独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、1年以内に空母破壊兵器を実験か 米国防関係者が警戒 2009.6.12 19:07

 【ワシントン=山本秀也】米議会の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」で11日、中国が日本、台湾周辺の西太平洋に展開する米海軍の空母撃破を狙った新型兵器を開発中で、1年程度で実験段階に入る可能性があることが米防衛関係者の証言で明らかになった。同関係者はこうした中国の動きに対して警戒を呼びかけた。

 中国の新型兵器については、ポール・ジアラ元国防総省日本部長が証言。「向こう1年程度で洋上標的への実験段階を迎える」と分析した。

 米国防総省によると、中国が開発中とされる新型兵器は、洋上の大型艦船を標的にする「対艦弾道ミサイル」(ASBM)。移動式の中距離弾道ミサイル東風21型(DF21)がベースになっており、誘導性能を高めたものだという。射程は約1500キロ。台湾、沖縄周辺のほか、横須賀、佐世保など、在日米軍の港湾拠点を含む日本近海が射程に収まる。

 ASBMは、中国近海に米海軍の空母戦闘群が接近するのを妨げる戦略の柱と位置づけられる兵器で、さきに公表された米国防総省の年次報告書でも開発動向に懸念が示されていたが、開発がどの段階にあるのかなどはこれまで明らかにされていなかった。

 また、マイケル・マクデビット退役海軍少将は、西太平洋で米海軍の行動が中国に抑えられれば、「日本の孤立化を招く恐れがある。東京にとっては戦略的脅威だ」と指摘した。


??????
この報道訳わかりません。
つまり、停泊中の米国の航空母艦を狙う弾道弾と言う事ですか?
それって、普通の弾道弾とどう違うんでしょう?
普通に考えて、加害半径が大きくないと、ちょっと動かれただけで回避されてしまいますから、核弾頭搭載のミサイルと言う事になります。
たとえば、5t位の高性能爆薬を使ったとしても、わずかにずれただけで10万tの航空母艦には大損害を与えられませんから・・・・。
中距離弾道弾で、停泊中の空母を直撃できる代物なら、それはそれで凄いものですがね。
(横幅が最高で何十メートルかの空母を、何千キロ先から直撃できるなんて凄いですよ。天晴れです。)

米空母を核攻撃した場合、普通に考えて中国の沿岸部は全て原潜搭載の核ミサイルで粉砕される事になります。
また、停泊中の米空母を高性能爆薬搭載のミサイルで吹き飛ばしたとしても、それは普通に考えて奇襲攻撃になります。
原子炉搭載の航空母艦を日本国内で吹き飛ばしたら、日本だって流石に黙ってません。

どんなに親中的な国でも、中国を庇う事は不可能でしょう。使ったら最後って感じの武器ですね。

そう言えば、昔の中国では、どこにいるかわからない米国の空母を水爆攻撃でブラインドサーチして吹き飛ばす計画も策定してたって話ですね。
水爆以外の核兵器だと、空母を直撃しても当たり所が良ければ撃沈には至らないと言う事です。
メガトン級の核兵器でも、巨大な空母なら蒸発させたりはできないんです。

第二次世界大戦当時でも旧式だった戦艦長門が、ビキニ環礁での核実験で、至近距離で爆発した核爆弾ですぐには沈没せず、ダメージコントロール要員が居ない状態で数日間浮いていた事実を考えても、核兵器とは意外なまでに、堅牢な防護を行った軍艦を撃沈する能力が低いのがわかります。

それに加えて、SM-3とかの弾道弾撃墜用のミサイル、弾道弾捕捉用のレーダーを備えたイージス艦が空母打撃部隊を護衛しているのです。
あてずっぽうに撃って、万一そこに空母が運よく居たとしても、戦果なんて挙がらないでしょうね。
アメリカでは何をそんなに心配してるのやら・・・。

というか、やはり親中ロビーの暗躍で、日本から第七艦隊を撤退させる算段が進んでると言う事なのかな?
この程度の下らない分析しか、本職の軍事関係者ができない訳が無いのだし。
適当な言い訳をして、日本を見捨てるつもりなのかな?アメリカさんは・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」  平成20年(2008年)8月2日(土曜日)
通巻第2271号   (8月1日発行)

 中ロ国境問題は、意外にもロシアの妥協で解決した
   背景にある商業的打算とプーチンの北京五輪開会式出席

ロシアのラブロフ外相が7月21日に北京を訪問した時、世界のマスコミは大事件とは考えていなかった。

40年に亘っての係争地策定に決着がつき、両国は中ロ国境問題を最終解決させたのである。
ロシアのラブロフ外相は中国の楊潔チ(ようけつち)外相と「国境画定作業に関する協定書」に署名した。

4300キロにも延びる中国とロシアとの国境。
1950年代の中ソ対立時代にはロシア側が70万人の兵士を国境に貼り付け、中国側が100万人の人民解放軍を国境警備に従事させ、実際にダマンスキー島を巡っては武力衝突もあった。

94年にいったんは合意されたものの、最後の線引きがもつれていた。
両国は「相互尊重、互恵、平等」を原則として、アムール川のタラバロフ島と大ウスリー島の西部を、ロシアが中国に引き渡すことで合意した。

合計174平方キロメートルにおよぶ領土をロシアが手放す。
あの強欲な北方の熊が、である。

まさにロシア側の一方的な譲歩と思えるが、モスクワにとっては近未来の国境貿易増大の可能性が、従来の国境へのこだわりより重要ということであり、プーチンが最終的にGOサインを出したのだ。

もっともロシア議会のボルシェビキ党エドワルド・リモノフは、この妥協を「ロシアの恥」とののしり、国民投票にかけて賛否を問うべきだと批判したが、世論は冷たい。
 プーチンはこれをバックに北京五輪開会式に臨み、さらには中国ロシア間のビザ相互免除を話し合うという。

一方でロシア外務省は、日本の中学校社会科の新学習指導要領の解説書に「北方領土はロシアに不法に占拠されている」との記述があることは「当惑しており遺憾である」とした。


この記事は、中国とロシアの関係がいたって良好であり、ロシアがグルジアに侵攻しても中国が何等の行動を起こすこともなかったのと同じく、中国が何等かの軍事行動を起こしても、ロシアに後背を狙われる可能性を著しく減じたものと理解される。

そのことがいかに大きな軍事的意味を持つのか、理解できる人には理解できるだろう。
私は中国の狙いは朝鮮半島にあると思う。
台湾は手ごわく、しかも現在は国民党が立法府を選挙している。こんな時に台湾侵攻を行うなど下策も良い所なのだ。

深くうがってみると、最近の韓国に対する日本の歴史教科書の問題提起などは、韓国と日本の間の離間策ではないかと疑えて仕方ない。
韓国を孤立させ、経済でも左前にしておけば中国が北朝鮮に侵攻したとしても、韓国は何等の行動もできないだろう。

韓国をただの反日国家だと思う馬鹿も多いだろうが、連中は膨大な陸軍兵力を備えた最強クラスの準先進国である事を忘れてはならない。
韓国の膨大な軍事予算のおかげで日本がどれ程楽をしているか。それを考えられない輩はただの間抜けだ。
北朝鮮をただの拉致国家だと思っている連中は、北朝鮮の先軍政治とやらで、どれ程中国の牽制がなされているかを考えてみれば良い。
不愉快な国、嫌いな国、そんな感情的な理屈で軍事バランスを考えてどうなる?そいつらがクリーンアップされた後の日本の窮地を思い描いてみれば良い。

現状は、中国が今後あるだろう経済の下降に向けて、国内の不満を解消する為に軍事行動を選ぶ可能性が高くなって来ている。
相手は正面を絞って来ている。それに対して、日本は韓国や台湾とまで揉め始めている。
情勢は我等に著しく不利。そう出ている。戦略的に失地が多過ぎるのだ。

このままではまずいな。本当にそう思えて仕方ない。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
前回のエントリーで、中国が覇権国となる事の難しさを書いた。
では、アメリカが覇権国となり続ける事は?

実は、その可能性はとても大きい。

続きは後半で・・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[脱米はとても難しい・・・]の続きを読む
Yahoo!ニュース - クルド人問題


上記の様な経緯でイラク国内に入り込んでいたトルコ軍ですが、大変な事になっています。


Kurdish troops surround Turks in worst confrontation yet in Iraq


イラクでトルコ軍が包囲され、イラク・トルコ戦争寸前の状態に

イラクでクルド分離独立抵抗運動のゲリラ組織PKKを掃討する為にトルコ軍が何度か作戦の為に越境攻撃していたが、これに耐えかねたイラクのクルド自治区政府の影響下にある民兵が越境してきたトルコ部隊を包囲した。
幸い、トルコ軍が撤退したことで最悪の事態は回避されたが、一歩間違えれば、イラク・トルコ戦争に突入する可能性もあった。
これまでは、消極的ながらもPKKの活動抑制にクルド自治区が協力してきたが、度重なる越境でクルド自治区政府は我慢の限界にきている。

クルド人自治区の外交官は、「これはイラクの主権と連帯に関わる問題」と越境攻撃がクルド人自治区単独ではなく、イラク主権の問題と強調し、越境攻撃が国同士の軋轢に発展しかねないことを示唆した。
「衝突が発生しないことを望む」と声明を発表する一方、今回のトルコ軍への包囲は、トルコにこれ以上の越境攻撃を許容しないという強い警告のメッセージが込められているものと思われる。


事の最初から、多分大変な事になるだろうと見られていたトルコの越境攻撃ですが、遂にクルド族の我慢も限界に来ている様です。

馬鹿な反トルコ決議のせいで、アメリカの制止も何の効果もなくなっていますし、イラク情勢は悪化の一途の様に思えます。

今後も目を離せない情勢が続くものと思われます。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

野党・国民党 単独過半数確保の勢い-台湾立法委員選

 十二日投票の台湾立法委員(国会議員)選挙まで十日を切った。今回の選挙は、陳水扁総統が率いる与党・民進党と最大野党・国民党が、三月二十二日の総統選に向けての前哨戦と位置付けている。定数は二二五からほぼ半減した一一三。小選挙区比例代表並立の新制度で行われる。国民党が単独過半数(五七議席)に届く圧勝の勢いを見せる一方で、与党連合を組んでいた民進党と台湾団結連盟(台連)は決裂している。


台湾の立法委員選挙は国民党の大勝となった様だ。
まあ、事前の立候補とかのあの乱雑振りではどうにもなるまい。

「俺は立候補するんだ!選挙の大勢とかは知らん!勝てなくても立候補する!票を割っても立候補する!」そんな候補者がやたら多いのが台湾と言う国。
おまけに、陳総統の家庭内の問題(奥方問題)は、ほとんど守屋氏と同じと来ては、これは勝てるものも勝てまい。

そんな最中に中国からこう言うオファーが着ている模様だ。

<核融合研究>日中が協力協定締結へ 福田首相訪中時に調印 12月24日19時10分配信 毎日新聞

 次世代のエネルギー源として期待されている核融合の研究について、政府が中国との間で2国間の協力協定を締結する協議を進めていることが24日、明らかになった。27日からの福田康夫首相の訪中時に調印する方向で準備を進めている。

 核融合の実現を巡っては、日本や欧州連合(EU)、中国など七つの国や機関が参加する国際熱核融合実験炉(ITER)計画が、2016年の完成を目指して進行中。今回の日中協力はITERとは別の枠組みで、より幅広い核融合研究の促進や研究者の交流などを念頭に置いているという。


この核融合発電云々は完璧に嘘・・・。

韓国もそうだけど、特定アジアンが核融合に拘る理由は、トリチウムの生産体制が欲しいと言う事。
トリチウム=中性子爆弾、これ世界の常識です。
つまり、中国は日本の技術で中性子爆弾を量産し、それを台湾や日本に使用するつもりである。
そう言う事と同じ意味。これがどんなに深刻な事かは説明の必要はないだろう。

中国は前々から「核融合炉の技術は使い物にならなくても、中性子爆弾の踏み台になる」と公言している。

中日新聞:中国側も「偽物」見解 対日批判の根拠「田中上奏文」:国際(CHUNICHI Web)

こう言う塩らしい雰囲気を醸して、まるで雪解けムードの様に装っては居るが、実態は中国は日本国といわず、邪魔な国は殺す気満々である。

アメリカのドル体制が崩壊した後、その後の混乱期には中国が躍進する!
核兵器と、他国を虐殺しても平気な民族性で。そう連中は夢想している。

日本としては絶対に乗ってはならない。
それにしても、台湾の与党は、今回の立法院選挙で本当に無力であった。
このままズルズルと独立を失う事になるのか?そう言う懸念はある。

まあ、そうではないと言う風には筋道は見えているが、今回のこの選挙結果は本当に痛い。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

ゴジラへの対処、研究していた=自衛隊出動、武器使用も可能-防衛省

12月21日21時2分配信 時事通信

 「頭の体操として議論したことがある」。防衛省の真部朗報道官は21日の記者会見で、怪獣のゴジラが日本に襲来する事態を想定した机上研究を旧防衛庁が過去に行っていたことを明らかにした。
 真部氏は、研究内容や結果についての説明を避けたが、同省筋によると、内局の運用担当者レベルで数年前に行った。その結果、襲来したゴジラは動物とみなされ、ネズミやゴキブリが大量発生した場合と同様、自衛隊法83条に基づく災害派遣として自衛隊の出動は可能。また、暴れるゴジラに対しては、「有害鳥獣駆除」の目的で、武器・弾薬の使用も可能との結論に達したという。

 
うーむ。ヲタクな防衛大臣にしては良い線を行っている様に見受けられる。

しかしヌルイ!

問題はゴジラが暴れる事ではない。ゴジラには通常の兵器を使っても通じない事ではないか?

やはりゴジラへの対処を研究していたと言うのならば、同時にメーサー殺獣光線砲の開発を行う無しには片手落ちであろう。いや、無意味でさえあるだろう。

東宝特撮映画の登場兵器 - Wikipedia


そしてやはり宇宙人の侵略になんとか対抗できそうな代物と言うとこれでしょう。
轟天号 - Wikipedia
艦長はドン・フライにお任せで、TOKIOの松岡君とショウ・コスギ氏にも搭乗して頂かないと。

特にショウ・コスギ氏にはフラッシュプリズムを持たせたら、ピンチの時にはウルトラマンパワードに変身して、三分間だけ戦ってくれるでしょうし。
なかなか期待大です。

と言うよりも、自衛隊に出動させるんじゃなくて、専業の怪獣やっつけ隊を組織した方が良いのではないかとも思うね。
古い東宝特撮とか見てると、身の丈50mの怪物に対して平気で機関銃の銃弾を給弾してる人とか、火炎放射器を浴びせてる人居るけど、私なら腰抜かして正気で居られないかもしれないなぁ。
見てるだけで怖いですよ。大阪城の天守閣がこっちに向かって敵意満面で歩いてくるノリでしょう?
普通の度胸の人達じゃ、戦うとか言う以前の問題だと思うけど?w

ともかく、自衛隊がゴジラと戦うと言うのならばまずはメーサー殺獣光線砲車の配備は必須でしょう。
そしてこの音楽を光線砲車隊のテーマソングにすると。
メーサーマーチDE戦車行進 @1st YouTube Video
うん、この音楽が流れていたら、何とか怪獣相手にでも戦えそうですね。勇気凛々です!

ちなみに、メーサー殺獣光線砲ですが、あのキングギドラですらも絶叫させてしまう威力があります。メガロなんかのたうち回ってましたし。(でも反撃には弱かったがw)
ともかく、大概の怪獣ならばメーサー殺獣光線砲車で何とかなるでしょう。怪獣と戦うと言うのなら、まずこれを開発する決意をして頂きたいものです。

もう、話はそれからとしか言えないですね!

最後の最後に、石破大臣の名誉の為に添えておきますが、彼がこの問題を前から考えていたのは、何かのTV番組で「もしゴジラが現れたら自衛隊はどうするのか?」と随分以前に質問を受けていたからです。
当時の防衛大臣は久間氏であり、石破氏は当時無役でした。前防衛大臣として質問を受けていたのです。
よって、石破大臣は執務中にボケーっとこう言う事を妄想していたのではない・・・と言う事もご存知下さいませ。
つい最近に考えて、防衛大臣としてあるまじき個人的想像を行っていたのではないと言う事です。

ではこのエントリーはこれで終わります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
海上自衛隊の新型潜水艦「そうりゅう」が進水した。
「しお」と言う名前の潜水艦の方が、実は私の好みなのだが、まあ防衛省の人達は「りゅう」の方が良いのかも知れない。
なんとなく強そうって感じが彼等の好みなのかもねw

ところでこの「そうりゅう」はAIPと言う推進機関を備えた潜水艦である。
スターリング機関、内燃機関ではなく、外燃機関である。
実際、AIPは静粛であり、手堅い実績のある機関ではあるが「大きさの割りに出力は高くない」と言う欠点も持っている。
「そうりゅう」が自衛隊の潜水艦の中でも「飛びぬけて大きな」潜水艦である理由は、充分な出力のAIP機関を積むだけであの大きさになると言う事ではないだろうか?
そう考えてみると、もしかしたらこの「そうりゅう」は実験艦なのではないか?と言う思いも浮かんで来るのだ。

そして、この「そうりゅう」を見てみると、自衛隊が燃料電池潜水艦など考えてもいない事がわかる。
実際、自衛隊も燃料電池という代物が信頼性高く、安全で実用的な代物ならば利用を考える事だろう。
しかし、現時点では燃料電池に関わる大問題「水素脆化」が解決困難なのだろう。
「水素脆化」とは水素が鉄や鋼に触れる事で割れたり、歪んだりする現象であり、それを防ぐ方法は限られている。
・高価な触媒と材質をふんだんに使う。
・ドイツ人、ヴァルター機関で潜水艦を作って見せた「ハードコアメカニシャン」ならではのオールステンレス完全密封方式を試してみる。
他にもいろいろあるのだろうけど、やはり問題は根本的には改善できないと思われる。

そもそも、民生用産業機器の事故の80%は水素関係のトラブルであり、普通の技術者ならば「水素」と聞いただけで恐怖を抱くものなのである。生半な危険物ではない。

最近では、水素脆化を防ぐ為には「結晶化素材」を用いる事が有益だとはわかって来ている。
しかし、基本的に軍艦、しかも水中に潜って外気と遮断される潜水艦には燃料電池など論外と言う事なのだろう。

水素脆化の餌食になるのが「主に鉄や鋼」と来てはどうにもならない。
この傾向は多分大型の船ならば一般的な現象となる事だろう。
鉄や鋼をメインに使わない大型船などありえないのだから。
よって燃料電池の船と言うものも現時点では非現実的かつ危険が一杯な代物だと思われる。

まずもって、「結晶質で、安価で、成型がたやすく、振動や応力に強く」・・・・。
なかなかにそのような素材は実現が難しいものだろうと思われる。
加えて、水素の貯蔵、運搬、配給、何より生産が難儀であり、「水素は天然ガスから生産するのが実は一番効率的」と来ては、一体何をやっているのかわからないと言う事になる。

効率と実用の均衡と言う事では、水素の利用とは未だその道筋すら見えていないと言っても過言ではないのだろう。
「そうりゅう」と言う船を見て私が思ったのはそう言う事だ。

ともかく、自衛隊もいろいろと考えていると言う事であり、そしてやはり手堅い方法を採用し、それを育てる決意をしたと言う事なのだろう。
エンジンを止めようとしても止められない原子力潜水艦などより、よほど待ち伏せや追跡、監視に向いた静かな潜水艦なのだから。
日本は無理に原子力潜水艦など作らなくても良い・・・と私には思える。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
うーん、書いたエントリー消えたw 大ショックww

でもめげずに書きます。

米国防長官「イスラエルの核」擁護 会場から失笑 2007.12.8 22:10

【カイロ=村上大介】米国のゲーツ国防長官は8日、バーレーンの首都マナマで開かれた安全保障に関する国際会議の席上、核兵器を保有しているとされるイスラエルについて、「周辺国に脅威を与えていない」と述べ、イスラエルの「核計画」をイランの核開発と同様に扱うべきではないと主張した。

 長官は「イランとイスラエルを区別することは『二重基準』ではないか」との質問に対し、「イスラエルはテロリストを養成していない。周辺国を転覆しようとしたこともない」と述べたが、ロイター通信によると、同席していたアラブ各国の政府当局者からは失笑が漏れた。


いやはや、危険な方向性ですね。続きは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[イスラエルの核]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。