独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三輪のレッドアラートは、大体各国が様々な事を公表する1年から2年前に問題として提起しています。

韓国経済は壊れている | 復活!三輪のレッドアラート!


「はじけたら日米より致命的」経済研究所が韓国の不動産バブルを警告
Y!【経済ニュース】 2010/03/24(水) 17:16
  韓国の不動産価格の上昇率が、日本や米国で不動産バブルが崩壊した当時よりも深刻な状況にあることが分かった。韓国の産業銀行経済研究所は23日に「国内住宅価格適正性分析」を発表し、韓国の不動産価格が急落した場合、日本や米国よりも深刻な経済危機に見舞われる可能性があると警告した。

  産業銀行経済研究所の報告書によると、年所得に対する住宅購入価格比率(PIR)は、08年の時点で6.26倍で、同年の米国(3.55倍)日本(3.72倍)よりも高い数値。

  中でもソウル地域は12.64倍を記録し、米国ニューヨーク(7.22倍)サンフランシスコ(9.09倍)よりもはるかに高い数値となった。PIRの数値が12.64倍というのは、韓国人がソウルのアパート(109平方メートルの高層アパート)を購入するためには、年間の所得をすべて投資した上で少なくとも12年以上かかることを示している。

  特に、物価とアパート価格との差は大きいと指摘されている。1987年の物価とアパート価格をそれぞれ100とした場合、2009年末の時点で物価が277.9で2.8倍に、アパート価格は505.8で5倍以上に上昇し、2つの数値の差は 227.9となった。これは、米国の不動産バブルが崩壊した06年当時(179.2)より高く、また日本の不動産バブルが崩壊した90年当時(96.6)よりも高い数値。

  産業銀行経済研究所の関係者は、「現在のアパート価格は適正価格よりも高い水準にある」とし、「価格を抑制させるための政策が必要」と話した。(編集担当:新川悠)


まあ、いつもがこんな調子。
この記事についても同じ。

痛いニュース(ノ∀`):「月8万円」を国が無条件支給、所得税45%で財源確保 「ベーシック・インカム」に賛否両論


没落の根源 | 復活!三輪のレッドアラート!

【根本】外需依存とは?【原則】 | 復活!三輪のレッドアラート!


なんつーか、先々を読んでるせいで、状況が煮詰まるまで皆が私の言ってる事を理解しないんだもん・・・。
ため息ばかり出るわ。
私は預言者ではなくて、単にこうすればこうなると言う事を考える思考力を持ってるだけ。

ともかく、大事なのは内需を増やす。まずはそれから。それがGDPに跳ね返るから。
重要なのは経済規模を縮小しない事。これが最も大事。それが最優先の事項なんだ。

それと、後半には、後ほど白戸三平の反日についてちょっとだけ書くわ。
この話題と何の関連があるかわからない?私の書いた事を読めばわかる!

純粋培養共産主義者の捻じくれた考え方について書くね。
何故って?本物の共産主義者ってのがどんな考え方してるかを書いておくから。
本物の共産主義者って、インフレ反対なんだよ?知ってた?そこから何がわかるかって事ね。
(すみません、年度末で今日も出勤でしたし、明日も出勤なので、明日の夕方以降に書きます。)

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
いきなり後半へ。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[中国人とのお話]の続きを読む
今回のエントリーの内容は「全くの推測」である。
けど、読み終わったら、なんとなく嫌な感じが残る筈だ。

さて、後半に。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[狂ったアメリカ]の続きを読む
内容についてはどうこう言わない。
ただ、韓国と日本とのこれ以上の接近は危険だと思う。
韓国を良く知ろう。普通に考えたら、こんな国と付き合いを深めるのは危険だ。

動画は後半に置いてあります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[新種の嫌韓動画]の続きを読む
後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[アメリカと日本の関係悪化]の続きを読む

宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成22年(2010年)2月15日(月曜日) 通巻2875号
  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 旧正月明けの中国市場に何か異常事態が起こりそう
  晦日の土壇場(それも午後六時)に預金準備備率引き上げを発表した
***************************************

 旧正月前の消費ブームを毀すまいと、中国人民銀行(中央銀行)は通貨供給を増やし続けた。市場にカネを垂れ流し続けた。

そして2月12日(ことしのカレンダーで晦日。正月元旦は14日)、それも株式市場も終わり、人々が帰省の列車に(或いはバス、飛行機に)乗り込んだのを見届けてからの発表だった。

午後六時。いきなり預金準備率を引き上げ、16・5%にすると発表した。つまり銀行は貸し出しをセーブし、16・5%の預金は必ず確保しなければならない。厳格な金融引き締めにはいる。理論的に言えば銀行は融資をやめ、貸しはがしに移行せざるを得ない。

 それにしても無茶苦茶に粗っぽい金融政策をやってのけるものだ。
 ことし二回目の預金準備比率引き上げだが、実は昨今の狂乱市場を考えれば前から予測された。
問題は旧正月休暇の一週間という空隙を当局が狙いうちしたことである。民間銀行も投資かも、対策の取りようがない。
 実施の適用は上海市場が旧正月が完全にあける25日からとなる。

 昨年、中国は通貨供給量を27%増やした。政府の景気刺激策で4兆元、さらに銀行に命じて、統計的には7兆500億元の貸し出しを増やしたが、合計12兆元弱に達している筈である。
 邦貨換算で168兆円という「信用拡大」を人工的に作りだしたのだ。

 この大幅な金融緩和により自動車販売世界一、不動産ブームがおこり、家電販売では13%のキャッシュバック。ありとあらゆる景気刺激で中国経済が世界景気の回復エンジンという立場を演出した。

 狂乱の消費ブームの跡に、何がやってくるか。信用の急激な収縮である。

 やはり米国のファンド・マネージャーが言うように「ドバイショックの1000倍規模の『上海ショック』がくる」というのは現実になりそう。


バブル景気 - Wikipedia
この中の、バブル崩壊と言う項目を読んで下さい。全く、今回の中国のやり方と同じです。
中国人は、日本のバブル崩壊をはっきりと目にして、その研究を行って来た筈です。
それが同じ轍を踏もうとするからには、確信犯でバブルを破裂させる気なのかも知れません。
他の起死回生の策があるのかも知れませんが、それについては理解が及びません。
ともかく、別段中国共産党とその政商達のコア面子が大被害を受けるのでなければ、別にバブルが崩壊しても良い。
そう思う人も多いでしょうから、あるいは計画倒産と言う事なのかも知れません。


 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成22年(2010年)2月12日(金曜日) 通巻2872号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 消費物価のインフレは問題じゃなかった中国
  工場出荷ベース(生産物価)は二倍のハイパー・インフレ
****************************************

 「想定内」のこととはいえ、当局の発表数字と現場の経済実態との間には天地の乖離がある。
 インフレは2-3%と発表されたばかりの中国で生産物価は過去十五カ月に二倍以上になっていることが分かった(ロイター、香港発。11日)

 金融引き締めと金利上昇で市場への通貨供給量を劇的に減らし始めた中国だが、予想をこえるインフレ。旧正月のための消費ブーム。矛盾した経済状況の中で金融政策の舵取りが注目されている。

 国家統計局の公表数字では生産物価は昨年師走が前年同期比1・9%、ことし1月速報では4・3%の上昇を示した。同期の消費者物価は1・5%しか上昇しておらず小売店は利益を圧縮したが、在庫調整で値上げに踏み切れないでいるようだ(ヘラルドトリビューン、2月12日付け)
ただし食料品は4・5%の上昇である。

 中国人民銀行は通貨供給を前年比増27・7%から17%台へ急激に引き下げると発表(12日)、旧正月明けから実施されるという。

 米国エコノミストの間では、これは人民元切り上げの前兆として捉えており、インフレを調節するために金融引き締めをはかり、ドル相場への介入を減らし、金利を上げるなどによって米中の通貨バランスを図ろうとする施策であろう、という分析が主流となっている。



それ以前から、中国の特に沿海地方で、生活物資(食料その他)の大幅なインフレーションは進行していました。
もう、中国は自国の通貨をどんな風に流通させれば良いのかわからなくなっている可能性があります。
危険なまでに張りぼての経済を大きくしたツケが回ってきているとしか言えません。
粉飾決算を繰り返して、世界第二位のGDPをぶち上げた直後のこの異変。
果たして上海万博まで中国経済が持つかどうかも怪しくなってきたと思われます。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
先日、ネットゲリラ氏のサイトを見ていた。
ネットゲリラ: 鎌倉幕府が元寇に負けてたら


この元寇に関する記述は、日本の教科書でも特に奇妙奇天烈な部分である。
何故なら、鎌倉幕府が元の侵攻軍に苦戦していたと言うのがそもそも嘘だからだ。

続きは後半で。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[教科書に書かれている反日]の続きを読む

韓国の友達と感性を分かち合う楽しい世界!- GoKorea
タイトル 2010年にも相変らず Koreaには希望なんかはなくて

投稿者 : osounne2(osounne2) / 作成時間 : 2010-01-01 10:09 / ヒット : 90

一体この狭い韓半島で
どうしてそのように犯罪がたくさん起きているか?

朝に目覚めれば去る夜に起きたあらゆる汚い犯罪記事と先に朝あいさつをしなければならない。 一体どこでから誤ったのだろう??

アメリカのテキサスより 7倍小さなこの韓半島で全体犯罪発生率がアメリカ本土と
立ち並ぶこんなナンセンスをどんなに説明することができるか?

一体なぜ...

世界で 126番目に小さな国家であるこの韓半島で OECD国家中最悪の
犯罪発生率を誇っているか?

これが本当同胞たちが言った韓民族の優秀性か?

本当
この汚い匂いがする韓国を守ってくれる英雄はいないか?

これ以上はだめだ。 これでは私の祖国が。. T_T
「一体希望の 21世紀はどこへ行ってしまったのか?」

1960、 70年代・・・当時 、 人々は貧しかったがそれでも夢と希望であふれて
あった。 未来の 21世紀はそんなに輝かしかったが。 T_T

今の韓国の姿は?
そうだ。

純粋だと信じていた彼女はお金ではないただ快楽に身を台無しにしているし...
韓国での道徳性はもう空中分解になったし
青少年たちは失踪されて
親切に見えた隣りはシリアルキラーだったし
韓国のテクノロジーは災いで判明されたし
韓国のマスコミは無責任に大衆を欺瞞しているし
韓国での性犯罪はもう大衆化、 流行化になったし
韓国人が信じていた真実は相変らず仮説であるだけで
韓国人の愛国心はただたんに紙切れに過ぎない

これが本当にその 21世紀韓国の姿か?

もう一度またしなければならない。
韓国人たちがまだ暖かい心を持っていたその頃まで帰って来て・・・
'Yesterday Once More' また回想すれば Return to Innocentを夢見るよ...

確かにその頃の未来とは違うかも知れないが 、 それなのに何より重要な・・・
韓国...
あなたはまだその時を憶えますか?


可哀想に・・・・としか言えません。

何故韓国はこんな国になってしまったのか?ちょっと後半で・・・。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[韓国人は語る・・・・]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。