独立独歩。私は私。誰かに頼るつもりナッシング。それで良し。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風車発電訴訟で控訴審判決 市長『ありえない判決』 つくば市側上告へ決着が再び遠のく 2010年1月21日

 一審で認定されたつくば市の過失割合が、三割から七割に逆転した二十日の東京高裁の風車訴訟判決。市が早稲田大に委託し、二〇〇五年に設置した小型風力発電機が計画通り発電しなかった「失敗」の責任の所在を明確にする損害賠償請求訴訟は、市側が上告の方針を決めたことで、決着が再び遠のいた。 (小沢伸介)

 小中学校に風車を設置して発電し、電気を売った金額相当の地域通貨を発行するという夢の事業。だが、二十三基すべての風車で消費電力が発電量を圧倒的に上回り、期待は裏切られた。

 判決で小林克巳裁判長は、市側には過去の風力発電の可能性調査から売電事業の見込みが厳しいことなどを知りながら、格別な検証もせず環境省の交付金事業に応募した自治体としての責任を重視。一方、早大側には風車の性能を十分説明しなかったという三割の過失を認め、約九千万円の支払いを命じた。


 判決を傍聴した幹部職員から連絡を受けた市原健一市長は「信じられないような判決で、ありえないと思った」と話した。一審判決を「実質勝訴」と喜んでいた職員も沈痛な表情を見せた。

 市原市長は記者会見で、一、二審ともに過失を指摘されていることについて「市の事業が完ぺきだったとはいえないと思っている。当時の担当者の経験や知識では、二重三重の検証は難しかった」と述べた。その上で「つくばの人間として、科学技術は疑っていない。そこにかかわる科学者、技術者のモラルの問題」とし、あらためて早大側を批判した。


ちょっと考えればわかるのだが、海岸線に極近く、水面下の標高にあり、風吹きすさぶバタビア人を堅忍不抜の兵士に育てた過酷な環境のオランダで風力発電が成功したとしても、日本の極穏やかな環境にそれを当て嵌めても同じ結果には絶対にならない。極々当たり前の結論である。

目の前に強烈な寒流が流れていて、陸地と海の温度差が高く、石造りの建物でないとすぐ壊れてしまうのがヨーロッパの気候。しかも亜寒帯の世界と温暖極まりない世界を同じ土俵に乗せる馬鹿っぷりを科学者やら科学技術を疑わない駄目政治家が平気で行ってしまうのが日本の病理。

何よりも理解しがたいのが、もし成功していたとしても、学徒が学ぶすぐ近くで風力発電名物の音波公害を発生させても問題ないと考える学者や父兄がこの日本に存在する事。
エコと言う信仰、小金を儲けると褒められる日本の新しい風潮。賎しさ爆発である。
そして、それらのお花畑モードの皮算用すら滑って、こけて、結果責任のなすりつけ合いはエンドレスモードで進行中なのである。

所詮、地表に降り注ぐエネルギーを掠め取ろうと言う発想がおかしいのである。
地表表面の熱循環を、大量の資源と製造のためのエネルギーを使って作ったソーラーパネルや風車で埋め尽くす。
そんな事をする事が本当に正しいのか?

私思うに、こう言うエコが大好きな人達とは、基本的に都会者であり、自然を美しいと思えない、心の貧しい人達なのだと思う。
そうでなかったら、緑滴る美しい世界に、気色悪いピカピカ光るソーラーパネルや、不細工そのものの役立たずな風車を建設する事なんかできる筈が無い。
科学技術とやらと妄想ファックを繰り返し、グロテスクな光景に慣れ果ててしまった腐った脳みそが、未来風景を無理やり農村に建設する光景に興奮して、美しい自然を科学で毎日レイプしようと考えた結果がこの下らない記事の惨めな裁判を引き起こした。

私はそう思っている。こんな事を考え付いた人達は、本来は悪意に燃える人達ではないのだろうが、手段として醜い事を平気で行い、方法として醜い方法を採用し、結果として醜い裁判を繰り返している。
全てが醜いのである。こんな光景を子孫に残す事がどれ程の罪か。説明されないと理解できないのが科学技術を崇拝する人達と言う事なのだろうか?

私の目から見て、こう言う人達は単なる変態でしかない。
機械が自然とは絶対にマッチしない事を理解できない時点で単なる変質者である。
そう言う人達が自然との共棲を大きく詠っている事が、現代の世界各国に共通した病理である。

痛いニュース(ノ∀`):【捕鯨】 シーシェパード、今度はクロマグロ漁を妨害すると宣言

紛れも無く、エコを叫ぶ者達の多くは、こう言う団体と同じ価値観を持った宗教かぶれか、偽善者である。
そうでなかったら、美しい自然をそのままに愛そうと思うはずだから。嫌な世の中になったものである。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
スポンサーサイト
痛いニュース(ノ∀`):勝谷氏の「20兆円で日本中の住宅にソーラーパネルを設置」案、民主党が採用へ?

ここで散々に勝谷氏が馬鹿にされているな。

900 : すずめちゃん(静岡県):2009/02/15(日) 23:53:49.33 ID:W7YkThVx
家を建て直しする時に検討したけど20年でもペイしねぇよ
しかも太陽パネルの劣化を説明しねぇし
こんなのはエコエコ詐欺だ


現在のソーラーパネルの主流はアモルファス方式。
これは非常に劣化速度が速く、正直作らない方が環境に優しい代物。
メンテにしても必ず高所に登らないと無理なので、作業員の落下事故を考えると非常に維持が高くつく。
そもそも、あんなピカピカ光る屋根の家に私は住みたくない。格好悪すぎる。

そんなこんなを考えると、太陽光発電に20兆円など狂気の沙汰と言える。

勝谷氏はちょっと民主党にかぶれすぎてるのでは無いかな?
日本じゃなくて、アメリカの民主党にね。
あっちがグリーンニューディールとやらで愚民を騙してる姿に感動しすぎなのでは?
濃密な水分たっぷりの大気の底で、なんで太陽光発電が効率的になるものかな・・・。

宇宙に太陽光発電衛星を打ち上げたら、普通に何ギガワット単位の発電ができるのに。
その事をもう少し考えて見るべき。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
ほぼ一年前の古いニュースを掲載します。

褐色の雲が温暖化を促進 大気汚染物質から発生

 工場の排ガスなどの大気汚染物質から発生し、インド洋やアジアの上空を覆う「褐色の雲」が太陽のエネルギーを吸収、地球温暖化を悪化させていることを米カリフォルニア大などの研究チームが突き止め、2日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 90年代後半に確認された褐色の雲は、森林火災や化石燃料の利用で発生したすすなどの微粒子が原因とされる。
 上空で太陽光を反射して地表に届く太陽光を遮るため、温暖化を抑制するとの見方もあり、不明な点が多かった。

 研究チームは無人軽量飛行機を使い、インド洋のモルディブ上空の高さ0・5-3キロで、雲の下部と内部、上部に分けて微粒子の濃度や太陽光が大気を暖める効率などを計測、雲が発生していない期間の観測と比較した。
 その結果、雲が出ている間は、太陽光による大気の加熱が50%以上増加していた。


http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=58978

この説には、日本の著名な研究者達も賛同しており、各種の追試が行われている。
もしも、この説が正しいのだとすれば、二酸化炭素排出を抑制すれば温暖化が防止できると言う、現在の温暖化防止のガイドラインが崩壊すると言う事になる。

問題の中心は「大気汚染物質の除去」と言う事になるだろう。
つまりは、黄砂であり、光化学スモッグであり、硫黄を含んだ煤煙、石炭を燃やした煤煙、これらが今後の規制対象となるだろう。

そうなったら、誰が槍玉にあがるのか?説明は不要だろう。
日本はこの見地が一般的となった場合、環境対策での責任はほとんどなくなる事だろう。
アメリカも自動車に煤煙を効率的に除去する仕掛けをつけるだけで対策終了となる。

問題は中国、インド、ロシア等の重工業地帯と言う事になる。
こう言う場合こそ自己責任論の適用が必要となるだろう。
それらの国々は、ほぼ全て「輸出産業」で稼いでいる国ばかりだ。
問題国の商品をボイコットすれば、それで対策は事足りる。

そして、一番しぶとく抵抗する国はロシアだろう。この国の輸出品はエネルギーだから。
なかなかにボイコットも難しいのではないかな?
ボイコットを行おうとすれば、即ち新しいエネルギーの開発と言う事になるのだろう。
しかし、それはアメリカが許可しそうに無い。

利権絡みの世界と言うのは、結局は自由ではありえないと言う事だ。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
さて、沢山の人たちを悩ませる花粉症。あたしは全然無縁な訳ですが、その理由がちょっとわかりました。

掃除機レポート:掃除機は家庭の空気の汚染源|掃除機「オキシジェン」


先日出ていた雑誌プレイボーイで、間違いだらけのエコ生活とか言うフォトコラムがあったのですが、その中で書かれていた一文と良く似たネット記事です。

なんでも、掃除機で部屋の埃を吸い込むと、裁断された微粒子の埃が車輪部分その他から吹き出てきて、それが原因で花粉症にかかる者が多いのだとか。

特に今流行っているフィルターの要らないサイクロン掃除機がまずいんだとか・・・・。

こりゃ、田舎でも花粉症が蔓延している訳だわ。
そんな私は雑巾や箒で部屋を掃除する向きです。道理で私自身が花粉症にかからない訳だ。

まあ、ちょっとした小さな情報ですが、結構これはクリティカルな情報じゃないんでしょうかね?
健康に気をつけるならば掃除機は使わない事ですね。
それにしても、比較的貧しい中進国以下で花粉症がほぼゼロなのはこれが理由なんですね。

ともあれ、このエントリーを信じる信じないは読者の方々にお任せします。
好きな様にご理解下さいませ。
↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング

太陽光と水を「燃料」に変換:安価な触媒で | WIRED VISION

太陽エネルギーを使って水を分離できる新しい触媒が発見された。

これは、Daniel Nocera教授(化学)をはじめとするマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが7月31日(米国時間)に『Science』誌に発表したもので、この触媒を安価な光起電性の太陽電池パネルと組み合わせることで、水を利用して太陽光から作り出したエネルギーを蓄える、安価でシンプルなシステムを作り出せるという[MITのリリースはこちら]。

この研究によって、Nocera教授らは、化石燃料への依存から脱却するための長い道のりを阻む、大きな障害を取り除くことに成功したのかもしれない。多くの再生可能なエネルギー源には供給が安定しないという問題点があるが、今回の発見によりその不安定さが緩和される可能性があるのだ。

太陽エネルギーによる発電量は、今のところ世界中で作られる電気の1%にも満たない。この技術の広範な普及を阻んでいる大きな問題は、太陽光発電システムが、太陽の出ている間しか電気を作り出せない点にある。夜間や曇りの日に電気が必要な場合は、他の電力源を探さなければならないのだ。

そのため、「電気エネルギーの保存」が長年の課題となっている。バッテリーを使えば保存は可能なのだが、サイズが大きく、コストも高すぎる。燃料は、化石燃料であろうと再生可能燃料であろうと、この点でバッテリーとは異なっている。

燃料はそれ自体がエネルギー貯蔵庫の役割を果たすため、輸送や利用が簡単なのだ。石炭や石油が世界のエネルギー市場でこれほど支配的な地位を占めている理由の1つもここにある。

今回のMITの研究によって、太陽エネルギーから作り出した電力を燃料に変換できるようになるかもしれない。そうなれば、化石燃料に対する競争力も増すことになる。これは、クリーン技術における画期的な発見になる可能性を秘めた発見なのだ。

MITの触媒を使うと、電気分解システムを常温常圧で効率的に機能させることができる。この触媒を使った反応では、燃料電池と反対に、水が酸素と水素に分離される。そこで、標準的な燃料電池を使ってその分子を再結合させれば、酸素と水素を利用してエネルギーをオンデマンドで生成できるようになるのだ。

「自宅が燃料ステーションになる。これであのろくでもない送電網は不要になる」とNocera教授は語る。

「非常に興味深い発見だと思う。この分野に変革をもたらす可能性を秘めた論文の1つであることは間違いない」と、ペンシルバニア州立大学のTom Mallouk教授(化学)はコメントしている。

Nocera教授が今回の論文の中で示した主要な技術進歩とは、酸素を生成する触媒をコバルトとリン酸塩から作り出したことだ。

水の電気分解は、まず陽極で酸素が発生し、次に陰極で水素が発生するという、2つの半反応から構成される。Mallouk教授によれば、何十年もの間、科学者らはこの化学反応の酸素発生部分のコストを下げようと努力しているが、はかばかしい成果は上がっていないという。

「燃料電池の中で、水素に関する部分では、生成分子1つにつき2つの電子しか関与しない。しかし酸素の部分では、分子1つにつき4つの電子が関与する。電気化学の原則では、関与する電子の数が多くなるほどそのプロセスが複雑になる」とMallouk教授は説明する。

Nocera教授の研究は、電気分解による水の分離をこれまでより安価でシンプルにした点で画期的だということも、特に重要だ。これまでも、高価な機械を使えば同様の分解は可能だったが、イリジウム合金か、珍しいタイプのナノ粒子を使うしかなかった。

新しい触媒が画期的なのは、一般的な原料から作られているうえ、常温常圧で機能させられるからだ。水を加熱や加圧する必要がないため、プロセス全体を実行するのに必要なエネルギーとコストは従来よりはるかに小さいという。家庭用の標準的な太陽電池パネルで一世帯に必要な量の水素をすべて生成し、こうしたパネルを実用的な電気供給源に変える可能性を秘めている。

ただし、たとえば触媒にプラチナを使うので、コスト的に効率的かどうかはまだわからない。ベンチャーキャピタルMohr-Davidow社で環境技術投資を専門にするErik Straser氏によると、「常温常圧で可能というのは革新的だが、この技術が経済的に推進可能かどうかについては、検討できる数値がない」という。

Nocera教授によれば、同氏の研究は特許申請中で、Bob Metcalfe氏が経営するベンチャーキャピタルPolaris社が投資している。2年以内にモジュールデザインを作成する予定という。

ほかの科学者たちも、水素を生産する安価な触媒の研究に取り組んでいる。例えば『Science』の同じ号には、炭素ベースの触媒についてのBjorn Winther-Jensen氏による研究も掲載されている。

[ナノ物質を触媒として、水を水素と酸素に分解する研究についての日本語版記事はこちら。太陽光を利用して二酸化炭素からメタノールやガソリン等の燃料を生成するサンディア国立研究所の研究についての日本語版記事はこちら。なお、この翻訳は抄訳です]



人類ってのは怖いね。どんな手を使っても生き延びようとする。
神様の作ったこの世界の謎を自然科学で毎日探っている。

この英知を使って、世界の人達に平等な恩恵を与える事ができれば良いのだけど。
ともあれ、この技術は凄いとしか言えない。分かる人には分かるだろう。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
環境問題と言えばこのサイト「前見て生きろ!」であるが、最近頻繁に更新している様だ。
お仕事でもとうとう「THE先輩」と一緒に独立して、日夜玩具としてイジラレている様だ。
先輩!羨ましすぎるぞ!
それはさておき、豊かな自然の回復を訴える「前見て生きろ!」を皆様も訪問お願いします。

さて、三輪のレッドアラートでも久々に環境問題です。
GOOGLE アイスプラント検索
実は、このアイスプラントと言う植物ですが、日本でも以前から「雫菜」と言う名前で売られていた植物です。

この植物は凄い特質を持っています。「水分に含まれた塩分を植物内に溜め込む」と言う特質です。
なんと、通常の塩水の二倍の塩分濃度でも、生育が悪くなっても枯れないと言う耐久性を備えています。
1kg程の植物に、13g以上の塩分を蓄積できると言う事で、味付けしないでも塩味になってしまうと言う代物です。
尋常ならざる植物と言えます。現在、このアイスプラントはJA佐賀が中心となって販路を構築中です。

販路が確立され、しっかりと販売され始めたならば「水質浄化、土壌浄化」の為の資金調達に大きな力となる事でしょう。
環境対策のネックは、基本的に「資金を無尽蔵に使って、目に見える見返りがない事」に尽きます。
中国やロシアが環境対策を行わなかった、行えなかった理由の一つに、環境対策をしても金が一切儲からないと言う根源的な理由があります。

現在、このアイスプラントは中国における土壌改良の為にも使われていますが、例によって塩以外の有毒物質も土壌に含まれており、中国産アイスプラントは食用に全く使えないと判定されている模様です。
しかしながら、土壌の塩害を回復できるかなり有望な方法がアイスプラントの栽培なので、採算度外視で遮二無二に栽培を行うと言うのも一つの方法だと思います。

アイスプラントと言うアフリカ原産の奇跡の植物。今後、世界中で注目されて行く事でしょう。

でもまあ。GOOGLE検索でもわかりますが、この植物が凄く有望な環境対策に使えると言う事は、日本国内ではほとんど認知されていない様です。
皆様の口コミで流布していただけたらと思います。

↓ ブログランキング
一華お嬢に豊かなバストが育つ様、みんなでお祈りしましょう!一華お嬢の二次元バストが豊かに育つ様、みんなでお祈りしましょう!(無理

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成20年(2008年)7月12日(土曜日)弐 通巻第2255号 

 中国のGDPは2035年にアメリカを抜いて世界一に
  PPP(購買力平価)では2020年に米国と並ぶそうです

 ハーマン・カーン(三輪注:キュベレイに乗ってる人ではなくて、厚生経済学の人)の弟子だったオーバーホルトが『中国がアメリカを超える』などという楽天的未来図を提示したのは、1995年ごろだった。
 当時、オーバーホルトは、香港の野村證券主任エコノミストに転出したばかりで、筆者は香港へ会いに行った。まったく正反対の分析だから興味があった。当時のインタビューは拙著のどこかへ挿入したが、本棚を探しても見つからない。

 中国のお先棒担ぎはほかにもごまんといる。
 こんどはカーネギー世界平和財団のアルバート・ケイデルである。ケイデルは元世界銀行のエコノミスト

 かれの分析に寄れば、年率10%以上の高度成長をつづける中国は、経済構造と消費体質を内需拡大型に移行させてゆき、経済成長ははてしなく維持拡大の方向にあり、2035年に米国を抜き去ると大胆な予想を提示した(AFP,7月11日付け)。
「中国が貧乏だって? それは三十年前の話でしょ」。

 現下、米国のGDPは14兆ドル。中国のそれは3兆ドル(ちなみに日本は5兆ドル)。
 しかしPPP(購買力平価)で換算すれば、中国のそれは、いますでに米国の半分のレベルまできており、2020年に等価になる。2020年に両国のPPP換算GDPは18兆ドルであろう、とケイデルは言う。

 さらに2035年に米国を抜き去り、2050年に米国のGDP予測は44兆ドルに対して、中国は82兆ドルに拡大しているだろうと豪語している。
この予測は米国への警告を含めているのか、基底の心理としてすでに米国は中国との協調路線に傾いているのか。
 
 米国の中国を見る目は、ここでも大変化を遂げている。
古くは仏大統領のジスカールデスタン、「中国は広くて選挙なんか、できませんよ」(だから民主化しなくてもいいの?)。
同シラク大統領「中国では歳月がほかの場所より悠然と流れている」。
このような中国幻想は、日本の政治家や外務省チャイナスクールとあまり変わらない認識である。

 ギ・ソルマンは『幻想の帝国』のなかでこう書いた。
 「中国のファッショが中国人を不幸に追いやり、そして中国をやがて崩壊に導く」。
 「いまの中国を過去の日本や韓国と類似比較するのは間違い。国家が殆どの企業の経営権を握り、このスタイルは旧ソ連型であり、ところが中国経済は世界経済の成長に依存しているのだから過去のソ連型でもない」。
「本来ならマスコミと労働組合が批判力を増して、社会的ひずみの是正に貢献する筈だが、その役割を中国で演じている人も機関もない」。

したがってギ ・ソルマンは「中国が第二の米国」になることはあり得ない、と断言している。


そんなことは三輪が前から言っていますし、普通に考えても同じ結論しか出ない筈です。

【根本】外需依存とは?【原則】 | 復活!三輪のレッドアラート!


そして、内需主導の中国がもしもできたとしたらこんな問題が出てくるんです。
Amazon.co.jp: だれが中国を養うのか?―迫りくる食糧危機の時代 (ワールドウォッチ21世紀シリーズ): レスター・R. ブラウン, Lester R. Brown,
この本は、中国問題を知る人の基本の基本の基本の本です。
レヴューが無いのは、多分この本が古すぎるくらいに古い本だからだと思います。
15年位前の”常識本”です。サヨクの方々には無視されているみたいですが。

私はその前の18年位前から、日雇い労働者の某氏(中国に年に2ヶ月旅行に行きたいために会えて日雇い労働者になっていた人)から中国の山脈を全て棚田にしてしまった写真や、その山脈で飼われている山羊の写真を見せて貰って、「中国は後数十年の間に深刻な食糧危機を迎える」と学生時代に確信していましたが・・・・。(ちなみに、当時は中国はここまで反日に燃えてなかったので、私は当時は中国に対して中立的な意見でありました。現在は知ってのとおりですが。)

ちなみに、レスター・ブラウン氏は様々な環境と食糧問題についての著作を記しておられます。

皆様の参考になればと思い、アマゾンのURLをお知らせいたします。

ともかく、世界銀行のエコノミストにも「永遠の経済成長を遂げる魔法の国が世界に存在する」と言う、経済学の基本の基本のその前の段階で躓いているアホが存在していると言う事も知っておいていただければと思います。

どうも、中国共産党からお金を貰ったら、人間とは突然知性も人格も崩壊してしまう様です。
皆様も日々お気をつけてお暮らし下さいませ。
ほーんとに、中国にしても、中国のシンパにしても知能傷害を簡単に起こしてしまうあたりを見るに、付き合って良い存在とは到底思えないですね。
触らぬ神云々ではなくて、アホを伝染させる忌まわしい存在にしか思えません。

では、このエントリーはこれで終わります。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
少し前から、SNSでケーキ屋様と問答していた常温核融合関係の話について論じてみようと思います。

↓ ブログランキング
ブログランキングブログランキング
[常温核融合について]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。