独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤健様の「溶解する日本」で、どこぞのサイトが反日ライター@朝日の大西の訳文が見られなくなったと騒いでいると言う話が書いてあった。

どんな文章か知らないけども、皆が興味があるかも知れないので訳してみる。
後半に続く

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[訳してみる]の続きを読む
スポンサーサイト
イエロー・ジャーナリズム
イエローと言うのは「臆病者の色」と言う事。
何かに遠慮して報道を行うと言う意味です。

私は○○マンセーと言う言葉が嫌いだ。
小泉マンセー、安倍マンセー・・・反吐が出る。

マンセーとは無反省に支持する事であり、マンセーの対象にどんな瑕疵欠陥があっても無視する事に繋がる。
小泉であり、安倍であり、こいつらは普通に考えてリコール必至の欠陥車ではないか?
そんな連中に批判もできないのがマンセー支持者である。
(敢えて事実を歪曲して弁護する者まで居る・・・セコウしてるんですか?by毒蛇先生)

共産党とかも、最近の私は頻繁に赤旗のソースを引いて政権批判をしてる訳だけど、末端から上部まで中国批判とかしない・・・。
これも一種のマンセーでしょうねと。

マスコミも、政党も、市民団体も、一般のブロガーも、全部が何かを批判する事を恐れている。

でも私もあまり大きな事を言えない。
チャンネル桜で小泉批判をし始めた時に、自分が政権批判をしていると言う事がしばらく、どうしても納得できなかったから。

はっきり言って、自分のやってる事が信じられなかったし。
んで気が付くと、政権批判、国内批判、外国の批判、多少厭世的になって来ている自分を自覚しているね。最近では。

あんまり考えない方が人間幸せだな・・と思いつつ、皆が真剣に考えなければ世の中を変えようと思っても変えられないと言う事も実感して来ている。

小泉の911選挙での勝利は、あれは日本人が物事を深く考えなかった事の集大成だと思う。
その報いを今の日本人は続けざまに受け続けている。
今後は「騙されていた!」と怒り狂って、今度は逆方向の地獄に、これまた良く考えずに突き進みそうな予感もある。

日本人は存外冷静ではない民族だ。
自分で思っているより、ずっと客観的に物を考えられない民族でもあるのだろう。

日本人に今必要な何か・・・それは日本人とはどんな民族なのかと言う自覚ではないのだろうか?
決して惑わされる事の無い中核。それって何なのだろうかと最近考える事が多い。

それなしには、ずっと日本人は糸の切れた凧の様に、空を漂うだけかも知れない、そう思う。
地面に墜落する前に、それを何とかしたいものだ。私はそう思う。

けど、そんな手助けをイエロー・ジャーナリストは行えない。
そもそも日本人を惑わし、事実を知らせない張本人達なのだから。
ネットだけでも、今後とも自由な議論や報道が許されて欲しいものだ。

とりとめのないエントリーですが、これで終わります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
詳しくは後半で。

ソースはこれ・・・
【噴火】中国人民解放軍、「靖国参上」 斎藤勉

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[中国側から見た靖国問題]の続きを読む
國粋主義者のひとりごとと言うブログが、便衣兵問題で論難を受けている様である。
國粋主義者のひとりごと  本質を見極めるとは

>バカじゃねぇ~の
>便意兵なんてのは俗称で法的な規定も存在しないわけだ(戦時国際法でも)

実は法的な規定はあるんだよね。

ハーグ陸戦条約 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

>ハーグ陸戦条約では交戦者の定義や、宣戦布告、戦闘員・非戦闘員の定義、捕虜・傷病者の扱い、使用してはならない戦術、降服・休戦などが規定されている。
>現在では各分野においてより細かな別の条約にその役割を譲っているものも多いが、最も根源的な戦時国際法として、基本ルールに則って正々堂々と戦争を行うよう規定している。

これがその法的な規定です。

ちょっと長いので後半に行きます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[便衣兵について]の続きを読む
竹中平蔵前総務相がグレーゾーン金利廃止批判

 竹中平蔵前総務相は21日、大阪市内で講演し、「グレーゾーン金利」の廃止を盛り込んだ貸金業規制の改正法について「金利を規制することは価格統制をやるということだ」と批判した。

 講演会は民間シンクタンク関西社会経済研究所(関西社研)が主催。

 竹中氏は「(金利に)上限を設けたら必ず供給が減る」と指摘し、「貸金業者が大量に廃業しようとしており、中小企業の資金繰りにも間違いなく影響してくる」との見方を示した。
 その上で多重債務の問題解決については「破産法制を見直し、本当に立ち直れない人を破産させてあげるべきだ」と主張した。

 また、辞意を表明した政府税制調査会の本間正明会長について竹中氏は、本間氏が所長を務める関西社研の活動に触れ、「関西社研は非常に重要な役割を果たさなければいけない。
 引き続き、本間先生を中心にぜひその大きな機能を果たしていただきたい」とエールを送った。

(2006年12月21日19時47分 スポーツ報知)

******

すでに辞めさせられた本間税制調査会長ですが、竹中平蔵氏との関係はこんなもんです。

しかし、良くわからないのは竹中平蔵氏の理論です。

>(金利に)上限を設けたら必ず供給が減る
何の供給が減るんでしょうか?主語がありません。

費用超過収益率>利子率 → 投資増加 → 好景気 → 物価上昇
これが前にも述べたアーヴィング・フィッシャーの好景気循環の考え方です。

少し長いので後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[嘘吐きは、大事な事を語らない(その2)]の続きを読む
とある在日朝鮮人のサイトに書かれている、日本人へのテロ予告を紹介致します。

脅迫文の翻訳全文はこちら
脅迫文の原文はこちら

>日本政府と補修(保守)右翼たちが私たちの同胞たちをずっと弾圧したらその対価は彼らの想像を超越するようになるでしょう.

>日本は人類歴史上初めて核攻撃を経験した国だ.

>軍国主義者たちの愚かな侵略政策のため罪のない日本人が核爆撃の惨禍にあわなければならなかった.

>日本が過去の恥かしい歴史に教訓を捜すことができずに再びうちの同胞たちを弾圧して我が民族に挑発したらこれから核攻撃より加えたことも起ることができる(核攻撃以上の被害を及ぼす事が起きる可能性がある)ということを日本人たちははっきり分からなければならない.

> 日本政府は在日韓国人たちに対する弾圧を直ちに中断してこれ以上軽挙妄動してはいけない.

正真正銘の脅迫ですね。
ありもしない在日朝鮮人への破防法の適用や、ありもしない白色テロをやめないと、日本に核攻撃以上の災厄を引き起こすと宣言しています。

本当に痛い・・・。

>日本人たちが少しでも良心があったら決して在日韓国人たちを差別するとか弾圧してはいけない.
朝鮮人には少しの良心も無いので、日本人に対して核攻撃以上の災厄を引き起こすと言いたいのかな?

愚民って本当に怖いですねと・・・。

>在日韓国人たちは日帝殖民統治の最大の被害者だ.
>現在日本に居住している大部分の同胞たちは日製によって強制で日本にひかれて来たとか日帝の殖民収奪政策で生計が漠漠になるとやむを得ず日本に渡った人々だ.
>在日韓国人たちは解放以後にも野蛮的な日本政府の外国人差別政策のためあらゆる苦楚を経験していながらも民族性を守りながら貧しく生活している.

ああ、貧しく生活してるってこんなのもですか?

ニューハーフパブ経営者を脱税の疑いで告発<12/18 14:20>

 ニューハーフによるショーを売り物にした名古屋市内の人気パブの経営者が、脱税の疑いで東京国税局から告発されていたことがわかった。
 所得税法違反の疑いで告発されたのは、名古屋市内の歓楽街で人気があるニューハーフのショーパブ「Oh!亜斗夢」を経営する梅野亜斗夢こと飯田興起代表(43)。
 関係者によると、飯田代表は売り上げを全く申告せず、去年12月までの2年間で約1億5000万円を隠し、約5000万円を脱税した疑いが持たれている。飯田代表は売り上げを複数の口座に分けて隠していたとみられる。

 飯田代表は日本テレビの取材に応じ、「自分は韓国籍で、日本の税制をよく知らず、申告していなかった。指摘された税金はすでに払っている」と話している。

******

呆れてものが言えないね。
とりあえずテロの予告はなされているんです。
今こそ破防法を本当に適用すべきではないのでしょうか?

結論として、日本から在日韓国人、在日朝鮮人は追放すべきです。
テロ行為を公言する様な輩は、日本国憲法で保証された国民の生存権を守る為に追放すべきです。

更に詳しい解説はこちら
痛いニュース(ノ∀`):【在日】韓国市民団体が声明:「日本政府が朝鮮総聯への弾圧を続けるなら、核攻撃以上の事態を覚悟せよ」

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
元イラクの大統領と言うか独裁者だったサダム・フセインですが、本日死刑が執行されたそうです。

フセイン元大統領死刑執行 イラク、旧政権時代に決別

東京新聞はフセインをこき下ろしていますが、彼の死に際は見事だったと思います。
>88年の北東部ハラブジャでの化学兵器による住民虐殺
と言う事ですが、これについてはアルジャジーラがフセインの犯行ではないと明言しています。

The People's Struggle Movement Mohammed al-Obaidi 2005/01/04

Halabja: 'The Iraqis did it' By Christian Henderson and Roshan Muhammed Salih (WEDNESDAY, DECEMBER 29, 2004 12:12 MECCA TIME, 9:12 GMT)

正味、被告人に弁論すら許さない等とは、そんなやり口で何の正義の裁判だ?
これは国家主導のリンチだろう?
てか、そのまんま東京裁判じゃないか、これは・・・・。

天皇陛下を東京裁判で無実の罪で縛り首にしたら、その後の日本はどうなっていただろうね?
多分親米であろうとしても無理だっただろう。

これがアメリカの言う正義だ。
イラクの人を戦争の巻き添えで何万人も殺し、街を破壊して路頭に迷わせ、最後は難癖をつけて国家元首を殺害かね?

正直付いていけない。あまりにトチ狂っている。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
15年までに「ゼロ」になる可能性と、イラン原油輸出収入
2006.12.26 Web posted at: 18:50 JST - CNN/AP


ワシントン――米誌、米国科学アカデミー紀要は25日、イランの原油輸出収入が減少の基調にあり、現在のペースが改善されなければ2015年までに全額が消える可能性があるとの論文を発表した。米ジョンズホプキンス大学の地理学者が寄稿した。

これによると、イランは現在、原油輸出で年間約500億ドル(約5兆9500億円)の外貨などを稼いでいる。
年間の利益減少率は最大12%で推移しているという。
新たな油田発掘などで外資の導入を嫌っていることや国内投資も遅滞していることなどが主因としている。
管理体制のぜい弱さも一因としている。

何らかの対抗策を打ち出さなければ、今後5年以内に輸出量は半減になる可能性があるとしている。
また国内では、ガソリンやガスが高額の補助金を得て、販売価格が安く設定されているのもエネルギー開発の推進に弊害となっている。

イランの原油生産量は現在、日量約370万バレル。
石油輸出国機構(OPEC)の割当量より約30万バレル少ない水準。
年間約55億ドル損している計算になる。イランの国家予算における原油輸出収益の割合は大きく、2004年には約65%となっている。

イランは核開発をめぐって欧米と対立、国連安保理は先に、ウラン濃縮続行などで制裁決議も採択した。
同誌の地理学者は、原油輸出減などの現状を踏まえれば、核開発は民生利用と主張するイランの立場に一理あるかもしれないとも説明している。

******

【中国】中国海洋石油:イランLNG開発、160億ドルで合意

中国海洋石油、イラン・ヤダバラン油田の開発契約を締結へ

アーザーデガーン油田 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

******

そしてこの事件。
トルクメニスタン:ニヤゾフ大統領が死去 独裁体制21年堅持--副首相が代行

今後のイランは大きく動く。
今回の副大統領が、アメリカに基地を提供した(けど親米だったのかどうかわからないw)ニヤゾフと同じ方向性に向かうかどうか。

それと、親米国であるエチオピアがソマリアと戦争状態に入った。
以前は親中国であるスーダンが仲介したが、今度はどうなるのか?

状況は凄く早く動くと思う。今後に要注意だ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
もう、究極の出鱈目と言えるかも知れない。

つまりサービス残業の公認と、首切りの正当化を促すお墨付きと言う訳。
それと、事実上、日本の労働組合が数十年にわたって積み重ねてきた労働者の権利、それを天下御免で否定した訳。
「お前達とは交渉しない。口で言っても俺たちは聞かない。今まで話した事も反故にする。」そう言う宣告と同じ事。

完璧に居直ってると言うか「職を失いたくなければ、もっともっと働け奴隷」、そう経営者様が言ったら逆らうなと言う事だろうね。

労働者を馬鹿にしていると言うより、完璧に金で階級を買う時代になってしまったと言う事なんだろう。
小泉内閣は横並びの日本社会の構造を破壊した。
そうしたら縦並びの日本社会になった・・・。
まあ、必然的な流れと言うべきだろう。小泉純一郎の言う事をキチンと読解していたら、全く驚く理由の無い方向性なんだけどね。

でも、問題の本質はそこにはない。
繰り返し言っているけど、これは「今後の日本企業はこうでもしないと生き延びられない」と言う国からの宣告であると言う事。

消費税率を上げれば、当然の事ながら企業が苦しむ事になる。
それを先取りして、企業の防衛策を提示したのがこの「ホワイトカラー・エグゼンプション」と言う事。

ここまで過酷な事であっても、まだこれから起こる事の予兆でしかない。
それをどうも日本人はわかっていない様子なのだよね・・・。

ともかく、ネットに転がっているコピーを一つ貼っておこう。

● ホワイトカラー・エグゼンプションが実行されると ●

1.一定の収入・役職者のサービス残業が合法化されます
  24時間働かせても合法(!)です。

2.いくらサービス残業させても給与を上げる必要が無い
  → 雇用主側は、いくらでも仕事を押しつけられる
  → ホワイトカラーエグゼンプション対象外者の仕事が吸い上げられる形に

3.結果として、
  ホワイトカラーエグゼンプション対象者は実質給与減と労働時間の増加
  対象外者は失職する可能性増大
  フリーターは正社員どころか派遣・バイトに就けられない可能性増大

おまけ
  ホワイトカラーエグゼンプション対象者には、仕事中の事故であっても労災が一切おりなくなります。雇用主、使用者の責任は一気に軽くなります。

自分は所得が少ないから、役職者じゃないから、バイトだから、派遣だから関係ないなんて考えていると、数年後にはとんでもない事になります!


まあ、安倍政権では当然の方向性な訳だが・・・。
小泉が安倍に政権を譲ったのは、自分の代わりに手を汚してくれる馬鹿な手下だと理解した上でだろう。

やらせタウンミーティングの罪を全て被ったのを見ても、それは明らかな事だろう。
今の悪政は、小泉&竹中のコンビが裏で今も糸を引いている証しであるが、そんな輩に投票してしまった自責の念を抱く者は少ない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
前のエントリー、長過ぎて言いたい事ボケてしまったかも知れない。

いくつか抜粋で大事な所を書き抜いておきますね。

>「現在の増税路線とは、”税収”=”予算”と同じになるまで続けられる計画」だと言う事だ。
>国民を富ませて税収を上げるのではなく、税収を上げて国民を貧民靴に叩き込んで、均衡財政を行うのが今の日本の方向性だと言う事だ。

これって大事だと思います。
何で今の狂った増税基調が継続されているのか。
その種明かしですから。

要するに、安倍政権は「竹中平蔵が果たせなかった財政均衡」を本気で実現するつもりだと言う事です。
何故竹中平蔵が財政均衡を実現できなかったかと言うと、そんな事をすれば日本が大変な事になると、彼が渋々ながらでも認めざるを得なかったからです。

自説をごり押しして矢面に立てば、下手すると吊るし上げられるだけじゃすまなくなってしまいますからね・・・。

けど、どうやら安倍晋三にはそれさえもわかってない様です。
竹中平蔵がさっさとアメリカに逃亡したのも、今後の破局がある程度見えているからです。
危ない橋を他人が渡ってくれるのだから、自分は巻き込まれない様に「幸多かれと願うばかり(VON VOYAGE)」の言葉のとおりに逃げた訳です。

誰もこの事って取り上げてないんじゃないですか?

続きです・・・。
安倍政権は、財政均衡と言う理想的目標の為に、今後消費税を増税する見返りとして、企業にだけは減税をして、日本の国際競争力とやらを維持しようとしているんですね。

でも無駄です。
増税すれば税収が減り、社会不安で社会的なコストが増大します。
増税すればするほど日本経済は悪い方向に向かいます。

そんなのは既に経験的にわかっている事でもあります。
日本の失われた10年、15年を反省する者は政権内部にはいません。

今のホワイトカラー・エグゼンプション(えぐぜの短縮形で変換したら間違えてしもてたw)、残業代ゼロと言う方向性も、今後の消費税上げの見返りの企業救済策ですから。

現在の日本は輸出依存度が非常に低い、内需型の社会です。
http://ameblo.jp/nihonkokunokenkyu/entry-10005032483.html
http://www.stat.go.jp/data/sekai/zuhyou/0903.xls

今後の減税対象は輸出企業中心ですが、それは日本経済の一割ほどを担う存在に過ぎません。
残り九割の内需を破壊してでも、自民党はスポンサーの為に国民を犠牲にして尽くそうとしているのです。

少数の政治と癒着した層が利益を得る。
そんな恐ろしい腐敗は、社会に怨嗟と憎悪を呼び起こします。
今の自民党政権は言って見れば恐ろしい程に利益で癒着した業界と、売国勢力とのせめぎあいです。

国民の方なんか全然見てません。

今後の政治の方向とはそう言う方向性です。
今後については、更なる負担を覚悟しないと駄目です。
自暴自棄にならざるをえません。今はまだマシです。
これから、国民の九割が苦難で苦しむ事になるでしょう。
しかし、代替のまともな政治家は見えない。

後半で、他のブログのコピペを貼ります。
どれだけ現在の政治家、政治家と癒着した勢力が一般庶民を舐めているかがわかります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[大事な事を抜粋で]の続きを読む
最近のマスゴミのトレンドと言うと「報道しない自由の行使」であるが、実はミスリーダーの基本とは「自分の都合の良い様に様々な先人の知恵を改変する事」であった。

特にその傾向が顕著なのは「ネオリベ経済学者のケインズ叩き」に現れています。

今回の話は難しい上に、数回続きます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[嘘吐きは、大事な事を語らない(その1)]の続きを読む
以前はファンだったけど、株式日記は本当に変化しました。
ライブドアの堀江を毎日糾弾していた頃は、あの管理人氏に憧れすらも抱いていました。

けれど、今はその輝きは無い。
「アメリカの官庁から注目されている」云々と言い始めた頃から変質してきて、今や毒電波サイトに化けてしまいました。

後半でどこまで酷い化け方をしたかを説明します。
はっきり言いますが、イエロージャーナリズムを越えて、もはや反日サイトと言っても過言ではなくなっています。

後半で説明します。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[株式日記の反日]の続きを読む
さて、ブログをやめて一月ほど。
何故また再開するつもりになったのか?

理由は簡単です。
嘘をついて皆をミスリードしようとするサイトが多過ぎるからです。

一人でも多く、真実を語る者が必要なのだと・・・。

そう悟りました。
また毎日、思索や読書や作業をする時間は削れてしまいますが、皆様と共にもう一度頑張ってみようと思います。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。