独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや、大した事じゃない。あるいは大変な事になるかも知れないが。

参議院なり、衆議院なりの本会議の際に、開会に際して「君が代」の起立斉唱と国旗への礼を議員全員で行い、不起立、歌わない歌えない者および礼をしなかった者をその開催期間中議事堂への立ち入り禁止を義務つけては如何だろうか?

卑しくも国会で日本国の運営を話し合う者が、国歌にも国旗にも礼を尽くせないと言うのならば、それは日本国への忠誠を誓っていないと言う事だ。
そんな奴、何処の誰が聞いてもおかしいと思うだろう。

もしそれに対していややがあるならば、それは裁判所で取り沙汰すれば良い。
その裁判の経過は我々で思い切り晒すと・・・。

これやったら、元韓国人の議員とかを議会から駆逐できるだろう。
反日の議員は日本の議会には必要ないよ。これは間違いない。

外国由来の反日因子を持った人は、ぶっちゃけ国会議員として不適だと思う。(そう言うのは外来種認定しないとね)
今日本に必要なのは、日本国に対して愛着を持ち、確固とした日本人のアイデンティティを持っている政治家だと思う。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
少し松岡大臣の自殺模様に疑問が出て来たので書きたい。

松岡大臣の自殺と言う事だが、幾つか前後に不審な点がある。
◎自殺の松岡農水相が遺書=パジャマ姿で部屋施錠-心肺蘇生かなわず・警視庁

とても不審に思う事が幾つかある。
・まず、10時過ぎに秘書が訪問した時に「パジャマ姿」であった事。
秘書は家族ではない。家族でもない人の前、しかも仕事の相手に対してパジャマ姿で応対するものか?普通は当然の事ながら着替えて対応する。大臣と言えども、大臣だからこそ、秘書にその様なだらしない姿は見せられない。
(普通、同僚のパジャマ姿をその同僚の家であっても目撃する事は滅多に無い。社宅であっても、外出時とかはパジャマでは出歩かない。社会人の常識である。)

・警察の鑑識によれば、12時半過ぎに死を選ぶ直前までパジャマ姿だった事。
松岡大臣が、当日死を選ぶか、それとも午後からの公務に出るか迷っていたのならば、普通はその時間には着替えている。

・そもそもパジャマ姿で自殺するかと言う事。
キチンと覚悟の遺書を残しながら、何故パジャマ姿で死ぬかと言う事。
パジャマ姿で死ぬなど、だらしない死である。侍が切腹する時にふんどし一丁で腹を切るか?切らない。
だらしない姿で死ぬ等、潔白を主張しながら、日本国万歳と書き残す人の死に様とは到底思えない。

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
山崎先生は、完全に松岡大臣を自殺とは思っておられない様だ。

そう言えば、林野庁と癒着した例の団体の理事、彼もパジャマ姿で無くなったそうだが、足は素足だったとか。
靴を揃えて死ぬキチンとした人が、何故そんな格好で死を選ぶのか?

彼の死後すぐ、安倍内閣は緑資源機構の廃止を含めた処分を決定する方針を決めた。
まさに間髪を入れないタイミングだ。余程この組織には安倍内閣が見せたくない物が充満している様だ。

闇に葬らせてはいけない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ネットを利用した政治活動。それに最も成功しているのは維新新風だろう。
いや、その言い方は間違っているか。成功しているのは瀬戸様個人と言っても良い。
彼のパーソナリティ無しには、新風のネット利用はありえなかったのだから。

このエントリーはそんなに長くはならないけど、読みたい人だけに読んで欲しいから、続きは後半で書く事にします。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[維新新風について語ろう]の続きを読む
奥田健次の教育改革ぶろぐろ部

オフィスマツナガ様の記事でようやく気が付きました。

奥田健次の教育改革ぷろぐろ部が復活!していた・・・・:現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ

奥田先生は、今後の日本に必要なお方です。
どうか皆様の暖かい応援をお願い致します。こちらもリンクに追加させて頂きましょう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
【第三報】緑資源機構前身の元理事が転落死、自殺か/横浜
社会 2007/05/29


 二十九日午前五時十五分ごろ、横浜市青葉区青葉台のマンション駐車場で、独禁法違反容疑で担当理事らが東京地検特捜部に逮捕された独立行政法人「緑資源機構」(川崎市)の前身、旧森林開発公団の山崎進一元理事(76)が転落死しているのが見つかった。

 山崎元理事はこのマンション在住で、六階の階段に靴がそろえて置いてあり、神奈川県警は自殺とみて調べている。パジャマ姿で、頭から出血していた。遺書は見つかっていない。

 元理事は、緑資源機構の官製談合事件で問題となった発注側主導の受注調整システムを作り上げた人物とされ、二十六日には自宅が東京地検特捜部の家宅捜索を受けた。

 関係者によると、山崎元理事は旧森林開発公団の生え抜き職員で、一九八八年十月に生え抜きとして初の理事に就任。九〇年十月に退任した。退任後は、機構の事業を受注する土木建設業者らでつくる任意団体「特定森林地域協議会」(特森協、昨年十一月解散)の副会長も務めた。

 二十六日には、社長らが特森協幹部を務めていた島根県と宮崎県の建設会社二社も、特捜部の家宅捜索を受けた。

******

松岡農水大臣の死と関係して、更に林野庁の暗部を知る者が自殺した様です。
安倍政権になってから、その前から、政権絡みで一体何人が死んでいるんでしょう?
ライブドア、耐震強度偽装、談合追求まだ他にも多数。

こんな事が日本で起きていると言う事が信じられません。
まるでロシアや中国のニュースを聞いている様です。
さて、次は一体どんな痛ましい事件が起きるのか?
普通の人なら、こう言う場合は内閣総辞職するんですがね。

「説明責任は果たされた」壊れた機械の様に繰り返す安倍総理、しかし、説明など全くできない人達は、説明責任を問われて命を断って行きます。
一体、誰が悪いのでしょうね?この一連の自殺については。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ご冥福をお祈りします、松岡農林水産大臣。

本当に貴方は可哀想なお方だ。

本来ならば、安倍政権発足に当たって、貴方が功労者として大臣の席を与えられる事などなかった。
地方組織が以前はもっとしっかりしていたのだから。

本来ならば貴方はもっと早く辞めている筈だった。
しかし、イメージダウンを恐れる安倍晋三に、最後まで踏み止まってしらを切れと強要されたのだろう。
そう、彼ならば貴方の様に責任は感じないのだからね。

貴方はとかく悪い噂に縁のあるお方だった。
しかし、別の噂も良く聞いた。本当に人情のある、頼れる人だったのだとか。
貴方の欠点は、貴方の美質と背中合わせのものだったのだ。
私は貴方を責めはしたが、悪い人だとは思っていなかった。
貴方の周囲の方々は、本当に貴方の死を残念に思い、また貴方の死を、貴方を孤独に捨て置いた事を悔やんでいるだろう。

貴方は自分の為ではなく、他人の為に死んだ。
貴方がしらを切ったのは、他人に求められての事だろう。
貴方の魂に平安がありますように。貴方の家族達の悲しみがいつか癒されます様に。

私は貴方の過去の罪を暴いても、その事は俗世の事、貴方の魂の安らぎとは何の関係もありません。
貴方はもう許されました。その事を感じて迷わず往生なさって下さい。

南無阿弥陀仏。松岡さんの魂になにとぞ救済を。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
痛いニュース(ノ∀`):護憲派「若者(ネトウヨ)をターゲットにした共産党イメージアップ戦略」

いやぁ、この三輪のレッドアラートのリンクに乗ってるサイトが遂に「痛いニュース」でデビューですよ!

lefty様、お玉おばさん様、おめでとうございます。

lefty様の方は反感をそれほど買っていない模様で、ランキングUP!UP!
ともかくおめでとうございます。
私の方は、できたら痛いニュースに載らない様に気をつけます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
総理大臣安倍晋三氏がアメリカで認めてしまった「広義の強制性」について、新しい資料を入手したのでそれについて短く語りたい。

全く持って、慰安婦の実態で、私の知らない事も沢山あった様だ。
素直に反省の言葉をここで述べておきたい。

慰安婦にされたと言う当時少女、今は因業婆であるが、確かに本人の意思によらず売春婦として連れて行かれた事は確かだ。

また、慰安婦として虐待の挙句に死を選んだ朝鮮人女性、そして兵隊に殺害された女性たちも居たとの事だ。
その証拠を後半で挙げよう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[慰安婦の真実!]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL155 江田島孔明

今回は、イラク戦争以後の重要課題である、「アメリカの分裂」を冷戦後の国務省と国防総省の対立の視点から見てみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL155]の続きを読む
他のエントリーを投げ出して書いてしまう。

痛いニュース(ノ∀`):【韓国】「時は西暦2015年。独島上空に飛来した日本のF-22ラプター20機を、韓国軍のイージス艦が殲滅」

どれ程笑える記事なのかは後半でw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界最強の自尊心]の続きを読む
平河総研の古い記事を引用。

◇日本の地政学的戦略(上) 半島と海洋国家
◇日本の地政学的戦略(下) 太平洋とアジア大陸を結ぶ日本

>日清・日露の両戦役で日本は大陸への足がかりをつけたが、次に生じたのが第1次世界大戦であった。
>日本はこの欧州の大戦に参戦する特別の理由は無かったが、日英同盟の相方であるイギリスからドイツ仮装巡洋艦に対する捜索・撃退という限定的な支援要請があり、これをアジアにおけるドイツの勢力一掃と日本の勢力拡大の好機と捉え参戦し、ドイツの占領していた南洋諸島や中国の青島などを占領した。
>その後首尾よく連合国側が勝利しドイツが敗戦した結果、日本は中国に対する「対華21か条の要求」をするのだが、これが中国との関係を悪化させ、またパリ講和会議における人種差別撤廃要求がアメリカの反発を招き、これらが実は互いに関連した形で後の大陸での日本に対する中国やアメリカの反発の原因となって行ったと考えられるのである。

>更にここにもう一つ捉えておかねばならないことは、ドイツの支配下にあった南洋諸島を日本が取得することによって、アメリカの「太平洋の橋」に対する障壁ができてしまったということがあり、これが日米の太平洋の覇権を巡る戦いを運命付けてしまったのである。

さて、予告していた日本海軍の罪については後回し。
例のハンニバル論とも組み合わせて、日米の講和が可能だったかどうか検証してみる。

私の結論としては「不可能」と言う判定。続きは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[日米の戦争は講和可能だったか?]の続きを読む
どうやら、100円ショップとかに置かれている、あの安い中国製陶器が危ないらしいです。

輸入土鍋:鉛・カドミウム漏れ 中国製、全国に2万個

LIVE SEARCH「中国 土鍋」

ホームセンターに置かれている土鍋、600円くらいの安いのも危ないそうで・・・。
釉それ自体にカドミウムが溶けているなんてね・・・。
カドミウムってイタイイタイ病の原因物質でしょ?
日本人がやってたら駄目で、中国様のやってる事なら何でも許すんですか?>安倍晋三総理大臣殿、柳沢厚生労働大臣殿

三輪は鍋が大好きです。
冬なんか毎日グツグツ言わせています。

グツグ~ツ グツグツグツ♪グツグツグツ♪ ハアハア・・・

えっと、何の話でしたっけ?ああ、中国の土鍋が危ない話ですね。
すみません、取り乱してしまって。

ともかく、中国の各地、特に泥のある場所では重金属汚染は著しいんでしょうね。
鉛、亜鉛、カドミウム。
それらが間抜けな獲物達を煮込んだ鍋から染み出してくる。
そんな鍋を使うと言う事自体が、狩人・料理人の間抜けさを意味しているのではないでしょうか?

私はそう思ってしまいます。
ん?一部意味不明の言葉がある?まあ、それは我慢して下さい。

(まあ、一番悪いのは、そう言う有害物質を含む品物を世界各国に平気で輸出している中国と、その中国のやってる事に激甘の日本政府なんですがね。
これは間違いない事でしょう。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略号外 江田島孔明

「そのときお前の左手は何をしていたのだ」

今回は、戦略の学習のため、日本史上最大の戦いである関が原の合戦において「黒田如水は天下を取ることができたか」を検証してみたい。

多極化した世界で、「第三極」を目指すという、如水に似た立場にある日本にとって、彼の行動は大変、参考になる。
私は問題提起に留め、読者諸兄の忌憚の無い意見や評論により、議論を深めたい。

ポイントは、関が原の当時、真の意味で戦国大名と呼べる勢力は、家康と如水しか残っていなかったということだ。
他の大名はほとんどが、キャリア不足の二世であった。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略号外]の続きを読む
ハンニバルについていろいろと考えていましたが、面白い彼の総括ができました。
私はハンニバルと言うのを「戦略的に封じ込めるべき相手」と設定する事で、様々な解を求める助けになると気が付いたのです。

ハンニバルの定義
・ハンニバルは戦術的に相手にするのは危険な相手である。
・ハンニバルは明白な利得を求めて行動する相手である。
・ハンニバルを仕留めるには戦略的な行動を必要とする。
・ハンニバルを無力化できる戦略的要素は何か?それが解答。

この様な相手と設定します。
実にいろいろな解が出て来るのです。

ハンニバルが中国で、ローマが日本である場合。
ハンニバルがアメリカで、ローマが中国である場合。
ハンニバルが日本で、ローマがアメリカである場合。

今後の問答のアーキタイプになる可能性もあります。
それは今後の課題として、今回は軍人の能力以外の資質。
それを考えて見ます。

ハンニバル・バルカの人格考察、そしてハンニバル・バルカを称える者達の一般的特徴を論じて見ます。

(5月26日21時書き終わりました)
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[ハンニバルまとめ]の続きを読む
予告エントリーです。

現在、先進国で、今後最も治安の悪化が懸念される国はどこか?

日本です。

その事について少し論じてみたい。
移民は常に間接侵略である。この鉄則を日本人は理解していないようだから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて、先日のハンニバル云々、彼が戦略家云々と言う事についてコメントではなくエントリーで回答しておきましょう。

私がハンニバルの事を調べたのは中学生の頃です。(凄く古い書物でね・・・)
何故彼の事を調べたのか?いや、下らない事なんですよ。

当時読み耽っていたSF小説のレンズマンに、ハンニバルの正体がエッドア人のガーレーン(三惑星連合の敵役グレイ=ロージャーと同じ)だと書いてあったからです。

ちなみに、それと並べてあった「アジアの暴君」ってのは誰だかわかりません。
毛沢東なのか?それとも先帝陛下の事なのか。誰か原文を読んで知っておられる方はご教授願います。

ほーんとに下らない理由ですよね?
でも、本当に彼は面白い人物でした。
当時の私に取って、ハンニバルは知れば知るほど興味をそそられる人物だったのです。

何しろ超人的な頭脳を持った戦争の名人ですから。
いろんな名将について文献を調べましたが、彼以上の戦術能力を持った人は結局現在に至るまで誰一人居ないみたいです。
そんな彼がポエニ戦争で敗北している。
何故か?それを私はいろいろと調べたのです。

結論は“敵を知り己を知れば百戦危うからず”、この鉄則に彼は思い切り背いて居たと言う事でした。

後半で更に説明致します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[ハンニバル・バルカの功罪]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL154 江田島孔明

 今回は、加速するイラク戦争の敗戦処理の動向と、戦後の世界を予測してみたい。

 先週の最も喜ばしいニュースに、イラク戦争にアメリカを引きずり込んだネオコンの筆頭である、ウォルフォウィッツが、世銀総裁を辞任した。
 表向きの理由は女性問題だが、真の理由は、イラク戦争を主導したネオコンパージの一貫であろう。
 背後には、アメリカのWASP権力機構に連なる、ゲーツ人脈、すなわち、CIAとユダヤの暗闘があると思われる。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL154]の続きを読む
さて、今回は「美しい国」について少し考えてみたい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[必要とされない美しい国]の続きを読む
今日の朝、久々にチーム連山の記事を読んだ。

【検証】ハンニバルの盲点

これって何なんでしょうね?思わず笑っちゃったですよ。
ハンニバルが戦略の父???

しかもこれを書いてる松村劭って人は防衛官僚だった人でしょう?

私思うんですが、何故ハンニバルが勝てなかったのか。
それはハンニバルが神にも等しい程の知能と、信じられない統率力を備えており、現場では魔術の様に恐ろしい戦術で死体の山を築けても・・・戦略的に大した事ができなかったからじゃないのかね?と・・・。

それしか考えられないんですよね。
ローマが重点的に防御を固めていたラインを迂回して、アルプスからハンニバルは侵攻を行った。
それは戦略的な行動では全くありませんね。相手の配置を知った上で、戦術的な行動を取っただけです。
なんとなれば、ハンニバルがアルプスを越えたと言う事で「ローマの同盟都市が離反するとかの効果が現れる訳もない」と言う事で証明されます。
ハンニバルの行動は単に戦術的に有利な立地に出現したと言う事でしかありません。
それを見て「ハンニバルは戦略の父」ですか?この人何歳なんだろう。早くもボケているのかな?

言いたい事は後半にまとめます。
ちなみに、このエントリーは最後で台湾についてちょっとだけ触れるための長い前振りがメインとなっています。
三輪は既にアルコールで気分良くなってますので、そのつもりでw

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

[論語読みの論語知らず]の続きを読む
三輪の朝は早い。今日も5時半起き。
いや、朝が寒い地方に転勤になったんで、それでくしゃみしながら起きてしまった訳。(クリンゴンは寒さに非常に弱い・・・)

こんな寒い日で、しかも今日は日曜日なのだ。

と言う訳で、朝からライ麦パンとソーセージをかじり、ポタージュをすすり、加えてウィスキーをお湯割りで3杯飲んでいると・・・。
(あらゆる意味で、華麗かつ豪快に堕落しとるな・・・・)

そんな中でも幾つかのリンクを加える作業だけは行ってました。

先日のエントリーで取り上げておりましたChic Stone様の小説サイトです。
こんな明日はいかが?

先日のエントリーで同様に取り上げておりましたChic Stone様のブログです。
枕元の計算用紙

昔から仲の良い、職業ジャーナリストの一華さんのサイトです。
前見て生きろ!
彼女は心がとても綺麗な、素敵な女性です。
何と言うか、人としての原始の狩りの本能を思わず刺激されてしまうお方だとだけ言って置きましょう。(笑)

経済コラムマガジン
これは完全にリンクに入れるのを忘れていましたね。
他のサイトのリンクから行けるので、自分の方に入れておくのを忘れてしまっていた様です。

今回のリンク追加は以上です。皆様、ご訪問をよろしくお願いします。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
アメリカ国内に残る公文書を産経新聞が記事にしています。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成

 【ワシントン=古森義久】日本軍の慰安婦に関して戦時中に調査に当たった米国陸軍の報告書に女性たちは民間業者に「一定の契約条件の下に雇用されていた」と明記されていることが判明した。同報告書は「日本軍による女性の組織的な強制徴用」という現在の米側一部の非難とはまったく異なる当時の認識を明示した。

 「前線地区での日本軍売春宿」と題された同報告書は米陸軍戦争情報局心理戦争班により第二次大戦中の1944年9月に作成され、米軍の「南東アジア翻訳尋問センター」の同年11月付の尋問報告に盛りこまれていた。73年に解禁され、近年も日米の一部研究者の間で知られてきた。

 当時の朝鮮のソウルで金銭と引き換えに徴募され、ビルマ北部のミッチナ(当時の日本側呼称ミイトキーナ)地区の「キョウエイ」という名の慰安所で日本軍将兵に性を提供していた朝鮮人女性20人と同慰安所経営者の41歳の日本人男性が米軍の捕虜となった。同報告書はこの男性の尋問を主に作成されたという。同報告書は「すべての『慰安婦』は以下のような契約条件の下に雇用されていた」と明記し、女性たちが基本的には商業ベースで「契約」に基づき、「雇われて」いたという認識を示している。

 同報告書はその契約条件について次のように記していた。

 「個々の慰安婦はその総売り上げの50%を受け取り、無料の移動、食糧、医療を与えられた。移動と医療は軍から供与され、食糧は慰安所経営者が軍の支援を得て、購入していた」

 「経営者たちは衣類、日常必需品、さらにはぜいたく品を法外な値段で慰安婦たちに売りつけ、利益をあげていた」

 「慰安婦の女性がその家族に支払われた金額を利子付きで返済できるようになれば、朝鮮への無料の帰還の便宜を与えられ、自由の身になったとみなされることになっていた。だが戦争の状況のために、このグループの女性はだれも帰国を許されなかった」

 「この日本人が経営した慰安所では女性1人の2カ月の総売り上げは最大1500円、最小300円程度だった。個々の女性は経営者に毎月、最低150円は払わねばならなかった」

 以上のように、この報告書は慰安婦の「雇用」や「契約条件」を明記するとともに、慰安婦だった女性は一定の借金を返せば、自由の身になれるという仕組みも存在したことを記し、「軍の強制徴用」とか「性的奴隷化」とは異なる認識を当時の米軍当局が有していたことを証している。

(2007/05/18 03:34)

******

こんな事は散々Doronpa様や私達が論っていた所です。
知らない方がどうかしてるんですよね。

さて、一体こんな公文書、しかも米軍が戦時中(日本への敵意MAX状態の時点)に作成していた内容が、何故か「日本人のやってる事はどこの国でもやってた事で、しかも公正な商売じゃん」と結論を出している訳です。

それなのにあの安倍談話ですからね・・・・。

安倍晋三って間違いなく確信犯の反日分子でしょ?って事になるんですが。
まあ、漢字読めない人だから、真剣にトコトン無知なだけかも知れないですがね。

どっちにしても、日本国総理大臣としては不適な人材ですね。
使えねぇっす・・・。

「従軍慰安婦」伝説は、日本が無罪と言う事では「アメリカその他の公文書」がわんさか証拠として挙がって来ます。
日本が有罪と言う事では「証拠は一切なく証言のみ」です。

裁判を行った場合、公文書の証拠と証言ではどちらが重いでしょうか?
法治国家では、公文書以上の証拠はありえません。

従軍慰安婦伝説に対する私からの反証は以上です。
「あんなに沢山の証言があるのに無罪なのか!」と叫ぶ人も居るでしょう。
無罪です。証言は証拠で補強されて始めて有罪の要件となります。
証言だけなら言ったものの勝ちになります。そんなのはただの横暴です。
先日のエントリー「バイオマスの本命!」でコメントを頂いたChic Stone様のサイトを紹介させて頂きます。

夢の島 Dream Island

こちらのコンテンツの中に、海に生きる近未来の日本人少年少女の物語が書かれています。
その題名が「こんな明日はいかが?」です。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

この方の「政治思想」ですが・・・。
あはははは。私とほとんど同じじゃない?(笑)

そう、生きてこそ、です。

しかしなんですね。文中の「世界中の、あまりに多様で有能な人たちが何となく集まってしまった。地球と人類、人道、あるいは真の神、そして真実に忠誠を誓った人たちが。」と言うくだりですが・・・。
なるほどと思います。そうですね。私は真実に忠誠を誓っている。
真理ではなくてね・・・。

そうありたいものですね。本当に。
人が人生を賭けるなら、真の神、そして真実の為に賭けたいです。

この小説は、皆に読んで頂きたいですね。
著者のお方の許可がありましたら、当サイトのリンクにも入れさせて頂きたいです。
憲法第9条ですが、これが国家国民の「生存権と言う基本的人権の制限」を目的として書かれた条項だと言うのが、先日のエントリーで述べられた所です。

少し長くなるので後半で・・・。
護憲派の方々もできたらお読み下さい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[更なる過酷な解釈(憲法第9条)]の続きを読む
日本国憲法第9条第2項について。

少し解説です、基本的な事ですが、確認だけはしておきたいので。
(軍事を語ろうのカテゴリーである理由は、途中まで読めばわかります。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[憲法について考える]の続きを読む
投票法名称に「国民投票」の文言なし、憲法改正に対象限定

 14日成立した国民投票法の正式名称は、「日本国憲法の改正手続に関する法律」となっている。

 これに対し、民主党が提出した対案の正式名称は、「日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案」。

 成立した与党案の名称には「国民投票」の文言はない。民主党案が憲法改正に限らず、国政の重要問題を含む一般的な国民投票制度の導入を目指していたのに対し、与党は「議会制民主主義を逸脱する」とこれに反対し、対象を憲法改正に限定したためだ。

(2007年5月14日19時15分 読売新聞)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

さて、この記事を読んでどう思いますか?
>14日成立した国民投票法の正式名称は、「日本国憲法の改正手続に関する法律」となっている。

一般的な国民投票法案だったのに、それが何故か摩り替わっていると言う事ですか?
何なんだろうなぁ、この複雑骨折した、本当に本当にわかりにくい政治模様はさ・・・。

やはり安倍総理って政権運営下手だわ・・・。こりゃ酷い。
堂々と憲法改正投票法案と書いた方が良かった様に思うんだけどね。

閑話休題、話し方もがらりと変えて・・・。

これで日本の憲法第9条が失われてしまったらどうなるのだろうか?
アジアに戦争が起きるのだろうか?

むむむ!これはいけない!

平和勢力の皆様!こうなったら、貴方がたの大好きな北朝鮮、韓国、そしてなにより中華人民共和国に平和憲法の制定を呼びかけるべきですよ!

今こそ日本中の平和勢力が結集し、日本以外の世界全ての国に平和憲法が大事である事を訴えなければなりません。
そして、各国の平和勢力を結集し、日本の憲法第9条改訂を阻止すべきです!

日本が憲法第9条を改訂しようとするのは、世界各国が平和憲法の素晴らしさを理解して、採用しようとしないからです。

世界平和の基点はアジアから!これが皆様の普段からの物言いの中核であった筈。
日本が平和憲法を棄てようとしているのは、それは皆様の努力が足りない為に、中国、北朝鮮、韓国その他の「本来的に日本が友好を結ぶべき隣国」全てが平和憲法を採用していない為ではないでしょうか?

平和憲法を守る為には、全てのアジアの憲法スタンダードが平和憲法でなければなりません!
今こそ皆様の力を結集すべき時です!

私はそれを温かい目で見守って居ますから・・・。
早いところ、中朝韓に平和憲法を制定するよう呼びかけて下さい。

一刻の猶予もありませんよ。 ね、そう思いませんか?
(ほんと、こりゃ憲法の改訂、マジで実現しちゃいそうな予感しますね。護憲派がダブスタの内憂勢力と思われても、友人達があんなではある意味仕方ないかなと・・・。)
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL153 江田島孔明

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

 予想通り、イランとアメリカが直接交渉を開始する。イラン戦争を主張した、情報操作に踊らされた手合いは、どのように責任をとるのか明確にすべきだろう。
 イランとアメリカは夫婦喧嘩のようなもので、お互い、落としどころを探っている。
 このような微妙な関係を大きな流れの中で見抜くことができなければ、簡単に情報操作に引っかかってしまう。

 読者諸兄におかれては、今回の「イラン戦争」詐欺に誰が引っかかり、誰が引っかからなかったかを十分熟慮の上、検討されることを望む。
 今後の世界戦国時代において、この様な局面は無数にある。
 その無数の局面において、全てに正確な対応を指示できるのは、群百の評論家を置いて、私しかいない事を理解すべきだ。

 イラン戦争の有無程度を正確に予測しえない評論家の言説など、何の価値もない。読者諸兄はその事を肝に銘じるべきだ。

[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL153]の続きを読む
毒性の偽塩の続報が、またまた新華社で報道されています。
この関係の報道を最初に取り扱ったのは、やはり大紀元でした。

大紀元時報-日本 中国広東省:密造食塩で食中毒者続出 06/11/08

その後も痛ましい事件が連発しているみたいです。

******

牛肉の煮込み料理で7歳の少年が死亡、原因は「塩の代用品」 - 中国

【北京 30日 AFP】国営新華社通信(Xinhua)が29日に報じたところによると、南西部の雲南省(Yunnan)で食中毒が発生し、牛肉を食べた7歳の少年1人が死亡、55人が体調不良を訴えたという。

 被害者は全員がZhadian村の住民で、26日に亜硝酸塩が入った牛肉の煮込み料理を食べていた。

 亜硝酸塩は、ごく少量であれば食品添加物として使用が可能。ただし大量摂取は人体に有害で、頭痛、嘔吐(おうと)などの症状を伴い、重症の場合は意識不明になったり、死に至るケースもある。

 新華社通信は、煮込み料理を販売していた屋台の店主が調理中に食塩を切らしたため、とっさに「塩に似たもの」として代用したと伝えた。
 この煮込み料理を調べたところ、肉1キロあたり12グラム以上(致死量の4倍以上)の亜硝酸塩が検出された。この量は致死量の4倍に相当する。

 中国では食中毒の報告が相次いでおり、多くの場合は衛生状態や安全基準の低さが問題とされている。
 4月上旬には、北東部の黒竜江省(Heilongjiang)の病院で入院患者203人が食中毒となり、1人が死亡している。当局は毒物が故意に混入されたものと断定している。

******

とうとう、あの日経も我慢の限界を超えたようです。
NIKKEI BP え!中国では下水溝から食用油が作られる?
下水溝に溜まった油を固めて、それを食用ラードとして販売していると言う事です。

同じ日経の記事ではこんな事が・・・。

食品原料の中国栽培拡大・味の素やサッポロビールなど

 日本の食品各社は中国で、国内製品に使う農産物の栽培を拡大する。味の素は年内から即席スープ具材用の乾燥野菜を生産し、サッポロビールはビール原料のホップを1品種から5品種に増やす。
 ニチロは野菜栽培からの冷凍野菜の品質管理を徹底する。
 合弁相手などに日本の栽培・トレーサビリティー(生産履歴の追跡)のノウハウを教えて安全性を高めながら、中国から安い製品・原料を調達する。

 味の素は12月、国内販売する「クノール」ブランド即席スープの具材向け乾燥野菜を、福建省の新工場で生産する。野菜栽培・加工会社のアモイ如意集団(福建省アモイ市)との合弁会社が農場と新工場を運営。味の素が品質管理に加わり、スープに入れるチンゲンサイやキャベツの乾燥野菜を生産する。
 合弁会社は4年後をメドに年間売上高10億円を見込む。

******

売り上げ10億円の為に、何人の日本人が犠牲になるのだろうかね?

******

痛いニュース(ノ∀`):中国産の即席ラーメンを食べた学生2名が死亡

即席ラーメンではなくて、即死ラーメンだったと・・・。

お玉おばさん様のブログでこう言う記事が最近書かれていた。

お玉おばさんでもわかる政治のお話: ネズミが感染しなくても人間も大丈夫とは全然限りません。
狂牛病関係の記事ですね。
アメリカマンセーの糞虫が湧いていたので、ボコボコに罵倒したら黙った訳だが、ブログの方ではアメリカマンセー!アメリカの主張は全て論理的!とほざく輩が湧き、マスコミでは狂牛病であれだけ大騒ぎするマスコミが中国産農産物では全く何も言わない。

やはりマスコミは親中反日なのだなと・・・つくづく実感してしまう。
片方は奇怪な伝染病入りの食肉を押し付け、もう片方はありとあらゆる食品薬品に毒素を普通に混ぜてくる。
両方にNO!と叫ぶのが正しいあり方だろう。

こんな事を許してはならない。中国に対してセンチメンタルな贔屓の心を抱いていても、やっている事はアメリカ以上にえげつないのだ。
アメリカの畜産物同様、中国の全ての農産物及び薬品は輸入禁止が正しいだろう。
そうしなければ、中国国内で品質管理の意識が向上しないだろうから。

政治的、思想信条的な贔屓で何をやっても許すと言うのは、自分達も相手も最終的に危機に陥れる事になるだろうから。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ミサイル迎撃:高出力レーザー兵器開発に着手 防衛省方針

 防衛省は12日、ミサイル迎撃のための高出力レーザー兵器の研究、開発に来年度から着手する方針を決めた。来年度予算の概算要求に盛り込む方針だ。北朝鮮のミサイル発射や核実験で日本上空の脅威が高まる中、日本の防空機能を強化する狙い。まずは本土防衛に直結する地上配備型レーザーの研究、開発を目指すが、将来的には航空機搭載レーザー(ABL)についても検討する。

 日本は現在、弾道ミサイルの迎撃手段として
(1)地上配備型の「PAC3」
(2)イージス艦に搭載する海上配備型の「SM3」
--の2本柱で両迎撃ミサイルの配備を進めている。
PAC3はミサイルが大気圏に突入後、着弾するまで、SM3はミサイルの大気圏外の飛行中の迎撃を想定している。

これに対しABLは、弾道ミサイル発射直後の撃ち落としやすい段階での迎撃手段として米国が開発を進めている。

 ABLについて日本はこれまで、発射国上空の迎撃が領空侵犯につながったり、ミサイルの攻撃目標が日本であることが判明する前に迎撃すれば、憲法解釈が禁じる集団的自衛権の行使となる恐れがあるため、研究や開発には慎重だった。

 しかし、1日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)でミサイル防衛(MD)分野での協力強化がうたわれた。米側からABLの開発に対し協力を求められていることや、北朝鮮の脅威が昨年7月のミサイル発射で顕在化したことから、慎重姿勢を転換させる方針を固めた。【田所柳子】

******

いいねぇ!実にいい!
核ミサイルを発射した国の上空でレーザー迎撃!
壊れた核ミサイルの破片は相手国に落下。
それらの汚染除去は当然相手国持ち。

核兵器で日本を攻撃しようとする鬼畜国家は因果応報で核物質汚染♪
地球に優しい!

さて、こう言う専守防衛兵器になんか文句のある人とかいます?
これができたら、即座に台湾政府に設置交渉だね。
このレーザーで核兵器による脅迫が不可能になったら良いね。
地球がまた少しだけ平和に向かうと言う事だ。

頑張れ日本の技術者!三輪は応援しているよ!

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
平和を愛する人達にも読んで欲しい文章です。

日本の戦後からのアジアの歴史、日米の関係。
少しおさらいしてみたいと思います。
非常に平易な文章なので、軍事に詳しくない人、地政学に詳しくない人にも理解できると思います。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[日米安保について(おさらい)]の続きを読む
去年の末から安倍政権は継続している。

しかし、本気でこの安倍政権とは何なのか?

アメリカ、中国、韓国、北朝鮮、全ての国に対して一旦は雄々しい事を口にする。

その後謝罪を必ず行う。
その後しないでも良い事、言わないで良い事を必ず行う。

日本の名誉はズタズタにされ、先祖は冒涜され、子孫には汚辱がかぶせられ、先人の遺産は二束三文で売り払われ、日本国は急速に売却解体されて行っている。

まさに確信犯なのだ・・・。
今度その関係を時系列に従って指摘してみようと思う。
考えるだけで心が暗くなる作業だけど・・・やらない訳にはいかないだろうな。

マジでこんな政権を支持できる自称保守派ってのは・・・。
やはり確信犯の反日勢力なんだろうな。
そうとしか思えない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。