に、本気で取り組む気があるのか、疑われても仕方あるまい。

 ただし、歳出をやみくもに削り込めばいいというものではない。
 学校、病院の耐震化促進や、米国で起きた橋の崩落事故を国内で再現させないための道路、橋の補強など、増やすべき歳出もある。
 要は、これまで以上に査定にメリハリを利かす必要がある、ということだ。

******

アホの書いた作文ですな・・・。
まず前提に「財政再建=均衡財政が正しい」と言う前提がある。
これが間違ってるかどうかを検証しなければならないが、それをやったのだろうか?

>最大14兆円余りを社会保障費や公務員人件費の削減

ここですが、国家の提供するサービスを切り、雇用と社会保障を14兆円分減らすと言う事ですね。
大規模な家計に対する負担と、失業を伴いますが、それを許容できると思ってる訳ですね?

ああ、国家公務員とかだと失業保険掛けてませんからね。制度的に。
のたれ死にさせたら良いと言うお考えですか?ご立派ですね。
本当に貴方達人間ですか?

貴方達は公務員叩きを奨励して、公務員に人権も自己を弁護する資格もないと決め付けている様ですが、他人事だからそこまで冷淡なんでしょう?

今の日本の問題点を全くわかってませんね。自民党べったりだったから、読売新聞まで正気を失ってしまったんですね。

今の日本の問題点は「雇用が足りない事(特に40代以上の)」「雇用の形態がパートや派遣に偏り過ぎていて賃金が安く、仕事も過酷過ぎる事」この二点でしょう?

国民の可処分所得が減りすぎていて、それで日本はデフレスパイラルの中を滑り落ちています。今現在も。
それは全く均衡財政と関係のない問題の筈。
それを知ったかぶりして、均衡財政で全てが解決する様に堂々と社説で発表する神経が既に異常なんですよね。

さて、世界中のどこかの国で均衡財政なんて言う曲芸を実現した国があるんですか?

読売新聞は国民を騙している!
均衡財政など、実現しない絵空事なのだ。
特に、「完全雇用政策」を採用した場合、絶対に均衡財政と程遠い状態になる事は、経済を学んだ者ならば常識的に知っている初歩の初歩の知識の筈。

国民が幸せで、少子高齢化などなかった時代は完全雇用の時代だと、新聞記者ならば知っている筈。

最近の読売新聞は、倒れかけの自民党を贔屓して引き倒す事しかしない。
みっともない、朝日新聞と全く変わらないイデオロギー由来の捏造新聞だと白状している様なものだ。
こういうみっともない、嘘にまみれた社説は目が汚れる。
もう日本国民は騙されてはいけない。
マスコミの悪意に満ちた捏造や歪曲を見抜く、そんな眼力が必要なのだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
一部県連から首相退陣要求、新人衆院議員は続投支持多数

 自民党が10日、党本部で開いた参院選総括委員会(委員長・谷津義男選挙対策総局長)で、一部の県連から「(参院選惨敗は)人災だ。解党的出直しをするのならトップの交代が原則ではないか」(山梨県連の臼井成夫幹事長)など、安倍首相の退陣を求める意見が出た。

 この日は山梨と青森、愛知、愛媛、大分の5県連幹部から意見を聴いた。この後、谷津委員長は首相と首相官邸で会い、これまでの議員や識者、県連からの意見聴取の結果を報告した。

 一方、2005年の衆院選で初当選した自民党新人議員らでつくる「83(はちさん)会」が10日、国会内で開いた総会には約40人が出席し、「安倍首相はぶれることなく、改革を続けて欲しい」など、首相の続投を支持する声が大勢を占めた。

 ただ、「なぜ続投か、しっかり国民に伝える努力が必要だ」「内閣改造で『お友達内閣』と受け止められる人事をやれば、一瞬にして国民の信頼を失う」などの意見も出た。

 安倍首相は10日夕、若手自民党議員らからの首相続投支持の声について、「(参院選惨敗後に)続投するという厳しい選択をした以上、厳しい状況にあるので、エールを送ってもらうと本当に力がわく」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

******

はい、三世議員小泉純一郎氏のチルドレン、促成栽培マンの四世議員の寄り合い互助会である83会、俗称 恥足らず会(84-1)が安倍カイカクに逸早く支持表明しています。

まあチミ達の議員生命も遅くても任期までだからね。その後は自助努力とお父上たるジュンちゃんから言い渡されてるでしょ?
覚悟して待ったんさい。
もうチミ達に今後一切、再チャレンジのチャンスがないのは・・・先刻自覚してるね?

その自覚は正しい。明々白々に正しいんだ。

しかし、衆院を解散して欲しくない一心で、死に体の安倍総理にすがるのはね・・・みっともないよ。あるいは往生際が悪いと言うかね。
君達は衆院が解散したらただの人だ。だから失職したくないのはわかる。けど、君達の身分なり肩書きなりと、日本国民一億三千万人の幸福を天秤に掛けちゃいけない。

安倍総理が起死回生の大勝利をもたらしてくれる・・・そんな淡い期待を抱いているのかな?それは無茶と言うものだよ。

思えば君達の多くも「イノベーターの呼び水としての期待」と共に小泉氏が取り立てた者達だったね。
フリーターの希望の星タイゾー、主婦のカリスマゆかりん、財務官僚のカイカクリーダーさっちん、今回の参議院では三年程しか教職についてなかったヤンキーあがりのペエペエ。

もう見るも無残だね。あるいは無様過ぎて見るに耐えないと言うか・・・。
まるで出来損ないの動物園と言うか、ネタキャラ図鑑と言うかね。

もう色物ばかりの面白い議員は要らないんじゃないか?

政治って面白い人がやる、御捻りを期待した芸能ショーじゃなくて、真面目な人達が寄り集まって痩せる想いで国政を必死に考える場所じゃないか?本来的に・・・・。

本当に、こんな連中に誰が投票したんだ?真面目に一票を入れた結果がこれか?

もっと真面目に政治に携わってくれる人達を選挙で選びなおそう。
こんな連中こそ要らない。こんな連中だから勇者を待望できるんだなと思う。
まあ、自分達が勇者候補だったんだから尚更そう言う事を期待するのかも知れないがね。
図に乗りすぎ。次の選挙では小泉チルドレンの撲滅運動をしないといけないな。
ってか、多分地方の出先が全員相手にしてくれないだろうけどね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
中国人の恐ろしさは一体どこにあるのか?
それは「人殺しの方法が残虐で異常に暴力的」だと言う事だ。

それは中国人と言う民族が「古代から変化してない」唯一の点かも知れない。

中国人の殺し方には
・日頃から貯め込まれた鬱憤が殺人と言う形で噴出している事
・鬱憤を人を殺す時に全て晴らそうとするので、殺害だけに留まらない事
・殺したのがばれた後に絶対観念しない事(潔い中国人なんて見た事ない)
が一般的に見られる。これは民族性なんだろう。
(孔子なんか、弟子を煮て食べた事を居直って正当化したし)

中国人にとって、殺人とは単なる「必要だからやらなければならない事」ではなくて、人生の一区切りと言うか「誰かが自分の障害として立ちはだかった場合、そいつを殺さないと平穏を取り戻せない」と言う強迫観念があるんじゃないかなとね。

つまり風向きが想像を絶する形で突然変わる、そんな危険な人達が揃ってると言う事だ。
遣唐使を廃止した人達って、本当に人を見る目備えてたんだねと・・・。
では後半で中国人の鬼畜っぷりを晒します。

前回掲載した鬼畜大国のURLも再掲載しておきます。
鬼畜大国 | 復活!三輪のレッドアラート!

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[鬼畜大国その2]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL166 江田島孔明

今回は、参院選の隠れた争点であった日米関係について述べてみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL166]の続きを読む
さて、皆様はドラゴンクエストと言うゲームを知っておられますか?

当然知ってますよね?

伝説の勇者が現れて、その勇者が悪の化身「竜王」を退治してくれると言うゲームです。
さて、そんな願望を自民党の議員、特に若手が軒並み信じていると聞けば、皆様はビックリしますか?

でも、事実彼等は信じているんです。(だから安倍総理は未だにカイカクと叫ぶでしょう?)
その彼等の抱く凄まじい幻想と言うか、妄想と言うかについて後半で説明致します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[狂気から脱出できない自民党]の続きを読む
小沢民主席の優秀な「韓国人」秘書を紹介します♪ 或る浪人の手記

浪人様のブログで既に記事になっていますね。
私はこう外国人の秘書と言うのには全く賛成できません。
利益代表である可能性が非常に高いと見られて当然だからです。
そして、事実利益代表なのでしょう。

けれど、問題としてですが、韓国って日本に対してすぐさま戦争しようとか、その手の大問題を抱えた国ではありません。
むしろ、米国とかの様な、裏手から日本を叩き潰す策謀を継続して行って来た国の方がもっと大きな問題に思えます。

それとですが、私は一貫して特定アジアに対するアンチではありましたし、そう言う方向性は今も変わっていません。
しかし、最近では例えば中国ですが・・・後10年ほど棚晒しにして、戦争をしないで良い状態に保てないかと思う事がしばしです。
(極端な少子高齢化中国につうては、後10年程で襲い掛かってきます。)

まあ、外国人参政権についてですが、はっきり言って、これは憲法違反である可能性がとても高い案件ですので、その関係で対処すれば良いかと今は思います。
小沢氏は馬鹿じゃありません。もしそう言う事を腹の中で考えていても、口に今出すほど馬鹿じゃない。

むしろ、そう言う疑惑のある人を大勝させてしまった自民党中枢部こそ責められるべきでしょう。
この件では自民党がまず911選挙でやったのは外国人参政権、共謀罪反対派の虐殺を行った事が最初で、その後に自民党の得票を順調に減らし、今の参院選の結果を導いたのは、自民党森派であったと言う事です。

戦犯は間違いなく自民党森派です。小沢一郎氏を今責めてもどうにもならないかと思われます。今後を注視致しましょう。

さて、ここで予告して置きますが、次のエントリーでは「安倍総理を始めとする自民党中枢の狂い方」を誰にでもわかる様に説明致します。

小沢一郎氏は、少なくとも自分の不利益になる事は「頭がおかしくないので」しませんが、自民党の特に若手は違うのです。
彼等がどんな考え方をしているかを知れば、彼等に政権を渡していては日本が滅ぼされると理解できます。

次回はそう言う主旨のエントリーを立てます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
あまりにも明白な事なので再確認と言った所か。

今後起るのは小泉政権、あるいはそれ以前の否定運動が起きる。

山崎行太郎先生が「小沢保守内閣を支持する」と前々から口にしておられたが、その意味がこれから表出してくる。

何度も何度も繰り返して三輪のレッドアラートでは指摘しているが「小泉政権以降の自民党は極左の価値観を持ちながら、それを愛国デマで誤魔化し続けた政党」なのだ。(現在も進行形だし)
小泉氏は空手形を何度も切って人々を騙してきた。それがばれたのだ。
(安倍総理は選挙戦で大きな間違いをたくさん冒した。「成長を実感に」と言うあのキャッチフレーズは効果抜群だった。実感できない成長とは、デマかもしくは配当なき資本家のみの一人勝ちだと白状しただけに終わり、催眠術に掛かっているB層をたくさん正気に戻してしまった。)

今の自民党の悲惨な有様は「不渡り手形の連発で信用が崩壊した結果」でしかない。

政党の信用が、ゼロに近くなった結果がこの敗北なのだ。
カイカクで日本経済がよくなると言うデマが効果を失った結果だが、「自民党を後6年も政権党にしておけば、地方の国民はその間に全員崖から蹴り落とされる」と言う確信さえも与えてしまった様だ。

つまり、意図しているかいないかは別にして、この選挙は政権交代選挙でもあったのだろう。

今後の小沢党首の方向性は一つだろう。
「自民党の嘘を暴く」と言う方向性だ。
インド洋への艦艇派遣を阻止するのもそう言う筋の話でしかない。
郵政民営化を阻止すると言うのも同じ。
どれだけ自民党(森、小泉、安倍、竹中その他大勢)が嘘をついてきたのかを全部ばらしはじめるだろう。
嘘を暴かれたくなければ、小沢党首に妥協するしかない。

もう、ここまで弱み握られてたら、どうやっても趨勢的に挽回は不可能な訳で・・・。
「国民の皆さん、貴方がたが働けど働けど生活が楽にならなかったのは、自民党が貴方がたを騙していたからです!」とぶちあげて
・アメリカ
・財界
・その後のお楽しみ
を糾弾し始めたらどうするか?と言う事。

なんともできないでしょうね。小沢氏の利害得失で良い様に今後の政局は動きかねない。
いずれにせよ、その最中に自民党は解体していくだろう。
何とかする方法は既に存在しないと思われる。
北朝鮮と同じく、自民党政権も既に破断点を踏み越えているからだ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
自民党必死だな・・・・。

小沢VS米大使 政権担当能力に疑問符がついた(8月9日付・読売社説)

これで政権担当能力に疑問符が付く?何を言ってるんだ。
小沢は我々が考えてたよりもずっと凄い奴だったんだ。

小沢のやった事は何か?

・アメリカとの密談での妥結を断った。
・アメリカに公衆の面前で対決を迫った。
・対テロ戦争がアメリカの戦争だと喝破してみせた。
・アメリカのために日本国民を殺さないと表明して見せた。

これは民主党支持者の多くの求めていた姿勢であり、自民党が行ってきた対米隷属政策の終わりを宣言してみせた訳だ。

日本がアメリカに20年近くずっと苦しめられていた連鎖を断ち切って見せた訳。まさに画期的。
「アメリカに日本を食い物にはさせない」
「アメリカが日本に牙を剥くなら、日本人だって黙っていない」
そういってのけた訳、態度で示した訳。

これがいかに画期的である事か・・・。私は小沢一郎を今後注視したい。
彼がアメリカに最も媚を売った政治家だと言う者も居るようだ。
しかし、そう言うレッテルは、小沢一郎のこの行動の前では全く説得力がない。

さあ、アメリカがどんな手に出て来るか、今後を注視しよう。
マイケル・ホンダさん・・・。マズイ時にマズイ事しましたね。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
コメント欄に記載した内容を転載いたします。
そもそも三輪のレッドアラートの目的とは何か?
新自由主義を奉じる小泉内閣と、小泉内閣の経済運営を後ろから唆すグローバリスト、小泉内閣の経済運営を踏襲する安倍内閣の打倒です。
三輪は「抵抗勢力」として、最後の最後まで日本国民に対して、日本を食いちぎろうとする恐るべき「敵」の正体を暴く事を誓いました。
長い間、時に誰かと連帯し、時に誰かを糾弾し・・・訴え続けて来ました。

だから三輪は保守でもABENDの賛同者です!

三輪のレッドアラートでは、かなり昔から「新自由主義者が目指している姿は、まさに今の中国」である事は指摘して来ました。

三輪のレッドアラート再確認 | 復活!三輪のレッドアラート!
戦前回帰 | 復活!三輪のレッドアラート!

ようやく、今の日本の国論は、2年前から三輪のレッドアラートが訴え続けて来た方向を、ようやく向き始めたと言う事でしょうね。
予言と言うよりも、これは当然の流れなんです。
普通に働いている人達なら、今の日本の雇用情勢と、賃金情勢が圧倒的に悪くなっているのがわかって当然なんです。

わからないのは、「柳逝の様な破壊を求めるだけの暴徒」か「○面の様な自民党工作員」だけでしょう。

政治関係でも、今回の参院選の予想は完璧的中ですね。
争点についても完全に的中しています。
4ヶ月前の前哨戦で、既に最近の参院選の結果は予想していました・・・。
中川(女)が幹事長を辞める事もね。
民主党は私の思ったとおりに動き、大勝利を収めました。

今回の前哨戦について | 復活!三輪のレッドアラート!

>自民党の現在の絶対的な前提は「格差社会に反論できても、格差社会を是正できない」と言う事だ。
>小泉の呪縛と言う訳だね。
>やはりこここそが突破口だろう。

>今回の善戦の勝因を忘れない事だ。
>戦果を拡大するチャンスが民主党にはある。
>その反対に自民党には敗因を改める事は不可能なのだ。
>次回以降はその傾向が顕著に出る事だろう。

>自民党はこのままでは参院選で強烈に負ける。
>私はそう断言する。

予想外だったのは「負けた後でさえもまだカイカク」と安倍晋三氏がほざいていた事で・・・。
ここまで逝ってるとは想定外でしたね。(つける薬ナッシング・・・。)

で、国民新党に更にお勧めなのはこれ。

【信用】美しい国の株式市場【崩壊】 | 復活!三輪のレッドアラート!

一撃必殺政権交代ネタです・・・。
これをキッチリと締め上げられたらですがね。

最後に一言。
日本の製造業や、土建屋とかの肉体労働者の賃金を倍に上げろぉ!!!
3Kの職場で艱難辛苦している人達にきっちり報いろ!
公共事業で電線を全部地面の下に埋設してしまえ!
(特に自衛隊の高台に置いてあるレーダーサイトに繋いでる高圧電線、あれの電線埋設を優先的にね。)

ともあれ、苦労した人達、苦労してくれてる人達にもっと報いろや!
三輪のレッドアラートは土建屋の味方だ!
って言ったら、すげー反発ありそうな予感・・・。
でも、わかってくれる人はわかってくれるだろう。

ともかく、働く人達が報われる世の中なら、高度成長期の日本の様にバンバン子供も産めるようになる。

野党向け経済「戦略」 | 復活!三輪のレッドアラート!
格差社会について | 復活!三輪のレッドアラート!

OECDも指摘してるよ。
>ちなみに、図の左下の方に位置する、(家族給付他の)支出等が少なく貧困減少も少ない国は、スペイン、イタリア、ギリシアである。
>家族給付等との因果関係は明らかではないが、これら3カ国はいずれも出生率の低い国である。

しかし、自民党って結局安倍政権の発足以降、全く自分達の行いを改めなかったんだな。

連発で痛いニュース(ノ∀`)を | 復活!三輪のレッドアラート!

これだけでも、選挙に勝てる訳ないわ・・・。

参院選後に論じるべき事 | 復活!三輪のレッドアラート!

さあ、今後の三輪は、この二月前に予告していた事を論じて行こうと思う。
まあ、全て予想のとおりと言う事だ・・・。
まだ日本には少しだけ時間がある。その様にも言って置こう。

これからも三輪のレッドアラートでは以前からと同じ事を訴えていく。
皆も事実、真実を知ろうとして欲しい。

救国のために・・・。

私の願いは皆の安寧な生活と、日本国民の幸せな未来だから。
その為に日本の支那化は防がねばならぬ。それを推進する自民党政権も倒さねばならぬ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成19年(2007年)  8月8日(水曜日)  貳 通巻第1885号    (臨時増刊)

安倍首相、8月15日靖国神社参拝を見送りへ

 「諸般の事情に配慮し」、安倍首相は靖国神社へ参拝しない方針を固めた。
 昨年は小泉首相が周辺の雑音をもろともせずに敢然と参拝したことと対照的である。参院惨敗にも倍して、国民に大きな失望が拡がっている。

 下記は、昨年のちょうど今ごろの小誌である。再掲載する。再読して気が付いたが、当時すでに小生は発足もしていない安倍政権に対して期待していない旨をのべていた。
 こう書いていた。

 (保守陣営の中には安倍政権への期待が大きいが、はやくもその期待は裏切られており、くわえてカリスマ性に乏しい安倍氏の優柔不断ぶりが露呈、率直に言って安倍氏への過度の期待は禁物ではないのか)。

 その通りになったようだ。
    ♪

******

これが小泉、安倍政権の経済運営の末路だ!
構造改革を行った国家が辿り着く、当然の結末だ!

「膨らむ格差、しぼむ活力…なぜ給料上がらない?」マネー・経済‐経済政策ニュース:イザ!

≪所得再分配強化を≫

 このため、白書は格差を放置することは「経済社会の活力を損なう可能性がある」と企業経営者に警鐘を鳴らす。賃金が上がる期待がなければ、働く意欲もうせるし、雇用が不安定だと消費も伸びず、経済成長が鈍化してしまうというわけだ。

 そこで、白書では対策として、まず税制改正や社会保障の充実を提案している。所得の高い人から政府がお金を集め、所得の低い人を支援する「所得の再分配」の強化だ。教育や訓練など低所得者への支援策も急務と訴える。

 小峰隆夫・法政大大学院教授は「これまでの構造改革、格差容認論から格差是正論が強くなっている印象を受ける。白書の変化は内閣の姿勢の変化に相当するだけに、構造改革をめぐって今後大きな議論になる可能性がある」とみている。

 高い経済成長が続けば、いずれみんなハッピーになるという安倍内閣の「成長戦略」に、白書が、軌道修正を迫ったといえそうだ。



三輪のレッドアラートでは、こんな事は最初から今までずっと書いて来た事でしかないが、遂に巷でも私と同じ事を言う者が増えて来た。
めでたいと言うか、嘆かわしいと言うか・・・。
ちょっとそろばん弾いたら、私と同じ答えが出て当然の筈なんだが・・・。
(でも、チャンネル桜でも、ケーキ屋様とそのお仲間以外はわかってくれなかったもんなぁ・・・。ま、仕方ない。)

と言う訳で〆に入りましょうか・・・。

国民を安寧に暮らさせるという、為政者の基本の基本を忘れ、マネーゲームを礼賛し、貧国貧民の国家資産の売却路線を進めた、そんな愚かな宰相は、とうとう最後のパフォーマンスまでを封じられた。

後は没落あるのみだな・・・。売国奴よ去れ!

さあ、自民党を復活させたい諸君。今こそ頑迷かつ愚昧な構造改革派を叩き潰し、国民新党をチャンネルとして、民主党と話し合うが良いだろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
安倍首相ぼう然、面前で「やめろ」発言

 7日召集された第167臨時国会は、初日から波乱の幕開けとなった。自民党代議士会で、中谷元・元防衛庁長官(49)ら3人の閣僚経験者が、安倍晋三首相(52)の目の前で突然、辞任要求を切り出した。「総理が身を引かなければ荒波は乗り切れない」「観客は、ホームランを打たれた投手の交代を求めている」。身内の辞めろコールを、ぼうぜんとした様子で聞いた安倍首相の視線は宙を泳ぎ、さすがにショックを隠せなかった。

 参院選で初当選した新人議員を紹介する両院議員総会の後、始まった代議士会の空気を一変させたのは、中谷氏の発言だった。「総理は責任を痛感していると言うが、自民党の政策を有権者に理解してもらえる態勢をつくるため、この際、いったん身を引くことで抜本的にやり直すべきだ」と退陣を求めた。

 わずか50センチ横に、安倍首相が座っていた。首相は顔を上げなかった。中谷氏も首相の顔を見ず「抜本的な議論がないと、荒波は乗り切れない」と続けた。抜本的議論とは、退陣。代議士会で、本人を前にした退陣要求は前代未聞だ。

 小坂憲次前文科相(61)と石破茂元防衛庁長官(50)も続いた。小坂氏は「この選挙は、安倍と小沢のピッチャー同士の投手戦。観客(有権者)は、ホームランを打たれた投手の交代を求めている。自ら続投を求めるのではなく、監督に意見を聞くべきだ」と強調。メディアで退陣要求を繰り返す石破氏も「何を反省しどう改めるか、はっきりさせるべき」とただした。

 本会議の開会時間が迫り、会はそのまま終了した。中谷氏は「意見がないまま会が終わりそうな雰囲気で、ここで言わなければと思った。総理が辞める形で責任を取らないと、党の方向性を決めるための議論は始まらない」と話した。

 安倍首相は両院議員総会で「職を辞せよという声があるのは承知しているが、改革を進めることで責任を果たさなければ」と、続投への理解を求めていた。さすがにこたえたのか、部屋を出る際は肩を落とし、うつろな目で廊下を歩いて行った。
 7日夜、「厳しい意見も受け止めないといけないが、私の判断が間違っていなかったと思ってもらえるよう頑張る」と強調したが、辞任要求包囲網はじわじわ広がっている。

 同党はこの日、衆院比例代表ブロックごとに参院選敗因分析の意見聴取を始めたが、厳しい意見が続出。逢沢一郎衆院議運委員長(53)は「首相が続けたいという以上、結果責任の総括と新機軸をどう出すかのメッセージがないと、求心力が保てない」と話した。

******

ここまで馬鹿だといっそ清々しい。

予算も安倍vs.反安倍 公共事業費削減に批判の声
8月8日8時1分配信


>こうした批判が渦巻いているのは、小泉構造改革の行き過ぎが格差社会を生み、参院選で地方票を大きく減らしたとの認識があるためだ。
>「都市と地方の格差に効果的な対応策を打ち出さないと、衆院選でも大敗する」(副大臣経験者)との危機感もある。 

>政調全体会議では「きれいごとでは党は持たない。財政再建は党を滅ぼし、国を滅ぼす」
>「改革は小休止。参院選でこんなに負けたのに諮問会議であんな議論をして。1年ぐらい休んで考えたほうがいい」といった構造改革路線の転換を求める発言も飛び出した。

当然の展開だな。この程度の展開がまったく読めないで、もう廃れてしまったカイカク節をまだ歌うのか?
壊れたテープレコーダーみたいな奴だな・・・。

と言う訳で、孔明様のおっしゃるとおりの展開♪
<郵政民営化凍結法案>民主党、国民新党と共同で参院提出へ
8月8日11時3分配信


ほら、また逆風だよ。
<出納責任者逮捕>小林温参院議員の辞職問題に発展も

もう負けは負けと認めるべきだね。
これで負けを認めなかったら、次は「構造改革そのものの検証」が国会で審議されるぞ。
そこでも誤魔化せるのか?無理だろう?もう諦めなさい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年)8月7日(火曜日)通巻第1883号  

 中国猛毒食品の世界的輸入禁止、検疫を強化すれば諸掛かりでインフレ 物価高騰、社会的安定とは逆方向へ突っ走り始めた中国経済

 段ボール入り肉まんと餃子。

 テレビ局の「やらせ」ということにして中国は事態の収拾を図ろうとした。これは日本の某テレビが「やらせ」報道をした直後から、騒ぎが冷却化した教訓からだという。(本当にあった事なのに、あれはやらせだと言ったんですね。)

 新薬許可の責任者に死刑執行、副官に死刑判決(執行猶予付き)で、世界をごまかせると考えたのも、中国の遣り方。その手口は見え透いている。

 猛毒食品批判をかわすために、欧米のスナック菓子やらミネラルウォータから毒素が検出されていると言いがかりをつけて中国の多くの港では輸入を差し止める。(目には目を、中国への批判だけは許さないと言う、卑劣な恫喝。)

 これはお得意のすり替え技。
 ダナンのミネラルウォーターは「コンテナ船」ごとフランスへ送り返された。

 高度成長11%と喧伝してきた中国経済。
 本当に成長している筈ならインフレが同時進行しなければならないが、これまでは物価抑制が利いてきた。(賃金が安すぎて、インフレが起こせないと言うのはみなも知ってのとおり)

 豚肉の値上げは四月からだった。伝染病による品不足である。
ついて鶏卵、野菜、サラダオイルが値上がりを始め、なかには二倍近い高騰をしめす食品が見られる。

 「公式の物価統計では、過去33ヶ月、4・4%の値上がりしか「インフレ」として示されていないが、長期的スパンより、短期の展望をみると、この僅か三ヶ月だけのインフレを取り上げれば物価高騰は凄まじく、とくに先週一週間だけで、5%の物価高騰を招いている」(ストレートタイムズ、8月6日付け)。

 中国共産党は「和諧社会の実現」を謳っている。
 猛烈インフレは、和諧社会をスローガン倒れと化し、社会的安定を遠のかせる懼れがある、と当局はとくに警戒している。

 猛烈インフレが政治批判を招来するのは民主主義国家ばかりではないようだ。

******

 中国のインフレは成長の結果ではない。物資の欠乏の結果だ。
 グローバリストの要請に応え、賃金を上げず、環境に配慮せず、ひたすら物資を浪費蕩尽し、それを生産物に効率悪く変換して、輸出のみに頼って成長を目指した中国。

 それは戦前の日本の姿と同じなのだ。富国貧民、困苦に耐えて、諦めながら生きて行く中国人、憤懣を心の中に貯めて行く中国人。

 日本人の場合は、その憤懣を「絶対に戦ってはいけない相手アメリカ」にぶつけた。
 民主主義など中国には来ない。その前に戦争が必ずある。

 そして、戦争で敗れた日本には、美しい山野と、そして復興に懸ける気高い敗北者が残った。
 恐るべき汚染、復興のしようがない国土、教育もまともにされず、弱肉強食と他人を信用しない事を教えられて育った、文化大革命後の中国。
 あまりに違い過ぎる・・・。我々は幸運だった。まだ幸運だった。

そして、北京に行って「腹痛だけで済んだ」赤城前農林水産大臣。
貴方も幸運だった。
2007/08/06-20:24 韓国公使急死、薬品の投与ミスか=中国
こうならないで済んだんだからな。しかし、偽薬で隣国の大使を死なせるか普通?

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
株式日記と経済展望 『日本人はアメリカを許していない 』 西尾幹二(著)

構造改革派に寝返ったtora氏。

◆さて、どう打つか・・・


△ 後手 : 愛国国守名人 
┌──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┬──┐
│渡辺│世耕│小池│中秀│安倍│塩崎│麻生│町村│中昭│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│読売│__│__│__│__│__│産経│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│櫻井│森本│岡崎│井沢│稲垣│福田│古森│中西│八木│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│__│__│__│__│__│__│__│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│森田│古館│香山│森永│佐高│金子│生姜│筑紫│吉田│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│__│朝日│__│__│__│__│__│岩波│__│
├──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┼──┤
│野毅│古誠│加藤│河野│小沢│菅直│亀井│辻元│福島│
└──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┴──┘
▲先手 : 売国反日八段

(西尾幹二先生はどこにいるのでしょうか?)

******

・世耕(原理研疑惑)
・中川秀(覚醒剤、横領疑惑)
・安倍(統一教会への祝電)
・塩崎(極左組織疑惑)
が愛国派となっている。
亀井静香は売国派と書かれている。
彼の正体はこれで丸見えに見えた。

阿修羅の賢い組より少し下だった彼も、今では売国一直線なのである。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
あんまりにも感動したので、孫引きで転載させて頂きます。
山崎先生やはり凄いわ・・・。見るべき記事をキチンとしっておられる。

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』 ■国民新党のケインズ主義的な経済政策を評価する。

■産経新聞記者・山本雄史ブログより

>「自民党、公明党なんて、明日でおしまいだっ、みなさん!!!!!!」

>聴衆「うおおおおおお!」

>「自公もおわりました。わたしゃ、昨日まで島根鳥取、日本中をかけずりまわりましたが、地方では反乱が起きたんですよ、反乱が!こんな、こんな政治にがまんできないっ!!自分たちを(私たち国民を)人間と思っているのか!こういう、怒りが全国で盛り上がっている。東京のみなさんも一緒に反乱をおこそうじゃないですかっ!」

>聴衆「そうだ!」

>「われわれは、暴動ではなくて、選挙で変えることができるんですよ、日本を!わが国民新党は抵抗勢力といわれてきたが、われわれは誇りに思っている。洋の東西を問わず、時代をかえていったのは抵抗勢力じゃないですか、みなさん!!!」

>「この日本でも、60数年前、東条内閣が翼賛体制をやり、日本を悲劇的な状況にもっていった。あのとき、抵抗勢力がいたじゃないですか!!鳩山一郎であり、三木武吉、中野正剛ですよ、あの3人が座っておられた(衆院の座席の)所に、国民新党が座っている。私が座っている席は、中野正剛が座っていた椅子だ!!中野正剛は腹を掻っ切りましたが、われわれはそんなことはしませんよ、自民党を倒すんですよ!日本の夜明けを、みなさんと一緒に迎えるんですよ!」

>聴衆「そうだ!!!!」

>「郵政(民営化)見直し、地方重視、年金増額、当たり前でしょう!!6万6000円で老後の生活できるんですか、お年寄りが!!!世界の人たちに(日本は)毎年1兆円配っている。困っている人を助けるのは当然。しかし、日本で体の不自由な人やお年寄り、一生懸命生きていてもどうにもらないような人を救うのが前提ではないか」

>「大企業は史上最高の利益をあげている。(でも、利益を)社員に配っているんですか?配ってないでしょ。だからみなさんのところにまわってこない。小泉改革になってこれが始まった。日本型資本主義が制圧(崩壊?)されて、アメリカ型資本主義にこの6年間でガラっと変わったから、いざなぎ景気(のような今の景気)でも、みなさん方の懐には来ないんです!!!」

>聴衆「そうだ!!いいぞ亀井!!!」

>「大企業や金持ちには税金をまけて、この5年間でいったいいくら企業に税金をまけたのか、20兆円ですよ!!庶民に公明党は何をやったのか。庶民の味方といいながら、自民党と一緒に何をやってきたのか!!税金が上がったんですよ!!」

>「秋には、(自公政権が)消費税に取り組もうとしている。金のある人たちからは税金はとらない、庶民からとる、みなさんが怒らないから。こんな自公政権、許せますか!!」

>聴衆「許せない!!」

>「やりましょうよ、怒りを爆発させましょう。今からみなさん方も年をとる。今の自公政権に年金をまかせていいのか。(台帳が)灰になっていたかもしれない、そんなことを前提にして年金をちゃんとできるのか(自公政権は)。1年で調査できるのか、(自公政権は)できるわけがない、できぬことを、できるといって参院選を乗り切ろうとしている。悪いのは政府だ、四の五の言わずに政府はだまって(年金を)支給すればいい!!!」

>聴衆「そうだ!!」

******

三輪の見立てに間違いなし・・・。
亀井静香先生、頑張って下さい!

******

>「魂を取り戻しましょうよ。拝金主義がはびこり、家庭の中でも競争競争。こういう社会から決別しようではないか!!抵抗勢力に気合の一票を!!勝ち抜きましょう、夜明けはすぐ目の前です、東京でも反乱をおこしましょう!!!!」

>聴衆「い~いぞ!!!!!おおおおおお!!!」

******

この小気味良い台詞。
いいねぇ、大和節ってのは・・・。

******

>「われわれは、暴動ではなくて、選挙で変えることができるんですよ、日本を!わが国民新党は抵抗勢力といわれてきたが、われわれは誇りに思っている。洋の東西を問わず、時代をかえていったのは抵抗勢力じゃないですか、みなさん!!!」

ここ大事ですね。暴徒なんて所詮お呼びじゃないって所がね。
救国の志とは、この様な正道を尊ぶ精神から生まれます。

繰り返しますが、今回当選した民主党議員の中には、亀井静香氏の薫陶の後に国政に送り出された人が居るのです。
過激な行動は所詮パフォーマンスでしかありません。
今の日本人に必要な何かは「癒し」であり「再生」です。

もう破壊は必要ない。破壊が受け入れられる時間は過ぎたのです。

経済コラムマガジン 07/8/6(493号) 自民党の自殺

これから再生が来ないのならば、日本国の人心は堕落して行く事だろう。
これからの抵抗勢力は、破壊を訴える者、破壊を容認する者と知らねばならない。
時勢はそう変わっています。

破壊は想像とイコールではない。破壊は和、大きな和の反存在である。
日本人ならばそれが理解できる筈。(できない奴は日本人ではない。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL165 江田島孔明

<参考>
------------------------------------------------------

なぜナチスを阻止できなかったのか-マルチン・ニーメラー牧師の告白-
 
 ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分はすこし不安であったが、とにかく自分は共産主義者でなかった。だからなにも行動にでなかった。

 次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、社会主義者でなかったから何も行動にでなかった。
 
 それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、自分はそのたびにいつも不安をましたが、それでもなお行動にでることはなかった。

 それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であった。だからたって行動にでたが、そのときはすでにおそかった。

-----------------------------------------------------

 今回は、参院選の意味と今後の政局を予想してみたい。
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL165]の続きを読む
最近の軍事関係のニュースをみたらこんなものが出ていた。

WIRED VISION / 8km先の対象を撃つ「レーザー・ライフル」(1)
WIRED VISION / 8km先の対象を撃つ「レーザー・ライフル」(2)

うーん、20年後の戦争では白い甲冑型戦闘服に身を固めた兵士の後ろから、テーマソングにあわせて黒い人がおもむろに登場しそうだな。

↓こんな感じで
お酢ヴェイダーとタマノイトルーパーズ



ところで、この記事のこの部分ってとても重要と思う。
>「これまでに数多くの陸軍の構成員に話を聞いた。もっと休暇がほしい、給料を上げてほしいという声も聞いたが、それ以外で求められているのは、通常モードでは相手の命を奪わないが、事態がエスカレートした場合に、『致死的攻撃』にスイッチを切り替えると攻撃力がアップするシステムだ。今後、われわれがそうしたシステムを提供できることを願っている」とBraun氏は語った。

これも重要。
>また、大きな電磁パルス効果を生成できる可能性もあるほか、この技術を使って人を気絶させたり、麻痺させたりする兵器も開発されている。
大きな電磁パルス発生を敵目標の至近(と言うかほぼ直撃ですね)で行うなら、現在のプリント基盤に依存した電子兵装やら、コイルその他の激しく通電するのが当たり前の装置は・・・全部使えなくなる可能性があります。
これが普及した後は、何をもって戦争を行うんでしょうね?

けど、これも諸刃の剣ですね。テロにこう言う代物が使われた時を考えると、もう送電線その他を露出される事はできなくなるでしょう。
スターウォーズの世界で電線とか見なかったのは、そう言う関係の対策が行われた世界だったからかな?とかふと思います。(カンガエスギ

>致死性レーザーを、電源装置を含めて携帯可能ほど小型化することは可能だろうか? 
>今年は無理だし、5年以内でもたぶん無理だろう。だが、実現しそうな兆しは確かにある。

別に「敵対的な勢力」に「自軍の抵抗拠点あるいは防御目標を攻撃させない」と言う事に限れば、全く携帯可能な電源である必要はありませんね。
分散した小さな射撃用の拠点から、射的の的みたいに相手を撃てば良いだけなんですから。

そして、多分ですが、レーザーを使っての戦争は人死にが今より二桁は減るでしょう。
なにしろ、現在の自動小銃が何故前大戦時よりもずっと小口径化しているのか?
敵を殺してしまったら、その時点で元敵だった人は死体袋に入れられて処理終了です。
けど、怪我をした人となると・・・その人は銃後に後送されて、沢山の人がその人を看護しないといけません。
相手の資源を人的にも物的にもたくさん使わせる事ができるんです。

よって合理を考えてみると、このレーザーライフルも「いかに相手を手間が掛かるように傷害できるか」が考えられる事になると思います。

人道と言う事では、今の鉛弾とレーザーライフルと、どちらが人道にかなっているかはわかりません。
射的の的のように、目に映った敵ならば必ず直撃できるレーザーライフル。戦争の素人でも楽しく戦争ができる世界の到来です。

でも、こんな世界ではゴルゴ13って絶対失業するな・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
<借金時計>長期債務残高を掲載 財務省HPに1日から
2007年07月31日08時44分トラックバック(3)


 財務省は8月1日から同省のホームページに、国と地方の長期債務残高が一目で分かる「日本の借金時計」を掲載する。国と地方の長期債務残高は06年度末に767兆円に達し、国債の利払い費などが刻々と増え続けている。国と地方の借金が増え続ける現実をビジュアルに表現して、国民に財政再建の重要性を訴える狙いだ。

******

こんな事をやってたんですよね、財務省は。
けど財政の健全化を求める為の周知が目的だったんですが・・・。

借金時計の掲載の一時停止について

8月1日、財務省ホームページの「日本の財政を考える」に掲載しました「借金時計」は、アクセスにより負荷がかかるため、公告等の掲載情報の円滑な閲覧を確保するため、一時掲載を取りやめております。

不都合をおかけしている点をお詫び申し上げるとともに、掲載の準備が出来次第、再度掲載いたしますのでご了承ください。

******

この様な結果に終わったみたいです。なんともはや・・・。

その日本の借金と言われてる代物の内訳ですが、こんな感じです。
国債及び借入金並びに政府保証債務現在高(平成19年3月末現在):財務省

国民に財政再建の大事さを訴える為と言う事でしたが、本来的にこう言う「人心を惑わす様な御触れ」を国がするべきなんでしょうか?

私にはこう言う事を国の財政を預かる方々が行う、その神経がわからないんですよね・・・。
何考えてるの?と・・・・。

人を怖がらせて扇動するなんて、丸っきりカルト宗教団体じゃないですか。
末世とか最終戦争とか。そう言うのに国民を駆り立てたいんでしょうかね?

でも、何となく、最近の政府自民党はカルト化して来ているとは思っていましたが。
喜八ログ: 世耕弘成議員に関する素朴な疑問
こう言う疑惑が最近浮上して来た人も居ますし。
しかし原理研か・・・。この人も統一協会疑惑の人だったんだな。知らなかったよ。

ともかく、国が危機を訴えるのは良いけども、もう少し方法を考えた方が良いし、それを行うべき組織も考えた方が良い。
財務省がこう言う事をやるのは、どう考えても私には適当とは思えない。
財務省の役目は、日本国民を安心させる方針の立案あって、不安を徒に掻き立てる事にはないと思う。

政府の役目は国家を正しく運営し、国民を安寧にする事だと思います。
どう考えても、こんな事をするのはよろしくないかと・・・。

ともあれ、財務省の今回の事は薬が効き過ぎてしまった様です。
今後はこう言うインパクトだけ強くて筋の悪い事はしない方が良いでしょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
もう、見るに耐えないので・・・。
新しい風を求めて 例の国旗問題

新風連事務局様の見解では、訴訟を口にする事が警告だと言う見解のようですが、それは明らかに間違っています。

第32章 脅迫の罪(脅迫)
第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。


「第222条の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知した時」で脅迫罪の要件が一つ満たされます。

訴訟ってのは名誉ないし財産に対する著しい圧力ですからね。
その意図が警告の為に訴訟を口に出したのなら、それは脅迫になってしまうのです。
つまり・・・本当に訴えないと駄目になってしまったと言う事です。
あるいは訴えるといった人と和解する事ですね。

「訴えようかとは思ったが、和解で済ます事にした」と言うのならば、それは問題にならないのです。
けど、放置しておいて「訴えなかった」となると、これは問題なのです。本当に脅迫と言う事になってしまいます。

だから誰かに対して訴訟でかたを付けようと示唆する事は、一般には極めて覚悟の要る行為の筈なんです。
しかし、それを軽々しく、しかも繰り返し繰り返し新風連事務局様は訴訟を口にしておられる。
そう言うやり口は、不見識だと思います。気が済めば良い事では無い筈。
このまま訴訟を起こせば大恥です。恥をかかずに済む方法なんか見当たりません。

私としては「良い裁判より悪い和解が正しい」と常から信じている向きです。
ましてや、今回の一件で和解する事は良い和解だとさえ思えます。
ご一考下されば幸いですね。

ところで、サイトの管理人が行う「警告」と言う事の範囲についてですが、新風連事務局「貴方のやっている事はサイトの運営上好ましくない事であり、今後は管理人としての権限の範囲内で断固として対処を行います。」ならば警告の範囲内です。
しかし、訴訟で白黒をつけようというのは、警告の範囲を著しく逸脱していますね。

どことも知れない人の掲示板コメントを真に受けてしまい、訴訟が正しいものと勘違いさせられてしまった様ですが、彼こそが「本物の貴方がたへの敵対者」であって、新風連に危険な発言をさせるために釣ったのだとしか私には見えません。

そもそも、新風連の方々は「日本人同士の掲示板上での争いの訴えを、アメリカの裁判所が本当に受理すると思っている」のですかね?

もし間違って受理やら審議がされてしまったとしても「日本人同士の争いをアメリカ国籍の”裁判員”(今時日本風に用語を直してます)が日本の国内法である国旗毀損の刑法犯罪の議題で裁く」なんて「想像不能なレベルの国辱」だと思うんですが、そこらもどうお考えですかね?
これで訳わからない判例ができたら、下手すると国際問題になりますし・・・。

もうちょっと頭冷やした方が良くないですか?

本来は「どこの国のものであれ、国旗を毀損する行為は許されない事であり、行った者達には強い反省を望む」と名指しさえせずに、処分もなしに収める事もできた筈。
それこそ「警告」のレベルで事は処理できていた筈。
過激な詰まんない突っ張り方を選んで、誰も傷つかない穏やかな方法を捨ててしまいましたね。

つくづく残念です。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
景気回復の成果、均衡配分を…労働白書が格差懸念

 厚生労働省は3日、2007年版「労働経済の分析」(労働経済白書)を発表した。

 好調な企業業績が賃金上昇に結び付いていない点を問題視し、「今後は企業部門で先行している回復を雇用の拡大、賃金の上昇、労働時間の短縮へとバランスよく配分し、持続的な経済発展を実現していくことが求められている」として、労働分配率の強化を課題に掲げたのが特徴だ。

 雇用情勢について「改善に広がりがみられる」とする一方で、「勤労者家計について、消費は全体として力強さを欠き、教育、住居などの支出項目で所得階層別の格差も拡大している」と指摘。格差問題に対する懸念を示した。

 その要因として
〈1〉賃金が低い非正規雇用の拡大
〈2〉業績・成果主義的な賃金制度の導入による正規雇用の中の賃金格差の拡大
〈3〉裁量労働制の拡大などによる長時間労働と短時間労働への二極化の進展
――などを挙げた。

 特に非正規雇用の増大など雇用形態の多様化について、「今までの労使の力学を崩し、成長の成果が労働者全体に行き渡らないという今日のゆがみをもたらした」として、春闘のような横断的な労働組合による賃金引き上げなどが難しくなっていることを強調した。その上で、「社会の大きな変化の下で、成果配分の方式について抜本的な見直しが避けられなくなってきている」としている。

 また長時間労働の要因について「自律的な働き方の広がりに伴い企業にとって、労働者が抱える仕事の状況を把握することが難しくなり、結果として、特定の人々に長時間労働を集中させる傾向を生み出している」とも指摘した。

******

民主の小沢代表にはいろいろ欠点はあるだろう。
けど、彼の欠点に「戦術的能力の欠如」と言うものはない。
安倍総理の様に戦術も戦略も無い、ただのお坊ちゃまとは大違いなのだ。
だから小沢代表は思っているだろう。
「これほどの少ない損害でこれほどの大戦果だ。さあ、更に戦果を拡大すべきだ」と・・・。

バカでなければそうする。そして彼がバカとは程遠い人であるのは、今回の選挙(代表となって「最初」の大規模な選挙)の勝利を見ても明らかだ。
だから彼は今までの安倍政権、小泉政権の失策を徹底的に叩くだろう。
それが彼の正義に結びつくとなれば、当然やらない訳が無い。

さあ、理念先行で日本国民を毎年何万人も自殺させて来た人達・・・。
国民の裁きを受ける時ですよ。これからはね・・・。

どんなに「国を愛しています」とほざいても、国民の困苦を見過ごしてたら説得力ナッシングですよ。
無様に退場したくないのなら、今からでも悔い改める事だね。

ん?スポンサーの意向には逆らえない?
じゃあ何とか自分で自分の身を守るんだね。
それもできない?じゃあ滅びろw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
うん、久々に彼を見たんだな。
lefty様のブログでね。
その彼とは誰か?依存症の独り言の坂 眞氏なんだが・・・。

彼と私は全然支持するものがかみ合わないし、意見も多々違っていた。
でもね、私は彼のブログをほとんど毎日見に行っていた。

何故か?彼の語る語り口って凄くノーブルなの。
語る言葉もね、思わず乗せられてしまいそうな魅力に溢れていたし。
読んでて気持ち良いブログだった・・・。

彼が政治ブログランキングから引退したのは本当に残念だ。
今政治ブログランキングを見ていて、切実にそう思う。
時代は変わったのだな。僅か数年で。
振り返ってそう思ってしまった。

>坂 眞様
私も・・・彼には本当に期待しています。
彼がもっと真っ直ぐに伸びてくれたら。そう思いますね。

貴方ほどの知性の持ち主だからこそ、とりわけlefty様に好意的になるんでしょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
今回のエントリーは難しい内容ですね。

そして、読む人が読めば「なるほど!」と手を打つだろう内容でもあります。

グローバリズムに「戦前の日本人」が手を染める事になった理由がわかります。

ちなみにこのハーレイ法のハーレイとはアメリカの陸軍大臣であった「パトリック・J・ハーレイ」だと社会の授業で聞きました。
しかもそのパトリック・J・ハーレイの参謀長は・・・ダグラス・マッカーサーだったのです。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[「スムート・ハーレイ法」]の続きを読む
極右評論:決意とお願い

こちらでとうとう瀬戸様がカンパのお願いを開始されました。
この方向性は正しいと思います。
活動資金を作るべきですね。誰からも邪魔されないで活動できる資金を。

それはそれでよろしいのですが、少し補足と訂正をしたいと思います。

>反日マスコミの罪科

>今回の選挙結果に落胆している暇はない。
>小沢民主党は反日マスメディアと共闘し、秋の国会においては安倍政権への攻勢を強め、政府は解散総選挙に追い込まれてしまうかも知れません。

これについて補足させて頂きたいのです。
同じ反日マスコミは、2年前の小泉総理の大勝利を演出しました。
私の見る所では、今回の安倍政権に対するマスコミの吹かせた逆風は「安倍政権の方が血祭りに挙げられたら面白そうだったから」と言う程度の事だったと思うのです。

そして、対する小泉氏については、彼ならば獲物を華のある始末の仕方をするだろうと見たからでしょう。
マスコミはサーカスを提供しているだけ、そのサーカスは血生臭く、衝撃的であった方が「視聴率を取れる」と言う、その程度の判定しかしていないように思えます。

でなかったら、小泉政権に加担した理由がわからないのです。
マスコミ流に考えれば「今度の参院選は自民党が野党に転落する大スペクタクルで行こうか!」くらいのノリでしかないんじゃないでしょうか?
そう言う事に気が付いてから、私はマスコミ叩きを馬鹿馬鹿しく思うようになって来ています。

彼等は反日ではなく、思想性が全く無いだけではないのかと。

それと今回の小沢民主党の勝利は、構造改革に日本の地方が疲弊しつくして、「自民党を見限るしかなくなった事」が大きな理由の一つだと論じています。
安倍内閣といわず、ここ10年程の自民党は地方をいじめ過ぎたのです。
だから片山虎之助氏は、本来なら磐石の地盤の上で破れたのです。

私はだから、新風が「日本国の民草を哀れみ、その生活を上向かせる」そう言う政策を提案する事にこそ期待しています。
小沢民主の鼻をあかすのは、小沢民主以上の生活向上政策を策定し、それを目に見える形で国民に約束する事からはじめないといけないと思います。

そう言う意味では、東京に中枢のある新風は非常にやり難いでしょう。
東京は、現在の日本で最も経済的に恵まれた場所であり、民主党とかと張り合う場所では本来ないからです。
新風は現在の数倍の支持を得ないと議席を取れません。
その事を踏まえた上で、どう支持者を増やすのか・・・。

その方法を策定しないといけないのです。
政治家の命は政策であり、実行力であり、なにより政策が執り行われた場合の結果を認識する能力が必要なのです。

安倍総理は自分の行っていた行動の結果を全く想像せずに行動してきた。
その結果、今回の大敗北を招いたのです。決して小沢の手管が対処不能だったからではない。
安倍総理は自殺点を入れ続け、過失過誤を積み重ね続け、それをいびるのにマスコミが加担しただけ、私はそう評価しております。

勝因の無い勝利はあっても、敗因の無い敗北は無いのです。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
米下院委、対日礼賛決議案を可決…慰安婦決議とバランス

 【ワシントン=五十嵐文】米下院外交委員会は31日午前(日本時間1日未明)、米国の同盟国としての日本の重要性を確認する対日礼賛決議案を可決した。

 30日に下院本会議で採択された、いわゆる従軍慰安婦問題で日本政府に公式謝罪を求める対日非難決議案とのバランスを取り、日米同盟を重視する米議会の姿勢を強調するため、共和党のジム・サックストン議員が提出した。決議は、日本を「米国のもっとも信頼する安全保障上のパートナーの一つ」と位置づけ、日本のイラクやインド洋での国際貢献を高く評価している。

 一方、スノー大統領報道官は31日、下院本会議での慰安婦決議の採択について、「現時点で(下院と日本政府の)どちらかを支持するものではない。日本は重要な同盟国だ」と述べた。

******

アメリカも後悔してるんだろうな・・・。

けど、フォローの仕方がなってない。
壊れたシャワーのたとえと同じ。熱湯と冷水が交互に噴出するシャワーは快適なものではないと言う事。

右手で腹を思い切り殴りつけて、左手で撫でたからと言っても、被害者が納得する訳も無い。

あの下院の狂った決議を行った時点で「アメリカも被害者利権を願う反日国の一つなんだ・・・」と親米の人達は落胆したのは事実なんだし。
離間の謀略に思い切り乗ってしまったのは、日本ではなくてアメリカの方です。
大いに反省して頂きましょう。まあ、取り返しが付けば良いのですがね。
この決議の舞台裏はこんな感じです。

東洋の魔笛 慰安婦非難決議・・・10名決議を報道しないTV局

すでに多くのブロガーの方々が扱っておられる問題である。

詳細はそれらのブログエントリを見ていただきたい。

今日は四時から起きて、日テレの「おはよん」と、みのもんた不在のTBS「朝ズバ!」をチェックしたのだが、どちらも今回の米国下院の慰安婦非難決議案が、たった10名での採決だったこと触れていなかった。

筆者が目を放した隙に、3秒くらいで伝えたのなら話は別だが。

フジTVは途中から見たので定かでない。

テレ朝も途中からなので定かでないが、まあ、ここは無理だろう。

ペロシ下院議長による、「日本は友人だが・・・」という、なんとなく申し訳なさそうな顔の映像はどのTV局も報道し、そのあとに「安倍首相にとっては痛手だ」というようなコメントもご丁寧に入れるのに、なぜ「たった10名での採決」という事実について伝えないのか・・・。TBS、テレ朝はともかく、日テレはどうした。

4人も若い娘が出て代わる代わるニュースや天気予報を伝えたり、松島菜々子が妊娠しただのどうでも良い芸能ニュースは丹念に報道するのに、大事なことを伝えないのは恣意性の現われなのか?

だからTVマスコミはダメなのだ。

******

要はほとんどのまともな議員は退席していて、反日議員だけで通過してしまった決議だったんですよ。
でも、決まってしまった決議は決議です。

この決議通過は将来の日米の関係に暗雲を招かずにはおかれないでしょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
知ってる人は知ってるだろうけど、例の新風の「大した事ないスレ」にレスをつけて来た。

新しい風を求めて 星条旗問題についての見解を表明する!

まあ、新風の全員に瀬戸様の人徳を求めるのは酷だとわかってるので、別にあの返答でも特段の失望はしない。

けど・・・。大丈夫なのかな?と思う事が更にある。

民主党と言う政党、あれをまず考えて欲しい。
民主党とはなんぞや?
自民党に対抗する為に、左右どころか外国人までが野合している政党でしょう?

新風もそうなっていくのではないかと言う事。
反反日の野合団結の為に、柳生や妖面の様な暴徒を取り込んでしまっている。

でも・・・それって社民を取り込んで変質しちゃった民主党と同じ事にならないかな?
悪貨が良貨を駆逐して、最後に残るのは暴徒ばかりとか・・・。
既に農民様が脱退の方針だし。
既に良貨が駆逐され始めている。懸念を抱かざるをえない。

けど動員かぁ・・・。丸っきり反対側の人と同じ用語を使うんだな、新風も。
そう言う印象だけは抱いた。まあ、この件については他に総括する事はない。

それと、私が柳生や妖面を暴徒と呼んでいる理由もキチンと説明しておく。
私は他国の侵略や謀略には痛く憤慨する方だが、韓国なり中国であったとしても、連中の国が「とても不愉快な国家であっても主権を有している」と固く認めている。
中国の「反国家分裂法」とか「海洋法」みたいな国際法に違反した、侵略の理論武装をするでっち上げ法は別にして、例えば中国の法律、刑法や商法を尊重しない訳ではない。
まあ、それを連中が正しく日本人に適用するかどうかも別にしないといけないのは・・・業腹が煮える所でもあるが。

それができないなら、反人類中国人や反日韓国人同様の無法者になってしまう。

相手と同レベルかそれ以下の無法者になってしまっては、戦いにすでに負けていると思う。
そんな無法者は、私から言わせれば「正しい同胞ではない」としか判定できない。

彼奴らは、新風が自分達暴徒と同列に見られても良い、その程度の気持ちで新風連に参加している暴徒なのだと。
まあ、そう言う彼奴等の新風への評価に気が付かないまま、彼奴等を同士として扱うのもまた新風の自由であろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
日本語指導:必要な外国人児童・生徒、過去最高に

 全国の公立小中高校などで日本語指導の必要な外国人の児童・生徒数が過去最高の2万2413人(06年9月1日現在)に上ることが、文部科学省の調査で分かった。前年度比8.3%増(1721人)で、在籍校数も同3.7%増の5475校に増加した。同省は、受け入れ態勢の整備などについて審議する有識者の検討会を設置した。

 日本語指導の必要な外国人の児童生徒は▽小学校1万5946人▽中学校5246人▽高校1128人--などで、85.6%にあたる1万9189人が特別な日本語指導を受けていた。
 母語別では
▽ポルトガル語8633人
▽中国語4471人
▽スペイン語3279人
▽フィリピノ語(タガログ語)2508人
▽韓国・朝鮮語861人
--などで、上位3言語が全体の7割強を占めた。【高山純二】

こんな事を着々と進めていた小泉政権を何故「純粋日本人」が支持できるのだろう?

草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN 「外国人地方参政権」浮上の危険性-安倍退陣阻止を
草莽崛起 PRIDE OF JAPAN様は小泉・安倍政権が外国人参政権に反対していると、そう思っておられるようだ。

しかし、その傾向を更に具体化したのは安倍政権である。
日々是勉強 【破滅への】東アジア共同体とアジア・ゲートウェイ構想【片道切符】

こんなものも日本政府はでっちあげている。
「東アジア食品産業活性化戦略(東アジア食品産業共同体構想)」のホームページ窓口の設置について

日本がアジアの食料を供給し、その見返りとしてアジアン(特定アジア含む)の入国を自由に許可する「夢の様な平和な国」を作るのが安倍政権の姿勢みたいです。

いらねぇよ!そんな国は!

とにかく、安倍政権の端的な総括として「日本人の事を全く考えようともしなかった」と評価されるしかないのだが、
・諸外国からの評価を高める為に
こんなことを平気でしている・・・。
【正論】評論家・西尾幹二 慰安婦問題謝罪は安倍政権に致命傷|正論|論説|Sankei WEB

アメリカから良く思われたい為に、慰安婦問題を「国家主導の性奴隷問題に昇格させてしまった」のだ。
河野洋平氏が信念を持ってやったら「ネット右翼」が叩き、安倍晋三氏が信念を曲げてやったら「ネット右翼」は総スルー。
ただのダブスタでしょ?贔屓の引き倒しでしょ?

・もう一つの問題は安倍政権の「長期政権志向」。
閣僚の任命を見ていたら、本気で長期政権を維持するつもりがあるのかどうか、凄く疑問なんだけど、そう言う志向なのだそうだ。
結果として「とっても弱気で売国的な政策や行動が噴出する」と言う連鎖になってる。
私の結論は既にずっと前から確定している。

「安倍総理に政権運営は無理」と言う事。一刻も早い退陣を願う。
と言うか、早い内に辞めてれば、ここまで自民党も傷を負わなかっただろうけど・・・。
こんなのをリーダーに据えた小泉純一郎氏の罪は果てしなく重い。
けど、小泉純一郎氏も思ってるだろうね。
「ここまでバカで無能だとは思ってなかった。俺の再登板の夢も消えたか」と・・・。

安倍政権が退陣しないのは、安倍晋三氏が権力にしがみ付いているだけではあるまい。
安倍政権が滅茶苦茶に破壊してしまった自民党の基盤を、誰も再建できる自信がないのだろう。
自民党は火中の栗になってしまった・・・。自民党の議員達はポストほしさと、重過ぎる課題(不可能に思える自民党の再建)を天秤に掛けて、後者のリスクが高過ぎると及び腰なのだろう。

全くとんでもない事態に陥ったものであるが、先日来のエントリーに書いていたように、これは小泉政権の行ったクーポン選挙の後遺症なのだ。
英国自由党のように、自民党は解体していく運命なのだろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。