独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「東海」表記問題、IHO議長が韓国に有利な提案 5月11日9時14分配信 YONHAP NEWS

【モナコ10日聯合】モナコで開かれている国際水路機関(IHO)総会で、海図集の「東海」表記問題に対し、韓国に有利な提案が出された。
 総会のウイリアムズ議長は10日、東海表記問題のために発行できないでいる海図集「大洋と海の境界」第4次改訂版について、「東海」「日本海」部分を除いたまま、合意できた部分を発行しようと正式に提案した。韓国と北朝鮮、日本に対し、この提案を本国で協議した上で正式な立場を示すよう要請した。

 韓国首席代表を務める外交通商部の宋永完(ソン・ヨンワン)国際機構局長は、提案どおりに改訂版が発行される場合、日本海が単独表記された第3次改訂版はこれ以上使用されないことを意味し、東海表記問題で韓国に有利な状況になったと述べた。日本の反対で改訂版が発行されないとしても、韓日両国の合意なく改訂版は発行されず、日本海単独表記の海図集改訂版が発行されることもないというIHO総会の立場を明確にするものとみることができる。

 宋局長はこの日、総会で東海表記問題が議題に上がった直後、「韓国と日本が単一名称に合意できずにいる現段階で第4次改訂版を発行するためには、日本海の単独表記ではなく東海を併記するのが最も公正で望ましい解決策になる」と発言し、東海併記を受け入れるよう促した。続いて北朝鮮のチョ・ギョンオ首席代表も、歴史的に一時は日本でも朝鮮海と書いていたと述べ、「日本海として使われたのは、1929年にIHOが韓国代表が出席できない状況で日本海表記を採択したため」と、韓国の主張を支持した。これに対し日本側は、技術的な問題を扱うIHOで政治的な表記問題を扱うのは適切ではないと反論した。

 宋局長は、IHO側の提案を関係官庁で協議し、できるだけ早い時期に韓国政府の返答を伝えるとした。一方、日本代表団はこの提案にすでに否定的な反応を示しているという。

******

日本の外交の無能さは筆舌に尽くしがたい。
そして、韓国の恐ろしい反日には二の句が継げない。

この事態の責任は誰にあるのか?
総理大臣安倍晋三と、自民党執行部にある。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
死ね死ね団ってのを知ってますか?
私も最近詳しく知ったのですが、30年以上にTV特撮ドラマで「愛の戦士 レインボーマン」と言うのがありました。(最近DVDになったようです)

この特撮ヒーロードラマなんですが、「インドの山奥で修行したヨガの行者」が「日本人根絶を企む秘密結社」と死闘を繰り返すと言うものです。
その秘密結社「死ね死ね団」(今時ではこのネーミングそれ自体が許されないと思うw)の手口、手下の凄い事。

・カルト宗教団体(半島人そのものだよね・・・)
・偽札ばらまいて超インフレ(北朝鮮そのまんまやん・・・)
・仮面をかぶった殺し屋戦闘員(気味悪いっす・・・)
・サイボーグの職業殺し屋(しかも名前がオルガとかロリータとか言う危ない奴までw)
・黒魔術の魔女を呼んで来るw(しかもこの魔女の名前がイグアナとゴッドイグアナw。しかもその魔女を演じる女優さんは塩沢ときww その後釜はヘドリアン女王様の人ww)

死ね死ね団の主題歌ですが、これが凄いです。

死ね死ね団のテーマ

死ね、死ね、死ね死ね死ね死ね死んじまえ!黄色い豚めをやっつけろ!
金で心を汚してしまぇ~。死ね!アン♪死ね!うーん♪死ね死ね!
日本人は黙ってろ! 黄色い日本ぶっ潰せ!死ね死ね死ね!死ね死ね死ね死ね!
世界の地図から消しちまえ!死ね!以下死ね死ねの繰り返し。

そして、世界の地図から消そうとする死ね死ね団の策謀は今日も続いています。

痛いニュース(ノ∀`):【韓国】「東海」「日本海との併記」が無理なら空欄を求める

本気で日本と言う言葉を見るのが嫌で嫌で仕方ないみたいですね。

何が東海ですかね・・・。日本から見れば西海でしょ?<日本海
ロシアから見たら南の海だし。
韓国が世界の中心であって欲しいと言うのはわかります。
しかし、小児的な妄想でしょ?そんなの。

こんな事を口にできるだけで正常じゃない。
朝鮮半島とは断交あるのみです。当然中国ともね。

ちなみに、黄色い日本ぶっ潰せと言う事で、韓国人も黄色じゃないか?と思う人も多いでしょうね。

でもそこは韓国人です。彼等は「自分達を白人だと思っています」。

え?っと思う人も多いでしょう。ですが、NAVERを見ていると韓国人の多くが「何故か自分達を白人だと思い込んでいる姿」を目撃します。しかも頻繁に。
そうでなければ、ベッカムを在英韓国人だと認定する訳がないのです。

どう考えても普通ではありえないんけどね・・・。
でも、彼等の脳内では自分達は白人で、日本人は黄色人種の猿です。
韓国人が日本人を馬鹿にする時には「MONKEY」と言う言葉が多用されます。
自分達の姿が本当に見えていないのが韓国人と言う民族です。

このYOUTUBEの動画を見てても、NAVERのミリ板での韓国人の発言そのままです。
日本の原子力発電所爆破を熱く語る韓国人は「本当に多い」のです。
ナチュラルボーン テロリストって事なんでしょうかね・・・。

私としては、こう言った反日ストーカーこそ世界の地図から消えて欲しいと思います。
(けど・・・アメリカ人の大半が韓国の世界地図上のありかを知らないと言う事実を考えれば、韓国が世界の地図から消えてもそれ程の混乱はないでしょうけどね。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
なぜ?なに?ザイ子ちゃん 来歴編

何気に、ドロンパ様のサイトでは、山野車輪様がイラストを書いた、在日関係の読み物が充実して来ていますな。

うん、良い傾向ではありますね。

在日特権を許さない市民の会
こちらはほぼ1500名までメンツが増えている様です。
これも良い傾向ですね。

不思議の国の韓国 amanojaku氏から寄せられた投稿

長いので後半で・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[在日半島人への処遇]の続きを読む
衆議院議員の片山さつき女史。
この人はどんな人なのだろうか?

彼女の元私設秘書が浜松市議を殴打したのだそうだ。
片山さつき議員の元秘書 浜松市議を殴る

この私設秘書と浜松市議は、以前の同級生だそうで、その意味で甘えもあったのかも知れない。
しかし、もう二人とも良い年の大人であり、子供時代とは違う。
顔や口の中を縫うほどの傷を与えてしまうと言うのはどう言う事だ?

この片山さつき議員、以前にも民主党党首を「この男」呼ばわりして問題になり、一月にも悪意たっぷりの怪文書をFAXニュースで送信しまくって民主党に詰問されていた。

この人は、個人的な資質として、憎悪や怨恨が非常に強い人なのではないか?
そう思える。この秘書も類は友を呼ぶと言う人なのでは?

彼女は小泉の権勢を背後にして当選したと言われているが、落下傘で降りた浜松市で頭を下げまくり、見事当選したとも聞いている。
つまり、今の彼女は初心を忘れているのか、地金が出て来ているのか、そう言う感じなのだろう。

いずれにせよ、この人に広報、後方を任せるのは危ないと思う。
激しい感情を持つのは良いが、その噴出が憎悪なり憤懣と言う形を取るのならば、それは組織にとって有害な人材だろうから。

片山女史も、本来凄く「優秀な女性の鑑」みたいな人なんだろうしね。
自重した方が宜しくはないのかなと・・・。

集団的自衛権:中曽根元首相「衆院解散・総選挙必要」
こんな話も出て来ているんだし、自重して息の長い議員のキャリアを目指すべきではないでしょうかね?

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
海藻からバイオ燃料 東京海洋大、三菱総研など  日本海で2000万キロリットル生産へ

これは凄い!絶対に凄い!

現在のバイオマスと言うのは、穀物、さとうきびその他からアルコール発酵で作るエタノールがほとんどです。

しかし、この穀物エタノールは、環境と言う事を考えれば言語道断の代物です。
なぜならば、18世紀のイギリス人の実験で明らかにされたように「穀物=水」であり、バイオマスとは「限りある淡水資源を燃やしているだけ」だからです。

地球の水分の大半は塩水です。
淡水、しかも飲用になる淡水は少なく、アメリカの穀物など、未来の世代の享受すべき地下の伏流水をポンプ(石油を使う・・・)でくみ上げて生産しており、それもどんどん枯渇しているのが現状なのです。

そんな穀物から作られたバイオマスなど、土壌保全と言う観点から見ると自殺行為に他なりません。

しかし、日本人は流石です!マジで日本人サイコー!

塩水、海に溢れる塩水を利用してのバイオマスを考え尽きました。
安倍がボケでも、技術者達は冴えてます。
内閣の苦し紛れの大風呂敷にもキッチリ応えちゃうし♪

まだ現在ではアルギン酸を分解する酵素は未発見ですが、そんなもん時間の問題ですからね。
自然界の塩基だろうと酸だろうと、分解する酵素が無い訳ないんです。
なかったら、そんなもんで構成されている生物が居るわけないんだし、魚も海藻を食ってエネルギーにできるわけないんですしね。

でも、どーせなら、あの問題のエチゼンクラゲを分解して、バイオマスにするような実験もやって欲しいですね。

海上で海藻やクラゲを引っ張って来る艀、それを加工して洋上で片端から分解してしまうバイオリアクター(バスタブとあんまり代わらない代物)設置のメガフロート、その生成物を日本にまで運んで行くタンカー。

人種差別主義者のアーサー・C・クラークに代わって、日本人が海底牧場ならぬ、海底永続アルコール田を作る。
ふふふ、素晴らしい、まことに素晴らしい未来図ではないか。

しかも、このホンダワラと言う海藻を育てれば、漁業資源の涵養にも素晴らしい効果が見込めよう。

韓国人の漁船撃退用の海洋法に基づいたハープーンミサイルを、是非メガフロートに設置して欲しいものだ。(少し本気ですが、大半は冗談です。)
ともかく、この計画がオンエアされれば、世界の未来は明るいといえるでしょう。

パラオやツバルなどの南洋国家(特にツバルは防波堤としてもこの技術が利用可能かも知れない)にもこのプラントを輸出して、WINWINの関係を徹底して構築して欲しいと思います。

日本の未来は海にあります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
表題のとおりです。
三輪とSKYPEで話してみたい物好きな人は居ますか?

三輪のSKYPE-IDは「miwa_klingon」です。
毎日ログインしている訳ではありませんがね。
まあ、もし良ければどうぞ話しかけてやって下さい。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
とあるMIXIのトピックスに反日左翼が書き込んでいた内容を転載する。

たぼ

>当時、南京の戦闘に参加した兵士の証言は何冊も本になってます。まずは、これを読むことから始めませんか。複数を比較すると、だんだん見えてきます。
>南京陥落祝賀行事に皇族関係者が出席する前に、南京市内を一掃しなければならないということで焦って、戦闘員、非戦闘員ひっくるめて連行し片っ端から射殺したというのが私の理解です。
>もちろん、その過程で連行に抵抗した場合には、女性や子供も含めて殺したみたいです。
>当時の日本軍の読みとしては、反撃をするために、一般市民になりすまして反撃に備えているということだったのかもしれませんが、実際は、勝ち目がないので、戦闘を武器を放棄して逃げていたようです。

>問題は、元戦闘員にしろ、非戦闘員にしろ、その時点では、武器を持たない状態の人間を殺害することは、国際法に違反していたということです。
>残念なことですが、やってしまったことは事実として認めざるを得ません。
>認めた上で、人数とかについては、冷静に事実を検証して欲しいですね。

>ラーベ氏の撮影したフィルムは、ドイツ経由でアメリカに渡り、写真誌LIFEに掲載されたり、戦争中に各地の教会で上映されていたそうで、その上映会に用いられたフィルムが、NHKの番組で紹介されていました。
>教会で上映されていた所から想像するに、米政府によるプロパガンダというよりは、市民団体の集会みたいな所で上映されていたのかもしれません。。

正真正銘、異常そのものの世界観を持った輩がここに居ます。
彼の想像する日本人とはこんな感じなのでしょう。

汚物は消毒だ!


皇家の尊いお方のご光臨だ!

汚物はまとめて消毒だ!


正気じゃないですね。
こんな輩に祭り上げられている本田美奈子さん。
あの世で号泣してるでしょうね。かわいそ・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL152 江田島孔明

今回は、ここ数日で、急激に動きがあった、中東情勢をサウジアラビアの観点で見てみてみたい。

まず、サウジはアメリカ幕府の任命した最も重要な守護であり、サウジの支配を通じ、湾岸産油国を支配する事で、アメリカは中東を支配し、世界を支配した。

 この、「アメリカによるサウジ支配体制」が、イラク戦争意以降、急激に崩れつつある。中東の反米感情が頂点に達しつつあるという事であろうか。

 そこで、サウジは、アメリカ幕府の直轄地として、同じような立場にある日本と戦略的提携に踏み出した。日本は中東諸国の間では、それほど嫌われていない。

 以前であれば、リムランド理論の実践として、リムランドの複数国が結びつくのを、アメリカは徹底的に潰してきた。田中角栄の資源外交を潰したのが、その例だ。

 しかし、イラク戦争以降、世界の覇権を維持することが出来なくなったアメリカは、終に、「リムランド理論」を放棄した様だ。
 これは、アメリカ幕府が事実上「店終い」モードに入った事を意味する。
 幕府の衰退は、各地の守護に対し、自活の道を否応無くとらせる。
 そうしなければ、下克上にあうからだ。

 日本にとっても、経済産業省主導でエネルギー安全保障を図る上で、サウジとの戦略的関係樹立は必須だ。日本は技術を提供でき、両者の利害は一致している。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL152]の続きを読む
世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL151 江田島孔明

予想どおり、湾岸諸国も、イラン戦争への反対を表明しだした。かっての湾岸戦争がそうであったように、湾岸諸国特にサウジの強力なしに、イラン攻撃は不可能なのだ。

 今回は、私の主張どおり、収束に向かいつつあるイラン情勢を参考にして、国際金融資本の常套手段である「情報操作」につき、考えてみたい。

情報操作についての理解なしに、国際情勢を読もうとすると、朝三暮四の猿と同じように、彼らに操られてしまう。ワーテルローの例を引くまでもなく、彼らの支配とは、「情報の支配」を根幹とする。その体制に一矢を報いる事ができるのはインターネットだけだ。ここに、私が、幾多の恫喝や脅迫や嘲笑に耐え、ネット上で言論活動を行っている理由がある。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL151]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。